片想いが成就しやすい女性の特徴9選|付き合う前の男性が嫌がるNG行為とは?

片想いを成就させたい人へ。本記事では、片想いを成就できる人の特徴から、片想いを両想いにするコツまで大公開!片想いで悩んでいる女性にはおすすめの内容になっていますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

片想いが成就しやすい女性の特徴9選|両想いになるコツとは?

片想いが成就しやすい女性の特徴

「好きな人と両想いになりたい」という気持ちは、片想い中の誰もが持つものでしょう。しかし、具体的にどうすれば付き合うことができるのか、よく分からないまま片想いを続けている人は多いと思います。

そこでここからは、片想いを実らせることができる女性の特徴を詳しく解説していきます。好きな人との距離を縮めるために、ぜひ参考にしてください。

【参考記事】はこちら▽


片想いが成就しやすい女性の特徴1. 好きな人に積極的に話しかける

恋を成就させることができる女性は、行動的な人が多いです。意中の相手を見つけたら積極的に挨拶をしたり、自ら声をかけたりと、好きな人と話をするチャンスを作る努力を惜しみません。

会話をすることで相手に自分を印象付けることができるので、好きな人に対して積極的になれる人は、相手に意識してもらいやすくなるでしょう。


片想いが成就しやすい女性の特徴2. 共通の話題を作る

片想いを成就させるコツを理解している人は、好きな人と話す際に共通の話題を上手く取り入れるという特徴があります。

人は共通点がある相手には親近感を抱いてしまうもの。好きな映画や音楽、趣味などが同じ人には心を開くため、好きな人の趣味や好みを研究することは効果的です。

共通の話題がきっかけで親密になっていくパターンは多いので、2人で盛り上がれるテーマを作ると、恋が成就する可能性が高くなります。


片想いが成就しやすい女性の特徴3. 外見を磨く努力を怠らない

男性は、個人差はあるものの、一般的に見た目が美しい女性に魅力を感じるもの。これは、男性が遺伝子レベルで聴覚より視覚を重視する生き物であることが原因で、ほとんどの男性は外見が美しい女性につい惹かれてしまいます。

また、綺麗な女性を連れ歩いて自慢したいと思う人も多いため、外見を磨いている女性の方が男性ウケは良いでしょう。

従って、いつ彼に会ってもいいように常に体型を維持していたり、髪型や服装を整えている女性は、片想いが成就しやすい傾向にあります。

【参考記事】はこちら▽


片想いが成就しやすい女性の特徴4. 友達の位置をキープする

意中の人と両思いになれる女性は、相手に信頼されている人が多いのが特徴です。男性は心を許せる相手を好きになる人が多いので、まずは友人として良好な関係を築く必要があります。

相手にとって何でも話せる良き相談相手になれば、そのまま特別な存在になることは少なくありません。恋を成就させることができる女性は、このように相手と関係を深めるのが上手い傾向にあります。


片想いが成就しやすい女性の特徴5. 好きな人の名前をよく呼ぶ

片想いを実らせることができる女性は、相手を下の名前で呼ぶという人が多いです。

普段、仕事や学校では苗字で呼ばれるという男性は多いので、急に異性から名前を呼ばれると、ドキドキしてしまう人は多いでしょう。特に、話の最中に男性の名前を何度も呼ぶことで、自分を意識させることができます。

従って、会話の中で好きな人の名前を頻繁に呼ぶ女性は、相手と距離を縮めることができる可能性が高くなるでしょう。


片想いが成就しやすい女性の特徴6. 相談をしたり、頼ったりする

男性は、女性から頼られるとつい嬉しくなってしまうもの。仕事やプライベートの悩みを相談されたり、アドバイスを求められたりすると、自分に甘えてくれていると感じ、女性を意識してしまう人が多いです。

また、相談をすると頻繁に連絡を取ることができるので、男性との距離を縮めることにも繋がります。

従って、上手く男性に頼ることができる女性は、片想いを成就しやすいと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


片想いが成就しやすい女性の特徴7. 周囲から応援されるような交友関係を築いている

周りの人に後押しされるような良好な関係を築いておくと、思わぬ形で周囲から恋の成就を手助けしてもらえるものです。

男性の中には信頼できる友人の意見を大切にする人が多いので、周囲から「2人は付き合った方が良い」と言われると、その気になる人は多いでしょう。また、周囲から応援されることで女性を意識しだす人も多くいます。

従って、周りの人に認めてもらえるような関係を相手と築いている女性は、恋が成就する可能性が高くなると言えます。


片想いが成就しやすい女性の特徴8. 週に1度くらいは連絡を取り合う関係になっている

片想いを実らせるには、相手にとって身近な存在になることが不可欠です。せっかく相手の連絡先を知っていても、1ヶ月に1度や数ヶ月に1度しか連絡を取らない場合は、そのまま忘れられてしまう可能性があります。

一方、定期的に連絡を取ったり会ったりする間柄になっている場合は、相手の中で存在感がなくなるようなことはありません。相手と少しずつ距離を詰めるよう努力することで、両想いになれる確率は上がっていくでしょう。


片想いが成就しやすい女性の特徴9. 脈ありサインを上手に送る

彼に気があることを上手に伝えられる女性は、恋を成就させる人が多いです。男性の中には、自分に気があると分かった瞬間相手を意識してしまう人が多いので、やり方次第で一気に恋人候補に浮上することができます。

また、これまで消極的だった男性が、脈ありだと確信した途端、積極的に行動し始める場合も少なくはありません。

以上のことから、脈ありの仕草をさりげなく男性に見せられる女性は、意中の相手と上手くいく可能性が高くなると言えるでしょう。


片想い中の女性が好きな男性にやってはいけない4つのこと

好きな人のことを考えると、つい冷静さを失ってしまうことってありますよね。相手を想うあまり、普段ならやらないようなことを勢いでやってしまいそうになるという人もいると思います。

ただし、冷静さを欠いた行動を続けると、好きな人に引かれてしまったり、最悪の場合嫌われてしまったりする可能性も…。

そこでここからは、片想い中にやってはいけないNG行動を4つ紹介していきます。両想いになる確率を上げるためにも、しっかりと覚えておきましょう。


片想い中のNG行為1. 長文の重いLINEをしない

片想いをしている場合、相手のことが好きすぎて、どうしても長文のLINEを送りたくなる人はいると思います。

ただし、男性はただでさえ長文LINEが苦手な人が多く、自分に気がある女性からそのようなLINEが来たとなると、引いてしまう人が多いです。

従って、長文のメッセージを送りたい気持ちをぐっと堪え、相手が返信しやすいメッセージを送ることを心がけましょう。


片想い中のNG行為2. ヤキモチや嫉妬心を出しすぎない

好きな人が他の異性と仲良くしている姿を見ると、ついヤキモチを焼いたり、嫉妬してしまったりするという人は多いでしょう。見ているだけでも嫌になり、そんな気持ちが顔に出てしまうこともありますよね。

しかし、片想いをしている相手はまだあなたの恋人ではありません。彼女でもない人から執着されて嬉しい男性はいないので、どんなに不快でも態度に出さないようにする必要があります。

好きな人にめんどくさいと思われることのないよう、片想いのうちは嫉妬心を表しすぎないよう注意しましょう。


片想い中のNG行為3. 急に告白してしまう

片想い中、相手と一刻も早く付き合うために、「今すぐこの気持ちを伝えたい」と思う人は多いと思います。しかし、前触れもなく急に気持ちを伝えることはおすすめしません。

なぜなら、よく知らない人や、これまで意識していなかった人から、急に告白されても困ってしまう人が多いから。好きな人に告白したい場合は、相手が気になっていることを少しずつ伝えた上で告白するようにしましょう。


片想い中のNG行為4. ただ見守っているだけ

憧れの人に片想いをしていて、相手を見ているだけで胸がいっぱいという人は多いと思います。連絡をしたり声をかけたりすることはとても勇気のいることなので、ただ見つめているだけになるということはよくありますよね。

ただし、勇気を出して行動しないと、いつまでも片想いを成就させることはできません。断られることを想像してしまうと怖くなってしまいますが、大好きな人と両想いになるためには、勇気を出すことが大切です。


片想いが辛いと感じた時に勇気がもらえる名言3選

片想いが長く続くと、心が折れそうになる人は多いと思います。相手の気持ちが分からず、いつ終わるか分からない片想いに不安になってしまいますよね。

そこでここからは、辛い片想いをしている時に読むと元気が出る名言を3つ紹介していきます。歴史上の偉人が残した名言を元に、前向きな気持ちを思い出しましょう。

【参考記事】はこちら▽


片想い中の名言1. 「愛されるより、愛することの方が大切だと思います」オードリー・ヘップバーン

永遠の妖精と称され、老若男女に大人気だったオードリー・ヘップバーンが残した名言です。

華やかなイメージがあるオードリー・ヘップバーンですが、恋愛は順風満帆という訳ではなく、2度の結婚生活はどちらも苦難が多いものでした。特に2度目の結婚生活では、結婚当初からパートナーの女遊びが止まらずかなり苦悩したようです。

そんなオードリーが発したこの名言は、たとえ困難であっても人を愛し続けることは幸福であることを教えてくれます。片想いが長く続いてしまうと辛いものですが、この名言を思い出すことで勇気をもらえる人は多いでしょう。

「もう頑張れない」と思った時は、誰かを愛することの幸せを改めて思い出してみてはいかがでしょうか。


片想い中の名言2. 「恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである」アルフレッド・テニソン

19世紀に活躍した、イギリスの詩人であるアルフレッド・テニソンが発した名言です。多くの詩劇を書き、叙情性に富んだ作風で民衆の心を捉えた作家らしく、プライベートでも燃え上がるような恋愛を経験していたようですね。

誰かを好きになることは素晴らしいことですが、人の心は思い通りにならないものなので、恋愛はいつも楽しいばかりではありません。成就することが一番嬉しいのですが、もちろん失恋してしまう場合もあります。

ただし、たとえ失恋してしまったとしても恋愛から学ぶものは多く、辛い経験があなたを成長させてくれるはず。片想いが辛い時は、このテニソンの言葉を思い出し、自分の糧になると信じてもう少し頑張ってみましょう。


片想い中の名言3. 「待っていてはだめだ。完璧な好機など永遠に来ない」ナポレオン・ヒル

成功哲学を世界に広めたアメリカの思想家である、ナポレオン・ヒルが残した名言です。

アメリカ史上最悪の不況である世界恐慌時に、ナポレオン・ヒルが当時の大統領に国民を勇気付ける演説をするよう提案したエピソードは有名で、「恐るべきものは恐怖そのもの」というメッセージは多くの人に響きました。

これは恋愛の攻略にも応用できる考え方で、失敗を恐れて待っているだけでは、意中の相手と付き合うことはできません。

好きな人にアプローチをすることは確かに勇気のいることです。しかし、いつ来るのか分からない完璧な好機を待つのではなく、一歩踏み出して自分でチャンスを作ってみてはいかがでしょうか


好きな男性から好かれる女性になって、片想いを成就させよう!

片想い中は、相手の心理が分からず、どう行動していいか分からない場面が多いですよね。 不安な気持ちから冷静な判断ができなくなってしまったり、いつまで続くか分からない片想いに不安になってしまったりする人もいるでしょう。

ただし、両想いになるためのコツを正しく活用することで、恋が成就する確率は上がるものです。

疲れてしまった時は、元気の出る歌を聞いたり名言を読んだりして自分を励ましながら、相手に配慮しつつも積極的に行動し、幸せな未来を掴みましょう

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ