嫌いな人との上手な付き合い方とは?バレないように良い関係を築くコツを紹介

嫌いな人との上手な付き合い方について詳しく知りたい方へ。今記事では、嫌いな人との上手く付き合うコツを詳しくご紹介します。苦手な人と上手く関わる方法を解説するので、人間関係で悩みやすい方は、ぜひ参考にしてみてください!

嫌いな人との付き合い方とは?バレないように上手に接するコツを大公開

嫌いな人との付き合い方とは

考え方や好みなどが自分とは違い過ぎて、どうしても嫌いになってしまった人っていますよね。

しかし、その嫌いな人が自分の親戚だったり、同じ職場の同僚だったり、はたまた子供が通う学校で顔を合わせるママ友だったりする場合、面倒な人間関係を断ち切り完全に関わらないようにするのが難しい場合もあります。

今回は、できれば付き合いたくないけど、そうも言っていられない嫌いな人との上手な付き合い方嫌いな人と上手く接するコツを、一つずつチェックしていきましょう。


嫌いな人との上手な付き合い方1. 最低限の会話だけで留める

嫌いな人とは、できれば何も関わらないで過ごしたいもの。

しかし、嫌いな人が職場の同僚や、付き合いの切れない友達の場合、どうしても会話しなくてはなりません。

そんな時は、必要最低限の挨拶や会話のみにしておきましょう。

日頃から、踏み込んだ会話をせず、その場その場でうまく大人の対応をしていく事で、嫌な人との関わりも最小限に留める事ができますよ。


嫌いな人との上手な付き合い方2. バレないように避ける

嫌いな人には、「大嫌いだから近寄らないで!」なんて言ってしまいたくなるもの。

しかし、嫌いだと思っている事を相手に悟られてしまうと、必要以上にギスギスしたり、嫌がらせをされたりと、余計なトラブルに発展しかねません。

そんな時は相手にバレないように避けるスキルが必要。相手の行動パターンを読めるようになると、嫌いな人とできるだけ関わらずに過ごせます。

人間関係でストレスを抱えないためにも、嫌いな人には絶対バレないように、スマートに避けるようにしていきましょう。


嫌いな人との上手な付き合い方3. 2人にならないようにする

一緒にいるだけでイライラして、どうしても刺々しい態度が隠せないぐらい嫌いな人っていますよね。

そんな時は、嫌いな人とできるだけ2人きりにならないように行動しましょう。

自分と嫌いな人以外に、常にもう一人以上誰かがいると、それだけで気が紛れます。

また、3人以上であれば嫌いな人と直接会話しなくても話が進みやすいので、どうしても嫌いな人と関わらなくてはならない場合にもおすすめですよ。


嫌いな人との上手な付き合い方4. 相手の長所に目を向けてみる

「〇〇さん、ほんと嫌!大嫌い!」などと相手のことを嫌ってしまうと、相手の全てが嫌になってしまいます。

しかし、仕事でどうしても関わらなければならない場合など、嫌いな感情が大きくなりすぎると、大切な仕事にも影響が出てしまう危険性も。

そんな時は、一旦落ち着いて、その嫌いな相手の長所を探してみましょう

「〇〇さん、会社ではものすごい傲慢で苦手な人も多いけど、社外の人への対応の仕方はすごく上手いんだよな。」

などと、相手の長所に目を向けられるようになると、嫌いな感情もほんの少しだけ緩和できますよ。


嫌いな人との上手な付き合い方5. 自分とは価値観が違うと割り切る

誰かを嫌うという感情は、実はものすごくエネルギーを使うもの。

「〇〇さんの仕事の仕方、俺的にマジありえないんだよ。同じ職場にあんな人がいるだけでイライラするんだよ。」

などと、相手の事を否定しまくっても、余計にイライラとした感情が溜まってしまうだけ。

そんな時は、自分とは考え方や価値観が違う人だから仕方がないと、思い切って割り切ってしまいましょう。

自分の中で、その人に対する割り切りができると、その人の事を考え過ぎなくなるので、イライラとしたストレスも溜まりにくくなります。


嫌いな人との上手な付き合い方6. 褒めて機嫌を取る

事あるごとに嫌味を言ってきたり、何でもかんでも自慢してきたりするから、嫌われてしまう人もいます。

そんな人は、サクッと褒めてさっさと機嫌良くさせてしまいましょう。

「〇〇さん、自分の自慢ばかりだから苦手な人多いよね。っていうか、私は苦手どころか大嫌いだから、いつも自慢話スルーしてるよ。」

などと、放置しても嫌いな人の自慢が止まることはありません。なぜなら、みんなに褒めて欲しいから。

褒めてくれるまで自慢話はとまらないので、嫌いな人の自慢話が始まったら、手っ取り早く褒めて自慢話をしなくなるように仕向けてしまうのがおすすめですよ。


嫌いな人との上手な付き合い方7. 嫌いな人の事を考えすぎない

嫌いな人の事は、なぜだか隅々まで目についてしまうもの。

「〇〇さん、また貧乏ゆすりしてる。傲慢な態度だけでも嫌なのに、さらに貧乏ゆすりとか、まじ最悪。」

などと、一挙手一投足、イライラしてしまうだけでなく、つい、頭の中で嫌いな人のことをグルグルと考えてしまうのです。

しかし、自分をイライラさせる嫌いな人の事を、自分の時間を使ってまで考えすぎるのは、まさに時間の無駄!

自分の時間は、自分が楽しくなれる事に使えるように、嫌いな人の事は割り切ってできるだけ考えないようにしてしまいましょう。

必要以上に嫌いな人の事を考えなくなると、嫌いな人にも無の状態で接する事ができるようになるので、イライラも自然と減ってきますよ。


嫌いな人と関わる時は、冷静になって大人な対応をしよう。

嫌いな人との付き合い方や接し方は、自分で上手にコントロールしないと、自分の中にイライラとした負の感情が果てしなく溜まっていってしまいます。

特に、ママ友繋がりや親戚、職場の同僚など、一度出来た人間関係が簡単に切れない場合、対応の仕方を間違えると、余計なトラブルまで引き起こしかねません。

できるだけストレスなく嫌いな人や苦手な人との付き合いをしていくためにも、深く関わらなくても済むスマートな接し方を身につけていきましょう。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事