【社会人&大学生】彼氏と会う頻度は何回?回数が減った時の対処法

付き合いたてor3ヶ月以上経つけど、未だに彼氏と月に何回かわからない女性へ。本記事では彼氏が会う頻度の正解について、付き合っている年月、社会人or大学生などと場合分けしてお届け。中距離恋愛・遠距離恋愛まで深くお伝えして、最後には最近、彼氏と会う頻度が減った時の対処法をご紹介します。

みんなどのくらいなの?彼氏と会う頻度

彼氏と会う頻度

「彼氏と会う頻度ってどれくらいが理想なんだろう?」と恋する女性は、一度は誰しも考えること。

付き合いたても付き合って数ヶ月経った後も、彼氏と良い関係を保つにはやはり会う頻度は切っても切れない事柄。

そこ今回は、彼氏と会う理想の頻度についてお送りしていきます。貴方と彼氏がより良い関係になるヒントを見つけていきましょう。


彼氏との会う頻度が少ない?恋人と会う理想の頻度とは?

恋人と会う理想の頻度

大学生同士・社会人同士・遠距離恋愛中と人にとって恋愛状況は異なるので、それぞれカテゴリー分けしてお届けしていきます。

今は、近距離だけれどいつか遠距離になる可能性がある or 遠距離だったけれど今後近距離の可能性があるなど。

将来のシミュレーションをするために可能性がる状況も一緒にチェックしてみて下さいね。恋人と会う理想の頻度はなんでしょうか。


“大学生彼氏”の場合の会う頻度の理想とは

バイト、サークル、友達との遊びも充実させたいけれど、彼氏と会って沢山思い出を作りたいと欲張りたい時期。

就職活動や卒業して就職するまで、まだ時間があるので彼氏彼女がいる人は出来れば少しでも多く時間を共にしたいですよね。青春真っ只中の大学生彼氏と会う理想の頻度について、付き合った歳月にあわせてお伝えします。


大学生の彼氏と“付き合いたて”の会う頻度|週2〜3回

友達と過ごす時間よりも、彼氏との時間を優先したくて仕方がない期間ですよね。

学校が一緒なら、毎日一緒に授業を受けて学食でご飯も食べる。学校が違うなら、毎日学校終わりにどこかで待ち合わせしてどちらかの家で過ごすということも。

出来れば、毎日一緒に居たいくらいですが理想の頻度は週2〜3回がベストでしょう。理由は、ほぼ毎日一緒にいるとすぐに飽きてしまったり、新鮮味が感じないから。

長続きする恋愛をしていくなら、初めから距離を縮め過ぎないことが大事です。


大学生の彼氏と“3ヶ月以上”の会う頻度|週1〜2回

大学生の活発ヶ月以上の付き合いは週1.22回

付き合って3ヶ月以上経つと、喧嘩もしたりお互いのことを深く知っていきますよね。

良くも悪くも相手に対して遠慮がなくなったり、距離がどんどん縮まりやすくなるでしょう。3ヶ月以上経過してからは、彼氏と会う頻度は週1回、多くて2回にすると◎

貴重な学生生活は限られているので、お互いに勉強や友達との遊びを思いっきり楽しむことも大事です。恋人以外の人とも沢山コミュニケーションを取って、お互いに成長できる関係性が続くと長続きする確率も上がるでしょう。


“社会人彼氏”の場合の会う頻度の理想とは

社会人になると、プライベートよりもどうしても仕事を優先することが増えてきます。学生時代は、恋人との時間を優先していた人もさすがにプライベートの時間や休む時間が欲しくなり会う回数が減ることも珍しくありません。学生時代と比べると、どのカップルも会う頻度は少ないのが顕著ですね。そんな社会人彼氏と会う理想の頻度は、どのくらいが良いのでしょうか。


社会人の彼氏と“付き合いたて”の会う頻度|週2〜3回

付き合いたての頃は、仕事終わりの短い時間も会いたい時期ですよね。

頻繁に連絡を取っていても、やはり直接コミュニケーションを取りたいので多くても週2〜3回が理想でしょう。

20代前半なら、10代の名残があるのでもっと会いたがる人もいますが、20代後半になると仕事の責任も大きくなるのであまり時間を避けない人も。

仕事終わりにご飯を食べに行ったり、家に泊まって2日間一緒に時間を過ごすくらいが丁度良いかもしれませんね。


社会人の彼氏と“3ヶ月以上”の会う頻度|週1回

写真ヶ月以上の付き合いは週1のデート

3ヶ月以上経つと、彼女との時間も大切ですがスキルアップのために仕事やプライベートの時間を確保する男性も増えてきます。

休みの日はしっかり休んで自分の時間を取ったり、勉強をして仕事をしたり。中々予定が合わない男友達との遊びを楽しむこともあるでしょう。

付き合って3ヶ月以上経つと、安定した関係になってくるのでたまに会うくらいが新鮮さを感じるようです。なので理想は週1回が丁度良いでしょう。

会えない時間が愛を育むとよく言いますしね◎。近すぎず遠すぎない距離感が男性に取っては心地良いのです。


遠距離恋愛をしている彼氏との会う頻度の理想

遠距離恋愛の場合は、片道2〜3時間で会いに行ける中距離、福岡から東京など飛行機を使用しなければならない距離と分かれています。

なのでここからは、“中距離”・“遠距離”と分けて理想の会う頻度をお伝えします。


電車で片道2〜3時間通える中距離の場合|月1〜2回

中距離の場合は、どちらかの家に向かうことも出来ますが中間地点で会うことも出来ます。

例えば、東京と静岡の中距離なら中間の神奈川のどこかで会えば、交通費も交通時間も節約できますよね。

会う場所やお互いの休みを上手く合わせれば、最低少なくても月1回 or 多ければ2回は会えるでしょう。毎週会うとコストもかかるので、月1〜2回ならお互い無理せず気軽に会えるのではないでしょうか。

そして毎週会うよりも、月数回ペースの方がお互いに話したい内容も沢山会っていつまでも新鮮な気持ちも保ちやすいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


飛行機を使わないと会えない長距離の場合。

長距離カップルのデートは3ヶ月に1回

東京と札幌。福岡と大阪。空港費をかけないと会えない長距離の場合は、3ヶ月に1回が理想でしょう。毎月、2ヶ月に1回ではコストがかかって、お互い負担を感じてしまいます。

しかも、会うとなったら1泊2日 or 2泊3日と数日間確保しなければ移動が大変ですからね。

だったら、予め3ヶ月後に「この日程」と予め抑えていけば早割のチケットも取れて休みも取りやすくなります。会う回数は中距離の人と比べたら、少ないですがその分デートプランをしっかり練って濃い数日間を過ごしてお互いに充電し合えば◎。

近距離恋愛のカップルよりも、会う時間が限られて居るので恋人との時間が“ご褒美”や“レアな時間”と感じやすいので良い刺激になるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


彼氏と会う頻度が減った時の3つの対処法

彼氏と会う頻度が減った時の対処法

最後に彼氏と会う頻度が減って不安に感じる女性、会う頻度を増やしてもっとラブラブになりたい女性に向けての対処法をレクチャーしていきます。

彼氏と会う頻度をもっと増やすには、何を心がけていけば良いのでしょうか。


彼氏と会う頻度が減った時の対処法1. 無理に増やそうとせずデート1回1回を丁寧に過ごす

彼氏も仕事や他のことで忙しくて、中々恋愛に時間を避けない時期もあるでしょう。

そんな時は無理に増やそうとせず、彼氏と会う限られた時間を丁寧に過ごして行きましょう。会う回数が多いことが恋愛は大切なんてことはないです。

会う回数よりも一緒に居る時間がどれだけ充実して、楽しいかが重要ですからね。彼氏とこの先も仲良く過ごして行くなら、「会えないから寂しい」というその場の感情にあまり流されないように。


彼氏と会う頻度が減った時の対処法2. 自分磨きをして彼氏を惚れ直させる

最近デートのパターンがマンネリ化している。安定し過ぎて刺激がないと実感しているなら、自分磨きをして外見や内面を磨くというのも1つの手。

手っ取り早い方法は、髪型を変える or 服装を変えることです。髪と服装は、パッと見ただけですぐ印象が変わったと気付きやすいところ。

内面ももっと磨くなら、彼氏に居心地が良いと思わせるために聞き上手になる or 沢山彼氏を褒めるなど。会話のパターンも積極的に変えてみるのもおすすめです。

「雰囲気変わった」と彼氏も惚れ直して、会う回数がまた増える可能性がありますよ

【参考記事】はこちら▽


彼氏と会う頻度が減った時の対処法3. 予定を沢山入れて充実させる

彼氏と会う頻度が減ったら予定を充実させる

「前みたいに会う回数が減って不安」、「飽きられたのかな?」と不安に感じる理由って、実は自分が充実してなかったり彼氏のことを優先しているからなんですよね。

男の人は、「もっと会おうよ」と自分のことを追いかけてくる女性よりも、自分の時間を大切にしていて彼氏を追い求めないくらいの女性が好きです。

彼氏のことにかまけるよりも、自分の時間や友達と遊ぶ時間をめちゃくちゃ充実させて彼氏への意識を減らして行きましょう。彼氏との時間ももちろん大切です。

でも、これから長く付き合っていく自分自身のことをもっと大切に扱って、グレードアップさせて行きましょう。結果、その方が彼氏も貴方にもっと興味を持ってくれるでしょう。


彼氏と会う頻度も大切だけど、それ以上に会う時間を1回1回大切に。

彼氏と会う頻度より時間を大切に

彼氏と会う頻度についてお届けしました。彼氏と会う頻度や回数につい考えてしまう時もありますが、実はそれ以上に大切なことって「いかに1回1回新鮮な気持ちで会えるか」なんですよね。

今ラブラブで会っても今の彼氏とずっと一緒にいられる保障なんてないですからね。かけがえのない存在だからこそ、1秒1秒彼氏との時間を大事にしていきましょうね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事