神経質とは悪い意味?いい意味はない?言葉の定義や神経質な人の特徴を解説

神経質とはどういった意味なのかを詳しく知りたい方へ。今記事では、神経質の意味合いについて詳しくご紹介します。神経質の定義を詳しく解説するので、どんな意味合い、または状態を指す言葉なのか気になる方は、ぜひ参考にしてみてください!

神経質とはどんな意味?

神経質とはどんな意味?

神経質とは「情緒面が不安定で、些細なことにも過敏な反応をして、自身を病的な状態だと考えてしまう気質」、「細かいことまで逐一気に病む状態」などの意味があります。

他人があまり気にしないことも気になる性格と言えるでしょう。

あまりに神経質すぎると、生活に疲れてしまう傾向があります。


神経質なのはダメなことなの?

神経質というとネガティブな意味で用いられるケースが多いです。しかし、神経質は悪い特徴だとは言いきれません。

神経質とは、よくいえば繊細で細部までこだわりを持つ完璧主義者的な面があったり、他人が気づかない点が気になる性格なので、新しい発見できたりなどメリットにつながる点もあります。

「神経質な自分がイヤだ」と卑下する必要はありません。


神経質な性格の人に共通している特徴とは?

神経質な人には性格など内面や、行動面などに共通する特徴が見られるもの。

神経質な人に見られがちな特徴をいくつかあげると、以下のようになります。

  • 完璧主義で自分ルールが多い
  • 自分の言動や外見などに不備がなかったか過剰に気にする
  • 人の目が気になるのでルールやマナーは守る
  • 自意識過剰で周囲の評判に気分が左右される

どれも長所にも短所にもなり得る要素です。

【参考記事】神経質な人の特徴を詳しく解説!▽


神経質は、いい意味も悪い意味もある。

今回は神経質の意味や神経質な性格の人に共通する特徴などについて解説しました。

「いろいろなことが気になる神経質な自分がイヤ」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

神経質とは繊細で細やかな人とも言い換えられて、決して悪い意味だけではありません。神経質ならではの特徴を上手に活かせば、長所にもなりますよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事