電話嫌いな人必見!苦手なプライベート電話を克服するコツを大公開

電話が苦手とお悩みの方へ。今記事では、電話が苦手な人の心理から、克服するコツまで詳しくご紹介します。彼氏や彼女などプライベートの電話が苦手という人に最適な対処法を解説するので、ぜひ参考にしてください!

電話が苦手という人が最近増えている。

電話が苦手な人の心理とは?

現在、LINEやSNS、メールなどオンライン上での連絡手段が増えてきました。

友達や彼氏、彼女など親しい人とのやり取りで電話をする機会が少なくなってきているといわれています。

そのため電話をすることに苦手意識を持っている人が増えている傾向があるのです。

ビジネスシーンでは電話を使うことが多いので、電話が苦手というのは不便を感じることも多いでしょう。


電話が苦手と感じる人の心理とは|どうして話すのが苦手なの?

電話が苦手な人は増えている傾向がありますが、どのような点に苦手意識を感じているのでしょうか。

電話が苦手な人には共通する心理があり、それが理由で電話を敬遠する気持ちになるようです。

ここでは電話が苦手な人が抱きやすい心理を詳しく紹介したいと思います。


心理1. 表情が見えないから緊張してしまう

シンプルに人と会話するのが苦手な性格の人は話す行為に対して緊張してしまうもの。

人見知りで緊張から会話がぎこちなくなってしまう人を見かけることがありますよね。そのような人は相手の顔が見えない電話だとなおさらぎこちない対応になってしまうものです。

「会話は緊張するから苦手だな」このような気持ちが強くなって、電話への苦手意識につながっていきます。

【参考記事】はこちら▽


心理2. そもそも人と話すのが苦手

話すのが不得意な性格の人は、口頭でのやり取りを避けたい気持ちがあり、LINE等の文章でやり取りができるツールを好む傾向があります。

仕事などでは仕方なしに電話を使用するものの、プライベートではLINEやメールでしか連絡しない同僚もいるでしょう。

得意じゃないことをあえてしたい人はいないもの。話す必要がある電話よりも、文章だけのやり取りですむLINEを好んで使用するのです。


心理3. 返事を考える余裕が欲しい

電話での会話は質問などに対して、すぐに返答しないと沈黙になってしまうもの。

あまり親しくない人との電話で相手の矢継ぎ早な質問に対してパニックになって、沈黙して気まずい思いをした経験がある人もいるのではないでしょうか。

すぐに返答するのが苦手な人は、それを求められる電話を避けるようになり、じっくり考えて返せるLINE等を好むようになるのです。


心理4. 周囲に会話を聞かれたくない

電話での会話は周囲に人がいれば、会話の内容や言葉遣いなどを聞かれてしまいます。そこに恥ずかしさを覚える性格の人もいるもの。

職場で取引先との応対の電話で社内とは違うキャラで話している姿をいじられたり、出先で見知らぬ人に電話している姿を見られるのが恥ずかしく感じる人も多いです。

会話を聞かれる恥ずかしさが、電話に対する苦手意識に繋がってしまいます。


心理5. 内容を忘れてしまわないか心配

電話でのやり取りでは録音でもしていない限り、内容が残りません。仕事では文面に残らないやり取りはあてにならないケースもあります。

長い付き合いだからと取引先のお客さんと電話で口約束をしたら、後になって「そんな約束はしていない」となり、言った言わないのもめ事になりがち。

電話でのやり取りは記録に残らないため、文面に残るかたちで、やり取りしたいと考えるのです。


心理6. 行動を制限されたくない

電話での応対は会話に集中する必要があります。そのため、電話をしている時は他のことはできなくなるもの。

仕事が忙しい時に電話がかかってきて、対応がわずらわしいという経験をしたことがある人は多いはず。

メールやビジネスチャットなど文面でのやり取りであれば、自分のタイミングで返答できますが、電話はそれができないため、苦手な意識を持つのです。


苦手な電話を克服するコツとは|どうすれば会話がスムーズにいくの?

電話が苦手なために仕事に支障をきたすこともあります。

「できたら電話が苦手な自分を克服したいなぁ」と考える人もいるでしょう。

ここからは電話が苦手な人におすすめしたい克服法を紹介。ぜひ、参考にしてみてくださいね。


コツ1. あらかじめ伝えたいことをまとめておく

電話が苦手な人は緊張から何を話せばいいのかパニックにおちいりがちな傾向があります。

緊張から話す内容が飛びやすい人は、事前に何を話すべきか要件や会話の内容を準備してから電話をするようにしましょう。

あらかじめ会話の内容を整理することで、電話中にパニックにおちいることが防げて、落ち着いて話ができるようになりますよ。


コツ2. メモを取りながら会話をする

相手の話している内容が聴き取りにくい時など、聴き取ることに集中しすぎて会話が頭に入らないという場合もあります。

電話中、大事なポイントはメモを取りながら会話を進めるのがおすすめ。

メモを取ることで、会話の内容を整理できて聴き取りにくい話も分かりやすくなるでしょう。「言った言わない」の会話のすれ違いの押し問答を防ぐ効果も期待できますよ。


コツ3. 毎回、静かな場所へ移動する

周囲に人がいると会話の内容を聞かれるがイヤという場合もあります。騒がしい環境だと聴き取りにくいなどの弊害もあるでしょう。

人に聞かれるのが嫌な場合は、誰もいない静かな場所に移動してから電話をするのがおすすめ。

周囲に誰もいなければ、「会話を聞かれて恥ずかしい」という思いをせずに、リラックスして電話をすることができますよ。


コツ4. 電話の後にメールやLINEでやり取りをする

電話だけで決めたことは録音でもしていないかぎり、単なる口約束になってあてになりません。内容に関する勘違いなども生まれやすいです。

勘違いや約束の不履行などを防ぐために会話の内容を文面で記録で残したり、内容を補完したりして、相互に共有するようにしましょう。

文面で残っていればあとになってから、勘違いなどを防げて、無用なトラブルを招かなくて済みますよ。


コツ5. 仕事の電話を率先して取って慣れる

どんなことでもそうですが、人は場数をこなすことで慣れていきます。それは電話で会話することも同様です。

仕事中に発生する電話対応を避けないで、積極的に自分が応対するようにして経験を積みましょう。

できないと思っていることも大抵は反復しているうちにできるようになるもの。何度も繰り返していくうちに電話をすることが普通になり苦手意識が消えていくものですよ。


意識ひとつで、電話に対する苦手意識を克服できますよ!

現在はメールやLINEなどオンラインで文章をやり取りする機会が増えて、プライベートで電話に触れる機会が少なくなっています。

そのため、電話をすることに対して苦手意識を持ってしまうケースが多いです。

「普段電話しないから仕事中の電話対応が苦手」そんな悩みを抱いている人もいるのではないでしょうか。

電話が苦手な人の緊張や不安は、話をまとめたり、電話する場所を選んだりすることで軽減できます。積極的に場数を踏んでいけば、電話対応に対する苦手意識は少なくなるでしょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事