グルチャとはどんな意味?グルチャの使い方&おすすめアプリを解説

グルチャという言葉を聞いたことはありますか?本記事では、グルチャの意味や、グルチャを使うメリット/デメリット、代表的なグルチャアプリについて徹底ガイド!さらには、グルチャがよく使われるシーンや関係性から、グルチャの上手な活用方法、グルチャにおけるNG行為まで詳しくご紹介します。

グルチャの使い方ってよくわからないですよね。

グルチャの使い方&おすすめアプリ

最近はインターネットが発達して、「グルチャ」という言葉を耳にする機会もあるでしょう。どんなグルチャアプリがあるのか気になる人も多いはず。

この記事では、「グルチャとは」という意味から掲示板との違い、さらにはグルチャを使うメリットやデメリットからよく使われるシーンについて解説します。

グルチャの上手な活用法も記載しているのでぜひ参考にして、効率的にグルチャを使ってみてくださいね。


前提として「グルチャ」とは?グルチャの意味を解説!

そもそも「グルチャ」の意味がよくわからない人もいるでしょう。グルチャとは「グループチャット」を略した言葉で、複数人でチャットをすることを意味しています。

最近だとLINEでグルチャを作る人も多いかもしれません。ですが、LINEだけでなく、見知らぬ人同士がオンライン上でメンバーを集めてグルチャをすることも少なくありません。


グルチャと掲示板の違いとは?

グルチャと掲示板の違いがわからず、疑問に思う人も少なくないでしょう。大きな違いとして挙げられるのが、参加に制限があるところです。

掲示板であれば、基本的に誰もが話に参加できるのが大きな特徴。ですがグルチャの場合、参加できる人は基本的には管理人やメンバーが参加を認めた人のみ。掲示板のように誰もがチャットに入れないので掲示板とは異なります。


グルチャを使うメリット/デメリットとは?

グルチャを使う場合、様々なメリットやデメリットが存在しています。ここでは、グルチャを使うメリットやデメリットについて解説します。

グルチャを使ってみたいと考えている人はぜひ参考にして、どのようなメリットやデメリットがあるのかチェックしてみてくださいね。


グルチャを使う3つのメリット

グルチャを使うと、情報共有が楽だったりスピーディーに会話できたりと、様々なメリットが存在していますよ。ここでは、グルチャを使うメリットについて解説します。

グルチャを使おうと考えている人はメリットを参考にして、グルチャに積極的にトライしてみてみましょう。


メリット 1. 大人数に対しての情報共有が楽

まず挙げられるのが、情報共有がしやすいところ。複数人に同じ情報を送る時、グルチャでない場合は一人一人に投稿しないといけないのでめんどくさく感じがち。

ですがグルチャであれば、1つの投稿だけでグルチャ内の全員に伝えられるので便利。飲み会などで日程調整する際には、同じチャット画面で調整ができるので楽に感じやすいですよ。


メリット 2. リアルタイムでスピーディーにやりとりができる

情報共有だけでなく、スピード面でも大きなメリットを感じやすいです。例えばメールなどの場合、1通ずつやりとりしなければならないので時間がかかりやすいでしょう。

一方グルチャを使えば、リアルタイムでやり取りできるのでストレスもかかりません。電話とは違って、場所を選ばす連絡できるのも大きな魅力です。


メリット 3. メールや電話よりも、気軽に連絡が出来る

やり取りにめんどくささを感じにくいのも、グルチャを使うことのメリットの一つ。メールであれば1通ずつやり取りしなければならず、電話だと場所も考慮しなければなりません。

グルチャだと場所を選ばずスピーディーにやり取りでき、連絡をするハードルや手間が少なく済みます。気軽にやり取りしたい人にまさにうってつけだといえますよ。


グルチャを使う3つのデメリット

一方グルチャには、大事な話が流れたり会話が偏ってしまう可能性も。いったいどのようなデメリットがあるのか気になる人も多いでしょう。

ここでは、グルチャを使うことのデメリットについて解説します。ぜひ参考にして、グルチャを使う時は気をつけてくださいね。


デメリット1. 大事な話が流れやすい

グルチャはリアルタイム性があるので、短時間のうちに話がどんどん進みやすい特徴を持っています。そのためしばらくチャットを見ていない状態で久しぶりに見た時、なんの話をしているかわからなくなることも。

いちいち遡って話を理解するケースも少なくなく、場合によっては大事な話を見落としてしまうことがデメリットとして挙げられます。


デメリット2. 余計なコミュニケーションをする機会が多くなる

グルチャになると、同じチャット内で複数の人が同時に会話することになりますよね。そのため余計なコミュニケーションが起こることもしばしば。

チャット部屋が新しくできれば所属グループが増えることになるので、場合によっては返信をすることに追われてしまう可能性も。メッセージのやり取りが得意でない場合、めんどくささを感じることもあります。


デメリット3. 会話をする人が偏りやすい

ある程度人数が多くなると、会話する人がいつも同じ人になりやすいのもグルチャの特徴。いつも同じ人が発言することで、発言していない人はつい遠慮して発言を控えてしまいやすいです。

そうして話をする人が偏ることで、飲み会などで日程や場所を決める時、どうしても意思決定が偏りがちに。いつも発言する人たちの意見のみで決まることも多く、思わず不快に感じる人もいます。


代表的なグルチャアプリ5選を紹介!

グルチャをしようと考えている時、どのアプリを使おうか迷ってしまうこともあるでしょう。最近では、グルチャの種類も非常に様々存在していますよ。

ここでは、代表的なグルチャアプリについて解説します。どのグルチャにしようか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


グルチャアプリ1. LINE(ライン)

グルチャアプリを思い浮かべた時、真っ先にLINEが思い浮かぶ人も多いでしょう。友達もしくは恋愛で気になる人と連絡をとったり、ほとんどの人が知っているポピュラーなアプリです。

誰もが入れているためグループを作りやすいことが大きな魅力。複数人で飲み会に行く時など、プライベートな用事に使いたい時はLINEが非常に役立ってくれるでしょう。


グルチャアプリ2. ChatWork(チャットワーク)

プライベートではなく、ビジネスで使いたい時にぜひおすすめしたいグルチャアプリ。チャットワークの大きな特徴として挙げられるのが、ファイル共有やタスク管理ができる点。

ツールが非常に豊富で使いやすさもあるので、ビジネスにおいて複数人でプロジェクトを進める時は、チャットワークを使えば便利に感じるでしょう。


グルチャアプリ3. Slack(スラック)

こちらもビジネスシーンにぜひおすすめしたいグルチャアプリ。Slackの大きな特徴として挙げられるのがカスタマイズ性の高さ。

例えばメッセージをすぐに相手に確認してもらいたい時は、メンション機能を使えばすぐに知らせることが可能に。

何か話題がある時は伝えたい相手を選んでチャンネルも作成できるので、非常に自由度が高いのもポイントだといえますよ。


グルチャアプリ4. Messenger(メッセンジャー)

Facebookをよく使用している人には、Messengerを使うことをおすすめします。基本的にFacebookでつながっていない人としか連絡を取れない仕組みになっており、友達と連絡を取りたい時に気軽に取れるのがポイント。

Facebookで友達になるだけでやり取りできるので、LINEをあまり使用していない海外の友人とのやり取りには非常に役立ってくれますよ。


グルチャアプリ5. mixi(ミクシィ)

様々な便利機能を駆使したい人におすすめしたいのがmixiです。グルチャはもちろんのこと、その他にも日記やつぶやきなど他のグルチャアプリにはない機能がたくさん。

趣味仲間を見つけやすいのがmixiならではの大きな特徴。同じ趣味をしている人が周りにいない場合、mixiのグルチャを使うことで気軽に友達が作れるでしょう。


グルチャがよく使われるシーンや関係性とは

普段グルチャをあまり使わない人は、いったいどういう場面でグルチャが使われるのか気になる人も多いでしょう。ここでは、グルチャがよく使われるシーンと関係性について解説します。

これからグルチャを使おうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


シーン1. 親戚や家族のグループ

まず多いシーンとして挙げられるのが、身内同士でグルチャを作ること。身内同士であっても昼間は会社に行ったり学校に行ったり、別々の生活をしているので場合によっては連絡が必要になることも。

そこで連絡手段としてグループを作ることが多く、日常的な連絡や連絡事項などで使われやすいです。どちらかというと、グルチャより掲示板的な役割で使われることがほとんどだといえます。


シーン2. 仲の良い友人のグループ

家族など身内以外に、いつも一緒に遊んでいる友人との間でグルチャを作ることもしばしば。たとえば複数の友人で飲み会の日程を調整する時、一人一人にメッセージを送っているとめんどくさくなりがち。

そこでグルチャを作って飲み会や遊びの日程調整をしたり、さらには一緒に遊んだときに撮った写真の共有をしたりして情報共有します。


シーン3. 会社やプロジェクトのグループ

最近はリモートワークが流行ってきており、同じ会社の社員が別々の場所で働いているケースもあるはず。そのため最近では、離れててもスピーディーに連絡が取れることからグルチャを使う会社も増えてきました。

グルチャを使うことで社員のタスク管理やスケジュール管理、さらには報連相全般を済ませることが多いです。


シーン4. 合コンや飲み会のグループ

合コンなど、恋愛などのイベントを開催する時にグルチャを使うことも多いといえます。1回の投稿で参加者全員に日程調整をお願いできるので、飲み会の度にグルチャを作ることもしばしば。

さらに日程調整だけでなく、リマインド連絡や「いいな」と恋愛感情を持った人との連絡交換などでグループを作ることもあります。


グルチャの上手な活用方法4つ

グルチャを使う時、できるだけ効率的に使いたいと考えている人も少なくないはず。ここでは、グルチャの上手な活用方法について解説します。

グルチャをこれから使う人はぜひ参考にして、より便利に活用してみてくださいね。


活用方法1. グループの共有事項や報連相

仕事をしていると、共有事項がある時や報連相を複数人で共有したい時もあるでしょう。そんな時はぜひグルチャを使ってみてください。

ChatWorkやSlackといったグルチャアプリであれば、タスク管理などツールが非常に豊富なので、ビジネスにおいて非常に使いやすさを感じやすいはず。スピーディーにやり取りできるので、スムーズに情報を共有しやすいでしょう。


活用方法2. 写真や動画などのデータ共有

友達や家族とどこかで遊んだときや恋愛においてカップルでどこかに旅行に行った時も、グルチャは非常に役立つといえます。

グルチャは、文章だけでなく写真や動画も共有できることがほとんど。LINEやMessengerグルチャをうまく活用すれば、撮った写真や動画データを全員で共有できるので便利に感じやすいですよ。


活用方法3. 日程調整や話し合いをする

グルチャにはスピード感があるので、何かを決める時にもグルチャは活躍してくれますよ。例えば、会社や取引先などと打ち合わせの日程を決める時、ChatWorkやSlackを使えばスムーズに調整しやすいでしょう。

また友達と飲み会を開催する時は、LINEやMessengerを駆使すればすぐに日程が決まりやすいです。


活用方法4. グループに参加して、連絡先を交換する

その他にも、新しく知り合った人と連絡先を交換したい時にもグルチャはおすすめ。合コンや知り合いの紹介で出会った人と仲良くなった時、つい恋愛感情が湧いて相手の連絡先を知りたくなる時もあるはず。

そこで知り合ったあとにLINEなどでグループを作れば、友達登録が簡単かつスピーディーにできるので、恋愛なども発展しやすいでしょう。


グルチャでやってはいけないNG行為

グルチャには様々な便利な点が存在していますが、一方でやり方によってはルールを守らないことで思わぬトラブルに発展してしまうことも。

ここでは、グルチャでやってはいけないNG行為について解説します。これからグルチャを活用したい人は、グルチャのルールとマナーにも配慮しておきましょう。


NG行為1. 明らかに関係の無い話をする

まず気をつけておきたいのが、話の内容を逸脱しすぎないこと。グルチャは非常にスピーディーなので、どんどん話が進みやすいのが特徴だといえます。

そのため、明らかに本来の話題から逸脱した内容になってしまうと、目的の話がどうしても流れやすくなりがち

グルチャを作った意味がほとんどなくなってしまい、自然とグループが自然消滅する可能性があるのでNG行為です。


NG行為2. 知らない人を唐突に招待する

招待する人にも注意しておく必要があります。メンバーの誰かがいきなり知らない人を招待すると、ついその場が気まずくなり会話が進まなくなってしまうことも。

グルチャのメンバーの中には仲間意識を持っているケースも考えられます。新しい人を招待したい時は、基本的にその場にいるメンバーの合意を受けてから招待することをおすすめします。


NG行為3. 一部の人しか分からない内輪ネタを出す

会話をしている時、会話のネタにも配慮しなければなりません。「実はあの人〜らしいよ」などと一部の人にしかわからない話をした時、そのネタを知らない人にとっては「なんのことだろうか」と疎外感を味わうこともしばしば。

その後のグループ内での関係性に大きく影響するケースもあるので、極力全員がわかるネタを話すことを意識しておきましょう。


NG行為4. 質問に対して返信しない

誰かから質問されたときの対応によっては、相手がイライラしてしまう可能性も。

例えばグルチャで飲み会の日程を決める時、「いつ空いてる?」と聞かれたにも関わらず答えないでいると、グルチャとして成立しなくなりますよね。

聞いた方も予定がわからずどんどんストレスが溜まってしまうので、質問されたときはなるべく早めに返信しましょう。


NG行為5. 特定のメンバーを集中的にいじめる

グルチャを作った時に陰湿な行為をしてしまう人も少なくありません。特定のメンバーだけを集中していじめてしまうと、いじめられた方はいい気分はしませんよね。

グルチャをうまく活用したい時は、自分がやられて嫌なことは相手にしないことも大切。良好な関係性を築くことで、グルチャもより気持ちよく使えるでしょう。


NG行為6. 深夜の時間に連投をする

グルチャをする時は、時間帯にも気をつけておく必要があります。基本的には、グルチャで誰かが投稿するとそれぞれに通知される仕組みになっています。

そのため、あまりにも夜遅い時間に連投してしまうと、場合によっては睡眠の妨げになることも。グルチャで投稿する時は、相手に迷惑がかからない時間帯に送るように意識してみてくださいね。


グルチャはルールを守って楽しく活用しましょう。

グルチャとは「グループチャット」を略した言葉。インターネットが発達したことで、グルチャを使ってオンラインで会話する人も増えてきました。

グルチャを作るとスムーズに連絡できたりお互いの恋愛の情報共有ができたり、様々なメリットが存在しています。

グルチャにおけるNG行為もしっかりと参考にしつつ、ルールを守ってグルチャを効率的に活用してくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事