雑談が苦手な人の特徴とは?他愛のない話ができるようになるコツを解説

雑談をするのが苦手とお悩みの方へ。今記事では、雑談が苦手な人の特徴から、克服する方法まで詳しくご紹介します。職場の人と雑多に話すのが苦手と思いやすい人に共通するポイントを詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

雑談ってした方が良いの?雑談を交わす主なメリットを解説

雑談が苦手な人の特徴

雑談する一番のメリットは、雑談していない人よりも相手に信頼されやすいということ。

例えばあなたが上司の場合、日頃から休憩時間に話したりしてある程度価値観を知っているAさんか、仕事中はビジネスの会話のみでプライベートなことは一切話さないBさんなら、どちらに仕事をお願いしたいでしょうか。この場合、多くの方がAさんを選ぶでしょう。

このように、職場だけでなく集団で行動する場面では、雑談をする人の方が信頼を得やすいといえますよ。


雑談が苦手な人の特徴|雑多に話すのが得意じゃない人の共通点を解説

「なぜあの人は話したがらないんだろう。」男性・女性問わず職場に1人は当てはまる人がいるはず。

そこで、まずは雑談が苦手な人の特徴について詳しくご紹介します。

雑多に話すのが苦手な人には共通点がいくつかあるので、まずは把握していきましょう。


雑談が苦手な人の特徴1. オン・オフのメリハリを付けている

仕事中は集中したいから、個人的な話はしたくないと考えている人もいるでしょう。

職場で仕事に関係のないプライベートな雑談をしすぎると、人間関係がダレたり、仕事とプライベートが混同したりすることもあります。それを防ぎたい考え、雑談を避けているのかも。

このように、オン・オフの線引きがはっきりしていることで、雑談が苦手になってしまっている可能性がありますよ。


雑談が苦手な人の特徴2. 周囲に興味がない

そもそも他人に興味がない性格だと、雑談しても質問や会話内容が思い浮かばないですよね。

話していても興味がないから、相手のことを知りたいと思わないですし、関係を深めたいとも思わない。話す必要性すら感じないということもあります。

そのようなことを続けているうちに、雑談することが苦手になってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


雑談が苦手な人の特徴3. アドリブがきかない

雑談が苦手な人は、台本のない会話が得意ではないという特徴があります。

例えば事前に台本を用意するスピーチは得意ですが、その後の質疑応答で予想していない質問がくると、しどろもどろな答えをしてしまうような人です。

とっさの判断力が必要とされるアドリブがきかないことによって、雑談が苦手になってしまいます。


雑談が苦手な人の特徴4. 自己開示が苦手

「自分のことをどう話せばいいかわからない」と感じている人も多いはず。

生い立ちや趣味、過去の失敗の話、価値観や思いなど、自分のプライベートな情報を話すのは「なんとなく嫌だな」と思ってしまうようです。

自分のことを話さないと相手からは「この人どんな人かわからない」と思われてしまうので、雑談が苦手な印象になってしまいます。


雑談が苦手な人の特徴5. 周囲の目を気にしすぎる

相手にどう思われるかなどを気にしすぎて、言葉が出てこないということもあります。

大人数で話していても、「こう言えばみんなはどう思うか。」「自分が変なこと言っていないかな。」とあれこれ心配をして、話していないのに疲れることもしばしば。

結局何も話せなくなるので、雑談が苦手な人と思われてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


雑談が苦手なのを克服するコツとは|当たり障りない会話を上手く話す秘訣を解説

雑談が苦手な人に共通する特徴か分かっても、それをどうすればいいかはわからないですよね。

ここからは、雑談が苦手なのを克服するコツについて詳しくご紹介します。

男性・女性問わず、雑談上手になって仕事や恋愛を有利に進められるようになってくださいね。


雑談が苦手なのを克服するコツ1. 会話のネタを用意する

事前に話す内容が決まっていれば、誰でも上手に話せますよね。

天気・趣味・好きな食べ物など、普段から会話のネタをいくつかストックしておくのがおすすめ。こうすることで、会話が続かない時でも自分から話題を振れるようになります。

後は相づちを打ったり、感想述べたりするだけで良くなるので、雑談に疲れることなくスムーズに会話できるようになりますよ。

【参考記事】はこちら▽


雑談が苦手なのを克服するコツ2. 相手に興味を持つ

興味がある人の話は、どんな些細なことでも聞いてみたくなりますよね。

「どこの出身なんですか?」「どんな食べ物が好きですか?」「普段は何をしているんですか?」など、どんなことでもいいのでどんどん質問を投げかけてみましょう。

相手も興味を持たれていると感じればどんどん話してくれます。そうなればしめたもの。雑談が苦手とは感じなくなりますよ。


雑談が苦手なのを克服するコツ3. 質問力を高める

自分が話さなくても、相手の話を引き出せれば自然と会話は続いていくものです。

音楽な相が好き手なら「好きなミュージシャンは?」など。「この当たりにお住まいですか?」などと声をかければ、もしかしたら地元同士ということがわかり盛り上がるかもしれません。

興味を持つと少し似ていますが、雑談が苦手なら相手に話してもらえるよう質問力を高めるのも効果的な対処法ですよ。


雑談が苦手なのを克服するコツ4. 相槌を上手に打つ

相手が自分の話に相槌を打ってくれると、スムーズに話しやすいですよね。

「そうなんですね」「すごい!」「さすが!」など、相槌を上手に打つと相手が話していて快適になり、饒舌に話してくれます。男性・女性問わず使えるテクニックです。

質問力を高めることと合わせて相槌上手になれば、雑談が苦手なのを克服できますよ。

【参考記事】はこちら▽


雑談が苦手なのを克服するコツ5. 共通で盛り上がる話題を見つける

初対面でも共通の話題を見つけると嘘みたいに会話が弾みますよね。

まずは共通点になりそうな趣味・生まれた場所・家族構成などの質問から始めるのがおすすめ。自分と同じものがあれば「それ私もなんです!」と話に乗っかってみてください。

共通点が見つかれば会話が盛り上がること間違いなし。雑談が辛いものではなくなりますよ。


苦手な雑談を克服して、円滑なコミュニケーションを楽しもう。

「雑談が疲れる」と感じる方には、共通するポイントがあります。

克服するのは一見大変そうに感じますが、少しのコツを意識するだけで克服できるのです。

「自分にできるかな…」と不安に思う人も多いでしょうが、雑談は自分だけでするものではありません。

相手に気持ちよく話してもらうことを目指して、1歩ずつ克服していきましょう。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事