【男性必見】女性が心の中で思ってる本音とは?男が知らない胸の内を徹底解説

女性が本当はどう思っているのか本音を知りたい男性へ。今記事では、女性が思っている本音について詳しくご紹介します。思ったことと言うことが異なるケースが多いため、建前と本音を上手に見極めて、女心を理解できる男性を目指しましょう!

女性は本音と建前を上手に使い分ける

女性の本音とは

「いつも自分を褒めてくれる女性が、実は裏では悪口を言っていた」そのような経験がある男性もいるのではないでしょうか。

女性は思ったことを正直にそのまま口にせず、相手に悟られないように隠す傾向があるといわれています。

仕事でも恋愛でも女性が本音と建前を使い分けていると認識して接することが、上手に付き合うポイントですよ。


本音をなかなか口にしない女性の心理とは?

女性の本音と建前を分からずに接してしまうと、「あの人にぶいわ」などと思われてしまうことも。なにより自分が正直に受け止めて傷つくこともあるでしょう。

ここでは女性が本音を口にしない心理を紹介

女性が本音と建前を使い分ける時に考えていることを知って、コミュニケーションに役立ててくださいね。


本音を言わない女性の心理1. 言わなくても気付いてほしい

女性のなかには思っていることを口にしなくても気付いてほしいという気持ちがあります。それは信頼していることからの甘えの心理ともいえるでしょう。

彼女とデートしていると「食事はなんでもいいよ」というので、ファーストフード店をチョイスしたら不機嫌になってしまうというのは恋愛あるあるではないでしょうか。

「なんでもいいよ」はあくまで建前。内心では「ちょっと豪華な食事をしたい」と考えてることを悟ってほしいと思っています。


本音を言わない女性の心理2. 自分の本心を悟られたくない

女性はあまりオープンな姿勢でいると、興味のない男性などから過剰にまとわりつかれて、わずらわしい思いをすることも多々あります。そのため本心を隠して嘘を用いることも。

例えば、本当は彼氏がいないのに、「彼氏います」と言って、職場の男性のアプローチや「彼氏いないと寂しいでしょ」などの干渉や余計なお世話をかわすような行動が見られます。

男性からの余計な干渉や心配などの面倒を避けるために、自分の本心を隠して、時には嘘を使うのです。


本音を言わない女性の心理3. 言える相手だけでいいと思っている

本音を言わない女性は基本的には心を開いた人以外はあまり信用していない傾向があります。

職場などで仲のいい同僚とはなんでもオープンに「ぶっちゃけトーク」をするのに、あまり話したことのない相手には素っ気ない対応しかしてくれない女性っていますよね。

信用しているのは気心の知れている相手だけなので、それ以外の人には建前の姿しか見せないのです。


男性が気づかない女性の本音とは|建前を見分ける方法を解説

「本心言わないなんて女性って面倒……」多くの男性が抱く気持ちでしょう。

しかし、面倒がらずに女性の本音と建前を見分けることができれば、普段のコミュニケーションにも恋愛にも役立ちます。

ここからは女性の本音と建前を見分ける方法を紹介

女心が分かる男になって、女性からの支持を得ましょう。


女性の本音1. 「大丈夫」は「大丈夫ではない」

女性は心配されても素直になれない時があります。

職場などで手に余る仕事を抱えて困っている女性の同僚に「手伝おうか」と聞いても「大丈夫だから」と無理なのにはねつけられることがあるでしょう。

この場合は「女性だからとなめられたくない」などの理由で女性が強がっているケースです。本心では「無理」「誰か手伝って」と思ってるので、さりげなく手伝ったり励ましたりしてあげましょう。


女性の本音2. 「良いんじゃない?」は「どうでもいい」

女性は共感をするのもされるのも好きです。本音でどうでもいいと思っても無闇に否定はしません。

好意のある女性の気を引くために自慢話や将来の夢の話などしてしまうことがあると思います。そんな時の「良いんじゃない」は内心では「そんな話どうでもいいな」と思っている可能性があります。

否定するのは角が立つと思い、無難に褒めているだけで実際はその話題には全く興味を持たれていないことが多いでしょう。


女性の本音3. 「何でも良いよ」は「決めてほしい」

恋愛関係など男性にリードしてほしいと思ってる女性は多いです。あれこれ聞かれて選択肢を与えられるより、男性に決めてほしい時もあります。

好意のある女性を食事に誘う時など「何か食べたいものある?」と質問して「何でも良いよ」との返答の本音は、「あなたに決めてほしい」なのです。

これは男性の決断力やセンスを試しているともいえます。「何でも良いよ」と言われたら自分がリードしようと考えるべきでしょう。


女性の本音4. 「羨ましい」は「私にもしてほしい」

女性はしてもらいたいことを正直に伝えられないときがあります。

彼女が「〇〇ちゃんは誕生日にハイブランドのカバンを買ってもらったんだって」と羨ましそうに言う時は、「わたしにも誕生日プレゼントよろしく」と遠回しにアピールしているのです。

このような人がしてもらったことを羨む発言をした時には、「俺も誕生日に買ってあげるからね」が正しい答えでしょう。


女性の本音5. 「別に」は「少し怒っている」

気に入らないことがあったり、怒ったりしている時にそれを素直に表現しない傾向があります。

彼女との記念日なのに、すっかり失念していることがあるでしょう。平謝りしたら「もう別にいいよ」と返答しているけど明らかに不機嫌。このような時は、本当は「よくない」のです。

忙しければ記念日を忘れることもあると理屈では理解していても、気持ちは納得できていません。不満を解消するために何か思いっきりサービスしてあげる必要があります。


女性の本音6. 「自虐発言」は「否定してほしい」

女性は「そんなことないよ」と否定してもらって、安心したいために自虐的発言をすることも。

年齢よりも若々し見える女性が、「もうおばさんだから」と発言したり、どちらかといえばスリムな女性が「太っちゃった」などと自虐発言することがあるでしょう。

このような時は、「そんなことないですよ」と言ってもらって、「自分はまだ大丈夫」と安心したいのです。冗談でも「そうですね」なんて肯定してしまうと機嫌を損ねることになりますよ。


女性の本音7. 「いい人がいれば」は「今はいい人がいない」

恋愛トークで「いい人がいれば恋愛したいんだけどねぇ」なんていう発言をする女性がいるでしょう。これって裏を返せば「周囲にいい人がいない」となります。

気になる女性にアプローチする時に、「恋愛しないの?」などと質問をして、「いい人がいれば」と返答があれば、「あなたを含めていい人がいないのよ」と思っている可能性大

これからポイントを積み重ねて恋愛関係になることはあっても、現状では脈ありではないと思って努力していきましょう。


女性の本音8. 「彼女できるんじゃない?」は「私は違うけれど」

彼女をほしがっている男性が身近にいると、その男性が全然タイプじゃない場合「アプローチをされると面倒」という問題が発生します。そのような時は、さりげなく自分は「付き合うつもりはない」と伝えてくるでしょう。

ちょっと気になる女性の前で「彼女がほしいなぁ」と言ってみて、「〇〇くんは優しいし、すぐ彼女できるんじゃない?」と返されたら、「私は違うけれど」が裏の意味で込められています。

「彼女できそう!」ならモテそうというニュアンスが漂いますが、「彼女できるんじゃない?」は他人事なのです。その女性から自分は脈なしだと思ったほうが賢明といえるでしょう。


女性の本音9. 「彼氏欲しい」は「アプローチしてほしい」

恋愛したい女性や、目の前の男性に恋愛的な興味がある場合、遠回しなアピールが見られます。

職場などでも口を開くたびに「彼氏欲しい」というような発言を繰り返す女性がいるのではないでしょうか。

これは「恋愛したいからアプローチしてほしい」と特定の男性や、職場のフリーの男性全体に対して公言している可能性がありますよ。もし気になる女性ならアプローチしてみましょう。


女性の本音10. 「少し出そうか」は「ご馳走してほしい」

女性は食事など男性にごちそうしてもらうケースが多いです。常識的な女性なら多少の遠慮から社交辞令を用いることも。

お会計の際に女性が「少し出そうか」と言ってくることもあるでしょう。しかし、その本音は「ごちそうさま」です。

本当に払う気持ちがある時は、「出します」と言ってくるもの。「少し出そうか」は建前で言っているだけなので本当に払わせないように注意しましょう。


ただし、男性に自分の本音を口にする女性もいる

女性は本音と建前を使い分けるものですが、それが全員にあてはまるとはかぎりません。

サバサバした女性などは、あまり含みを持たさずにあっけらかんと男性に本心を口にする場合もあります。

相手の女性がサバサバ系だと感じたり、「ハッキリ言う子」という評判の女性だったりする場合は、裏読みしないで、口にしている意見をくみ取ってあげましょう。

【参考記事】はこちら▽


女性の本音と建前を理解して、上手に付き合ってみて。

女性は本音と建前を使い分ける傾向があります。

それは相手を必要以上に傷つけたくないとか、自分が悪く思われたくないという気持ちなどからの行動といえるでしょう。

「女子って何を考えているか分からない……」女性の本音を隠す姿に戸惑っている人もいると思います。

戸惑いをなるべく少なくするために表面上の意見を正直に受け止めすぎないこと。本音と建前の見分けがつくようになれば女性との付き合いがグッと楽になりますよ。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事