ほっといてほしい時の心理とは?彼氏や旦那に言われた時の対処法を解説

彼氏や旦那に「ほっといてほしい」と言われた女性へ。今記事では、ほっといてほしいと口にする男性の心理や理由から、言われた時の対処法まで詳しくご紹介します。さらに、男性が思わず「ほっといて」と思う女性の特徴も解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

「ほっといてほしい」と言われた経験がある女性へ。

「ほっといてほしい」の心理

彼氏や旦那さんに「ほっといてほしい」と言われると、ショックに感じる女性も多いのではないでしょうか。「ほっといてほしい」と男性が言う時、どういった心理が働いているのか気になる人も多いはず。

この記事では、ほっといてほしい時の男性の心理から理由、さらにはほっといてほしいと言われたときの対処法について解説します。

ぜひ参考にして、彼氏や旦那さんと良好な関係性を築いてくださいね。


「ほっといてほしい」と口にする男性の心理

ほっといてと男性が口にする時、心の奥底ではどのように思っているのか気になる人もいるでしょう。ここでは、ほっといてほしい時の男性の心理について解説します。

ぜひ参考にして、彼氏や旦那さんがよく口にする場合はどの心理か考えてみてくださいね。


心理1. イライラしていて誰とも話す気にならない

彼氏や旦那さんと喧嘩した時など、つい感情が高ぶって興奮してしまうこともあるはず。そんな時、彼氏や旦那さんは頭を冷やしたくなっており、誰とも話したくないと思うこともしばしば。

そのため彼女や奥さんが話しかけてもなかなか話す気になれないので、つい「ほっといてほしい」と口にして冷静になろうとします。


心理2. 彼女を本気で好きなのか分からない

付き合ってから少し時間が経つと、倦怠期が訪れるカップルも多いでしょう。カップルの関係性が安定しすぎてドキドキすることもないので、彼女のことが好きかどうか不安になるケースも。

次第に男性は彼女に対する気持ちをしっかりと確かめたいと思うようになり、彼女から離れて考える時間を持とうとしていることも少なくありません。


心理3. 今は一人の時間を過ごしたい

彼氏や旦那さんが趣味など自分の好きなことに没頭している時、その自分だけの空間を楽しもうとすることも。

男性は基本的に、2つ以上のことを同時にできないと言われています。そのため彼女や奥さんなど自分の大切な人から話しかけられても、趣味に追われていれば相手にしないこともあるでしょう。

話しかけられるとうっとしいと感じて、つい「ほっといてほしい」と口にしてしまいます。


ほっといてほしいと男性が口にする理由とは?

ほっといてほしいと男性が口にする時、いったいどのような理由があるのか気になる人もいるのではないでしょうか。ここでは、男性がほっといてほしいと口にする理由について解説します。

ぜひ参考にして、彼氏や旦那さんがどの理由に当てはまっているか考えてみてくださいね。


理由1. 職場でミスをしたなど、落ち込んでる時だから

職場で上司に怒られたときや仕事で大きなミスをした時、落ち込んでるのでマイナスな感情に陥ってしまいがち。彼女や奥さんに話しかけられても、職場や仕事のことで落ち込んでるとうまく応えられないこともしばしば。

何回も話しかけられるとついうざいと思ってしまい、「ほっといてほしい」と思わず言ってしまうケースもあります。


理由2. 仕事で純粋に疲れているため

彼氏や旦那さんが毎日仕事が忙しい時、つい疲れた状態になりやすいでしょう。休日でも平日の仕事の疲れた状態が抜けきれず、ゆったり過ごそうとしているケースも。

彼女や奥さんからデートに誘われたり話しかけられたりしても、疲れているためついうっとおしく感じてしまい、「ほっといてほしい」と口にしてしまいます。


理由3. 同じことを何度もしつこく言われたから

女性は彼氏にかまってほしいと思う人もいるかもしません。ですが男性は、女性から積極的に来られるとつい引いてしまうことも。

例えば彼女からのLINEで「なんで返事くれないの?」としつこく言われてしまうと、男性もうんざりしてしまいます。ストレスも溜まるようになり、「ほっといてほしい」と思ってしまうでしょう。


理由4. 他に気になる人や好きな人が出来てしまったから

彼氏が彼女以外に他に好きな人ができた時、ついその女性のことばかり考えてしまうこともしばしば。頭の中ではその女性のことで頭がいっぱいなので、彼女から話しかけられても向き合おうとしないことも。

好きになった女性とあわよくばカップルになりたいと思っており、彼女のことを避けてしまう傾向に。そのため話しかけられても「ほっといてほしい」と口にしてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


理由5. 単純に具合や体調が悪いから

風邪など自分の体調が悪い時は、自分のことで精一杯になってしまいがち。他人のことを考える余裕を持ちにくく、体調を直そうとすることを優先的に考えます。

彼女や奥さんから話しかけられたりしても、余裕がないのでなかなか応えられないこともしばしば。自分のことだけに集中したいので、つい「ほっといてほしい」と口にすることもあります。


彼氏や旦那さんに「ほっといてほしい」と言われた時の対処法は

彼氏や旦那さんに「ほっといてほしい」と言われたら、思わずショックに感じる女性もいるでしょう。ここでは、彼氏や旦那さんに「ほっといてほしい」と言われた時の対処法について解説します。

どのように対処すればいいかわからない女性は参考にして、ぜひ取り入れてみてくださいね。


対処法1. 相手が落ち着くまでほっとく

彼氏や旦那さんから「ほっといてほしい」と言われた時、精神状態が安定していないことも多いです。疲れた状態でイライラしているケースも少なくなく、内心「うざい」と思っている可能性も。

そこでおすすめしたいのが、相手が冷静になるまで期間を設けてそっとしておくこと。しばらく期間を置いて相手が再び冷静になりやすく、いつも通りの会話がしやすくなるはずですよ。


対処法2. 喧嘩をして気まずい場合、明るく接して流れを変える

相手と喧嘩をして「ほっといてほしい」と言われた時、つい険悪なムードになっていることも多いはず。雰囲気が悪いと、彼氏や旦那さんも話をしたいとは思いにくいでしょう。

そこであえて明るく接して雰囲気を変えるよう意識することで、次第に彼氏や旦那さんの機嫌もよくなり、話がスムーズにできるようになることもあります。


対処法3. 落ち込んだ様子で「なんで?」と理由を尋ねてみる

彼氏や旦那さんが「ほっといてほしい」と言ったことを反省させるのも対処法の一つです。「ほっといてほしい」と言われた時、落ち込んだ様子で理由を聞けば、相手も「悪いこと言ってしまったな」と思ってくれるはず。

「傷つけてしまったな」と反省して気まずい瞬間が減ることで、良好な関係性が維持しやすいでしょう。


女性にも原因があるかも?男性がほっといてほしいと思う彼女や奥さんの特徴

彼氏や旦那さんが「ほっといてほしい」と言う時、もしかしたら女性の性格や特徴に原因があることも。

ここでは、男性がほっといてほしいと思う彼女や奥さんの性格や特徴について解説します。ぜひ参考にして、自分がその性格に当てはまっていないかチェックしてみてくださいね。


特徴1. 自己中心的で自分の話ばかりする女性

いつも自分のことばかり考えている独りよがりな性格の女性の場合、相手の状況をあまり考えないこともしばしば。

そのため彼氏や旦那さんが疲れて帰ってきた時、自分の話を聞いてもらいたいとしか考えておらず、どんどん話しかけてしまう傾向に。次第に男性側がうざいと思ってしまい、「ほっといてほしい」と言われてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 干渉や束縛が激しい女性

彼氏や旦那さんへの干渉や束縛が激しい性格の女性は、どうしても男性の行動を制限してしまいがち。どんな時でも一緒にいたいと思うケースも少なくなく、そうなると男性は次第に息苦しさを覚えてしまいます。

そのため仕事などでミスして一人になりたいと思っても、相手の女性が許してくれないのでうっとおしくなり、「ほっといてほしい」と口にしてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 空気が読めず、デリカシーがない女性

うまく空気が読めず、言わなくてもいいことを言ってしまう性格の女性も要注意だといえます。

例えば仕事で怒られて落ち込んでいる時、「そんなことでミスするなんてありえない」となどと、その気がなくても相手を避難してしまうことも。

言われた男性は「今一緒に居たくない」と思うようになり、「ほっといてほしい」と口にして一人になろうとするでしょう。


ほっといてほしいと言われたら、上手に接して元の関係に戻りましょう。

ここまで、ほっといてほしい時の男性の心理や理由、さらにはほっといてほしいと言われたときの対処法について解説しました。

彼氏や旦那さんから「ほっといてほしい」と言われた時、女性自身の性格含めて様々原因が考えられます

「相手が落ち着くまで期間を設ける」「明るい話題に変える」など上記の対処法をしっかりと参考にしつつ、良好な関係性を築いてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事