いつもイライラしている人の特徴とは?すぐ怒る人と上手に接するコツも大公開

いつもイライラしている人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、いつもイライラしている人の特徴から、上手に接するコツまで詳しくご紹介します。身近にすぐカリカリする人がいる方は、ぜひ参考にしてみてください!

いつもイライラしている人の特徴とは|共通しているポイントを解説

いつもイライラしている人の特徴とは

できればなるべく関わりたくない、イライラを表面に出してくる人。実はそんな人たちには、ある共通したポイントがあります。

そこで、いつもイライラしている人にありがちな特徴として、代表的なものを6つご紹介。

あなたの周りの人に当てはまるものがないか、チェックしてみましょう。


いつもイライラしている人の特徴1. 感情のコントロールができない

多くの人は、腹が立つことがあってもそれをぐっと堪えられるものですが、怒りっぽい人は我慢することができません。

職場で仕事を押し付けられると反射的に「なんで自分がやらなきゃいけないんだ!」と言い返してしまったり、相手が謝っても怒りを鎮めることができなかったりします。

自分でも無意識にスイッチが入ってしまうので、一度気持ちが乱されると、それを表に出さずにはいられないのです。


いつもイライラしている人の特徴2. 完璧主義者

いつもイライラしている人は、「こうあるべき」といった自分の理想を常に追求しており、理想と現実にずれが生じると苛立ちを感じます。

例えば、恋人とのデートでも完璧なプランを練り、相手が遅刻をして予定通りにいかないと怒って帰るなんてことも。

パーフェクトにこなせたこと以外は全て「失敗」と捉えるため、どうしても不満や文句を言う場面が多くなってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


いつもイライラしている人の特徴3. 周囲に干渉する

周りで起こっていることを全て把握していないと気が済まない、いつもイライラしている人。

自分には直接関係のない友達同士の揉め事などにも首を突っ込んできて、「自分がどうにかしなければ」と気を揉み、自らストレスを溜めていきます。

思い通りに事態が収束しないことも当然出てくるため、自分で周囲をコントロールする満足感が得られず、苛立つのも無理はないでしょう。


いつもイライラしている人の特徴4. 極度のせっかち

答えを常に急いでしまう短気な性格のせいで、人のペース似合わせることができず、イライラしやすい人は少なくはありません。

職場で自分の質問にすぐに答えられない部下を叱ったり、メールの返信をなかなかしてこない仕事相手に腹を立てたり。

自分のスピード感に付いてこられる人以外受け入れず、生活上避けられない「待ち時間」に常にイライラしてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


いつもイライラしている人の特徴5. すぐに八つ当たりをする

思い通りにいかないことを自分の中で消化できず、周囲にぶつけることで発散する、怒りっぽい人。

会社で上司に叱られたイライラを、家に帰ってから家族に偉そうに振る舞うことで解消しようとしたりします。

問題を解決することよりも、自分の行き場のない怒りを鎮めることを重視するため、無関係な人を傷つけようとしますよ。


いつもイライラしている人の特徴6. 自分の意見を押し付けがち

自分が常に正しいと思っている人は、他人が思い通りに行動しないギャップにイライラしやすいもの。

頼まれてもいないのに悩み相談に乗りたがり、一方的にアドバイスをして、相手がその通りに動く様子がないと腹を立てたりします。

「自分は自分、他人は他人」と割り切れず、コントロールが及ばないものにストレスを感じるのです。


いつもイライラしている人への対処法とは|上手く接するコツを大公開

どこで地雷を踏んでしまうかわからず、接し方がなかなか難しい、いつもイライラしている人。下手に関わって被害に遭うのは避けたいですよね。

そこでここからは、怒りっぽい人への対応のコツを3つ紹介していきます。

明日からにでもできる実践的な内容なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。


いつもイライラしている人との対処法1. 怒っている時はなるべく近付かない

怒りが一定以上のレベルに達している人は、感じよく接してくる人にも、攻撃的になってしまうもの。下手に近づくと、八つ当たりに巻き込まれる可能性が高いです。

相手の表情や言動をよく観察して、イライラがピークだと判断した時は用事があっても話しかけず、少し時間を置いてから話しかけるようにしてみましょう。

比較的気持ちが落ち着いた状態で話せるため、冷静に話に応じてくれるはずですよ。


いつもイライラしている人との対処法2. 相手の意見を聞き流す

イライラしている短気な人が同じ職場にいるなど、接触が避けられない場合は相手の怒りを正面から受け止めないことが重要です。

相手が話し始めたら、表向きは真剣に耳を傾けているかのように見せつつ、内心では「またいつものが始まった」と受け流してみてはいかがでしょうか。

感情的に話すことで、相手はストレスが発散できてスッキリし、その後は落ち着いて話ができるようになるはずですよ。


いつもイライラしている人との対処法3. 共感してあげる

人間関係がうまくいかずにすぐ怒る人は、自分の気持ちや苦労を誰もわかってくれないことが原因で苛立っているパターンもよくあります。

そんな時は、相手の話に「大変だね」「あなたの気持ち、よくわかるよ」など、共感するような相槌を打ってあげるのが効果的。

相手はあなたを「自分のことをわかってくれる人」と認識し、イライラせず心を開いて話ができるようになることでしょう。


いつもイライラしている人には上手に対応してあげよう。

ストレス社会の現代において、いつもイライラしている人は珍しくありません。感情の制御が苦手・短気・自分の意見を押し付けるなど、その特徴は実に様々。

「上手い付き合い方ができず、かえって関係が悪化したらどうしよう」と不安に思うかもしれませんが、相手との距離のとりかたさえ覚えれば、ストレスなく関係を維持することができますよ。

本記事で紹介したコツを参考に、他人のイライラに振り回されない快適な生活を手に入れてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事