ザオラルメールのタイミング&内容とは?返信率を上げるコツを解説!

「ザオラルメール」って知ってますか?本記事ではザオラルメールの意味や由来から、ザオラルメールを送る最適なタイミングやLINEの内容まで解説!さらには、ザオラルメールを送る時の心構えや、送り方のコツもお教えします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

好きな人とのLINEを復活させたい方へ。

ザオラルメールのタイミング&内容

ザオラルメールという言葉を聞いたことがありますか?

もし、疎遠になった相手と、再び連絡を取りたいなら、このザオラルメールの出番です。

この記事では、ザオラルメールとは何か、そしてザオラルメールを送るタイミングやベストな内容をご紹介します。

ザオラルメールのコツを学んで、気になる相手とLINEのやり取りを復活させてみましょう。


ザオラルメールとは?意味や由来を解説!

ザオラルメールとは、1度連絡が途絶えてしまった相手とLINEを復活させるための、きっかけになるメールのことです。

ドラゴンクエストの呪文で、戦闘不能になった仲間を甦らせる呪文(ザオラル)が由来と言われています。

しかし、ザオラルは、確実に仲間が復活するとは限らない不確定な呪文。相手から返事が来るかどうか分からないという状況も、上手に表現しています。


ザオラルメール(LINE)を送る最適なタイミング

1度疎遠になった相手に、ザオラルメールを送るには、最適なタイミングがあります。

間違ったタイミングで送ってしまうと、返事が来ない可能性も。ここでは、相手が返事を送りやすい、ベストなタイミングをご紹介します。


タイミング1. 既読スルーから1週間前後

既読スルーされて1週間前後が経過すると、「あ、もしかしてこのまま疎遠になるかな。」と思ってしまいますよね。

しかし、このタイミングは大きなチャンスです。単純に、相手が返信を忘れている場合や、返信しなきゃと思っているうちに日数が過ぎてしまった場合に、あなたへの返信を思い出させるきっかけになります。早過ぎず、遅過ぎない絶妙なタイミングが1週間前後です。


タイミング2. 相手の誕生日の時

誕生日は、SNSやLINEを通して、たくさんの人から祝福のメッセージが届きます。それに便乗してザオラルメールを送れば自然ですし、相手も「誕生日を覚えててくれたんだ!」と思ってくれます。

また、誕生日を祝う内容のメッセージに対しては、「返信しなきゃ悪い。」と思うので、返事が来る可能性もアップしますよ。


タイミング3. 年始の挨拶をする時

最近は年賀状ではなく、LINEで新年の挨拶文を送り合う人も多いですよね。

普段連絡を取ることが少ない、疎遠になっている人へのザオラルメールも、年始のタイミングで行うと良いでしょう。「あけましておめでとう!今年もよろしくね。」と当たり障りの無い挨拶から始めれば、ナチュラルにやり取りを復活させることができますよ。


タイミング4. クリスマスの一ヶ月前

クリスマスの1ヶ月前は、世間はホリデーシーズンの訪れに浮き足立っている時です。人によっては、「クリスマスまでに彼氏が欲しい!」と思っていることもあります。

そんな時に、1度疎遠になった男性から連絡が来たら、女性は「私のことを気にかけてくれたんだ!ちょっとメールのやり取りをしてみようかな。」と思うものです。


タイミング5. 自然災害が発生した時

台風や地震といった自然災害が起こった時は、相手の安否を気遣うメールを送るタイミングです。

「大丈夫?無事だった?」といったメールやLINEを送って、自然にやり取りを復活させましょう。

ただ、あまりにも大きな被害が出ている災害の場合は、相手もLINEどころじゃないので、災害直後よりも、少し落ち着いた頃がベターです。


タイミング6. 勤務先や、住んでいる場所の近くにきた時

もし、あなたが相手の職場や家の近くに来るタイミングがあったなら、「たまたま○○さんの会社の近くに来たよ!」などのLINEを送ると良いでしょう。

「○○さんの職場の近くの定食屋、ランチで入ったんだけどすごく美味しいね!」など、相手の行動範囲内の話題を出すのも効果的です。相手からの返信も期待できますし、場所を通して共通の話題も生まれます。


タイミング7. 時間帯は昼間よりも夜に送る

昼間は、仕事や学校で忙しく、メールを見る暇も返信する時間もありません。それよりも、相手が自宅でゆっくり過ごしている夜に送る方が、タイミングとしてはバッチリです。

具体的には21時から22時頃がおすすめでしょう。それより早いと、夕食やお風呂でバタバタしているし、遅いと寝ている可能性があるからです。


タイミング8. 休日の前日がおすすめ

女性は、忙しくて疲れている平日に、疎遠になっている男性から連絡が来ても、「面倒くさいから、既読スルーでいっか。」と思ってしまいます。

反対に、もしメールが来たのが休日の前日なら、「明日は休みだから。」と、ゆっくりメールを読むことができるでしょう。

忙しい平日よりも、落ち着いて返信できる休日の前日がベターですよ。


ザオラルメール(LINE)を送る内容の5つのパターン

ザオラルメールを送る時には、どのように切り出せば良いのでしょうか?

不自然なメールだと、女性は警戒してしまうかも知れません。ここでは、自然にLINEのやり取りを再開できる、5つのパターンを具体的にご紹介します。


パターン1. シンプルに「久しぶり!元気だった?」

下手な小細工はせずに、ナチュラルに攻めましょう。

男性「久しぶり!○○ちゃん、元気?」

女性「元気だよー!そっちは?」

男性「返信ありがとう!元気だよ。1ヶ月ぶりだね。」

というように、「久しぶり。」という挨拶から切り出すとGOOD。もし相手が返信してくれたなら、返信してくれたお礼も添えると完璧ですよ。


パターン2. 「さっき渋谷にいなかった?」と聞いてみる

この際、本当に渋谷にいたかいなかったかは関係ありません。

男性「さっき渋谷歩いてなかった?」

女性「え?違うと思うけど...。」

男性「見間違いかぁ。○○ちゃんに似てる人だったのかも。」

と、相手とやり取りをすることが目的なので、渋谷を会社やデパート、新宿といった別の場所に変えてもOKです。


パターン3. 「久しぶり!いいお店見つけたから、一緒に行かない?」とストレートに誘う

デートをしたいと思っている相手なら、ザオラルメールのついでに、思い切って誘ってしまいましょう。

男性「○○ちゃんの好きそうな店発見!一緒に行こうよ。」

女性「どうしよっかな。どんな店?」

男性「オシャレなフレンチ。誕生日近いし、ご馳走するよ!」

など、女性が食いつきそうなワード(オシャレ、フレンチ、奢る)を利用して、メッセージを送ると効果的です。


パターン4. 面白画像や面白スタンプを送る

「なんじゃコレ!」と、思わずツッコミを入れたくなる面白い画像やスタンプは、女性の心を掴みます。

例えば、

男性「久しぶり!今日、雨めっちゃひどいけど、○○ちゃん大丈夫?」

(水の入ったバケツを被って、びしょ濡れになっているサラリーマンの画像)

というように、現実世界とスタンプや画像の面白ネタをリンクさせると、爆笑を誘います。


パターン5. わざと送る相手を間違えてメールやLINEを送る

あえての間違いメールを送って、相手から「間違ってるよ。」という返信を狙うパターンです。

男性「お疲れ様!最近すげー頑張ってるな。この調子で明日のプレゼンもよろしく。あ、言い忘れてたけど、明日14時からに変更になったから。」

最後に、時間が変更という重要そうな情報を加えれば、相手は「間違ってるって教えてあげなきゃマズいかも。」と思うので、返信がくる確立が上がりますよ。


ザオラルメールを送る時の3つの心構え

いざザオラルメールを送る時に、きちんと心構えができていないと、予想外の展開にパニックになることもあります。

ここでは、押さえておきたい3つの心構えを確認していきましょう。返信への過剰な期待や、露骨な食いつきはNGですよ。


心構え1. 返信がある事を期待しすぎない

ドラクエ的には、復活率50%のザオラル。現実世界も、ザオラルメールが成功する確率は半々です。

「きっと返信があるに違いない!」と思い込んで、返事を楽しみにしていると、既読スルーされたときに、激しくダメージを食らいます。

ここは、「返信は無くて当たり前」と自分に言い聞かせて、ザオラルメールを送るのがポイントです。


心構え2. 返信があった時のことまでイメージしておく

返信があった時に、どう返していいか分からずに、モタモタして時間がかかってしまうのは、非常に格好が悪いです。

予め、もしも返信があったら、どのように会話を続けるか考えておけば、スムーズに返信できますよ。

会話の内容だけでなく、ウケそうなスタンプや画像も前もってチョイスしておけば、いざという時に役立ちます。


心構え3. 返信があっても露骨に食いつかない

ダメもとで送ったザオラルメールが成功したら、テンションが上がりますよね。ここで注意したいのは、「俺、脈ありなんじゃね?」と、一人で舞い上がって、ガツガツ返信しないことです。

女性からのLINEに秒速で返したり、何としてでもLINEを続けようと、全てを疑問文にするのは露骨過ぎて女性は引いてしまいます。


ザオラルメールで返信率を上げる5つのコツ

せっかく勇気を出してザオラルメールを送るなら、返信が欲しいところですよね。

最後に、相手から返信を貰う、5つのコツを伝授します。

全てに共通するのは、相手の立場になって考えること。そうすれば自ずと返信したい内容になりますよ。


コツ1. 長文LINEやメールは避け、分かりやすい文章を心がける

あまりにも長文の内容は、読むのに疲れてしまいます。LINEを開封した時に、画面びっしりと埋めつくされた文章が目に入ると、読む前からうんざりしますよね。

また、何が言いたいのか分からない内容もNGです。長文は控え、改行や句読点を使って、分かりやすく文章を作りましょう。

どんなに長くても2~3行に留める方がベターですよ。


コツ2. テキストだけでなく、スタンプや画像を活用する

相手がクスッと笑えるような画像や、かわいいスタンプを使うと開封率が上がります。

テキストの合間に、定期的にスタンプや画像を入れれば、相手は「次はどんなスタンプ(画像)が送られてくるのだろう。楽しみ!」と思ってくれるでしょう。

スタンプを選ぶコツは、無料スタンプではなく、有料のめずらしいスタンプを選ぶことです。


コツ3. LINEのトップ画を開きたくなるような画像に変える

普通、LINEのトップ画は、自分の顔の写真や、ペットの画像、好きなキャラクターのイラストだったりしますよね。これらは、普通過ぎて、良くも悪くも相手の印象に残りません。

相手から返信が欲しいなら、LINEのトップ画をツッコミどころ満載の画像に変えるのがコツです。例えば、何故か真っ白の画像なら、「え?何これ?」と相手は思ってくれます。「てかさ、トップ画、何なの?」という話題を引き出すことも出来るでしょう。


コツ4. 相手が返信しやすい文章を意識する

相手にとってはどうでもいいような内容や、どう返信していいか戸惑うような文章だと、既読スルーする他ありません。

相手から返信を貰うコツは、相手が返事を返しやすい内容を心がけることです。相手が興味を持ちそうな話題なら、会話に乗ってくれるでしょうし、「趣味は何?」といった短い質問文なら、パッと答えられます。


コツ5. 「この前言ってた」などと前回の内容を持ち出す

疎遠になる前の話題を持ち出すのも、効果的です。

男性「そう言えば、○○ちゃんが昔言ってた映画、見てみたよ!」

女性「(覚えててくれたんだ!)どうだった?面白かったでしょ?」

というように、前回のことも覚えてますよアピールで、相手を喜ばせ、返信を誘う作戦です。曖昧な記憶で間違っては台無しなので、確実な話題を選ぶのがコツですよ。


ザオラルメールを上手に使って、好きな人とのやり取りを復活させよう!

ザオラルメールとは、1度疎遠になった相手へ送るメールのことでした。

「気になる相手がいるけど、メールが途絶えてしばらく経つし...」と思っている人もいるでしょう。しかし、悩んでいる暇があるなら、ダメ元でザオラルメールを送るのも一案です。

ベストなタイミングで、相手のことを思いやった内容を送れば返信も期待できますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事