電話で緊張する心理とは?話すのが苦手な人におすすめな電話で緊張しない方法を紹介

電話をするのが緊張して苦手なのを克服したい方へ。今記事では、電話で緊張しないコツについて詳しくご紹介します。電話応対で緊張しない対策を解説するので、パニックになったり、うまく話せなかったりする人は、ぜひ参考にしてみてください!

電話は緊張するから苦手という人は意外と多い。

電話で緊張しない方法とは

直接会う必要なく、相手とやり取りができる電話。プライベートからビジネスシーンまで、多くのシーンで電話は使用されています。

しかし、「うまく話せない」「言葉を噛む」などの理由から電話に緊張してしまう人も多いはず。

そこで今回は、電話応対でも緊張しない方法を解説します。電話への苦手意識を克服するためにも、緊張を和らげるコツを知っておきましょう。


電話が苦手な人の心理とは?主な共通点を解説

電話に苦手意識を持つ人の心理状態には、以下のようなものがあります。

  • 直接会ったことのない相手と話すのが怖い
  • 会話のテンポに付いていけない
  • 言葉のみで自分の言いたいことを伝えられるか不安
  • 周囲に会話内容を聞かれるのが嫌

電話が苦手な人の心理に共通するのは、電話をするのに自信がないことです。

電話への苦手意識を克服したいなら、なぜそう感じるのかを探った上で対策法を見つけるべきでしょう。

【参考記事】はこちら▽


電話をする時に緊張しない方法|上がってしまうのを抑えるコツを解説

いつも電話で緊張してしまうという人は、自分に合う方法で緊張を抑えるコツを見つけましょう。

ここでは、様々な理由で電話に緊張する人のために、電話での緊張を改善する方法を解説します。

仕事で中々電話がかけられない人や電話で話すと声が震える人も、対策を知れば電話対応が楽に感じるはずです。


電話で緊張しない方法1. 話す内容をまとめておく

仕事で重要な相手と電話をする時は「きちんと話さないといけない」という緊張感に襲われます。また、電話先の相手からの予期せぬ質問にパニックになったり、次に話そうとしていた内容が緊張で出てこなったりすることもあります。

特に緊張しやすいビジネスシーンでは、電話の前にまずどんなことを話すのか会話内容をメモなどにまとめておきましょう。

伝えたい内容を書き留めておくことで、緊張からどもる時やパニックになった時も、話を進めることができます。


電話で緊張しない方法2. 事前にメモの準備をしておく

会社の電話を受けるのが嫌いな人の中には、緊張から会話内容がきちんと覚えられない人もいます。

さらに会社の同僚や上司が不在で伝言を頼まれる機会があると、相手に伝えなければいけない使命感から、より緊張を感じてしまいがちです。

電話を受けたときの緊張を克服するなら、電話を取る前に必ずメモの準備をしておきましょう。

会話の内容をメモに書き出しておけば、緊張しても内容を忘れる心配がなく、会社内の人に伝言を伝える時もスムーズです。


電話で緊張しない方法3. テンプレートを作る

仕事の電話ではイレギュラーな会話だけでなく、自己紹介や自社の説明など定番の会話もあります。

電話先で何度も話す会話があるなら、事前にいくつかのテンプレートを作成して会話の練習してみましょう

慣れない会話では緊張をすることはあっても、何度も言い慣れた会話の内容であれば緊張を感じることは少なくなります。

また、重要な会社の取引先相手などで緊張をしても、何度も練習しているとすんなりと口に出すことができるはずです。


電話で緊張しない方法4. 場数を踏んで慣れる

電話に苦手意識を持ってしまうと、電話をすること自体に消極的になってしまいます。しかし、自ら電話を避ける行動は、いつまでも苦手意識を改善できず、かえって逆効果です。

電話に慣れるためにも、少し勇気を出して電話をする回数を増やすよう心がけてみましょう。

誰しも最初は慣れないことに緊張を感じますが、会話のコツをつかんだり電話先の人と仲良くなったりと、回数を重ねれば自然に緊張感も和らいでいきます。

一度電話に慣れてしまえば、知らない人から電話が来たときであっても、以前より緊張せず自然体で話せるようになるはずです。


電話で緊張しない方法5. 完璧な対応を目指そうとしない

電話で緊張する人は、100%の対応をしなければいけないと自らを追い詰めがちです。しかし、電話では最低限要件を伝えられれば問題ないですし、相手に不快な言葉遣いや態度を取らなければ完璧を目指す必要性はありません。

電話をかける時は第一に要件を伝えることを意識し、分からないことがあれば一言断りを入れてかけなおすなどの対応方法を変えてみましょう。

完璧を意識しないだけで責任感から来る緊張がほぐれ、電話との適度な付き合い方が分かってくるはずです。


電話が苦手という方は、自分流の上がらない方法を見つけてみて。

電話が苦手という人でも対策法を用いれば、緊張を和らげることは可能です。

初めは緊張で声が震えたり、相手から聞き返されたりすることもあるでしょう。

ただし、経験を重ねていくうちに自分なりのやり方が身につき、電話で緊張する回数も減っていくはずです。

今まで感じてきた緊張や不安を取り除き、仕事やプライベートでも電話での会話を得意にしましょう。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事