なぜ子供に好かれるの?子供に懐かれる“優しい大人”になる方法とは

子供に好かれる人ってどんな人か気になる時ってありますよね。そこで今回は、子供に好かれる人の特徴を男女別に大公開!さらに、子供から嫌われる人の特徴と子供に好かれる方法もお教えします。子供が懐く大人の特徴を知って、ぜひ子供との付き合いの参考にしてみてくださいね。

子供から好かれる方法を解説します。

子供に好かれる人

同じように接しているはずなのに子供に好かれる人とそうではない人っていますよね。子供はどんなところを見て、好きになったり嫌いになったりしているのでしょうか?

そこで今回は、どうしたら子供に好かれるのか気になる人のために、子供に好かれる人の特徴を男女別に解説していきます。

あわせて子供から嫌われる人の特徴や子供に好かれる方法もご紹介するので、もっと子供に好かれたい人や上手く子供と付き合いたいと思う人は、早速今日から実践してみてくださいね。


【自己診断】子供に好かれる人の特徴にいくつ当てはまる?

子供に好かれる人には、性格や行動など共通する特徴があるのでしょうか。ここからは、子供に好かれる人の特徴を男女共通と男女別に分けて詳しくご紹介します。

自分が子供に好かれやすいのか気になる人は、当てはまる特徴があるのか自己診断していきましょう。


【男女共通】子供に好かれる人の特徴とは

まずはじめに子供に好かれる人の特徴として、男性女性関係なく共通することを5つピックアップして紹介します。

子供が好むのはどんなタイプの人なのか、自分にあてはまる特徴があるかどうかチェックしていきましょう。


子供に好かれる人1. 常に笑顔でいる

笑顔は子供に限らず誰に対しても好印象を与える表情です。笑顔でいると、子供が接しやすく、仲良くなれるという印象を抱くため、子供に好かれる人の特徴としてあげられます。

ただし、笑顔でならなんでも良いわけではありません。無理して作っている笑顔だと子供には好かれにくいので、「日頃から人に優しく接しよう」という気持ちを大切に自然な笑顔で接することが大切です。

【参考記事】はこちら▽


子供に好かれる人2. 顔が丸い

子供は丸いものに対して安心感を感じるという心理的な特徴があります。例えばアンパンマンが好きなのも、丸い顔に安心感を感じるのが理由だと言われています。

男性女性に関係なく丸い顔をしている人は、優しい印象で、心理的にも子供が好意を抱きやすいと言えます。そのため、子供から好かれる人には丸い顔の人が多い特徴があります。


子供に好かれる人3. 大らかで優しいオーラが滲み出ている

子供は視覚や聴覚からは感じ取れない部分に対し、「この人はどんな人なんだろう?」と敏感に反応するとされています。

いつも人に対して優しい態度で接することを心掛けている人は、自然と大らかで優しいオーラが滲み出ているのです。

優しいと感じる人に対して、子供は物怖じせずに接することができるので、おおらかで優しいオーラがにじみ出ている人は懐かれやすいと言えます。

【参考記事】はこちら▽


子供に好かれる人4. 褒めるのが上手い

子供は怒られるよりも褒められるのが大好きです。褒められると自分のことを認められたと感じ、自分のことを見てくれるという心理が働きます。

些細なことでも「すごいね」「上手だね」などと褒めてくれる人は、子供にとっては自分に優しくしてくれるいい人だと感じるため、子供から好かれる人に多い特徴だと言えるでしょう。


子供に好かれる人5. 子供がハマっていることに詳しい

子供は自分と同じ目線に立ってしっかり受け答えしてくれると「この人と一緒にいると楽しい」と感じます。

例えば子供が興味を持っている戦隊ヒーローの名前や必殺技など、子供がハマっていることに詳しいと一緒になって会話を楽しめますよね。

自分が興味を持つことを同じ目線で共有できる大人は、自然と子供から懐かれるのです。


子供に好かれる「男性」の特徴とは

子供に好かれる男性からは、将来いいパパになりそうな雰囲気を感じられるので、子供だけでなく、大人の女性の中にも好印象を抱く人も多いでしょう。

まずは、子供に好かれる「男性」の特徴を2つ紹介します。


子供に好かれる男性1. 運動神経が良い

子供にとって難しいと感じる動作を簡単にこなせる男性は、子供にとって憧れの存在に映るもの。

例えば、身軽に動いて敵を倒していくヒーローのような動きができれば、子供たちは「すごいな」「かっこいいな」と思うでしょう。

運動神経が良いと、子供が「かっこいい」と憧れるような動作をこなせるので、ヒーローのような存在として好かれるのです。


子供に好かれる男性2. 子供の話に対してリアクションが大きい

子供は自分の話に興味を持ってくれる人に対し、接しやすさを感じます。

体を動かして大きくリアクションをすると、話に興味を持ってもらえていると実感できるだけでなく、子供にとって面白いと感じる遊びの一つにもなります。

大人から観ると大きすぎるリアクションでも、子供からしてみると自分に興味を持ってくれて、一緒に遊んでもらっているような気分になるのです。


子供に好かれる「女性」の特徴とは

子供と一緒になって楽しそうに過ごしている女性を見ると、なんだか人としても素敵に見えますよね。子供に好かれる女性にはどのような特徴があるのでしょう。

ここでは子供に好かれる「女性」の特徴を2つ紹介していきます。


子供に好かれる女性1. 聞き上手で子供の話をしっかり聞いてあげられる

子供は大人のようにスムーズに話を伝えられないことが多いです。

何度も同じ話を聞かされたり、同じ質問をされたりすることがありますが、最後まで真剣に子供の話を聞いてあげると、子供は「自分に興味や関心を注いでくれるいい人だ」と思います。

聞き上手で子供の話をしっかり聞いてあげると「もっとお話したい!」と好かれるのです。

【参考記事】はこちら▽


子供に好かれる女性2. 世話を焼くのが好き

子供は自分のことを気にかけてくれると嬉しくなり安心感を覚えます。女性は細かいところに気が付きやすい性格の人も多く、子供からしても自分のことを気にかけてくれているいい人だと感じます。

世話を焼くのが好きな性格の女性は、自然と子供に対しても気配りができます。子供に対して安心感を与えられるため、子供から好かれて懐かれる人が多いのです。


反対に、子供に嫌われる人はどんな人?

子供から好かれる人がいる一方で、特に悪いことをしたわけではないのに、なぜか子供から嫌われてしまう人がいるのも事実。

ここでは子供に嫌われる人の特徴を5つピックアップして紹介しますので、思い当たる節のある人はチェックして自己診断してくださいね。


子供に嫌われる人1. 表情が堅く、笑顔がぎこちない

子供だけでなく大人にも共通しますが、表情によってその人が「何を考えているのか」「どんな気分なのか」を読み取ろうとします。

表情が堅くて笑顔がぎこちない人を見ると、自分に対して好意的な印象を感じられません。なんとなく「怖いな」「自分のことが嫌いなのかな」と子供を不安にさせてしまうため、子供からも嫌われてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


子供に嫌われる人2. 運動神経が良くない

子供は自分と一緒になってアクティブに遊んでくれる人が大好きです。運動神経が良くない人だと、体を使った遊びを一緒に楽しみにくいため、子供から嫌われがちに。

また、ヒーローのようなかっこいい動きに憧れを抱く子供も多いため、運動神経が良くないと動きが鈍く、かっこよく見えないことから子供に残念な印象を与えてしまうのです。


子供に嫌われる人3. 子供扱いをする

子供とはいえ、等身大の自分を認めてもらいたい気持ちがあります。

「まだ子供だから○○だよね」「子供だからダメよ」など、必要以上に子供扱いすると、一人の人間として認められてないような気がして、仲良くなりたくないと思われてしまいます。

相手が子供であっても一人の人間として尊重してあげなければ、子供からも嫌われてしまうのです。


子供に嫌われる人4. すぐに疲れて子供の遊びに付き合えなくなる

子供は大人と一緒に遊んでもらうのが大好きです。遊びに夢中になると子供よりも大人の方が先に疲れを感じてしまうことも珍しくありません。

できるだけたっぷりと時間をかけて遊んでもらいたい気持ちがあるため、すぐに疲れて子供の遊びに付き合えなくなると、子供は残念な気持ちになってしまいます。

遊び出してすぐに「疲れたからもう終わり」と言って遊びを終わらせてしまう大人は子供から嫌われてしまうのです。


子供に嫌われる人5. 子供に対して苦手意識がある

子供は言葉にしなくても表情や雰囲気で大人の気持ちを察知します。

子供に対して苦手意識を持つ大人は、どう接すれば良いかわからなくなることもあるでしょう。その様子を察知した子供も困ってしまい関わりたくないと思うのです。

自分から子供に関わろうとしない大人は、子供からも苦手意識を持たれてしまい嫌われてしまう原因になります。


どうすればいいの?子供に好かれる6つの方法とは

子供が好きなのになぜか「子供から好かれている気がしない」という人もいるでしょう。そんな人のために、子供に好かれる方法を6つピックアップして紹介します。

もっと子供に好かれたいと思う人はぜひ試してみて。


子供に好かれる方法1. しゃがんで子供と同じ目線で話す

子供と大人は体格の差があるので、子供からしみるとて大人はとても大きく見えてしまう存在です。立った状態だとより大きく見えてしまうため、大人を怖いと感じてしまう子供もいます。

子供と接する時には、子供と同じ目線で対応すれば、子供は安心感を得られるのです。

自分と同じ目線で話してくれる人には心を開く事もが多いので、子供と接する時はしゃがむなどして同じ目線で話すようにしましょう。


子供に好かれる方法2. 子供を下の名前で呼んであげる

子供に限らず大人もそうですが、名前で呼ばれると自分のことを認めてもらえた気持ちになりますよね。たとえ初対面であっても名前で呼ぶことで心を開くきっかけにもなります。

子供を下の名前で呼んであげると、子供の存在を認めて興味を持っていることを示せます。子供と仲良くなるためには初対面でも気軽に下の名前で呼んであげましょう。


子供に好かれる方法3. 子供と同じテンションで遊べる

子供は元気いっぱい自分と同じように遊んでくれる大人が大好きです。子供と同じテンションで遊べば、子供と大人という関係ではなく、友達同士のように近い距離間で子供も接してくれるようになります。

自分も子供に戻ったような気持ちで思い切って遊ぶことで、子供からも好かれて「また遊びたい」と感じてくれるようになるでしょう。


子供に好かれる方法4. 子供と一緒に遊びを楽しむ

子供は大人に遊んでもらっている時、一緒に遊んでいる大人が楽しんでいるか無理して遊んでいるのかがわかります。

子供と仲良くなるためには、子供と笑ったりはしゃいだりして一緒になって思いっきり遊びを楽しむことが大切です。

一緒に楽しみながら遊んでくれる大人と遊ぶことで、子供もより楽しい気持ちで遊べるでしょう。


子供に好かれる方法5. 無理して好かれようとせず、自然体で接する

子供は意外と敏感で、言葉にしなくても表情や雰囲気からすぐに無理してることに気付いてしまいます。

初対面でも大人が無理をして接している様子を見た子供は「自分のことが嫌いなのかな」と苦手意識を持ってしまうため、絶対にやめましょう。

子供に好かれたいと思っても、無理して好かれようとせずに優しい気持ちで自然体の自分で接することが大切です。


子供に好かれる方法6. ゆっくりハキハキと喋る

大人と会話をするように、早口でボソボソ喋ると子供は何を言っているのか聞き取れず、理解が追いつきません。子供と会話をする時にはゆっくりハキハキと喋るのがポイントです。

ゆっくりと話せば子供も話の内容を理解しやすいため、会話がスムーズになります。お互いにコミュニケーションがしっかりと取れるようになるため、打ち解けるのが早くなるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


子供に好かれる優しい人になってくださいね。

今回は子供に好かれる人の特徴や子供に好かれるための方法を紹介しました。子供と親しくなりたいのに、なかなか子供が懐いてくれない経験をしたことのある人もいるでしょう。

今回紹介した子供に好かれる方法を覚えておけば、今までよりもっと子供と仲良くなるでしょう。

子供に好かれる人の特徴を自分に取り入れてみるなど、この記事を参考に少しでも子供と仲良くなるように意識してみてはいかがでしょうか。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事