なぜか「動物に好かれる人」の特徴|性格や行動から診断してみよう!

動物に好かれる人の特徴から診断をしたい方へ。本記事では、動物に好かれる人の性格や行動の共通点から、動物に好かれる人になる方法まで解説します!

動物に好かれる人の特徴|性格や行動から診断してみよう!

動物に好かれる人の特徴

「動物に好かれる人にはどんな共通点があるの?」

「自分が動物に好かれる人なのかチェックしたい」

動物に懐かれる人は、優しい人やモテる人のイメージがあるので、自分が当てはまるか知りたい人も多いでしょう。

そこでここからは、動物に好かれる人の特徴を解説。

自分の性格や行動と照らし合わせて、共通点があるか診断してみてくださいね。


特徴1. 動きがゆったりとしている

動きが遅い人は動物を驚かせないので、動物から好かれます。

動きが遅いとは、例えば、

  • 家族や友人と歩いていると、自分だけが歩くのが遅くて取り残されてしまう
  • 小さなころからマイペースでお母さんに「早くして」と言われるのが日常だった

などに、思いあたることはないでしょうか。

当てはまる人は、おおらかなオーラを感じさせる人なので、動物に好かれると言えます。


特徴2. 背が低い

動物とすぐに仲良くなる人を見ていると、子どもだったり、男女を問わず小柄な人が多いことに気が付きます。

例えば、

  • 身長150cmくらいまでの小柄な人
  • 小学校低学年くらいまでの子ども

などは、動物との距離を縮めるのが上手。

動物は自分よりも大きな体格の生き物に警戒心を抱くため、少しでも目線の近い人の方が近づきやすいのです。

そのため、背の低い子どもや小柄な女性の方が動物との距離を縮めるのが上手で、好かれやすい傾向があります。


特徴3. 動物に対しておどおどしない

動物は相手が警戒していることがわかると、本能的に自分も警戒心を抱いてしまいます。

生き物は人の様子から感情を読み取るので、怯えている気持ちが伝わってしまうのです。

  • じゃれつかれても笑顔で動物を可愛がる
  • 動物が寄ってきても驚いて逃げたりしない

など、余裕のある態度を見せられる人の方が動物には人気。

あなたが、動物の前で堂々としているタイプならば、動物に好かれる人の条件を一つ満たしていると言えます。


特徴4. 嫌な匂いがしない

動物に好かれる人の特徴は嫌な臭いがしない

人工的な香りがしないのも動物に好かれる人の共通点です。

動物は匂いに敏感で、

  • 香水や柔軟剤
  • アルコール
  • タバコ

などの自然界にない強い香りが苦手。

人がいい匂いと思って使っている物でも、嗅覚の鋭い動物は嫌な気持ちになってしまうのです。

あなたが「香水は好きじゃないし、メイクもほとんどしない」という人ならば、動物に好かれる傾向があると診断できます。


特徴5. 他に動物を飼っていない

動物に好かれやすい人はペットを飼っていないことも多いです。

自然界にない匂いを嫌うのと同様に、他の生き物の匂いがする場合も動物に敵とみなされ嫌われてしまうことがあります。

動物は人間の何倍も嗅覚が優れているので、ペットがその場に一緒に居なくても、家で動物を飼っているだけで気が付いてしまいますよ。

そのため、あなたが動物を飼っていないならば、警戒心を持たれにくく動物に好かれやすいと言えるでしょう。


特徴6. 落ち着いた声で喋る

動物に対しての話し方に気を使えるのも動物から好かれる人の特徴。

例えば、

  • 十分に近づいていってそっと話しかける
  • 必要以上に大きな声で話しかけない

などが出来ていると、ポイントが高いです。

高い声でキンキンした喋り方をしたり、急に大きな声を出したりすると、動物たちは威嚇されているようで不快に感じてしまいます。

落ち着いた声で話す人に動物たちは優しいオーラを感じて、安心して心を開いてくれるでしょう。


特徴7. ヒラヒラした服を着ている

猫を飼っている人がよく見る光景の一つに、

  • 猫が風でヒラヒラするカーテンにじゃれつく

というのものがありますが、これは、洋服でも同じことが言えます。

  • ロングスカート
  • フリルの付いた服

などを着ていると、遊ぶものと思って近づいて来てくれるでしょう。

動物は目の前で動くものを追ってしまう習性があるのです。

動きのある服を着て、なんだか気になる人だと動物に認識してもらえると、仲良くなりやすいですよ。


特徴8. 動物を触るのに慣れている

動物に好かれる人の特徴は動物に触るのに慣れている

あなたは動物に触れる機会は多い方でしょうか。

  • 日ごろからペットの世話をしている
  • トリマーなど動物に関わる仕事をしている

など、動物に触れる機会が多いと、自然と特徴や触れ合い方を覚えるもの。

すると、動物の行動がある程度予測できるようになるので余裕を持って動物に接することができます。

接する人間の心の余裕は動物たちにも伝わりますから、動物に慣れている人の方が安心感を与えることができて、好かれやすい傾向があるのですね。


特徴9. 動物の生態に詳しい

動物に関する知識が豊富なのも、動物に好かれる人の特徴の一つ。

動物への愛ゆえに、

  • 図鑑などで動物について調べるのが大好き
  • 時間があれば動画サイトで生き物の動画をチェックしている

このような人は、動物が嫌がることにも詳しいので、警戒されたり嫌われることが少ないです。

もし、あなたが「動物の知識には自信がある」ということであれば、動物から好かれる確率が高いでしょう。


特徴10. 好きな動物を前にしても冷静

動物の前では、常に冷静でいることが大切です。

急に動いたりすると動物をびっくりさせてしまいます。

  • 好きな動物を目の前にしても大きな声を出したりしない
  • 珍しい動物を見て家族や友人がはしゃいでいる時でも、一歩引いて見ている

など、動物に対して一見冷めているようなところがある人の方が、実は動物にとっては安心感があって好印象。

落ち着いた性格で好きな動物を前にしても興奮しない人ほど、動物たちを驚かせないので仲良くなれます。


動物に好かれる人になる方法|犬や猫にモテるようになるには?

動物に好かれる人になる方法

「動物たちからモテる人になるにはどうしたらいいの?」

「ペットにもっと懐かれるためのチェックポイントを教えて」

動物に好かれたいけれど、どんなことを実践したらいいかわからないという人も多いでしょう。

犬や猫にモテるようになるにはどのようなことを実践するべきなのか。ここでは、動物に好かれる人になる方法を解説していきます。

動物に好かれる方法は対人関係においても役立つので、ぜひ実践してみてくださいね。


方法1. 同じ目線の高さで接する

犬や猫のような小型の動物は、大きな人間に上から見下ろされると、危機感やプレッシャーを感じてしまいます。

そのため、

  • 腰を落とす
  • しゃがむ
  • 寝そべる

などをして、こちらから歩み寄ることが大事。

姿勢を低くすることで、威圧感が軽減されて警戒心が解けますよ。

また、おもちゃで一緒に楽しく遊んであげるなど、物理的な目線だけでなく、気持ちの目線を合わせてあげると動物から好かれるでしょう。

人間関係でも同じ目線に立つことは、その人と仲良くなるための近道です。


方法2. ゆっくりと動いて触れ合う

動物は自分よりも体の大きな人間が、近くで急に動き出したらびっくりしてしまいます。

ですから、動物と触れ合う時は急な動きは控えましょう。

  • 動き出す前に一呼吸置くことを意識する
  • 物音を立てないように動く

などを実践すると、自然と動作がゆっくりになるはずです。

普段から動作を穏やかにすることで動物に好かれることはもちろん、落ち着いたオーラが出て、人を相手にした時も余裕があるように見えます。


方法3. 香水などはしないようにする

香水をしてしまうと嗅覚の鋭い動物を不快な気分にさせてしまうので、動物に好かれたい人は控えるようにしましょう。

動物園や猫カフェなどに行く際は、

  • 香水や化粧品など香りのするものは何も付けていかない
  • 香りの強い洗剤や柔軟剤で洗った服を着ない
  • タバコは吸わないようにする

など臭いに気を使いましょう。

レストランに食事に行くときは強い香りの香水は避けるのがマナーであるように、動物にも配慮して香りを身にまとうことが大切です。


方法4. しつこくしない

動物に好かれる人になる方法はしつこくしない

嫌がっている動物にしつこく手を伸ばすと嫌がられてしまう上に、怪我をさせてしまう恐れがあります。

触られて嫌がっているか判断するには、

猫ならば、

  • 毛が逆立っていないか
  • 耳を伏せていないか

犬ならば、

  • 自分の鼻を舐めていないか
  • あくびを繰り返していないか

などに注目してみましょう。

これらのサインが出ている時はいったん離れて、時間を置くこと。

異性にアピールする時と同じで、相手の気分を見極めて、しつこくしないのが仲良くなるコツです。


方法5. 動物の生態について勉強する

好かれたい動物について詳しくなることで距離を詰めるのが上手くなり、仲良くなれます。

動物の生態について勉強するには、

  • 図鑑や飼育方法に関する書籍を読む
  • 動物園に通って観察する
  • 好きな動物を実際に飼って世話をする

などを実践すると良いでしょう。

特に、実際に飼ってみると知識だけではわからないことが経験として身に付くので有意義です。

ただし、生き物は最後まで責任を持って飼う必要がありますから、飼うかどうかは十分検討を重ねた上で決めてくださいね。


方法6. 自信を持って接する

動物は人の様子から感情がある程度理解できるので、自信がない感じで接してしまうと、動物も不安に感じてしまいます

自信を持って動物と接するためには、

群れのリーダーになった気持ちで接する

のがおすすめです。

動物の世界は人間よりも上下関係がはっきりしていますから、リーダーとして認められれば動物はついて来てくれます。

実際にリーダーかどうかはあまり重要でなく、「私がリーダーだ」と自信を持って接することで、安心させてあげることが大切です。

異性と接する時も、おどおどせずに堂々としていた方がモテますし、信頼されます。


動物に好かれる人になるメリット|人間関係にも生かせる

動物に好かれる人になるメリット

ここまでの内容で動物に好かれる人に触れてきました。

動物目線でなく、人ととして見ても魅力的な特徴も多かったですね。

実は、動物に好かれる人の特徴は、人間関係でも良い方向に働くのです。

ここからは、動物に好かれる人のメリットを紹介します。

動物に好かれる人になるメリット
  1. 人からも好かれるようになる
  2. 感情のコントロールが上手くなる
  3. 安心感を与えられる
タップすると移動します

メリット1. 人からも好かれるようになる

言葉の通じない動物に好かれるには、自ら相手の気持ちを考えて行動しなくてはいけません。

動物に好かれる人は、動物の気持ちを考えるように人の気持ちを考える癖がつくので、相手の気持ちを察する能力に長けています

そのため、

  • 細やかな気配りができる人
  • 優しい人

と思われて周囲の人から好かれます。


メリット2. 感情のコントロールが上手くなる

動物に好かれる人は、動物に対してイライラしていても、怒りをぶつけたりはしません。

動物に怒りをぶつけても何も解決しないことをよく理解しているからです。

このように、自分の気持ちを抑えながら動物に接する習慣が出来ている人は、感情のコントロールがうまく、感情的になりません

感情的になることがなくなれば、いつでも冷静に振舞うことができ「あの人は信頼できる」と周囲の評価も自然と高まっていきます。


メリット3. 安心感を与えられる

可愛がっている動物が、自分に懐いて心を許してくれるというのはとても嬉しいことです。

自分の動物への愛情が報われたと感じられるので、幸せな気持ちになり自己肯定感が高まります

そして、自己肯定感の高まりは、自信へとつながっていきます。

人は自信がある相手には安心感を感じるので、魅力的に見られるようになるでしょう。


動物に好かれる人になって、人間関係も良好にしてみて。

今回は動物に好かれる人の特徴や診断方法、動物に好かれるメリットについて紹介しました。

「動物に好かれる性格になりたいけど、どうすればいいの…」という人も、具体的な行動がイメージできたのではないでしょうか。

動物に好かれるには、落ち着いた振る舞いや動物との距離感の取り方など意識して変えられる要素が重要です。

ですから、たとえ時間はかかっても、行動を変えることで誰でも動物に好かれるようになります。

この記事を参考に、動物たちの人気者を目指していきましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事