優しくなりたいけど優しくなれない理由|性格と行動の改善方法とは?

優しくなりたいと思っている方へ。今記事では優しい人になるために取り組むべき改善方法を詳しくご紹介します。さらに、優しくなれない原因や優しい人のメリットも徹底解説。周囲から頼りにされる優しい人になりたい方は、ぜひ参考にしてくださいね!

優しくなりたいのにできないのはどうして?

優しくなりたいけど優しくなれない理由

本当は、他の人にもっと優しく接したいと思っているのに、キツい物言いしかできなかったり、つい突き放してしまったりする人っていますよね。

でも、他の人に優しくする方法って、どうやって身につければいいのでしょうか?

今回は、他の人に優しくなりたいと思っているのに、なかなか優しくなれない人必見の優しくなるためにおすすめの改善方法について、詳しくご紹介します。


そもそも、優しくなりたいのに優しくなれない理由

心の中では、「もっと優しくなりたいなぁ。もっと優しい人になろう!」と、思っていても実践するのは、そう簡単ではありません。いつも優しい人は、「優しくするのなんて難しくないよ?」と思うかもしれませんね。

まずは、優しくなりたいと思っているのに、なかなか優しくなれない理由について、詳しくチェックしていきましょう。


理由1. 単純に優しく接する方法を知らないため

そもそも「優しい」とは、一体どういう事なのでしょうか?

何を優しさと感じるかは人それぞれ。そして、「優しい」という行動や言葉は、学校で勉強するものというより、様々な経験を通して身につけていくもの

自分自身が優しくされた経験が少ないと、他の人にどう接したら優しいと感じてもらえるのか分からないのです。


理由2. 心に余裕がなく、人に優しくなる余裕がないから

仕事やプライベートなどが忙しすぎたり、悩み事が多すぎたりすると、自分の事で頭の中は常にいっぱい。もちろん、心に余裕がないため、他の人に対しても最低限の接し方しかできなくなるのです。

これは、女性男性問わず、誰にでも起こりうる自然な心理でもあります。人に優しくできるのは、その相手の事を思いやり、気配りできるかどうかが大きなポイント。

しかし、心に余裕がないと、人の事を考えるより自分の事を考えてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


理由3. 自己愛が強く、自分を一番に優先してしまうから

自分自身を好きなのは、とても良い事。とはいえ、自己愛が強くなりすぎると、いつでもどこでも自分の事を最優先してしまいがち。

「自分さえ良ければ良い。」という心理は、まさに自己愛の強さからくるもの。

「自分がどうなるか?どうしたいか?」という部分ばかり考えてしまうため、自分の言動で他の人がどう思うかまでは、考えがまわらないのです。

【参考記事】はこちら▽


優しくなりたいなら取り組むべき事とは?

「今日から優しくなろう!」と決心しても、いざ、実行に移すのはなかなか難しいもの。優しくなりたいと本気で思うのであれば、少しずつ改善していくのがおすすめですよ。

ここでは、優しくなりたいなら、まず、取り組んでほしい事について、詳しくご紹介します。


優しくなるために取り組むべき性格や内面の改善法とは

他の人に優しくする方法に、分かりやすいマニュアルなどはありません。優しくなりたいのであれば、自分自身の考え方などを変えていく必要があります。

まずは、優しくなるために、取り組むと良い自分自身の性格や内面の改善方法について、チェックしていきましょう。

この方法は、女性男性問わず使えるだけでなく仕事や恋愛など、様々なシーンで使えるので必見ですよ。


改善法1. まずは自分に優しくして、心に余裕を作る

他の人に対して優しくできない人は、自分自身に対しても優しくない場合があります。優しくなりたいと思うのであれば、まずは、自分自身に優しくなりましょう。

「もっと仕事頑張らなきゃ!早く出世できるようスキルアップしなきゃ!」

など、志が高いのは結構ですが、自分自身を追い込みすぎるといつしか心に余裕がなくなり、イライラばかりしてしまいます。疲れたら休む、限界まで自分を追い込まないなど、自分に優しくする事から始めましょう。


改善法2. 自己中心的な考えをやめ、相手の立場になって物事を考えるようにする

優しくなりたいのであれば、自分を基準に考えるのを少し止めてみましょう。普段、自分の感情をすっきりさせるためだけに行動していませんか?

自己中心的な考え方や行動では、いつまでたっても優しくなれません。自分がどう思うかではなく、「相手はどう思うか?」というポイントを大切にしてみましょう。

相手の立場になって物事を考えられるようになれば、自分中心の行動も自然と少なくなっていきますよ。


改善法3. 損得勘定で物事を考えず、見返りを求めないようにする

人間関係は、自分の損得だけを考えていては成り立ちません

「あいつの仕事手伝っても、俺の成績にはならないし。」

など、自分にとって得かどうかだけで物事を判断してしまうと、周囲に集まってくる人も同じように損得勘定だけであなたと関わりたい人だけになってしまいます。

同僚の仕事を手伝って自分の成績にならなくても、その同僚との関係がさらに良いものへと発展する可能性もあります。

損得勘定は止めて、「大変そうだから手伝うか。」という見返りを求めない気配りと思いやりの気持ちで行動してみましょう。

【参考記事】はこちら▽


改善法4. 物事を前向きに捉える癖付けして、プラス思考になる

どんな事でも、ネガティブに捉えてマイナス思考になってしまう人っていますよね。

「〇〇さんは、今日のプレゼン褒めてくれたけど、あれはきっと本心じゃないよ。前回のプレゼン失敗したから嫌味のつもりなんだよ。嫌な人!」

など、他の人に言われた事や起こった事などを、なんでもかんでも後ろ向きに考えてしまうと、どうしてもイライラして優しく思いやりのある行動ができません

まずは、後ろ向き悪く捉えるのを止めてみましょう。褒められたら素直に喜ぶなど、前向きな考え方を続けていくと気持ちも明るくなり、他の人の事も思いやりのある見方ができるようになりますよ。

【参考記事】はこちら▽


改善法5. 洞察力を高めて、相手が何を求めているのか見極める力を身につける

優しくなりたいと思っていても、他の人が何を考えているのか察する事ができないと、適切な気配りができませんよね。

でも、それは、人に説明されたところで実践できるようになるわけではありません。そういう場合は、人間関係や洞察力に関する書籍などを読んでみましょう。

「自己啓発系の本は苦手…。」というのであれば、自分と近い立場の登場人物が出てくる小説などもおすすめです。

「あ〜、同じような事この間、私言っちゃったけど、〇〇さんの事もこんな風に傷つけちゃったのかな?」

などと、自分自身と照らし合わせながら、少しずつ相手に対して気配りする方法などを身につけていく事が可能ですよ。


優しくなるために取り組むべき態度や行動の改善法とは

優しくなりたいと考え方を改善しても、実際に実行に移さなければ、それは、ただの「優しくなりたいと思っているだけの人」になってしまいます。

では、どうすれば、実際に優しい態度や行動ができるようになるのでしょうか?

ここでは、優しくなりたいと思っているだけでなく、実際に態度や行動で表すためにおすすめの改善方法をチェックしていきましょう。


改善法1. 誰に対してもフラットに接することを意識する

周囲の人の事を「俺よりできるヤツ。」「あいつは、全然だめなヤツ。」などと、優劣を付けてみていませんか?

本当に「優しくなりたい。」「優しいいい人になりたい。」と思っているのであれば、まずは、周囲の人に優劣をつけるのをやめましょう。

例え、自分の心の中だけでも、他の人に対して優劣をつけていると、それが態度や行動に自然とにじみ出てしまうもの。相手が誰であろうと、フラットに接する事を心がけてみましょう。

どんな人にでも分け隔てなく接する事ができるようになると、自然と「誰にでも優しくていい人。」と評価されるようになりますよ。


改善法2. 常に心に余裕を持ち、冷静さを保つことを心がける

人に優しく接するためには、まずは、自分自身が優しい気持ちでいられるようにする事が大切です。

そのためには、まず心に余裕を持てるような生活をする事。仕事の量を減らす事ができるなら、少し減らして自分の時間が作れるようにしてみましょう。

自分自身の心に余裕ができるようになると、どんな事にも冷静に対応できるようになるため、些細な事でイライラしたりせず、他の人に対して優しく接する事が少しずつできるようになっていきますよ。

【参考記事】はこちら▽


改善法3. 丁寧な言葉遣いを日頃から意識する

女性でも男性でも言葉遣いが乱暴だと、優しい事を言っていても、相手に誤解されてしまう場合があります。

「お前どんだけ鈍臭いんだよ。そんな仕事も一人でできないのかよ!俺に貸せよ!」

なんて、慣れない仕事に戸惑っている新入社員に手を貸そうと思っても、言葉遣いが乱暴すぎると「荒々しくて怖い先輩」という印象の方が強くなってしまいます。

優しくていい人になりたいのであれば、言葉遣いも優しい中身に合わせて丁寧にするようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


改善法4. 人の悪口や不満など、ネガティブな言動は一切しない

「人の不幸は蜜の味」なんて言葉がありますが、人の悪口や不満ばかりを噂していると、優しい人からはどんどん遠ざかっていくばかり

根も葉もないゴシップのような悪口や不満話が癖になっていると、自然と他の人の粗探しばかりする性格になってしまいます。

優しい人になりたいのであれば、人の粗探しではなく、良いところを探すようにしましょう。


改善法5. 人をサポートするなど、日頃から誰かのために行動する習慣をつける

今まで人に優しくしてこなかった人が「今日から優しい人になろう!」と態度を改めようと頑張っても、なかなかすぐには切り替えられません。

優しく接するというのも慣れが必要なのです。

まずは、少しずつでいいので、日頃から他の人のために行動するようにしてみましょう。

「女性には優しくできるんだけど、男性に優しくするのって、照れくさいんだよね。」

などという場合は、一番身近で仲の良い男性に優しくしてみる事から始めてみるのがおすすめ。

また、エレベーターのドアを他の人が入り終わるまで押さえておく、同僚の分のコーヒーも一緒に買ってきてあげるなど、自分が無理なくできる優しい行動を続けていくと、人に優しくする事が難しいと思わなくなりますよ。


優しい人になると得られる3つのメリット

今まで、他の人に優しい態度を取った事がない場合、優しくなるとどんなメリットがあるのか、想像がつきませんよね。

ここでは、優しい人になると自然と得られる大きなメリットについて詳しくご紹介します。

このメリットは、女性男性問わず得られるものなので、「優しくなったところで、何の得があるの?」と不思議に思っている方は必見ですよ。


メリット1. 周囲から頼りにされる機会が増える

周りの人に優しくできるという事は、人とのコミュニケーションがよくとれているという事。

コミュニケーションが増えれば、自然と親近感や信頼感も湧いてきますよね。

「いつも優しい=親しみやすい信頼できる人=頼りにできる人」と感じる人はとても多いので、自分が周囲の人に優しくすればするほど、自然と周りの人も優しくなりますし、頼ってくれるようになります。


メリット2. 自然に優しくできるため、異性にモテる

女性男性問わず、恋人にしたい異性のタイプに「優しい性格の人」という条件はいつも上位にあがってきますよね。

とはいえ、「恋愛シーンでモテたいから異性には優しくしよう!」というモテるための優しい演技は、すぐに見破られてしまいます。

いつでもどこでも自然に優しくできて思いやりに溢れた謙虚な性格であれば、モテたいアピールを特にしなくても、女性男性問わず、自然と周囲に人が集まってきてモテるようになるのです。

【参考記事】はこちら▽


メリット3. どんな人とでも親しくなりやすい

優しい人と優しくない人がいたら、優しい人とお近づきになりたいと思うのは、ごく自然な心理。これは、仕事だけでなく恋愛シーンでも同じですよね。

他の人に優しく接する事ができるようになると、自然とコミュニケーションもスムーズにいくようになるため、どんな人とも親しくなりやすくなります。

もし、相手が人に優しくする事ができないタイプであっても、自分から先に優しく謙虚な態度で接する事で、相手の態度を緩和させる事も可能ですよ。


優しい人になって、人間関係を円滑にしましょう。

「他の人に優しくなりたい。思いやりに溢れた謙虚な人になりたい。」と思っていても、なかなか実行できないもの。

それは、「今まで優しくなかったのに、急に優しい謙虚な人になったら、周囲におかしく思われるんじゃない?」という気恥ずかしさや不安もあるため、最初の一歩が踏み出しにくいから。

まずは、自分が無理なくできそうな事から、少しずつ優しい言動をとるようにしてみましょう。

「継続は力なり」とはよく言ったもので、最初は難しいと思えても、毎日優しい振る舞いを続けていくだけで、いつしか優しくて謙虚な性格に近づいていけますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事