猫系男子か分かる14の特徴診断│女にモテる猫系男子の落とし方とは

猫系男子という言葉を知っていますか?意味は猫系女子に近いのですが、まだまだマイナーな男性のタイプとなります。そこで今回は、猫系男子の14の特徴から、自分が猫系男子か分かる診断をご用意しています。また、猫系男子の相性や性格や行動パターンを知って猫系男子の落とし方をマスターしましょう。

最近、猫系男子が人気急増中!

猫系男子

最近話題になっている猫系男子をご存じでしょうか。

猫のようにマイペースで気まぐれ、束縛されるのが嫌いという自由人なイメージが強く、独特の魅力に惹かれる女性も増えてきています。

この記事では、猫系男子の特徴から自分が猫系男子かをチェックできる診断ができるようにまとめましたので、猫系男子が好きな女性は猫系男子の性格や行動パターンをもとにした相性を知り、落とす方法をつかんでいきましょう。


猫系男子とは?意味は?

猫系男子とは、ペットの中でも特に愛されている猫に似た性格や行動パターンを持った男性をさします。

猫のように気まぐれで自由に振舞うのが好き、相手に合わせることは基本的にしないのが猫系男子です。

クールな言動が基本で、さっきまでここにいたのにふと気づくともういない、といった予測不能な行動をしますが、甘えたくなったらそっとそばに近づいてくるかわいさもあわせ持っています。


猫系男子と犬系男子との違いは?

猫系男子と同じく人気がある犬系男子ですが、双方には大きな違いがあります。

飼い主に従順で人懐っこい犬のように、誠実で約束をきちんと守るのが犬系男子です。

対して、気まぐれで自分の思うように動く猫のように、集団に馴れ合うことなく自分の考えだけで行動するのが猫系男子と言われています。

どちらも異なる魅力がありますから、犬系男子と猫系男子のどちらががいいというよりも、それぞれの魅力にそれぞれ惹かれるという女性が多いでしょう。


自己診断!猫系男子の14個の特徴

一般的な印象としては、先ほども挙げたように自由で気まぐれ、マイペースといったものが多いですが、これ以外にも猫系男子の特徴はたくさんあります。

猫系男子の魅力を知りたいという女性はもちろん、「自分は猫系男子なのか知りたい」という男性のために、自己診断できるよう14個の猫系男子の特徴を挙げていきましょう。


猫系男子の性格の特徴

甘えてくる猫もいればまったく懐かない猫もいるように、猫系男子にもさまざまなタイプの男性がいます。

該当する特徴の数が多いかどうかというよりは、特徴のいくつかが突出して当てはまるという方が周囲から猫系男子と見られていることが多いもの。

まずは猫系男子の性格の特徴から自己診断してみてください。


性格の特徴1. マイペースで、気まぐれな性格をしている

猫系男子の代表的な特徴として挙げられることが多いのは、マイペースで気まぐれということ。

他人に合わせようと考える人が多い中で、猫系男子は判断基準の軸が自分の中にあり、とにかくマイペースです。

また、基本的に自分がやりたいことや興味を持てるものにしか歩み寄らないため、興味がなくなるとそれまでの態度が嘘のように冷たくなり、周囲の人を戸惑わせることが多いでしょう。


性格の特徴2. 社交性に欠け、心を開くのに時間がかかる

人に簡単に気を許さない猫のように、猫系男子は人との関わりに対して消極的です。

友達が少ないわけではありませんが、大人数でワイワイと楽しむ雰囲気が苦手なため、友達と遊びに行ったとしても途中で「俺こっちに行くわ」と一人離れて行動するといったパターンは珍しくありません。

警戒心が強く、他人に対して心を開くのに時間がかかるため、本音を聞けるようになるまである程度の時間が必要です。


性格の特徴3. 不器用ではあるが、根は優しい

マイペースで気まぐれな行動を取る猫系男子は、その自由奔放な行動スタイルから冷たい人と思われていることが多いです。

しかし実は他人に心を開くまで時間がかかる不器用な面があるだけで、根は優しいという男性がほとんどでしょう。

本人は誰にでも優しく対応することには興味がなく、信頼できる一部の人とだけ付き合えればいいと思っているので、猫系男子の優しさを感じられるのは彼とゆるぎない信頼関係を築けた人だけと言えます。


【参考記事】はこちら▽


性格の特徴4. 感情表現が少なく、何を考えているか分からないときがある

猫系男子は、喜怒哀楽があまりなく、感情表現が少ないのが特徴です。

ただし感情が気迫で冷たいわけではなく、甘えたり本音を言ったりすることが苦手だったり、誰にでも甘えるというつもりがないだけです。

恋愛においても、好きな女性に対してデレデレと甘えるのは男性としてスマートではないと考えています。

要は本音を見せる人とそうでない人とをはっきり区別しているだけなのですが、周囲から見れば何を考えているのか分からないという印象が強いかもしれません。


性格の特徴5. マイペースな割に、周りの空気を読むことができる

猫系男子は気まぐれでマイペース、だからその場の空気を読まずに行動しそう…といったイメージが一般的です。

しかし実は、猫系男子は意外にも周りの空気を読むことがとても得意。

相手の表情や仕草から何を考えているのか、この場を楽しんでいるのかを正確に読んでいます。

デート中に彼女が体調が悪かったり悩みがあって落ち込んでいる場合、敏感に察知して「どうしたの?」と優しく気遣ってくれるのです。


性格の特徴6. 1人で過ごす時間を大切にしている

猫系男子は、1人で集中したいことができるとあえて距離を取ろうとします。

たとえ恋愛関係になった彼女がいたとしても、彼女と過ごす時間とは別に自分だけの時間を欲しがる傾向が強いです。

干渉されることも嫌がるため、彼女から「今どこにいるの?」「誰といるのか教えて」などと電話やLINEで聞かれるとうんざりするでしょう。

彼女が嫌いになったわけではありませんから、1人になりたがったら何も言わずに解放してあげると嬉しがります。


性格の特徴7. 自分で決めたことに対しては積極的

自分なりの世界観があって、それをもとにぶれない姿勢で行動するのが猫系男子の大きな特徴です。

単独行動をする理由は、自分なりの世界観を大切にして、自分が決めた目標に向かって集中したいという意識があると言えます。

つまり猫系男子は周囲を気にせず、愚直にやりたいことを貫く強さを持っているのです。

女性からすれば、一つのことに打ち込んでいる猫系男子はとても魅力的に映るでしょう。


性格の特徴8. 実は嫉妬深い一面がある

猫系男子は、気まぐれでありながら、相手には自分に対して常に関心を持っていてほしいと思っています。

自分自身は気まぐれで自由奔放な行動を取るのに、好きな女性が同じようなことをするのは許せません。

猫系男子からすると、自由に振舞っているようでも彼女に対して一途で大切にしているという自負があるため、彼女が他の男性と親しくしている様子を見たりLINEでやり取りをしているのを知ると嫉妬するのです。


猫系男子の行動や外見の特徴

独特の世界観を持って、気まぐれなようでも熱心に取り組む猫系男子。

その行動や外見にも、猫系男子ならではの特徴がたくさんあります。

猫系男子の行動や外見にはどのような特徴があるのか、ひとつずつ見ながら診断してみてください。


行動・外見の特徴1. メールやLINEの返信の周期がばらばら

女性からすると、好きな彼からのメールやLINEは多い方がうれしいもの。

しかし猫系男子はそもそもメールやLINEを重要視していないので、連絡の頻度は少なめで返信の周期もばらばらです。

メールやLINEの返事もそっけない傾向にあり、彼女としては連絡が少ないことを物足りなく感じるかもしれません。

しかし、猫系男子は束縛されず自由な関係で付き合いたいと思ってるので、メールやLINEの返信の周期がばらばらなのはむしろ自然なことなのです。


【参考記事】はこちら▽


行動・外見の特徴2. 休日はインドア派で家の中で過ごす時間が長い

猫系男子は大人数で群れることが苦手で、1人もしくは信頼できる相手と家でまったり過ごすのが好きです。

インドア派なので、休日にデートをする場合は室内で過ごす時間が多いでしょう。

彼女が「どこか行こうよ」と誘って外に出たとしても、食事など最低限の用事を済ませたらすぐ帰りたがります。

猫系男子にとって休日は自分のやりたいことができる時間がたっぷりある貴重な機会ですから、ソファに寝転びながらお気に入りのDVDを観たり、家の中で趣味に没頭するといった過ごし方をしたいのです。


行動・外見の特徴3. 見た目は中性的で可愛らしい雰囲気がある

猫系男子は外見上、クールでスマートな印象を与えます。

しかし、ゴロゴロと喉を鳴らして甘えてくる猫のように、独特のかわいらしさを何となく感じさせる雰囲気を持った男性が多いです。

男性らしい筋肉の付いた厚みのある体型というよりは、なで肩で全体のボディラインが女性のようにすらりとしていて、中性的な魅力を備えている男性も。

やわらかい髪や色白の肌、細く長い指なども特徴的で、ファッションやヘアスタイルによっては女性に間違えられそうになることもあるようです。


行動・外見の特徴4. 運動が好きではなく、体型が華奢

中性的な雰囲気があるだけでなく、体型が華奢であることも猫系男子の特徴のひとつ。

男性らしい筋肉隆々の骨太な体型であることは少なく、どちらかというと線の細いスレンダーな体型をしている男性が多いです。

もともとインドア派でスポーツを好むわけではないので、限界まで筋肉トレーニングを行ったり汗だくでランニングをしたりといったことが苦手です。

体を鍛えることに関心をあまり持たないため、力強さがある印象は薄いでしょう。


行動・外見の特徴5. 集団行動が苦手で、孤立していることがある

猫系男子は、1人でいてもほとんど気にせず、むしろその状況を楽しんでいることが多いです。

全員で一つの目標に向かって頑張ろう!といった体育会系の雰囲気が苦手で、できれば1人か多くても数人で行動することが好きだと言えます。

友達が少ないわけではありませんが多くもないため、時と場所によっては孤立していることもしばしば。

仕事などで必要に迫られた時以外は、猫系男子は集団行動を避ける傾向にあります。


行動・外見の特徴6. 仲良くなった人にはトコトン甘える

猫系男子は気まぐれでプライドが高く、他人には甘えないという印象が強いです。

しかし仲良くなって本音を言い合える人に対しては、まるでお腹を見せてゴロゴロと甘える猫のように無防備に自分の真の姿を見せて甘えます。

好きな彼女に対しても、表面ではクールに振舞っているようで内心では甘えたいと考えている人が多いです。

ただし、甘えるのは家の中でだけ。彼女に甘えている姿を他人に見られるのは恥ずかしいため、外でデレデレすることはありません。


【参考記事】はこちら▽


行動・外見の特徴7. 必要以上にベタベタされると嫌がる

好きな彼女には甘えたいと思う一方で、必要以上に甘えてこられると嫌がるのが猫系男子の特徴です。

彼女からすると「彼が甘えてきたから私も甘えたのに」と不思議に感じたり悲しい気持ちになったりするでしょう。

猫系男子からすると、彼女が甘えてくることを拒否したのではなく、必要以上にベタベタしすぎることに違和感があっただけなのです。

彼女を好きで大切にしたいと思っていることに変わりはありません。


猫系男子が女性からモテる理由を教えて!

独特の世界観があり、マイペースで気まぐれな雰囲気がなんとも言えない魅力の猫系男子。

頼りがいがあって誠実な犬系男子とはまた違う理由でモテます。

ここからは、猫系男子が女性からモテる理由について見ていきましょう。


モテる理由1. 掴めない雰囲気が追っかけたくなる

何となく掴みどころがないのが猫系男子の魅力のひとつ。

言葉では「好きだよ」と言っていても甘えてくるわけではないし、デートはしてくれるけど冷静でわいわいと盛り上がるわけではないので、本心が見えづらいです。

女性からすると嫌われてはいなさそうだけど好かれているかも分からない…という感じで、不安になることも。

けれどそんな不安をカバーして余りあるほど魅力的なミステリアスの雰囲気に、つい追っかけてしまいたくなるのです。


【参考記事】はこちら▽


モテる理由2. ツンデレを上手に使いこなすので、癖になる

猫系男子は信頼している相手にだけ本心を見せるという特徴があります。

好きな彼女に対しては、外でデートしている時はせいぜい手をつなぐ程度でベタベタしないのに、家で二人で過ごしている時はとても甘えます。

いわゆるツンデレのバランスが絶妙なので、女性からすると癖になるという表現がぴったり。

「私にだけこんな甘えた姿を見せてくれている」と女性の自尊心も上手にくすぐるのです。


モテる理由3. 中性的な雰囲気が清潔感を感じる

猫系男子は体の線が細く、色素も薄いタイプが多いので、中性的な魅力を持っています。

ゴツゴツとした骨太なタイプの男性が苦手な女性にとっては、こうしたやわらかい雰囲気の猫系男子はとても魅力的です。

全体的にすっきりとした印象を与えるので清潔感があり、仕草もとてもスマート。

上品な感じすらあるので、女性からするとレベルの高い男性と付き合っている気分を味わわせてくれるのです。


モテる理由4. 意外と空気は読めるため気が使える

気まぐれでマイペースで自由奔放なイメージがある猫系男子ですが、実際には周囲の状況や相手の表情をよく観察しています。

そしてささいな変化にも気づいて、さりげなくフォローしてくれる優しさを持っているのです。

優しさを誰にでもわかるようにアピールしたいという意識は、猫系男子にはありませんから、気遣いもとてもスマート。

クールな外見とさりげない優しさ、このギャップが猫系男子のモテる理由のひとつでしょう。


猫系男子の恋愛傾向は?落とし方は?

気になる男性が猫系男子で、恋人になりたいと思っている女性にとって、猫系男子の恋愛傾向が気になるところでしょう。

アプローチする前に猫系男子の恋愛傾向が分かっていれば、成功率もアップします。

猫系男子の恋愛傾向を踏まえて、落とし方についても見ていきましょう。


猫系男子の好きな女性のタイプ

猫系男子の恋愛傾向を見ていく前に、まずは猫系男子が好きな女性のタイプを探ってみます。

一定の距離を保ちつつも互いを信頼し合う、そんな大人の付き合い方を好むのが猫系男子。どのようなタイプの女性が好きなのでしょうか。


1. 余裕があり、包容力のある女性

2人きりの時はともかく、外ではベタベタすることが嫌いな猫系男子は、余裕を感じさせる女性が好きです。

男性にべったりと頼りきるのではなく、「自分は自分、彼は彼」と割り切って接してくれる女性と付き合いたいと思っています。

さらに言えば、ゆったりと自分を包み込んでくれるような包容力のある女性なら言うことなし。

マメに連絡しなくても優しく見守ってくれる存在がいれば、猫系男子は安心するでしょう。


2. お家デートなど、インドアデートも楽しめる女性

インドア派の猫系男子にとっては、デートであちこちと飛び回るのは好きではありません。できるだけまったりと、家で二人で過ごしたいと思っています。

休日にどちらかの家で料理をつくってみたり、お気に入りのDVDを観賞したり、くつろいだ雰囲気でデートをしたいのです。

遊園地や動物園といったアクティブなデートではなく、インドアデートを楽しんでくれる女性がいると惹かれるでしょう。


3. 男性を甘やかしたい、面倒見の良い女性

自由奔放に思うまま動きたい猫系男子ですが、好きな女性に対しては甘えたいという欲望を持っています。

本音を見せられる相手が少ないだけに、恋人となる人には素の自分を受け入れて面倒を見てくれるような女性が理想的だと思っているのです。

自由にしたい、でも時には甘えたい、そんな相反する物を求める猫系男子にとって、男性を甘やかしてくれる女性は気になる存在。

適度な距離感を持って面倒を見てくれる世話好きな女性に惹かれるのです。


4. 依存体質ではなく、精神的に安定している女性

甘えてきたと思ったらすっと離れる、こんな猫特有の行動パターンと似たような動きを猫系男子もします。

自分の中で納得がいくまで甘えられたら、次は自分のやりたいことをしたいのです。

よく言えばメリハリがある、悪く言えば本音がよく分からない猫系男子には、相手に依存する意識がなく精神的に安定している女性が合っています。

連絡の頻度を気にせず、彼との時間も自分だけの時間も同じように楽しめる、自立した女性なら猫系男子との相性もぴったりでしょう。


【参考記事】はこちら▽


猫系男子の落とし方やアプローチ方法

猫系男子の魅力や好きな女性のタイプをここまで見てきました。

気になる男性が猫系男子だという女性にとって、猫系男子の恋愛傾向の一部をつかめたのではないでしょうか。

いよいよここからは、猫系男子の落とし方や効果的なアプローチ方法についてご紹介していきます。


1. 相手の1人の時間に干渉しすぎない

猫系男子は自分の世界観をとても大切にします。

彼女との時間ももちろん大切ですが、1人で好きなことや関心のあることに没頭する時間も欠かせません。

いざ1人で何かを始めたら、こちらも同じようなタイプの猫系女子になったつもりで干渉せずに好きなようにさせてあげましょう。

「自分の時間も必要だよね」「ちょうどよかった、私も〇〇に行こう」などと言われたら、猫系男子は自分と同じ価値観かもしれないと感じて女性を意識しはじめますよ。


2. 感情表現が苦手なので、察して気づいてあげる

好きな気持ちはあっても、面と向かって伝えるのは苦手な猫系男子。

うまく言葉では言えないため、表情や態度で何とか示そうとすることがあります。

そんな努力を敏感に察知して、「これ私のために買ってくれたの?」などと気づいてくれると、猫系男子は顔にこそ出さないものの内心はとてもうれしくてワクワクしています。

そしてきちんと自分の気持ちに気づいてくれる女性に好意を持ち始めるでしょう。


3. 気まぐれな行動にも動揺しない

束縛されることが嫌いで、自分の思うままに動きたいと猫系男子は思っています。

相手が親友や彼女であっても、この価値観は基本的に変わりません。

自分の気まぐれな行動に対して臨機応変に対処してくれる女性がいると、「自分のことを分かってくれている」と惹かれていく傾向があります。

責めることもなくそのままを受け入れてもらえることに喜びを感じるのです。


4. 相手から近寄っていたら甘えさせてあげる

猫系男子は、自分のタイミングで彼女に甘えたいと思うもの。

常に受け入れてくれる態勢でいてくれて、急に甘えてもいつも受け止めてくれる状況だととても安心します。

ただし、「ほら、甘えてきなさい」と故意に構えられると急に気持ちが萎える事も少なくありません。

あくまでも自分が甘えたいと思った時に受け入れてくれて、すっと離れても責めたりしない、度量の広い女性が好きなのです。


5. 好意をはっきりと伝え、ストレートな感情表現をする

猫系男子は自分の想いを上手に相手に伝えるのが苦手です。

コミュニケーション能力が高くいろんな人と仲良く付き合えるというタイプではなく、親しい友人や彼女など本音を見せられる人が数人いれば満足します。

そのため、女性から、特に自分が気になっている女性から好意をはっきり伝えられると、うれしいと同時に安心感を覚えます。

自分自身がストレートに感情を表現できないだけに、女性側からはっきりした告白を受けるととても魅力的な存在に見えるのです。


6. LINEの返信が遅くても気にしすぎない

気まぐれな猫系男子は、たとえ「帰ったらLINEするよ」と言っていてもしなかったり、翌日にやっとLINEを送ってきたりします。

「必ず返信して」などと束縛すると、嫌がってすねたり、気持ちが引いてしまいLINEの返信がさらに遅れるようになったりします。

猫系男子がLINEの返信が遅いことに理由はありませんから、気にしないことがポイントです。

「いつでもいいよ」と言ってくれる女性だと、度量の広さに惹かれると言えるでしょう。


猫系男子と犬系女子・猫系女子との相性は?

さまざなま魅力がある猫系男子は、基本的にはモテるタイプと言えます。

ただし恋愛関係で重要なのは、価値観や行動パターンからある程度決まってくる相性。

ここからは、猫系男子と犬系女子・猫系女子との相性をそれぞれ詳しく見ていきましょう。


猫系男子と猫系女子の相性

猫系男子と猫系女子、この組み合わせは性格や価値観、行動パターンがほぼ同じなので相性はいいと言えます。

たとえばLINEの連絡を返素のは気が向いたらする、1人になりたがるなど、他のタイプの女性だと不安に感じて喧嘩にまで発展しそうな行動を取るのが猫系男子。

しかし猫系女子も似たような行動を自然にしているため、「返すのが面倒なんだな」「〇〇をやりたいなら私も違うことしよう」などとポジティブに解釈します。

お互いの性格や行動パターンを理解し合っているため、無理をしなくても長続きするでしょう。


猫系男子と犬系女子の相性

猫系男子と似たような性格を持つ猫系女子とは、180度違う性格の犬系女子。

一見合わないように感じますが、猫系男子が恋愛対象として興味を持ちやすいのは意外にも犬系女子です。

犬系女子は明るく積極的で、多くの人とわいわい楽しむのが好きなアウトドア派ですが、インドア派の自分とは真逆な性格になぜか猫系男子は惹かれてしまいます。

いつでも一緒にいたいと思うタイプの犬系女子ではなく、相手に合わせすぎない犬系女子なら相性はいいでしょう。


猫系男子っぽい男性芸能人は誰?

一口に猫系男子と言っても、さまざまなタイプがいますから、「彼は猫系男子なのかな」と迷うタイプもいるでしょう。

最後に、どんな男性が猫系男子なのかを具体的につかむために、猫系男子っぽいと言われている芸能人を紹介していきましょう。


1. 綾野剛

いまや若手実力派畏友のトップを走る綾野剛さん。

細く切れ長な目と落ち着いたトーンの話し方など、見た目はまさに猫系男子です。

ドラマや映画で共演した女優さんたちからの評判もすこぶるよく、「冷たいようで優しい」といった声が目立ちます。

時に誰も近づけさせないようなオーラのある雰囲気を醸し出すあたりはまさに猫系男子と言えるでしょう。


2. 菅田将暉

綾野剛さんと同じく、すっきりとした顔立ちやスマートな体型が猫系男子の特徴と一致する菅田将暉さんは、中性的な魅力が特に印象的。

アーティスティックな能力が高く、特に歌唱力はプロ顔負けという一面を持っていて、自分なりの世界観をしっかり持っています。

話している姿はかわいらしさも感じさせるため、女性から見ると何となく放っておけない雰囲気と言えるでしょう。


3. 千葉雄大

俳優としてだけでなく、司会者やファッションモデルとしても活躍中の千葉雄大さん。

中性的な雰囲気は猫系男子っぽいものの、人懐っこい笑顔や明るい性格は犬系男子の要素もあって、くるくると印象が変わるあたりが最大の魅力かもしれません。

ややツンデレな発言をすることもあり、女性から見ると守ってあげたいと思えるタイプです。


4. 伊野尾慧

ジャニーズ所属の人気グループの一員として活躍する一方で、俳優としても活躍目覚ましい伊野尾慧さん。

子猫のような無邪気さを感じさせる瞳と、女性顔負けの美しい顔立ち、透き通るような白い肌といった中性的な魅力にあふれています。

自分の世界観を大切にした活動歴は、マイペースで自由奔放な猫系男子の代表格と言えるでしょう。


5. 岡田将生

すらりとした長身と整った顔立ちで人気の岡田将生さんは、切れ長の目元がとても印象的な俳優さんです。

自分だけの世界を持っていて簡単には入らせてくれないような大人の雰囲気を持ちながら、人に向ける視線はとてもやわらかく、気品のあるクールな猫というイメージ。

ベタベタはしないけれど、彼女にはとても優しく接するような想像をさせてくれる猫系男子です。


6. 佐藤健

顔立ちが美しい俳優さんとして人気が高い佐藤健さんは、相手を射すくめるような厳しい視線とふんわり包み込むようなあたたかい視線の両方をあわせ持った演技派。

さまざまなドラマや映画で多種多様な役柄を演じる高い才能は、独特の世界観を観る者に感じさせてくれます。

時々見せる優しい笑顔からは、ツンデレの要素をうかがわせる甘い雰囲気があります。


7. 坂口健太郎

可愛らしい笑顔と高身長のギャップに惹かれてしまう人気若手俳優の坂口健太郎さん。

どこか頼りなげで、つい守ってあげたくなるような雰囲気がたまりません。

切れ長でありながら大きく丸い瞳はとても印象的で、じっと見つめられた女性はことごとく虜になりそうなオーラがあり、まさに猫系男子の素質を感じさせてくれます。


猫系男子を攻略して恋を叶えよう!

ここまで猫系男子の性格や特徴、行動パターンをじっくり分析し、恋愛傾向や好きな女性のタイプについて考えてきました。

気になる男性が猫系男子なら、どういった男性なのかが少しでもつかめたのではないでしょうか。

猫系男子を落としたいと考えている女性はぜひこの記事を参考に、猫系男子との恋愛を成就してください。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事