彼氏が気持ち悪いと思う11の瞬間。別れたいと感じた時の対処法とは

彼氏が気持ち悪いと思う時ってありませんか。たとえ好きであっても、行動やLINEなどによっては気持ち悪く感じてしまうもの。そこで今回は、彼氏が気持ち悪いと思う瞬間をご紹介。さらに別れたい時の対処法もお伝えします。今後の付き合いを考えるために、参考にしてみてくださいね。

大好きな彼氏でも、気持ち悪いと感じる時ってありますよね。

彼氏が気持ち悪いと思ってしまう11の瞬間

大好きで付き合っているはずの彼氏。好きな気持ちがあっても、ふとした瞬間に気持ち悪いと思ってしまうタイミングがやってきます。

もし彼氏に対して気持ち悪いと思ってしまったら、どのように対処すればいいのか知りたい女性は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、彼氏に対して気持ち悪いと思ってしまう瞬間と、対象法についてお送りしていきます。彼氏を気持ち悪いと思ってしまう瞬間はどのようなシーンなのでしょうか。


彼氏なのに気持ち悪いと思ってしまう11の瞬間

ここでは、好きなはずの彼氏なのに気持ち悪いと思ってしまう瞬間を、行動・仕草・発言・LINE・SNSの5項目に分けて紹介します。

時には別れたいきっかけにもなりうる彼氏を気持ち悪いと思う感情が、どのような時に出てくるのかチェックしていきましょう。


彼氏が気持ち悪いと思ってしまう3つの「行動」

まずは、彼氏が気持ち悪いと思ってしまう行動あるあるをピックアップ。

好きな気持ちがあっても、多くの女性が行動が気持ち悪いと感じる彼氏の行動パターンがあります。

彼女が彼氏のどのような行動を気持ち悪いと思ってしまうのか、詳しく見ていきましょう。


行動① デートの時に他の女性をまじまじと見ていた時

彼氏のことを気持ち悪いと感じる代表的な行動に、「視線」があります。特に、デート中に突然自分以外の女性をじっと見つめていると、気持ち悪いと感じてしまいます。

彼女としては女であれば誰でもいいのだろうかと感じ、生理的に嫌になるのです。

ほとんどの女性は彼氏に対して誠実さを求めているため、他の女性のことをじっと見つめる行動を、気持ち悪いと感じてしまいます。


行動② ベタベタと過剰にスキンシップして甘えてくる

彼女の気分が乗らない時や周りの目が気になる時などにお構いなしに甘えてくると、彼女を困らせてしまい、彼女は彼氏のことを気持ち悪いと感じてしまいます。

スキンシップは本来彼氏との仲を深めるのに欠かせない、嬉しいもののはず。

ただし、時と場合を考えずに過剰になりすぎると、彼女は恥ずかしい思いをすることになり、彼氏のことを気持ち悪いと感じてしまいます。


行動③ 食事をしている時に、クチャクチャと咀嚼音をたてた時

彼氏に限らず、一緒に食事している相手のマナーが悪いと恥ずかしい思いをしてしまいます。

代表的なのが、食べる時のクチャクチャ音。食事を共にすることも多い相手である彼氏のクチャクチャ音は、度々耳にしなければならず一度不快に思ったら気になって仕方がありません。

恥ずかしい思いをすることがきっかけで、彼氏自身も気持ち悪いと思ってしまうきっかけにもなってしまいます。


彼氏が気持ち悪いと思ってしまう2つの「仕草」

次に、彼氏の仕草に対して気持ち悪いと思ってしまうことをピックアップしていきます。

自分に対する愛情表現をしてくれ、言動が申し分ない彼氏であっても、ふとした仕草を気持ち悪いと思ってしまう瞬間があるものです。詳しく見ていきましょう。


仕草① 鏡の前でのセルフチェックが異常に長い

男性には細かいことはあまり気にせず堂々と構えていてほしいと考える女性が多いです。

大好きな彼氏であっても同様で、鏡の前でのセルフチェックが異様に長いと、男らしくないと感じ、彼女は気持ち悪い・うざいと感じてしまいます。

前髪や筋肉など人によってチェックするパーツは異なりますが、細かいことを気にしすぎることで、気持ち悪いと思われるのです。


仕草② スマホの画面を見ながら一人でニヤニヤと笑っている

声を出して笑うことは周りに良い印象を与えられても、ニヤニヤすることはあまり良い印象を与えられません。

彼女には何か良くないことを考えている印象を与えてしまうことで、結果的に気持ち悪いと思われてしまいます。

何を見てニヤニヤしているのかわからないと不気味で怖いですし、ニヤニヤ顔は何か下心がある時の代表的な表情でもあります。何か良くないことを考えているんだなという印象を与えてしまい、気持ち悪いと思われてしまいます。


彼氏が気持ち悪いと思ってしまう3つの「発言」

次に、彼氏を気持ち悪いと思ってしまう発言のパターンを紹介します。

ふとした瞬間に発した何気ない言葉は意外と本音が見えているもの。普段口にしない本音の部分を感じ取り、気持ち悪いと思ってしまう彼女も多いです。


発言① ナルシストな発言をする

鏡をチェックするなどの行動までは許容できても、ナルシストな発言を気持ち悪いと思う女性は多いです。

自信過剰なあまり、自分がかっこいいなどと言う内容の発言は大好きな彼氏の発言であってもドン引きしてしまいます。

ナルシストな言動は女性から見ると生理的に無理と思われてしまうことが多いです。特に、後々まで耳に残る発言は、気持ち悪いと思われることが多いのです。


発言② 下品な言葉を平気で使う

ふとした時の彼氏の下品な言葉遣いを許容できず、気持ち悪いと感じてしまう彼女は多いです。

女性に対しては言葉遣いを気を付けている男性は多いですが、何かの拍子で突然「うざい」などの下品な言葉遣いが出てきてしまう男性も多いものです。

特に女性姉妹の中育った彼女の場合、埋められない溝と感じてしまうことも。最悪の場合別れにつながってしまいます。


発言③ 赤ちゃん言葉を使ってくる

彼氏が甘えてくるのを嬉しいと思う反面、甘えてくる方法が異常だったら気持ち悪いと感じてしまいます。

例えば、突然の赤ちゃん言葉。中には赤ちゃん言葉を使われた瞬間に別れたいと思う彼女も。別れたいとまでは思わなくても、赤ちゃん言葉を使う彼氏をうざいと感じる彼女は多いものです。

彼女としては、女性扱いされておらず、お母さん代わりにされているような気分になり、嫌な気持ちになってしまいます。


彼氏が気持ち悪いと思ってしまう3つの「LINE」

次に、彼氏のことを気持ち悪いと思ってしまう瞬間のLINE編をお送りします。

彼氏と毎日LINEするカップルも多いですが、そんな毎日のやり取りの中で気持ち悪いと思ってしまうと、別れたい気持ちに直結する場合も。

ここからは気持ち悪いと思うLINEについて、詳しく見ていきましょう。


LINE① 「今どこ?」「いつ帰ってくるの?」と監視するようなLINEを送る

大好きな彼氏であっても、過剰に束縛されると窮屈な思いをしてしまいます。

「今どこ?」「いつ帰ってくるの?」などと監視されるようなLINEを送っててこられると、楽しいはずの彼氏とのやり取りがいつしか苦痛になってしまうことも。

過剰な束縛をストーカーのようで気持ち悪いと感じる女性も多いです。彼氏とのLINEに疲れてしまうことが原因で、気持ち悪いのを通り越して別れたいと感じてしまうきっかけにもなります。

【参考記事】はこちら▽


LINE② 自分の自撮り写真を送ってくる

ナルシストな言動が女性から気持ち悪いと思われてしまうのはLINEでも同じです。

自撮りをナルシスト象徴と捉える女性も多いので、彼氏がLINEで自分の自撮り写真を送ってくるのは、彼女が彼氏のことを気持ち悪いと思ってしまうきっかけになります。

付き合い始めの頃は新鮮で楽しいかもしれませんが、毎日になると彼女はうんざりしてしまいます。


LINE③ 「おーい」「まだ〜?」など返信を催促してくる

メールより気軽に送れるLINEですが、カップルのやり取りでは既読機能が悪影響を及ぼすことも。

特に、束縛癖がある彼氏は既読になったらすぐに返信を求めます。仕事中チェックだけする彼女も多く、彼氏から「おーい」「まだ~?」など返信を催促されると、うんざりしまいます。

彼女としては返事する暇もない場合もあり、そんな中での彼氏からの返信の催促は、束縛しすぎて気持ち悪いと思う原因になります。


彼氏が気持ち悪いと思ってしまう3つの「SNS」

最後に、彼氏のことを気持ち悪いと思ってしまうきっかけにもなりえるSNSでの行動を紹介します。

飾らない自分を見せられるSNSだからこそ、本音の部分が見えて気持ち悪いと思ってしまうきっかけになることも。詳しく見ていきましょう。


SNS① 普段は大人しいのに、Twitterになるとキャラ変して愚痴ばかりツイートしていた

Twitterをする時に普段とは全く違うキャラを演じる「キャラ変」は、オタクな男性に多いです。

普段の彼氏のことを、とても好きな彼女がTwitterでキャラ変している彼氏を知ると、ギャップを感じて気持ち悪いと思ってしまうことがあります。

Twitterも彼氏の大切な趣味の一つと言えど、容認しがたいもの。最悪の場合別れたいと思ってしまう場合もあります。


SNS② TwitterやFacebookで知らない女性とずっと絡んでいる

付き合っている彼氏に、他の女性の影があればどうしても気になってしまうものです。

TwitterやFacebookで彼氏がいつも特定の女性と絡んでいると、彼女としてはどうしても気になります。あまりに頻繁に絡んでいると気持ち悪いとさえ思ってしまうことも。

自分以外の女性とあまり関わってほしくないという気持ちは、TwitterやFacebookなどのSNSの中でも同じです。


SNS③ Instagramで自撮りアップの写真をバンバン投稿していた

ナルシストな行動が彼女から嫌われてしまうのは、SNSでも同様です。例えば、彼氏のInstagramを開いたら、自撮り画像ばかりという場合。

一目で自分大好きなナルシストということがわかります。普段あまりナルシストな雰囲気を感じない彼氏であっても、実際はナルシストだったことにドン引きし、気持ち悪いと思ってしまいます。


彼氏が気持ち悪くて別れたいと感じた時の対処法

ここからは、気持ち悪い彼氏に冷めて別れたいと感じた時の、適切な対処法を紹介します。

すぐに別れるのは簡単ですが、せっかく縁があったのだから、続ける方法があれば続けられたらいいですよね。詳しく見ていきましょう。


対処法① 倦怠期で冷めてるだけの可能性があるので、一旦様子を見る

気持ち悪い彼氏に今は冷めていても、一時的にそう感じているだけの場合もあります。

カップルにありがちな倦怠期もそのひとつ。倦怠期には気持ちが冷めていることで、彼氏のことを気持ち悪いと感じてしまうかもしれませんが、倦怠期を過ぎるとなんとも思わなくなる場合も。

もし彼氏のことを気持ち悪いと思ったとしても、少し時間をおき様子を見ることで解消される場合もあります。

【参考記事】はこちら▽


対処法② 気持ち悪いと感じることを許容する

彼氏の言動を気持ち悪いと思っても、一緒にいて幸せな気持ちが消えていなければ許容するのもいいでしょう。

彼氏がしつこく甘えてくるなど気持ち悪いと思う行動でも、許容して慣れていくことで気持ち悪さを感じなくなる場合も。

自分だからこそ見せてくれる姿と考えることで、返って愛おしく感じます。黙認するのも、うまく関係を続けるための秘訣です。


対処法③ 素直にやめて欲しいと伝えて、直してくれるかを聞く

彼氏のことを気持ち悪いと思って許容できない部分は、素直に伝えるのが良いでしょう。

人前でベタベタしてきたり甘えてくるなど、人によってはどうしても我慢できないこともあります。我慢しすぎるとよくないので、伝えることが大切です。

素直にやめて欲しいことを彼氏に伝えることで、彼氏が直してくれる場合もあります。直してくれると気持ち悪いとは思わなくなるので素直に伝えてみましょう。


直さなければ「別れたい」と伝える

彼氏に気持ち悪いと思ってしまう部分を直してくれるか聞く時に、重要なのは本気で嫌だと感じていることを伝えることです。

もし直さなければ別れたいと伝えることで、本当に嫌な気持ちであることを伝えられます。


対処法④ 彼氏との距離を置く

倦怠期などで気持ち悪い彼氏に冷めている場合、別れずとも少し距離を置くことで関係が改善される場合もあります。

せっかく好きで付き合っている彼氏なのだから、できれば長く付き合いたいと考える彼女も多いはずです。

距離を置くことで自分の気持ちも冷静になりますし、お互いを見つめ直すきっかけにもなります。関係を修復できる場合もあるので、少し距離を置いてみるのもいいでしょう。


対処法⑤ 我慢できなければ、思い切って別れる

気持ち悪い彼氏に冷めてしまい、どうにも我慢ならないなら思い切って別れましょう。

不満を通り越して気持ち悪いと思ってしまうなら、カップルの末期状態。特に、気持ち悪い理由を伝えても改善してもらえない場合、気持ち悪いと思う相手とずっと付き合わなければなりません。

気持ち悪いと思う気持ちが勝ってしまうと、なかなか幸せを感じるにまで至らず、付き合う意味もありません。思い切って別れるのも選択肢のひとつです。

【参考記事】はこちら▽


彼氏のことを気持ち悪いと感じたら、上手に対処していきましょう。

彼氏のことを気持ち悪いと感じるのは、カップルにとって大きな危機の一つ。

どうすればいいのかわからず、好きな気持ちと別れたい気持ちの間で揺れ動く女性も多いでしょう。うまく対処できれば、2人の関係をより良いものにできるきっかけにもなります。

彼氏といい関係を築き、毎日楽しく過ごしてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事