【完全網羅】努力家な人の特徴とは?地道にコツコツ頑張る方法も解説!

努力家な人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、努力家な人の特徴から、コツコツ努力できるようになる方法まで詳しくご紹介します。忍耐強く努力を重ねられる人になりたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

努力家ってどんな人?

努力家って?

努力家とは、

  • 目標を達成するために地道に努力を続けている
  • 自分の技術や能力を磨き続けている人

などを指します。

一時的な努力ではなく意志を持ち継続して努力ができ、成果や出世につなげられます。また、常に真面目で頑張り屋の一面があるので、周囲からの評価が高く信頼を得ているでしょう。

「怠けやすい自分は努力家にはなれない」と思っている人もいるかもしれませんが、努力家の特徴や人柄を把握することで誰でも粘り強い努力家になれますよ。


努力家な人の特徴とは|ひたむきに頑張れる人の共通点を解説

努力家の特徴

「努力家にはどのような特徴があるの?」

「努力家の人柄が知りたい」

常に頑張る努力家には、どのような共通点があるのか気になりますよね。

まずは、努力家の特徴をまとめてご紹介します。自分に当てはまる特徴はないか、チェックしてみてください。


【ブレない】努力家の人の性格

努力家の人は主体的で、自分の意志や信念を明確に持っています。どのような性格なのか詳しくチェックしてみてください。


性格1. 他人を強く意識する負けず嫌い

努力家は一生懸命努力している自覚があって、自分に誇りを持っているでしょう。

また、努力によって成果が表れることを知っています。

そのため他人が自分よりも成績高かったり良い評価を受けている場合、その人をライバル視するでしょう。

「あの人より努力しなきゃ」

「絶対勝てるし、勝ってやる!」

と、追い越すために必死で取り組みます。

【参考記事】はこちら▽


性格2. 何が起きてもポジティブ思考

努力家の特徴は 何が起きてもポジティブ思考

これから起こることや良くない結果を前に「失敗したらどうしよう」と不安要素ばかりを考えて、くよくよするのはよくあること。

しかし、そんな状況も努力で乗り越えられると信じているのが努力家です。

仮に失敗をしても「上手にできなかったからもうやらない」と諦めるのではなく、どうしたら成功するのかポジティブに考えて後ろを振り向きません

常に前向きに物事を捉えて積極的に行動をしていくので、継続した努力ができるんです。

【参考記事】はこちら▽


性格3. 忍耐力がある

努力家と言われるのは、普通の人と比べて努力量がすごいと認められているからです。

勉強や仕事をしていて、これ以上できないと諦めてしまうことは誰だってありますよね。

努力家の人はそこで諦めるという選択肢がないんです。壁に突き当ってもすぐに諦めずに今後の自分のために頑張ろうと考えます。苦労や辛さも経験の一つだと捉えることもあるでしょう。

多少の辛いことなら苦にせず地道に取り組める、忍耐力や継続力を持ち合わせていると言えるでしょう。


性格4. 諦めが悪い

努力家の人は、真面目に粘り強く取り組むことで自然と努力できる力が身についています。

仕事や勉強で上手にできないことに出くわしても、どうしたら解決できるのか考え、できるまでしっかり向き合います。どのようなことでも粘り強くチャレンジするため、「どうしてあんなに一生懸命なんだろう」と周囲には諦めが悪いと捉えられることもあるでしょう。

しかし、諦めが悪いからこそ継続して努力ができるとも言えます。

【参考記事】はこちら▽


性格5. 自分に自信を持っている

努力家の性格は自分に自信を持っている

努力家の人は、努力をすれば必ず結果が付いてくることを知っています。その経験をもとに努力することをやめないんです。

そして今まで努力で成功してきたからこそ、自分にはできると自信を持っているためどんなことにも挑戦していきます。

例えば、仕事で難しい案件を振られた時でも、「絶対成功させます!」とためらいなくチャレンジすることがあるでしょう。


【マネしたい】努力家の人の習慣

努力家には、他の人にはない習慣があります。努力家ならではの習慣をマネすることで、努力家に近づくことができますよ。


習慣1. 中長期の目標を立てている

努力家は、ただ思いつきや勘だけで努力し続けているわけではありません。明確な目標があってこそ、コツコツと努力を積み上げられるのです。

そのため、自分なりに中長期の目標を立てて、ゴールに向かい努力をしていきます。

例えば、仕事では今月の目標と四半期ごとの目標、1年間の目標と期間ごとに目標を設定。どのようなことに取り組めば目標達成ができるのか把握し、地道に目標を追いかけていきます。


習慣2. 規則正しい生活をしている

努力家の性格は規則正しい生活をしている

努力家は過去の経験から、もっと良くなるように改善していく努力もしています

そのため今だけでなく将来を見据えて行動するリスク管理能力も高めです。

不規則な生活を送ることや乱れた食生活を続けることは、健康を害して行動できなくなることに繋がりますよね。

また、時間を無駄に使い寝不足になると、モチベーションや生産性の低下を招く可能性もあるでしょう。

マイナスとなるリスクを過去の経験などで把握しているため、規則正しい生活を心がけ、常にベストなパフォーマンスを発揮できるようにしています


習慣3. 努力を楽しんでいる

努力家と言われるほど努力するには、自分に合っているとどこかで思わなければ続けていくことは難しいでしょう。

そのため、努力をしているという意識がそもそもないこともあります。また、努力することに辛さを感じていながらも、どこかに面白さを見出し、結果的に楽しいと感じている場合もあるでしょう。

頑張って努力をしているのではなく、努力を楽しいと思える力が身についているんです。


習慣4. 頑張れる環境を作っている

継続して努力するには、少なからず環境作りが大切です。集中しにくい環境やストレスが溜まる環境では、継続してコツコツと努力することが難しいでしょう。

努力家は、自分のモチベーションが維持できる環境を把握しています。

  • 机の周りを綺麗にする
  • 集中できる音楽を聞きながら作業をする
  • 気分転換にカフェに行って作業する

など、どうしたら頑張れるのかを知っていて、心地いい環境をつくることにも努力しています。


習慣5. 弱音を吐かない

努力家の性格は弱音を吐かない

「これ以上できない」などの弱音を吐くと、弱音に引きずられてモチベーションが低下しやる気が起きにくくなります。

努力家はマイナスな言葉が自分に与える影響を知っているので、常に前向きな言葉を使う習慣があります。

「自分ならできる」

「もう少し頑張ってみよう」

といったプラスの言葉を使い自己暗示をかけ、ストイックに自分を奮い立たせることで歩みを止めないのです。

【参考記事】はこちら▽


【身近で聞く】努力家の人の口癖

真面目でストイックな努力家には、自分の気持ちを奮い立たせるための共通の口癖があります。どのような口癖を使っているのか、チェックしてみてください。


口癖1. 「俺ならできる」

努力家は、自分に自信を持っている人が多いです。難しい課題や挑戦したことのない仕事を前にした時に「俺ならできる」と、自信を持って発言できます。

皆出来なかったことに対して「俺ならできるよ」と言い、実際にやってみてできた人を目の当たりにした方もいるでしょう。

他の人にはできないけれど、コツコツと努力してきた自分にはできると考えているからこそ言える言葉です。


口癖2. 「まだやれることはある」

努力家の口癖「まだやれることはある」

努力家はストイックで諦めが悪いので、困難を前にしても簡単には退こうとしません。

だからこそ「まだやれることがある」が口癖となり、打開策や解決策を探します

例えば、自分のグループの営業成績が思わしくない時に「これ以上は目指せない」と周囲が諦める場面はあるでしょう。しかし、「まだやれることがある」と話して、できることを探します。

僅かでも可能性がある限り前に進む粘り強い努力家ならではの言葉です。


口癖3. 「悔しい」

負けず嫌いな努力家は、悔しいという感情を持つことが多いです。特に自分自身で設定した目標や課題にシビアなので、目標達成ができないと「悔しいな」と声を漏らします。

周囲から見ると充分な成績であっても、本人が納得できる結果でなければ悔しさが大きく残る場合も。

努力家が抱く悔しさは「絶対に負けたくない」というエネルギーに変わり、より高みを目指して前に進む原動力となります。


口癖4. 「どうしたらできるかな」

努力家は目指すべき人物像や目標が明確で、少しでも近づけるように日々試行錯誤しています。

そのため、自分ができないことで立ち止まらず、できることにフォーカスをします。

仕事で解決したことがない新たな課題や問題が生まれても「どうしたらできるかな」と、頭を悩ますことがあるでしょう。

常にどうしたら成果や目標達成ができるのか考えて、自分なりの方法を試しているんです。


口癖5. 「なんとかなる」

努力家の口癖は「まだやれることはある」

ポジティブ思考が身についている努力家

「失敗したらどうしよう」など、まだ起きていない未来の出来事を想像し、くよくよ悩むことはしません。

いい意味で楽観的に考えているため、仕事で予期せぬ問題や困難なことが起きても「なんとかなる」が口癖です。

すぐに気持ちを立て直して、解決策や打開策を模索していきます。


【なりたい人必見】努力家の長所&短所とは

努力家の長所&短所とは

「努力家にはどのような長所と短所があるの?」

努力家にはいいイメージがありますが、具体的にどんな長所があるのかわかりませんよね。また、欠点も見えにくいはず。

そこでここでは、努力家の長所と短所をそれぞれまとめて解説していきます。

努力家ならではの人柄を把握することでぐんと近づけるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

努力家の長所&短所
  1. 努力家の長所とは
  2. 努力家の短所とは
タップすると移動します

【専売特許】努力家の長所とは

「地道に努力ができる努力家になりたい」と思っている場合には、まずは長所を知ることが大切です。

ここでは、努力家特有の長所をまとめてご紹介します。長所を踏まえて、努力家の魅力を深く知っていきましょう。


長所1. 常に成長できる

チャレンジと目標達成を繰り返しながら、何をしても高い場所を目指せるのは努力家ならではの長所です。

努力家の人は目標や課題に向かい地道に取り組めるので、気がつくと今までよりもレベルアップしていることが多いです。

例えば仕事では、小さな課題を見つけてコツコツ取り組めるので、日々できることが増えていくでしょう。

できなかったことができるようになるとと自信がつくため、また違うことにチャレンジをする糧にもなるというメリットもあります。


長所2. 経験を多く積める

努力家の長所 経験を多く積める

努力家は基本的にポジティブに考えているため「失敗したらどうしよう」「できなかったらどうしよう」とくよくよ悩みません。

リスクよりも経験を積み獲得した知識や技術のほうが価値があると考えるため、自ら様々なことにチャレンジしていきます。

会社での研修や新たな取り組みなどに積極的に参加し、経験を積もうとする努力家も多いです。

様々な経験を積むことで理想や目標に近づけるところも、努力家の長所だと言えるでしょう。


長所3. 人からの信頼を得やすい

努力家は仕事や勉強に主体的に取り組むため、周囲の目にはいつも頑張っていて頼りになる人として映ります

弱音を吐くことが少なく、前向きに取り組むため「あんなふうになりたい」と感じる人もいるでしょう。

努力家の普段見せている姿勢は周囲の憧れでもあるため、信頼を得やすいところも長所です。

リーダーや責任者など、一定の地位があるポジションを任せられることも多いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


長所4. お金を稼ぎやすい

努力家の人は何となく頑張れるのではなく、目標を決めて地道に努力する基盤ができています。そして自分なりに試行錯誤を繰り返せるため、お金を稼ぎやすい側面も。

スポーツ選手や起業家、社長など成果を出している人を見ると、努力家であることが多いですよね。

努力家は自分で掲げた目標達成に向けて真面目に頑張れるため、成果や売上に繋がります。その結果、起業で成果をあげたり出世したりと金銭面でも不自由しないでしょう。


長所5. メンタルが強い

努力家の長所は メンタルが強い

努力家は決して逃げ出すことはなく、粘り強い対処や行動ができるため、打たれ強い心が身につきます

問題や困難なことが起きても、目を背けない強靭なメンタルを持っており、普通の人では挫折してしまうこともなんとかやってのけるでしょう。

何度怒られたりしても、平気な顔で「また頑張ればいいさ」と言えるような明るさとメンタルの強さを持つのも努力家の特徴です。

【参考記事】はこちら▽


【大きな欠点?】努力家の短所とは

真面目でストイックな努力家。「努力家にも短所があるの?」と気になっている人も多いのではないでしょうか。

ここでは、努力家の短所をまとめてご紹介します。努力家の短所を踏まえて、気をつけるべきポイントをチェックしてみましょう。


短所1. 人の気持ちがわからない

努力家は楽しみながら努力をしていることが多く、努力することが特別なことだとは思っていません

コツコツと取り組むことや目標達成への道筋を立てることが習慣となっており、当たり前にこなせます。

だからこそ「努力ができない」「努力の仕方がわからない」と悩む人の気持ちがなかなか理解できません

努力ができない人の気持ちを汲むことが難しいので、周囲の反感を買ってしまうことがあります。

【参考記事】はこちら▽


短所2. 人に求めるレベルが高い

努力家の短所は人に求めるレベルが高い

努力家の人は常に上を目指して、継続して努力をする習慣がついています。

効率よく結果を出したりレベルアップすることができ、周囲と大きさな差が生まれることもありますが、自分もできたから他の人もできると考えがちです。

その結果、周囲にも難しい課題や目標を要求してしまうことがあります。努力が苦手な人にとっては「同じようなレベルで行うのは難しい」と感じてしまうので、困惑してしまうことが多々あるでしょう。


短所3. 頑張りすぎてしまう

常に目標や課題を念頭に置いて、自分を奮い立たせながら取り組む頑張り屋の努力家。周囲が見えないところでも勉強や残業をして、結果をあげるためのストイックな努力をしていることが多いです。

あまりに目の前の課題に注力し過ぎてしまうと疲れやストレスを溜め込んでしまい、体調不良などを引き起こしてしまうことがあるでしょう。

「自分にならできる」という思いが裏目に出て、ついつい頑張り過ぎてしまうところは努力家の短所だと言えます。


短所4. 周囲に妬まれる

努力家は日々の積み重ねにより、成功や成果を得やすいです。努力家の成功や成果は周囲に認められますが、その分どうしても目立ちやすく、周囲から妬まれてしまうことがあります。

成長のために進んで仕事を引き受けているだけなのに「努力を見せつけている」と思われたり、結果を出すために「どうしてあそこまで努力するんだろうね」と嫌味を言われたりすることも。

妬みや嫌味は成功者だからこその短所とも言えますね。


短所5. 燃え尽きてしまう可能性がある

努力家の短所は 燃え尽きてしまう可能性がある

目標や理想像が明確になると、一極集中しやすい努力家。

「絶対に目標達成したい」

「短期間で成果を手に入れたい」

とあまりに頑張り過ぎると、燃え尽き症候群を起こしてしまう可能性があります。

燃え尽き症候群とは極度の心身疲労のために、燃え尽きたかのように意欲ややる気を無くしてしまうこと。

一度燃え尽き症候群になってしまうと再起に時間を要してしまうため、無理をし過ぎないようにすることが大切です。


「努力家」と「言われたからやる人」の違いとは|自主性による差を解説

「努力家」と「言われたからやる人」の違い

ここまで努力家について解説してきましたが、混同しやすいのが「言われたからやる人」です。

自主的に努力ができる努力家と、誰かに言われてやる人には、大きな違いがあります。

そこでここでは、両者にどのような違いがあるのかまとめました。

本当の努力家になるためにも、ぜひチェックしてみてください。

努力家と言われたからやる人の違い
  1. 効率の良さ
  2. 一生ものか付け焼き刃か
  3. 周囲からの評価
  4. 成果物のクオリティ
  5. 人生の充実度
タップすると移動します

違い1. 効率の良さ

努力家の方がどのようなことでも効率よく吸収でき、短期間で結果につなげることができます。

努力家は努力を苦だと思っていないため、どのようなことにも進んで取り組みます。一方で、言われてやる人はやらされているという意識が強いため効率が悪くなることがあるでしょう。

例えば、試験勉強をする時に努力家は目標を立てて、自主的に効率よく取り組む傾向に。

しかし言われたから勉強をする場合は、効率や時間を気にしないためダラダラと取り組んでしまいます。


違い2. 一生ものか付け焼き刃か

努力家のように主体性を持ち自分から学ぶ姿勢がないと、自分の知識や技術として蓄積していくことは難しいでしょう。

努力家が自主的に学んだ知識や技術は一生ものとなり、ビジネスや生活をする上で役立ちます。

しかし、言われてやる人は自分のものにしようという気持ちより「さっさと終わらせたい」「今を耐え忍げればいい」と考える気持ちが強いです。

その結果、言われてする努力で身につく技術や知識は付け焼き刃で、長く使えるものではありません。


違い3. 周囲からの評価

「努力家」と「言われたからやる人」の違いは周囲からの評価

仕事や勉強、課題に取り組む態度から、言われて努力をする人よりも努力家のほうが高い評価を得やすくなります

努力家は目標に向かい真面目に取り組む姿が習慣となっています。いつ何時見ても変わらないモチベーションや態度なので、自然と周囲からの評価が高くなり信頼感を得る傾向が。

一方で、言われてやる人は気持ちが乗らない状態で取り組んでいるのが伝わります。自分が仕事を依頼する側だったら、努力家にお願いしたいと思うのは当然でしょう。


違い4. 成果物のクオリティ

努力家は成果物の中身にこだわりますが、言われてやる努力では終わらせることをタスクとしてしまうため、クオリティが下がります。

努力家は自分に与えられた課題に対して、全力で取り組む姿勢が身についています。納得できるまでこだわり細部にまで神経を使うため、高いクオリティの成果物となるでしょう。

一方で、言われてやる人は成果物を完成させることが目的となっています。内容やクオリティよりも「早く終わらせたい」「時間をかけたくない」という気持ちが強いため、どうしてもクオリティが低くなってしまうんです。


違い5. 人生の充実度

努力家の方が自らの意志で人生の目標や課題を立てて、前向きに生きることができるでしょう。

努力することで目標達成や周囲からの評価など自信に結びつきやすく、充実した人生を送れます。

一方で、言われてやる人は努力をすること自体が他人軸なので、自分がどうしたいのか、どのような人生にしたいのか真剣に考えることがありません。

「辛い努力をさせられている」と考えており、人のせいにすることでネガティブな感情が起こりやすい人生となってしまいます。


努力家になる方法とは|コツコツ努力できるようになるコツを大公開

努力家になる方法

「努力家になりたいけれど、どうしたらいいの?」

「怠けやすいけれど今からでも努力家になれる?」

魅力的な人柄の努力家に、今からでもなることは可能です。

ここでは、努力家になる方法を具体的に解説していきます。どのようなことを実践すればいいのか、ぜひ参考にしてみてください。


方法1. 明確な目標を決めて常に見えるようにする

曖昧な目標しかない状態では、どのように努力をしたらいいのか具体的な方法が見えてきません。そこでまずは、明確な目標を決めて努力をするモチベーションを高めましょう

一度目標を決めたら常に意識できるように、目に見える場所に掲示するのがポイント

  • 紙に書いてデスクの前に貼る
  • スマートフォンの待ち受けにする
  • 手帳に大きく書き込む

などの工夫をしていつでも目に留まるようにすると、無意識のうちに目標達成をしようと思えるようになります。


方法2. 小さく始める

いきなり大きな目標を決めて努力をしようとしても継続が難しく、挫折に繋がります。まずは、小さなことからスタートして、目標達成ができたという成功事例を増やしましょう

  • 起床時間を決めて1週間継続するなど、生活習慣に関することから始める
  • 1週間、1ヶ月など短い周期で実践できる簡単な目標を立てる

など、難しく考えなくても取り組めることがおすすめです。

目標達成ができた自信を積み重ねていくことで、努力する習慣が身につきやすくなりますよ。


方法3. 努力を続けられる環境を作る

努力家になる方法 努力を続けられる環境を作る

ストレスを感じる環境では、努力を続けることが難しいです。努力が苦にならず、進んで取り組みたいと思える環境を作るようにしましょう。

  • 勉強や仕事では、自分の使いやすいデスク周りに整える
  • スポーツをする場合は、スポーツウェアにこだわる
  • お気に入りの音楽を流してモチベーションをアップさせる
  • 自宅で集中できない場合はカフェや図書館を利用する

など、怠けやすい人ほど真面目に努力しやすい最適な環境に整えていきましょう。


方法4. 習慣化を目指す

努力家は、1日や2日努力をしてもなることはできません。努力が当たり前になる習慣が身について、初めて努力家の仲間入りができます

そのため、努力家になるには、努力を習慣化することがとても大切です。とは言え漠然と努力し続けると決めても、なかなかうまくいきません。

まずは、運動や起床時間、勉強時間など毎日続けられることを決めて、コツコツと継続することを意識してみてください。

1〜3ヶ月続けると習慣に落とし込みやすいと言われているため、まずは1ヶ月の継続を目指してみましょう


方法5. 一緒に努力する仲間を作る

一人で努力することを始めると、モチベーションが低下した時や問題が起きたときに挫折しやすくなります。

コツコツと努力を継続するためにも、一緒に頑張れる仲間を作るのがおすすめです。

会社の同僚や友人、スポーツ友達など、互いに支え合える仲間と始めると、声掛けや励まし合いがしやすくなりますよ。

「昨日も勉強できた?」「昨日どれくらい取り組んだ?」など監視をしてくれる仲間がいればサボりにくくなるので、ぜひ協力しながら努力を継続してみてください。


あなたも今日から努力家を目指しましょう!

努力家は成果や成績を上げていきます*

努力家は地道な努力を積み重ねることで、成果や成績を上げていきます。自分で目標を立てて主体的に行動をするため、人生の満足度が高い一面も。

周囲からの評価が高く一目置かれる努力家には、今からでもなることができます。

今回ご紹介した努力家の特徴や長所、短所を踏まえて、小さな目標を立てるなどできることから始めてみましょう

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事