爪が綺麗な人になるネイルケア方法。綺麗な爪の特徴とモテる理由も解説!

爪が綺麗な人について知りたい方へ。本記事では、爪が綺麗な人の特徴から、性格まで大公開!モテる理由と簡単なネイルケア方法も解説します!

爪が綺麗な人ってモテる?男性からの印象は?

爪が綺麗な人ってモテる?

書類を受け渡しする瞬間や、デートで向かい合ってテーブルについた時など、指先を見られる機会は意外に多いもの。

そんな時、爪が綺麗だと手全体が綺麗な印象になります。

手入れがきちんとされている爪は清潔感があり、細部まで気を遣える性格だと思われます。

女性としての印象も良くなるので、爪が綺麗な人は男性にモテるでしょう。


綺麗な爪の特徴|美しい爪に共通することは?

「綺麗な爪って美人っぽくて憧れる」

「爪が綺麗と言われたい!具体的にどんな爪が綺麗なの?」

爪が綺麗なモテる女性を目指したいけれど、どんな爪が男性から綺麗と思われるのか分からない人も多いでしょう。

では、どんな特徴のある爪は好感度が高いのでしょうか。

ここからは、具体的にイメージできるように綺麗な爪の特徴を解説していきます。

どんな爪が綺麗と言われるのか、確認してみましょう。


特徴1. 長すぎない爪

伸び切って長い爪は、見栄えが悪いし手入れができていないと思われがち。

それに「爪が長くて無理~!」と、指先を使う作業がやりにくそうだと「切った方がいいんじゃない?」と呆れられてしまいます。

  • 爪の先の形が揃っていて「手入れしてるんだ」と一目で分かる
  • いつ会っても、爪の長さが同じくらいの印象

このような手入れしてあって適度な長さの爪だと「きちんとして女性らしい性格」と思われてモテるでしょう。


特徴2. 縦長の爪

縦長の爪は「女爪」と呼ばれていて、優雅な女性らしい印象になります。

短めな横長の爪よりも指が長く綺麗に見えるでしょう。

「いつも縦長の綺麗な形の爪だな。マメにお手入れしてるのかな」

「スッキリ縦長の爪…爪を噛まない人なんだ」

「上品な爪だな」

などと、手入れがよくできていることをアピールでき、清潔感を与えられるので綺麗な手だと思われます。


特徴3. 縦線の入っていない爪

栄養不足の爪に特徴的な縦のラインが入っていたり、乾燥やお手入れ不足でひび割れがある爪は見栄えが悪いものです。

反対に、

  • ピンクで血色のいい自爪
  • 凸凹や縦線、ひび割れなどがない、ツルツルした表面の爪

などは、食事に気を遣って健康的な生活を送り、指先まできちんとケアしている印象です。

縦線やひび割れなどマイナスの要素があると、どうしても爪が綺麗な人と思われにくいのです。


爪が綺麗な人になるためには?簡単なネイルケア方法を解説!

「爪に自信がないんだけど、可愛い爪になるにはどうしたらいいの?」

「簡単に爪が綺麗になる方法を教えて!」

忙しかったり疲れたりしていると、つい爪のお手入れは面倒なんて思いがち。

でも、簡単な方法でちょっとお手入れするだけで爪の印象は大きく変わります。

どのようにお手入れすればいいのでしょうか。

ここからは、簡単に爪が綺麗な人になれるお手入れの方法を解説します。


爪を整える時のポイント|爪を切る時に大切なことは?

「子どもの頃から何度も爪を切っているのに、今更爪を整える時のポイントなんて」と思いますよね。

でも、知っているのと知らないのでは爪の仕上がりが大きく違います

ここからは、爪の形を綺麗に整える時のポイントを紹介していきます。

実際に爪の形を整える前に押えておきたい大切なことばかりなので、しっかり確認しておきましょう。


整える方法1. ヤスリをかける

爪を整えると言うと、爪切りでパチパチ切る人も多いはず。

けれども、爪切りだと爪がかけたり、二枚爪になってしまう可能性があります。

ちょっと面倒ですが、ヤスリで削ると爪が痛まずに綺麗に仕上がりますよ

  • 先を削って全体の長さを決めてから、両端を削って好みの形に整える。
  • ヤスリをかける時は、往復させない。一方向のみで削る。

というようにヤスリを使うと、早く爪の形が整い、爪が傷みにくいですよ。


整える方法2. 圧をかけない切り方・タイミングを心がける

気軽に爪を短くできる爪切りですが、爪を切る瞬間に約26キロの負荷がかかると言われています。

どうしても爪切りで切りたいという場合は、なるべく圧をかけないように、以下のポイントを意識して切ってみてください。

  • お風呂上りや水仕事の後など、爪が柔らかくなっているタイミングに切る
  • 切れ味がいい爪切りを使う

など、タイミングや道具に気を配ると爪にかかる圧を軽減でき、綺麗な爪をキープできるでしょう。


整える方法3. 甘皮も処理する

甘皮とは、爪の根元の部分についている薄い皮のこと。

この部分を処理すると、爪が縦長に見えてネイルの仕上がりも綺麗になりますよ。

甘皮が必要以上に伸びてしまうと、爪の水分や油分が奪われて爪の乾燥を招くという意見もあります。

綺麗な爪を目指すなら処理した方がいいでしょう。

  • 手をぬるま湯につけ、甘皮をよくふやかす
  • 甘皮除去用のリムーバーを使う
  • 甘皮処理用の道具プッシャーなどで、優しく甘皮を押し上げる

などの方法で、甘皮を処理します。


整える方法4. 乾燥を防ぐ

爪が乾燥している状態で切ると、自爪の層が剝がれてしまい二枚爪などのトラブルになることってありますよね。

剥がれた面積によっては爪が伸びて元通りになるまで時間がかかる場合もあるので、爪が乾燥しすぎないように注意が必要です。

  • 食器洗いなど、洗剤を使う時には手袋をする
  • ハンドクリームを持ち歩く
  • 自分でマニキュアを落とす場合は、爪の乾燥の原因になると言われているアセトンが入っていない除光液を使う

などを心がけると、爪の乾燥対策になるでしょう。


爪を保湿する時のポイント|綺麗な爪を保つために大切なことは?

せっかく爪を綺麗にケアしても、すぐに割れてしまったら残念ですよね。

しっかり保湿して美人っぽい綺麗な爪を保ちたいものです。

ここからは、爪を保湿するポイントを紹介していきます。

大切な点をしっかり把握して、綺麗な爪を保っていきましょう。


保つ方法1. こまめにクリームやオイルを塗る

爪は常に空気に触れていて乾燥しやすい場所なので、こまめに保湿してあげると乾燥を防げます

  • 小さい容器に入ったクリームやオイルをいつもバッグに入れておく
  • 思い立った時にすぐ保湿できるよう、職場のデスクやリビングなどにクリームを置いておく

など、ちょっとした作業の合間や空いた時間に、気軽に保湿できるようにしておくと良いでしょう。

仕事中にクリームやオイルを塗って、書類に油染みが付くのは避けたいものです。

職場で使うクリームはベタベタしないタイプを選びましょう。


保つ方法2. 手を洗った後と消毒の後はすぐに保湿する

手を洗った後とアルコール消毒をした後は、そのまま放置しておくと、水滴が乾くのと一緒に指や爪の水分も蒸発してしまいます。

今よりもっと爪が乾燥してしまうことになりかねないので、しっかり乾燥対策しましょう。

  • 手を洗った後、ハンドドライヤーを使用せずハンカチでこすらないよう水分をとる
  • 保湿クリームなどを塗る時には、マッサージするように塗り込む

1日の内に何度も手を洗ったりアルコール消毒したりする機会があるので、保湿を習慣化すると爪が綺麗な人になれるでしょう。


保つ方法3. 爪と皮膚の境目を保湿する

爪と皮膚の間が乾燥していると、ぱっくり割れてしまったり、爪がダメージを受けてしまう可能性があります。

そこから菌が入って化膿することもあるので、しっかりと保湿しましょう。

  • ネイルオイルまたはキューティクルオイルという、爪や甘皮を保湿するオイルを使って保湿する
  • オイルが浸透したら、ハンドクリームを塗る

といった具合に、乾燥が気になる人はオイルとクリームを両方使うと保湿効果が高くなります。


綺麗な爪になるために必要なアイテム|自爪を綺麗にするおすすめ商品を紹介!

爪のお手入れをする専用のグッズを使えば、楽に爪が綺麗な人になれます

そうは言っても、何から揃えたらいいか分からないという人もいるでしょう。

ここからは、自爪のお手入れをするために必要なアイテムを紹介していきます。

手元にケアグッズがあると、思い立った時にすぐ綺麗な手になれるので揃えておくと良いでしょう。


アイテム1. ネイルオイル

ネイルオイルは爪や甘皮の乾燥を防ぐため、爪と指の境目の溝に塗って使います

小瓶に入っていて、マニキュアのようなフタに付いた刷毛で塗るタイプが主流です。

外出先で気軽に使いたい場合は、ペンタイプやボールペンのような構造のロールタイプが便利ですよ。

製品やメーカーによっては、キューティクルオイルやネイルトリートメントと言われることもあります。


アイテム2. ハンドクリーム

手が乾燥すると、ささくれができやすく爪も割れやすくなります。

爪は皮膚ですから、ハンドクリームは手だけでなく爪や特に乾燥しやすい甘皮まで保湿できますよ。

ハンドクリームは爪までしっかり塗って保湿しましょう。


アイテム3. トップコート

マニキュアを塗った後、ちょっと手間はかかりますがトップコートを使うと仕上がりが綺麗になります。

  • 艶を出して美人っぽい仕上がり
  • かっこいいマットな質感
  • ぷっくり可愛いジェルネイル風

など、いろいろなタイプがあるので好みの仕上がり方に合わせて選びましょう。

トップコートを塗るとはがれにくくなるので、ネイルカラーの持ちが良くなりデザインも保護できますよ。


アイテム4. 電動爪ヤスリ

爪切りで爪を切ると少し圧がかかりすぎ、ダメージを与えてしまう可能性がありますよね。

できればヤスリで削ってあげるといいですが、のんびり爪を削る時間がもったいないし腕がだるくなってしまいます。

電動ヤスリを使うと、短時間で力を入れずに爪を整えられますよ。


アイテム5. リムーバー

甘皮は爪を作るのに重要なものなので、無理なく傷つけないように処理したいですよね。

リムーバーは余計な甘皮や古くなった角質を柔らかくし、余分な力を入れずに取り除くために使います。

甘皮の処理に慣れていない人は、リムーバーを使った方が簡単に無理なくケアできますよ。


アイテム6. ニッパー

ニッパーは、爪の甘皮を処理したり、ささくれを切るのに使う道具です。

甘皮の処理が上手くできていないと、

  • ささくれになる
  • 傷になってしまう

などの可能性があります。

爪切りやハサミで適当に処理せずに専用のニッパーを使いましょう。


アイテム7. バッファー&シャイナー

マニキュアを塗っても、爪の表面が凸凹していると「不器用で塗りムラになったのかな」と思われてしまいます。

バッファーというヤスリのような道具を使って凸凹を滑らかにしておくと綺麗な表面になりますよ。

市販のバッファーの中には、シャイナーという艶を出すグッズとセットになっているタイプもあります。

バッファーの後にシャイナーを使うと爪の表面がピカピカになるので、シャイナーも使うと良いでしょう。


爪が綺麗な人を目指して女子力UPを心がけてみて。

普段の何気ない動作で、指先は人に見られているもの。

女性が可愛いネイルや、自爪でも綺麗にお手入れされた爪をしていたら、好感度がとても高くなります。

今は自分の爪に自信がない人でも、この記事の簡単なネイルケア方法を参考に綺麗な爪になってみましょう。

自信がつけば男性に好印象を与えて、新しい恋に発展するかもしれませんよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事