語彙力を鍛える効果的な方法|言葉の引き出しを増やすコツを徹底ガイド!

語彙力を鍛える方法について詳しく知りたい方へ。今記事では、語彙力を鍛えるメリットから、実際に鍛える方法まで詳しくご紹介します。言語化するのが苦手、語彙力がないとお悩みの方へ最適な方法を解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも「語彙力」の意味とは?

語彙力を鍛える方法とは

実用日本語表現辞典によると、語彙力とは「どれだけ多くの言葉を知っているか、およびどれだけその言葉を使いこなせるかに関する能力」とあります。

一般的には言葉の引き出しが多い人=語彙力が高いと思われることが多いでしょう。

しかし、どれだけの豊富な量のボキャブラリーがあるかだけでは不十分。文章や会話で的確に使える力が「語彙力」なのです。


語彙力を鍛えるメリットは?

語彙力を磨く一番のメリットは、コミュニケーションがスムーズになること。

「相手に伝えたいことが言語化できない」という経験をしたことがある方もいるはず。語彙力を鍛えれば子供でもわかる言い回しで説明できるので、効率的にコミュニケーションがとれるようになります。

語彙力を鍛えて、スムーズなコミュニケーションを目指しましょう。


語彙力を鍛える方法|ボキャブラリーを増やすトレーニング法を解説

語彙力を鍛えるメリットがわかっても、「鍛え方がわからない…」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

そこでここからは、語彙力を鍛える方法について詳しくご紹介します。

コツも一緒にご紹介していますので、ぜひ参考にして語彙力を鍛えてくださいね。


語彙力を鍛える方法1. 類語を調べる習慣をつける

大人になると、気がつけば同じ言い回しを多用しがち。

日頃から言い換えできないかを調べてみましょう。例えば「頑張る」という言葉の類語を調べると、「尽力」「献身」「精進」などが出てきます。1度調べるだけで、4つの単語の引き出しができるのです。

このように毎回調べていると、気がつけば言葉の引き出しがたくさんに。調べることを習慣にするのが、語彙力を早く鍛えるコツですよ。


語彙力を鍛える方法2. 読書する量を増やす

いろいろなジャンルの本をたくさん読むことは、多くのボキャブラリーに触れる方法の1つです。

自分の好きなジャンルの本はもちろん、小説・エッセイ・ビジネス書・専門書など幅広く読むことで、今まで聞いたことのなかったフレーズや単語に出会うでしょう。

大事なのは読まず嫌いをしないこと。言葉との触れ合いを楽しみながら、語彙力を強化していきましょう。


語彙力を鍛える方法3. アプリで勉強する

最近では、語彙力をアップするアプリも数多く配信されているため、アプリを使って学ぶのもおすすめです。

4択の中から答えを選ぶものや、四字熟語に特化したものなど数多くの種類があるので、自分にあったものを選べます。

アプリならゲーム感覚でできるので、子供から大人まで楽しみながら語彙力を鍛えられるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


語彙力を鍛える方法4. 会話する機会を増やす

自分とは考え方や趣味、世代が違う人と話すと、普段とは違う言葉に出会う可能性が多くあります。

例えば野球が趣味の方なら「あの人は走攻守そろったマルチプレーヤーだ」「牽制球を投げるピッチャーのように警戒心が強いね」などというフレーズを使います。野球を知らない方には出てこない表現ですよね。

様々な人の言い回しをインプットすれば、自然と語彙力は高まりますよ。


語彙力を鍛える方法5. ニュース番組を視聴する

様々なボキャブラリーを学べるニュース番組をチェックするのもおすすめ。

アナウンサーの方が使う丁寧な言葉や、政治や経済に関する言葉、IT関連の言葉など、大人でも知っているようで知らない言葉をたくさん聞けます。

知らない言葉は日常的にすぐスマホや辞書で調べるのが、語彙力をさらに効果的に鍛えるコツですよ。


語彙力を鍛えて、言葉の知識を増やしましょう!

語彙力があれば、どんな人とでもスムーズにコミュニケーションが取れるようになります。

語彙力を鍛えるのは一見難しそうに感じますが、実は日頃の行動を少し変えるだけで簡単にできるのです。

しかし、「自分にできるかな…」と不安に思う人も多いでしょう。

そんな方がまずやることは、「いろんな言葉に触れて、わからない言葉は調べること」。それを継続すれば、自然とボキャブラリーは増えていきますよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事