人といると疲れる原因とは?人付き合いでストレスを感じなくなる方法を紹介

人付き合いが苦手で「人といると疲れる」という人へ。本記事では、人といると疲れる原因から、人疲れしやすい人の特徴と改善方法を大公開!さらに、対人関係で疲れる人に読んでほしいおすすめの本も紹介します。仕事や恋愛など人といると疲れる気持ちを改善して、ストレスフリーな人生を送りましょう。

人といると疲れやすい原因を解決したい人必見!

人といると疲れる人

恋愛や仕事、友人関係まで、どんな場面でも人付き合いからは逃れられませんよね。しかし、「人といると疲れるから、もしかして私は人付き合いが苦痛なの?」と悩んでいる人もいるでしょう。

そこで今回は、人といると疲れる原因や、人疲れしやすい人の特徴と改善方法を徹底解説。他にも、人に合わせるのがストレスに感じる人のために、おすすめの本もご紹介していますよ。

対人関係で何らかの悩みを抱えている人は、男性も女性も参考にしてみてくださいね。


どうして苦痛を感じる?人といると疲れる原因とは

「人といると疲れる」「ストレスを感じる」という気持ちになるのは、実はある理由があります。まずは、人といると疲れる原因を4つご紹介します。自分に当てはまるものはないか、チェックしてみましょう。


疲れる原因1. 自己主張ができない

自分が言いたいことを相手に何も言えず我慢していると、ストレスが溜まり、人疲れして苦痛に感じやすいです。

自己主張ができない人は、例えば、友人とランチの場所を決める時に、「私は寿司が良い。パスタは嫌だ。」と思っていても、何も言わずに人に合わせる傾向にあります。そのため、結果的に相手が希望するパスタになってしまいがち。

いつも我慢していて自分の思い通りにいかないから、人といると疲れるのです。


疲れる原因2. 周囲の反応を気にしすぎる

「誰からも嫌われたくない!」と思っているタイプの人は、相手に合わせすぎてしまうので、人疲れして全てが苦痛になってしまいます。

「相手にどう思われるかな?」と、自分の言動をいちいち深く考えて、周りに気を遣うばかりに、本心とは違う行動を取ることもしばしば。

周囲を気にするあまり、思い切った行動ができないので、ストレスが溜まるのです。

【参考記事】はこちら▽


疲れる原因3. 承認欲求があるが、なかなか認めてもらえない

勉強や仕事など、認めてもらうための努力をしていても、周りから褒めてもらえないと、ただ疲れるだけ。

「同僚や上司に褒めてもらいたい!よし、残業頑張るぞ!」と無理して残業を続けても、誰もその努力に気付いてくれないと、意味が無いですよね。

承認欲求を満たすために努力する→スルーされる」ということが何度も続くと、人といるのに疲れる原因になるのです。

【参考記事】はこちら▽


疲れる原因4. 相手が自己中心的で意見を押し付けてくる

相手が、ワガママなタイプの場合、あらゆる場面であなたは我慢しなくてはなりません。

自己中心的な人は、いつも「私に合わせて、あなたが気を遣うのが当然!」というオーラを発しています。気が弱い人は、そのプレッシャーに負けてしまい、全てを相手の思い通りに行動しがち。

そこに自分の意見を挟む余地は無いので、一緒にいて疲れてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


どんな人が多い?人といると疲れやすい人の特徴

「人に合わせると疲れやすいし、いつも一人になりたいけど、私って人といると疲れるタイプなのかな?」と思っている人もいるでしょう。

続いては、対人関係がいつも苦痛に感じてしまう人の特徴をご紹介します。自分の性格に当てはまっている項目がないか、確認してみてくださいね。


人疲れする人の特徴1. 他人に対して優しすぎる

頼み事を断れない、自分のやりたいことがあっても相手に合わせてしまったりする人は、人といると疲れることが多々あります。

どんなに忙しくても、「助けてあげたい。」という思いから、相手を優先してしまうのが人といると疲れる理由。

優しい性格のあまり、自分自身を犠牲にして他人に尽くし過ぎてしまうのが特徴ですよ。

【参考記事】はこちら▽


人疲れする人の特徴2. 見栄を張る傾向がある

承認欲求があるため、「少しでも認められよう。」と見栄を張り、いちいち見栄を張る自分に疲れてしまうのも特徴の一つです。

例えば、友達に「私はセレブ」と認めさせたいばかりに、パートを増やしてブランドの服を買い、セレブという見栄の辻褄を合わせようと必死になります。

何でも見栄を張るので、「自分を大きく見せなきゃ。実力以上だと演じるのは大変。」と感じてしまうので、人といると疲れるのですよ。

【参考記事】はこちら▽


人疲れする人の特徴3. 人から嫌われるのを恐れている

人といると疲れる人は、人付き合いにおいて、周囲との調和を重んじるばかり、自分の意見を押し殺して相手に合わせる傾向があります。

いつも我慢して行動するので、周りから、「あの人は何でも合わせてくれるから、多少無理を言っても平気。」と思われがち。

どんなに疲れていても、周りから嫌われるのを恐れるあまり、無理も受け入れてしまいます。


人疲れする人の特徴4. 人の言葉の裏を考えやすい

人の気持ちに敏感すぎる人は、人間関係にストレスを溜めやすくなります。

「産休に入りたいって言ったら、○○さん祝福してくれたけど、本当はどう思っているのだろう?そう言えば笑顔がぎこちなかったな。」など、ささいなことで疑いがち。

人の言葉の裏を考える人は、何でもないことに落ち込むので、心が疲れやすいという特徴があります。


人といると疲れる人の改善方法をレクチャー

「人に合わせるのって、ほんと苦痛。でも、何とかしたい!」と思っている人もいますよね。ここでは、対人関係に疲れやすい人のために、今すぐできる改善方法を徹底解説!

これを読めば、友人関係も仕事も恋愛も今までよりやりやすくなりますよ。


改善方法1. 勇気を持って、意見をはっきり言うよう心がける

自分の気持ちを我慢して人に合わせると、どんなに努力してもストレスが溜まり、苦痛に感じます。

少しでも自分が納得できないことがあったら、「私は○○は嫌だ。」「僕は、ワガママなあの人といたくない。」など、しっかりと自己主張をしましょう。

最初は勇気が必要ですが、少しずつはっきり言えるように練習すれば、きっと改善しますよ。


改善方法2. 人に期待をしすぎない

他人に期待をすると、裏切られたときに大ダメージを食らってしまいます。そうなると、人間関係に疲れてしまうので、日頃から「他人は他人。私のことなんて気にかけてくれなくて当然。」と、思い込みましょう。

例えば、「今日は誕生日!みんながパーティーを開いてくれるはず。」と期待すると、何もなかった時にガッカリしてしまいますが、最初から期待してなければ、落ち着いた心で過ごせますよね。

むしろ、自分が期待していない時に、他人が何かをやってくれると嬉しさは何倍にも感じるものです。

【参考記事】はこちら▽


改善方法3. 少しずつ自分から人と関わってみる

人と関わることそのものが苦手になってしまった人は、自分から行動を起こさないとなかなか改善が難しいため、少しずつ人付き合いに慣れていく方法がおすすめです。

まずは、職場や学校で、挨拶することから始めましょう。挨拶に慣れてきたら、「今日はお天気良いですね。」といった、当たり障りのない会話をしながら、周囲に関わっていけばOKです。


改善方法4. 完璧ではない自分を受け入れる

ありのままの自分を受け入れることで、いちいち見栄を張って疲れる癖をやめることができます。

無理矢理背伸びして、能力以上に見せかけたり、周りにアピールするだけのために、無駄な努力をするのをやめれば、人間関係が楽になるでしょう。

「そのままの自分が一番魅力的なんだ。」と思って、自分を受け止めることが大事です。


改善方法5. どんな人にも好かれたいという意識をやめる

どんなに努力しても、万人から好かれるのは不可能です。

「関わりたくない人からは、好かれなくても大丈夫!」と肩の力を抜けば、人からどう見られるかという意識がなくなり、人に合わせすぎずに素の自分を出せて、ストレスが溜まることを防ぐことができます。

意見が合わなくてケンカになったり、嫌われてしまったら、それはただ単に縁が無かっただけ。悩む必要はありませんよ。

【参考記事】はこちら▽


人といると疲れる人に読んでほしいおすすめの本2冊

人付き合いで疲れにくくなりたいなら、自己啓発の本を読むのも良いでしょう。最後に、読みやすくて分かりやすい本を2冊ご紹介します。

手元に置いて、「ちょっと疲れやすいな。一人になりたい。」と思った時に何度も読み返すのがおすすめですよ。


おすすめの本1. 『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』岸見 一郎 (著), 古賀 史健 (著)

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

対人関係を改善するための具体的な自己啓発方法が書かれているので、実行しやすくおすすめの1冊です。

特に、学校や会社といった切っても切れない人間関係で悩んでいる人は必読です。

「他人の期待に応えなくていいんだ!関わりたくない人には嫌われてもいいのか!」と思えて楽になれますよ。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 『敏感すぎるあなたが人付き合いで疲れない方法』根本 裕幸 (著)

敏感すぎるあなたが人付き合いで疲れない方法

この本では、人付き合いが苦手な敏感な人向けに、日常生活における嫌いな人との距離の取り方が解説されているので、参考になりますよ。

嫁姑問題や、友人関係で疲れやすい感受性の強い人におすすめ。自分が心地よくなるように振る舞える方法も紹介しているので、早速試してみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


どうしても関わりたくない人とはどう接したら良い?

本当に嫌いな人が相手だと、自分のストレスを溜めてしまうため、可能であれば関係を切りましょう。

ただ、姑や上司といった、どうしても接していかなければならない人であれば、自分から関わろうとせずに、最低限の関わりにすることが大切。

「この人といたくない!関わりたくない!」と思うなら、無理せずに自分の心を守ることが第一ですよ。

【参考記事】はこちら▽


人といると疲れる時は、自分を守る方法を試してくださいね。

人といると疲れる人は、友人関係や職場関係でストレスが溜まりがち。人間関係が苦手ながらも、「人に合わせると疲れやすい。でも改善したい。」と思う人も多いでしょう。

そんな時は、自分の意見をしっかり伝えたり、見栄を張るのをやめてみてください。そうすることで少し自分の気持ちが楽になりますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事