仕事に集中できない原因は?集中力を高めて“効率的”に仕事する方法を解説

仕事に集中できないと、どうしたら良いか悩みますよね。そこで今回は、仕事が集中できない原因と対策から、今すぐ集中する方法、日頃から集中力を継続するための方法を徹底解説します。集中力が原因で無駄に残業しないためにも、ぜひ集中力を身につけてみてくださいね。

仕事に集中できない時の対処法を紹介!

仕事に集中できない

仕事をしているからには、集中して全力で業務に取り組むことが大切です。しかし「午後になるとどうしても集中できない」「なんとなく仕事に熱が入らない」という時ってありますよね。

仕事に集中したいのに、できない状況は大きなストレスにもなります。

そこで、この記事では、仕事に集中できない原因に加えて解決法や仕事に集中するためのコツについても解説。

集中力のなさが原因で残業ばかりになってしまわないよう、仕事に集中する方法を早めに身につけましょう。


仕事に集中できないのはどうして?原因と対策を解説

「仕事に集中できない…」と悩む人は少なくありませんが、その原因は人それぞれ違います。ここからは、仕事に集中できない時の原因、その対策方法について解説していきますので、自分の悩みを解決できるように、ぜひ参考にしてみてくださいね。


仕事に集中できない原因1. 眠くなってしまう

食事の後や出勤したばかりの早い時間、なかなか眠気が収まらず、ついうとうとうとしてしまうのは誰にでもあることです。

しかし、集中できない時間が続くと、仕事でミスをすることもありますし、会議で寝てしまったりと大きな失態を犯すことにも繋がりかねません。

午後や朝起きてすぐの時間、眠くなってしまうのは人間の生理現象ですので、「眠くて仕事に集中できない」という方は多いでしょう。


対策:眠気覚ましのために外を歩く

仕事中「眠くてとても集中できる状態じゃない」と感じたら、眠気を覚ますため、体を動かすことが大切です。職場の席で軽くストレッチをしてみたり、休憩時間を使って外を軽く散歩すれば、気分もすっきりとするはずです。

眠い午後や朝の時間、眠気と戦いながら仕事をするより、一度眠気を覚ましてから業務に取り掛かるほうが、仕事の能率は上がるでしょう。


対策:クールタイプの目薬を使う

目の疲れをとるため、仕事中は目薬を必ず差すようにしているという人も多いでしょう。眠気がどうしても我慢できない時は、クールタイプの目薬を使い目に刺激を与えるのがおすすめ。

あまり頻繁にクールタイプの目薬を差し続けるのは避けるべきですが、午後の会議前など絶対に寝てはいけないという時、目薬で爽快感を与え、脳を覚醒させましょう。


対策:水で顔を洗う

クールタイプの目薬などを使っても「どうしても眠い…」と感じる時は、顔全体を冷やし頭をスッキリさせましょう。特に出勤直後で眠気が取れないという時は、いったん洗面所で顔を洗い、眠気を覚ますのがおすすめです。

特に冷たい水で目元を良く冷やすようにすれば、寝不足の頭も覚醒してくるので、仕事に集中したい時は積極的に顔を洗いに行きましょう。


仕事に集中できない原因2. 仕事の悩み事を抱えている

常に気持ちが不安な状態にあると、なかなか落ち着いて業務に集中できません。

特に仕事で悩みを抱えている場合、「もし失敗したらどうしよう」「今やっていることが間違いだったらどうしよう」という不安から、業務に集中できなくなるケースは多々あります。

不安な状態が続けば、大きなストレスを抱えることにもなりますので、緊張状態からさらに業務の能率が下がり、残業が増えることもあり得るでしょう。


対策:一日の中で自分の時間を作って、好きなことを楽しむ

悩み事があってどうしても不安になってしまう時は、仕事のことを忘れる時間を作りましょう。忙しい平日でも、自分だけの時間を作り趣味を楽しんだりすれば、気分もリラックスし、仕事に対して前向きな気持ちになれます。

また、仕事中の休憩時間に好きな音楽を聴いたりして悩みを一時的にでも忘れるようにすれば、新鮮な気持ちで仕事に集中できるでしょう。


対策:悩み事を解消するために上司に相談してみる

業務上の悩み事が自分で解決できそうにないものなら、会社の人に相談することも大切です。職場の上司や同僚などに相談すれば、悩み事を解決するための具体的な方法が見えてくるかもしれません。

「仕事がうまくいかない」「自分の仕事に自信がない」といった場合も、会社の上司にアドバイスをもらうなどして、自分なりに解決方法を見つけていきましょう。


仕事に集中できない原因3. 仕事中に同僚と会話をする

仕事中についつい職場の人と話し始めてしまい、仕事のペースが落ちてしまうという人は多いもの。特に気の合う同僚が近くのデスクにいれば、楽しく話し込んでしまい、無駄に時間を過ごしてしまうことも少なくないでしょう。

同僚と話す前は仕事に集中していても、他の人と雑談をすることでせっかくの集中が途切れてしまいます。


対策:休憩時間など、同僚と話す時間を決める

「同僚と話すのが楽しい!」「仲の良い同僚がいてどうしても話し込んでしまう!」という場合、楽しい雑談の時間に制限を設けるべきです。本来会社は仕事をする場所。

「同僚と話すのは休憩時間だけ」など決め、それ以外の時間はなるべく話を伸ばさず、仕事に気力を向けるよう意識することが大切です。


仕事に集中できない原因4. 職場が雑音でうるさい

会社のビル周辺が工事中で常に騒音がしていたり、そもそも同僚同士の話し声で職場全体がうるさかったりと、集中力を削ぐ原因が音にある場合も多いでしょう。

特に上司の怒鳴り声などは、自分と関係ないことでも思わずドキッとしてしまい、集中力が途切れることにも繋がりかねません。

また、隣のデスクの人の独り言や物音がうるさい、といった場合、「うるさいので静かにしてください」とも言いづらく、困っている人も多いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


対策:可能であれば耳栓をつけて仕事をする

工事中の物音など、どうしても雑音が気になって仕事に集中できない時はまず上司に相談してみましょう。そして耳栓を付けて仕事をしていいか確認し、可能であればお気に入りの耳栓を付け、業務に集中するようにするのがおすすめです。

高性能な耳栓があれば、物音が気になって集中できないという状況にはなりません。仕事に集中したい時だけは耳栓を付け、自分の業務のことだけを考えるのが良いでしょう。


対策:自分のデスク以外で仕事できるなら、場所を変える

「隣のデスクの人がうるさくて仕事に集中できない」というのは大きな悩みですよね。デスクワークをしている限り、隣の人からは逃れなれないもの。どうしても気になる時は上司などに相談し、別の場所で仕事をすることも考えましょう。

個人デスクのない職場であれば、積極的に場所を移動し自分の集中しやすい環境を作ることも大切です。


仕事に集中できない原因5. やるべき仕事が多すぎる

やるべきタスクがありすぎると、「あれもしなきゃ、これもしなきゃ」と気持ちが焦ってしまい、目の前の業務に集中できなくなります。

器用にマルチタスクをこなせる人間は、かなり少数だといわれています。タスクが多ければ多いほど、頭の中が混乱してしまい、ミスや残業が増えてしまうのは、非常に自然なことだといえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


対策:タスクの優先順位を決めて作業を始める

タスクが大量にあって混乱してしまうのは、今自分がやるべきことを理解できていないから。タスクが大量にあっても、きちんと優先順位をつけ、順位の高いものから集中して一つずつ取り組むようにすれば、集中力の低下を防ぐことができます。

また、タスクがありすぎてストレスが溜まってしまうという場合、目の前の仕事だけを見るよう意識し、他の仕事のことは考えないようにしましょう。


仕事に集中できない原因6. 仕事が面倒くさいと思っている

人間、楽しくない、つまらないと感じていることには集中できません。そのため、仕事に対して「面倒くさいな」「嫌だな」と感じる場合、業務に熱中できないのは当然ともいえます。

特に「デスクワークが嫌い」という人の場合、デスクで行う仕事全てを面倒くさいと感じてしまい、集中できなくなることは多いです。

また、「仕事なんてどうでもいい」と思いながら毎日を過ごしている人も、なかなか業務に本腰を入れることができないでしょう。


対策:仕事をするメリットを意識して行う

たとえ面倒くさい仕事でも、仕事をすれば必ずお金が手に入ります。また、一見役に立たないと思える仕事でも、将来のキャリア構築に役立つこともあるかもしれません。

どうしても仕事が嫌で仕事に集中できない、という時は仕事をするメリットに意識を向け、「自分が仕事をしているのは○○のためなんだ」と考えながら、前向きに業務に取り組みましょう。

【参考記事】はこちら▽


仕事に集中できない人へ。今すぐ集中するための方法を大公開!

「絶対にこの仕事に集中しなきゃ!」と思うのに、なぜかうまくいかない、そんな悩みを抱えているビジネスパーソンは少なくありません。

ここからは「今すぐ仕事に集中したい」という時に実践すべき対処法について解説していきます。


今すぐ集中する方法1. 「5分間だけ集中する」と決めて、できたら次は10分と伸ばしていく

仕事に集中できないと感じている時でも、案外仕事を始めてみればスムーズに業務が進みます。

「なんだか眠い」「仕事に集中できない」という時、まずは「とりあえず5分だけ集中する」と決め、スマホなどを遠くに置きましょう。そして集中する時間を10分、15分と伸ばしていけばいつの間にか仕事がはかどるようになります。

この方法は、「仕事が面倒くさい」と感じる人に効果的。「仕事が嫌だな」と感じていても、ひとまず業務に取り掛かれば集中力が出てきます。


今すぐ集中する方法2. やるべきことを紙に書き出してみる

タスクが多く、なかなか仕事に集中できない時や「どの仕事をすれば分からない!」という時には、やるべきことを整理するのが最も大切です。

まずは、直近一週間以内にすべきタスクを紙に書き出し、混乱している頭を整理してみましょう。

そして今日やるべきことを洗い出し、優先度の高いものから一つずつ集中して取り組むようにすれば迷いがなくなり、業務に集中できるようになります。


今すぐ集中する方法3. 仕事が終わる30分前にタイマーを設定しておく

仕事に集中できず、ついつい「残業すればいいや」と思ってしまう人は多いでしょう。しかし、残業にばかり頼っていては、仕事の能率が下がってしまいます。

残業を防止するには、「定時まであと○○分!」と時間を強く意識し、必要な仕事に集中することが大切。定時30分前にタイマーをセットし、ラストスパートをかければダラダラやっていた仕事も案外早く片付くものです。


今すぐ集中する方法4. 仕事を終えた後のご褒美を考える

似たようなデスクワークが続くと、どうしても集中力が下がってしまうもの。なかなか仕事に対するモチベーションが上がらないという場合、「仕事が終わったら好きなことをする!」と決め、前向きな気持ちを取り戻しましょう。

自分の好きなことは、趣味でもデートでも何でも大丈夫。仕事を終えることで得られる楽しさが見えてくれば、目の前の仕事にも集中できるはず。


今すぐ集中する方法5. 仕事ができなかった時のリスクを考えてみる

仕事が嫌で仕方ないという人は、案外多いでしょう。しかしもし仕事がなければお金も手に入りませんし、社会的な信用も失われるかもしれません。

「もし仕事ができなかったらどうなるか」想像してみると、今仕事に取り組めている環境に感謝できるようになり、前向きな気持ちになれます。

仕事が嫌だという人も、仕事ができなくなるリスクを考えてモチベーションを上げましょう。

【参考記事】はこちら▽


日頃から仕事の集中力を継続させる5つのコツ

人間、集中力を永遠に継続させるのは困難です。しかし、集中力の続く時間をなるべく増やすことで仕事の能率を上げ、残業を減らしたいたいと感じている人は多いでしょう。

ここからは、集中力を継続させるための方法について解説していくので、ぜひ実践してみてくださいね。


集中力を継続するコツ1. 仕事に対して小さな目標を立てて行動していく

毎日仕事への集中力をキープするのは非常に大変です。しかし仕事を通して実現したい目標があれば、「今やっている仕事が役に立つ!」と前向きな気持ちになれるため集中力を継続しやすくなります。

目標は、「今日中にこれを終わらせる」「必ず定時で帰る」といった小さなもので大丈夫。目標を決めることで、自然と「今日のゴールに向けて頑張らなきゃ」という気持ちになるので、集中力が持続します。


集中力を継続するコツ2. 仕事に楽しさを見出す

仕事には集中できないけれど、自分の好きなことなら何時間でも熱中していられるという人は多いはず。そのため「仕事が楽しい!」と思えれば、自然と集中力が続くようになるはずです。

「資料のグラフを作るのが楽しい」「マニュアルを作るのが楽しい」など、具体的に楽しい仕事を見つけることができれば、だんだん仕事全体が楽しく思えてくるもの。

今やっている業務の中から「これは楽しいな」と思えるものを見つけ出し、なるべく仕事にポジティブな気持ちで挑むようにしましょう。


集中力を継続するコツ3. 仕事のルーティンを決める

毎日デスクに座るたび、「今日は何から手を付けようかな」と考え、計画を決めていくのは大変です。

「この時間は資料を作る」「午後のこの時間はメールのチェックと返信をする」などとその日のルーティンをはっきり決めておけば、体が自然とその流れを覚えるため、スムーズに業務に手を付けることができるようになります。

また「○○時までにこの仕事を終わらせる」などの計画を立てておけば「時間内に仕事を終わらせなきゃ」という意識が働き、仕事に集中できるようになるでしょう。


集中力を継続するコツ4. 休憩時間は仕事をせずにゆっくりする

「集中力を高めるためにもっと頑張らなきゃ」と自分を追い込んでしまう人は多いですが、頑張りすぎると体力が減ってしまい、仕事に集中できなくなってしまいます。

きちんと仕事を進めるためには、休憩をしっかりとって自分の心と身体を休ませることが大切。昼休みなどは仕事のことをいったん忘れ、なるべくゆっくりと時間を過ごすようにしましょう。


集中力を継続するコツ5. 毎日しっかりと睡眠をとる

「仕事を頑張るぞ!」と思っていても、睡眠不足で力が出せない状態ではなかなか業務がスムーズに進みません。集中力を継続させるには、気力以上に体力が大切。睡眠不足の状態が続いていると、無駄なミスや残業が増えてしまうこともあります。

きちんと睡眠を取り、忙しい平日もしっかり休むことで集中力を持続させやすくなりますので、毎日最低7時間以上は睡眠を取るよう心がけましょう。

【参考記事】はこちら▽


どうしても仕事に集中できない日は帰ることも大切!

仕事に集中できないままだと細かいミスも増えますし、無駄に残業をすることにもなりかねません。

「何をやっても仕事に集中できない!」という時は、集中しようと無理をするのではなく、最低限の仕事だけして家に帰るのも一つの方法です。

特に女性は、その日の体調などもありますので、どうしても仕事に集中できない時は誰にでもあります。無理そうな時は家に帰ることにして、明日の仕事に向け英気を養いましょう。


自分が集中できるスイッチを見つけるようにしましょう。

仕事に集中できない時、「自分はダメなんだ」と思ってしまうこともありますが、全ての人が常に全力で仕事に取り組めているわけではありません。

仕事に集中できなくて困るという時は、原因に合った対処法をいろいろと試し、自分に合った方法を見つけるようにしてくださいね。

また、「集中しなきゃ」と自分を追い込むほど不安になり、逆に気分が落ち着かなくなることもあるでしょう。そんな時は自分を責めず、リラックスした気持ちで前向きに仕事に取り組むことで、自然と仕事の能率も上がってきますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事