人生の目標がない人へ。生きがいになる目標の見つけ方/夢の具体例を紹介

人生の目標が思いつかない時ってありますよね。本記事では、人生の目標を持つ意味から、目標がない原因と見つけ方、人生の目標となる具体例、参考になるおすすめの本まで徹底解説!さらに、人生の目標を達成させるための方法もレクチャーします。ぜひゴールを探して、有意義な人生を送っていきましょう!

人生の目標の見つけ方を知りたい人必見!

人生の目的がない人

人生の目標がはっきり思いつかないと、不安に感じることがありますよね。何をしてもやる気ややりがいが起きず、悩んでいる人も多いでしょう。

ここでは、人生の目標を見つけるための方法や具体例についてご紹介します。

こちらの記事を参考にして、大きな目標とゴールを設定し、有意義な人生を送っていきましょう。


人生の目標を持つ意味とは?

そもそも人生の目標と言われても曖昧で、何を指しているのかはっきりわかりにくいと思う人も多いでしょう。

そんな人のために、人生の目標を持つとはどういう意味なのかを3パターンに分けてご紹介します。


目標を持つ意味1. 生き生きとした人生を送れる

簡単に達成できそうにない大きな目標やゴールを持っていると、たとえ失敗やミスをしてもくよくよ悩むことがなくなります。

失敗しても、「自分の目標を達成するための経験」と割り切りやすくなることで、前向きな思考になるのです。

人生の目標がない人と比べて、ポジティブに過ごせるため、充実感のある人生を送れるようになるというメリットがあります。


目標を持つ意味2. 自分の未知な体験ができる

大きな目標は、想像がしにくい未知のものになっていることが多いです。

そのため、目標に達成するまでの努力や挑戦、たまに起きてしまう失敗なども未知の体験となります。

目標達成のために意図的にセーフティーゾーンを脱出することで、成長しやすく、刺激的な体験に溢れた人生を送ることができるようになるでしょう。


目標を持つ意味3. 長い人生を送る際に、未来のやるべきことに悩まなくなる

人生の目標とは、その名の通り、人が一生かけて取り組む壮大なテーマであり、それを持っていることで、長期的な視点が自然と身につきます。

未来で大きな目標を達成している自分から、人生を逆算して設計していけるため、「今何をすべきか」という迷いや悩みがなくなるでしょう。

しっかりとした判断基準が一つできることは、メリットとなります。

【参考記事】はこちら▽


人生の目標がない原因は何?

人生の目標がないことでモヤモヤして悩んでいる人には、実はたくさんの共通点があることが多いです。

そんなやりがいや生きがいを見つけることができない原因の中で、代表的なものを5つご紹介します。


目標がない原因1. 単純に忙しすぎて考える時間が短い

人生の目標は、自己分析を繰り返して、本当に自分がやりたいことをはっきりさせた上で決めるもの。

そのため、仕事や家事など毎日の生活が忙しく、単純に自分と向き合う時間が短いというのは、人生の目標がない人の原因の一つです。

素早く解決するべき問題が多すぎて、長期的な視点や考え方が見えなくなることはよくあります。


目標がない原因2. 常識や固定観念などの制約にとらわれて、視野が狭くなっている

厳しい先生や家族の影響などにより「こうしなければならない」と決めつけていると、なかなか大きな目標は立てられません。

人生の目標がない人の多くは、そんな常識や固定概念といった、「人からどう見えられているか」を気にしすぎる傾向があります。

そのため、自分ができそうなことしかやろうとせず、視野が狭くなってしまいがちです。


目標がない原因3. 過去の挫折で目標を持つ意味を失っている

小さな目標やゴールを設定しても、当然全てが叶うわけではありません。

過去にそんな大きな挫折や失敗をしたという経験から、目標を持って努力することの楽しさを感じられないのも、人生の目標がない人の特徴の一つです。

目標設定すること自体から逃げているため、生きる目標や大きな目標を見失う状態が続いています。


目標がない原因4. すぐに結果ばかりを望んでしまう

人生の目標がない人は、一度きりの挑戦や、何回かのトライで結果が出ないと、すぐに諦めてしまう人も多いです。

わずかな努力で最高の結果を求めてしまうため、「努力しても目標にたどり着けない」と考えてしまっていることも。

そんな状態が続けば、目標を持つことに対して嫌気がさし、生きる目標ややる気を失うことに繋がります。


目標がない原因5. 現実離れしている目標を立てて失敗を重ねている

目標の設定方法や、それを叶えるためのやり方が間違っている人も、意外と多くいます。

現実離れしている大きな目標と、それに向かっていくためにクリアする小さな目標は分けて考えるべきですが、そこを混同しているため、失敗を重ねがちです。

「目標を立ててもどうせ叶わない」という認識になって、目標を立てることをやめてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


人生をもっと豊かに!目標を見つける12の方法

人生の目標や生きる目標は抽象的で曖昧な存在なため、なかなか思いつかないで困っている人も多いでしょう。

ここでは、人生の目標を見つけるために何をすればいけばいいか、具体的な方法を12パターンご紹介します。


見つけ方1. 小さい目標を立てて、少しずつハードルを上げていく

「目標を立てること」に対しての苦手意識改善のため、まずは小さい目標を立ててクリアする習慣をつけましょう。

例えば、まずは異性の友達をつくり、そこから恋人をつくり、その次に結婚、最終的に子供を作って家庭を養うといった具合に徐々にハードルを上げていくのがおすすめ。

達成感を味わいながら本来の目標に近づいて行く精神状態になります。


見つけ方2. 制限を気にせず、ひたすらやりたいことを紙に書いてみる

人生の目標を立てる上で、本当の自分を探す自己分析は必須です。

固定概念や、人の目を気にせず、やりたいことやトライしてみたいことを紙に書き出し、列挙してみましょう。

一旦全て自分の思いを吐き出してみて、そこからよりワクワクするものを抽出して整理することで、自分のやりたいことがわかりやすくなります。


見つけ方3. なりたくない未来の自分の姿を想像する

なりたい自分がわからないのであれば、絶対になりたくないものから逆算して考えるのも有効な方法です。

例えば「このままの生活を続けてしまえば、経済的に大好きな趣味を辞めないといけない日が来る」といった具合に、自分が希望しないものに対しては、イメージしやすい場合があります。

その延長線上で具体的な目標を見つけることもあるでしょう。


見つけ方4. お金・時間・人脈を持っていたら何をしたいかを想像する

誰でも、「こういう人生を送りたい」というものは、なんとなく持っているものですので、それを具体化してみましょう。

目標自体を立てようとするより、理想の生活を手に入れた時の感情や行動を想像してみるのもいい方法です。

できない理由を探すことをやめると、やる気がでてきて視野が広がるため、いろいろな目標を立てやすくなります。


見つけ方5. 人生の目標を持って行動する人の話を聞いてみる

周りに、大きな目標を掲げて、毎日イキイキした生活を送っている人がいるのであれば、その人の心理状況を真似してみるのも有効です。

どんな目標を持っているのか、なぜそんな目標を立てたのか、色々と掘り下げて聞いてみましょう

場合によってはその目標に共感し、そのまま自分の目標にしてしまえることもあります。


見つけ方6. 最新の情報は常に収集しておく

成功するための方法や楽しく生きる方法などは、決してワンパターンではありません。

そのために、新聞やビジネス雑誌などをチェックして、常に情報を収集する癖をつけておくことで、色々な生き方を知ることが可能です。

「自分はこんな人のようになりたい」という選択肢が増えるため、目標を設定しやすくなります


見つけ方7. 小さい頃にワクワクした経験を思い出す

大人になると、仕事上の立場や他人の視線などを意識するあまり、気がつかないうちに自分に制限をかけてしまいがちです。

そんな時は、小さい頃に好きだったものやワクワクした経験を思い出すことが、本当の自分を知るためのヒントになります。

素直な気持ちを取り戻すことで、視点が変わって目標を立てられることも多いです。


見つけ方8. 今興味を持っていることをチャレンジしてみる

やりがいを持って実行できる趣味や仕事は、没頭してみることで、ますます情が移って好きになることはよくあります。

そのため、今少しでも興味を持っていることは、よりたくさんチャレンジしてみることで、生きがいへ変わる可能性もあるでしょう。

「まずはやり続ける」という感覚を持っておけば、新しい可能性に気がつきやすくなります。


見つけ方9. 映画鑑賞や読書をする

毎日同じ繰り返しで、目標や夢が全く思いつかない人は、成功や達成感などをイメージできるものに触れてみましょう。

具体的には、ビジネスマンが成り上がっていくハリウッド映画などを見ると、臨場感が湧いてきやすくなります。

ワクワクするストーリーと接することで、自分がなりたい人物像が見つかることも多いです。

【参考記事】はこちら▽


見つけ方10. 他人にできて羨ましいと思うことを思い浮かべる

他人の成功や、楽しそうな生活を見ると「あの人は恵まれているから」といった言い訳をしてしまいがちです。

しかし、そこから逃げずに、素直に心から羨ましいと思ってみると、目標達成の原動力になることがあります。

まずは憧れている他人のようになることを目標としてみることで、そこに対して頑張る充実感を得られるでしょう。


見つけ方11. 恋をしてみる

人生の目標というと、仕事関係や経済的な成功といったものを思い浮かべる人が多いです。

しかし、好きな人を大切にしたり、結婚したりといったことも、立派な人生の目標になります。

積極的に恋愛をしてみて、大切な人ができたことがきっかけで、恋愛と関係のない大きな目標ができるということも起こり得るでしょう。


見つけ方12. 社会に役立つことを考えてみる

自分が何をしたいかという観点も大切ですが、それで思いつかないのであれば、自分に何ができるかを考えてみるのもいい方法です。

得意なことや、自信を持っている能力を起点として、どう社会に役立てられるかを考えてみましょう。

感謝されたり必要とされたりすることで誇りが生まれ、目標になるケースも多いです。


みんなはどんな目標がある?人生の目標の具体例6つ

さらに人生の目標を立てやすくするために、具体的な代表例を知っておくことで理解は深まるでしょう。

多くの人が持っている可能性が高い、人生の目標の例を6パターンご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。


具体例1. 幸せな家庭を築く

人生の目標は、お金や自由な時間を作るといったことだけではありません。

例えば家を買って、子供を二人作るといった幸せな家庭を築くことも、多くの人が持つ人生の大きな目標の一つです。そこから、他の目標ができることもあるでしょう。


具体例2. 起業して社会貢献をする

自分の力で社会の課題を解決しようとすることも、人生の目標として代表的です。

例えば、起業して社会的な貢献をすることで、自分だけでなく周りの人も巻き込んで、大きな目標に取り組むことができるようなります。


具体例3. ダイエットを成功させる

人生の目標を設定するためには、まずは小さな目標を達成することが重要。

例えば、ダイエットや体型を引き締めるといったことでも、立派な目標として、持っておくといいでしょう。

魅力があがり、他人との交流も増えるというメリットもあります。


具体例4. スポーツで成績を残す

仕事で目標を見つけられず苦しんでいる人でも、趣味やレジャーで目標は立てられます

スポーツであれば、普段のストレスを発散すると同時に、大会で優勝するなどのわかりやすい目標を立てやすいのが特徴です。


具体例5. 収入を増やす

仕事を頑張って結果を残すという目標は身近で、かつ数値として現れるので成長を実感できます。

例えば、一年以内に昇進して収入をアップさせるといった風に、期限を設けるとよりやる気が湧いてくることが多いです。


具体例6. 親孝行をして両親を笑顔にさせる

身近な人を幸せにすると、自分も満たされた気持ちになるのはよくあることです。

例えば、両親や家族に感謝の気持ちを伝えたり、何かをプレゼントすることは、自分も幸せな気分になることができる目標になります。


人生の目標を見つけるために参考になるおすすめの本

失敗や挫折により、完全に生きがいを失ってしまっている人は、詳しく解説された本を読んでみるといいでしょう。

ここでは、そんな人の悩みを解決できそうな、おすすめの本を2冊ご紹介しますので、ぜひ読んでみてくださいね。


おすすめの本1. 『ザ・ミッション 人生の目的の見つけ方』ドクター・ジョン・F・ディマティーニ(著)

ザ・ミッション 人生の目的の見つけ方

頑張っているのに、なんとなくいつも不満足を抱えていて、自分がよくわからない人におすすめの本です。

自分の人生に対しての自己分析方法や、具体的に目標を見つけるための方法について詳しく記載されているので、人生の目的を自分の頭で考えてもわからないという人は是非参考にしてみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 『ザ・ビジョン 進むべき道は見えているか』ケン・ブランチャード(著), ジェシー・ストーナー(著)

ザ・ビジョン 進むべき道は見えているか

ストーリー形式で、人が持つ価値観とは何かということや、ビジョンの持ち方を紹介する要素が詰め込まれています。

自己啓発本が苦手で、読みにくい人でもスムーズに理解しやすいため、普段本を読まない人にもおすすめです。

Amazonで詳細を見る


人生の目標を立てた後に、達成する方法は?

人生の目標は立てること自体にも意義があるものですが、やはり立てたからには達成したいと思う人が多いでしょう。

最後に、人生の目標を達成するために取るべき具体的な方法を4つご紹介します。


目標の達成方法1. 目標達成にやるべきことを明確にして行動する

目標が大きくなると、つい今やるべきことや、まず何をしたらいいのかがわかりにくくなりがちです。

そのため、人生の目標を立てた後、近い将来に乗り越える小さなハードルをいくつか用意して達成する習慣をつけましょう。

何をするべきかがはっきりして、やる気をキープさせながら、毎日努力や挑戦に取り組みやすくなります。


目標の達成方法2. 期日を設定し、計画を立てる

人生の目標は、やるべきことがわかりにくいだけでなく、身近な業務に追われて、後回しになってしまうことも多いです。

そうならないため、一つ一つのハードルに対して期日を決めるという習慣が必要になります。

壮大な夢や目標は、期限をぼやかしてしまうとせっかく立てた意味がなくなるため、コツコツと取り組んでいきましょう。


目標の達成方法3. 同じ目標を持つ人と共に目標を達成していく

同僚や友人など、自分の目標を口に出してはっきり伝えてみるのもいい方法です。

同じ目標を持っていたり、自分の目標に賛同してくれて仲間ができると、多少辛くなっても諦めない心の支えとなります。

チームで一体となることで、普段の努力が何倍もの力とスピードを持つこともあるので、ぜひとも仲間を見つけましょう。


目標の達成方法4. 断舎離して無駄な時間を無くしてみる

大きな目標の達成のためには、少しずつ、かつ確実に長期間成長し続ける必要があります。

なかなかうまく進歩を実感できていないのであれば、時間の使い方を間違えてしまっている可能性が高いです。

どのように普段過ごしているかをきっちり棚卸しして、無駄な時間があれば、無くしていくように意識してみてください。


人生の目標を立てて、毎日を充実させましょう。

人生の目標の見つけ方や、達成方法についてご紹介しました。一度失敗や挫折をして目標を失う状態が続いていると、なかなか目標を設定するのは難しいですよね。

しかし、毎日イキイキした人生を送るには、大きな目標が不可欠となります。

こちらを参考に、人生をかけて取り組む夢を見つけて、有意義な毎日を送ってくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事