喋らない人にイライラする時の対処法5つ|無口な人との上手な関わり方とは?

喋らない人に対してついイライラしてしまう方へ。今記事では、無口な人にストレスを抱えそうになった時の対処法について詳しくご紹介します。職場や友人など、口数が少ない人に対してイライラしやすい方は、ぜひ参考にしてみてください!

喋らない人にイライラしてしまう時の対処法|ストレスを抱えないコツとは

喋らない人へイライラする時の対処法とは

お喋りが好きな人にとって、なかなか理解し難いのが喋らない人。

「なんで喋らないの?」などと、無口な人についイライラしてしまいがち。

では、喋らない人に対してイライラしてしまう時には、一体どうしたら良いのでしょうか?

まずは、喋らない人にイライラしてしまう時のおすすめの対処法や、喋らない人とのコミュニケーションでストレスを抱えないコツについて、一つずつチェックしていきましょう。


喋らない人にイライラしてしまう時の対処法1. 口数が少ない人なんだと割り切る

お喋り好きな人にとって黙るのがストレスになるように、無口な人にとっては、話すのがストレスになるもの。

自分が無口な人ともお喋りを楽しみたいからと、無理矢理会話を続けようとしても、上手く続かずお互いにストレスを与え合ってしまうだけ。

「〇〇さんって、無口な人なんだなぁ。」と、相手の個性を認めてあげましょう

お喋りが好きな自分とお喋りが好きじゃない〇〇さん、と割り切る事で、「話しかけてこないし、つまらない人だな。」などとイライラせずに付き合えるようになりますよ。


喋らない人にイライラしてしまう時の対処法2. 話してほしい旨を伝える

無口な人って、その口数の少なさから、「そっけないし冷たい人。」などと誤解されがちです。

しかし、無口だからといってそっけないわけでも冷たいわけでもありませんが、ダラダラと意味のないお喋りが好きでは無い人も多いもの。

そんな時は、なぜ、あなたとお喋りしたいのか、先に理由を伝えておくと良いでしょう。

「あのね。私、〇〇さんと仲良くなれたら嬉しいなぁ。って思ってるんだけど、話しかけたら迷惑かな?」

などと、ストレートかつ丁寧に聞いてみると、心を開いてお喋りしてくれる可能性大!


喋らない人にイライラしてしまう時の対処法3. 複数人で会話をする

1対1の会話は、必ずどちらかが話さなくては、すぐに気まずい空気が流れてしまうもの。

喋らない人との会話は、思うように会話のキャッチボールができなくてどうしてもイライラしてしまうのであれば、他の人も交えて複数人で会話するように意識してみましょう。

会社であれば、自分が気軽にお喋りできる他の同僚を会話に巻き込んでみるのもおすすめです。

会話に参加する人数が多くなればなるほど、喋らない人の無口さにイライラしにくくなりますよ。


喋らない人にイライラしてしまう時の対処法4. 自己開示をしてみる

喋らない人は、プライベートな話をするのもとっても苦手。

「いつも、仕事終わったら、すぐ帰るけど、どこか寄ってんの?」「週末とか、いつも何してんの?」

などと、質問攻めにしても、喋らない人の口はますます堅く閉ざされてしまうだけ。

相手の事をもっと知りたいのであれば、その前にまず、自分の話をしてみましょう。

「最近、俺、仕事の後、スポーツジム行き始めたんだよね。もうちょっと筋肉つけたくてさ。〇〇さんは?なんか習い事みたいのとかしてたりする?」

などと、自分の話をした流れで質問すると、普段喋らない人ともスムーズなコミュニケーションがとりやすくなりますよ。


喋らない人にイライラしてしまう時の対処法5. 無理に話しかけない

いくら話しかけてもいつもそっけない返事だったり、冷たい対応ばかりの人もいるもの。

そんな人に、頑張って合わせようとしても自分が余計に疲れるだけ。

また、そっけなくて冷たい態度ばかりされていると、自分自身も傷ついてしまいますよね。

「なんか、〇〇さんとは合いそうに無いなぁ。いつも最低限の返事しか返ってこないし。」

と、思うのであれば、無理に話しかけないのも大人な対応です。

それが、職場の同僚だったりすると、業務上どうしても話さなくてもいけない事もありますが、必要最低限の会話に留めておくのがおすすめですよ。


喋らない人にイライラしてもやってはいけないNG行動とは

喋らない人とどうにかして楽しくお喋りしようとアレコレ工夫しても、なかなか上手に会話のキャッチボールができない時、どうしてもイライラが募ってしまうもの。

しかし、そのイライラを相手にぶつけてしまうのは絶対ダメ

「はぁ、〇〇さんってホントつまんないよね。喋ってるだけでこんなにイライラする人って、マジいないわ。」

などと、切り捨てるような言葉は、相手の心をぐっさりと抉り取ってしまう鋭い暴力に他なりません。

お互いに社会人なのであれば、不用意に相手を傷つけるような言葉は使わず、その人の個性を尊重するように振る舞うのがおすすめですよ。


喋らない人とは、いいテンポで話せる工夫をしてみて。

「喋らない=つまらない」ではありません。

自分と同じテンポでお喋りできないからと、無闇にイライラしてしまうのはちょっと待って。

喋らない人には、その人なりの話したいペースがあります。

自分には自分が心地よく感じるテンポがあるように、その人なりのテンポを尊重する事で、お互いスムーズにコミュニケーションが取れるようになりますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事