素直になれない原因って何?意地を張らずに自分の気持ちに正直になるコツを解説

素直になれないとお悩みの方へ。今記事では、素直になれない人の特徴や原因から、自分の気持ちに素直になるコツまで詳しくご紹介します。すぐに強がってしまい、上手く素直になれないと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも、素直になれない人の特徴とは?

素直になれない原因とは

あなたの周りにも、なんかいつも意地を張っていて素直になれない人が一人はいるでしょう。もしかしたら、自分もその一人だと感じている人も多いのでは…?

そんな素直じゃない人はどんな特徴があるのでしょうか?まずは、素直になれない人に共通する特徴を、以下にまとめてみました。

  • 本音をさらけ出すのを恥ずかしいと思っている
  • 興味があることでも関心がないように装う
  • 建前ばかりを口にしてしまう
  • 甘えるのは苦手

もし、自分に当てはまると感じた場合は、次にお伝えする原因についてしっかり把握することが大切ですよ。

【参考記事】はこちら▽


素直になれない原因とは|どうしていつも意地を張ってしまうの?

本当は素直になりたいのにすぐに強がるのはなぜか、ここでは素直になれない原因について追及していきます。

素直になれないことで恋人や職場の人間関係がいつも上手くいかないという男性や女性は、ぜひ参考にしてみてください。


素直になれない原因1. プライドが高いから

素直になることは、自分の弱みを見せることだと思っている人も少なくありません。

正直な気持ちを伝えることで、相手から「意外と気が弱いんだな」「そんなこともできないんだ」など、低評価がつくことが怖いため、負けず嫌いで頑固になりがち。

プライドを守るために、つい見栄を張り、思っていることと違うことを言ってしまうのも素直になれない人のあるあるです。

【参考記事】はこちら▽


素直になれない原因2. 恥ずかしいから

自分の気持ちを、相手の前でさらけ出すのは勇気がいることです。

恋愛でも「あなたのことが好きでたまらない」と伝えたいのに、自分がそんなことを言うのはガラじゃないと照れてしまい、相手の前に立つと何も言えなくなってしまうのは男性にも女性にもよくあること。

恥ずかしいという気持ちが強いのも、素直になれない原因の一つと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


素直になれない原因3. 自己肯定感が低いから

本音を言って否定されるかもと感じる場合は、自分の気持ちを隠してしまいます。

「きっと、こんなことを言ったらみんなに笑われる」「自分なんかの意見が通るはずがない」そんな思いが根底にいつもあり、人の顔色ばかりうかがってしまうのです。

自分に自信がないため、素直な気持ちが表現できない人も多いと言えるしょう。

【参考記事】はこちら▽


素直になれない原因4. 相手に察してほしいから

わざわざ自分の気持ちを全て相手に伝えるのは、面倒という人もいます。

言葉にしなくてもそのくらい分かるはずという思いがあるため、たとえ恋人と喧嘩をした後も、何事もなく問題が解決したかのように振る舞い、謝れないのです。

相手に自分の心を読み取ってほしいと期待している人も、素直になりにくい傾向にありますよ。


素直になれない原因5. 過去に失敗しているから

トラウマ的な要因は、無意識のうちにその人の性格に影響を与えてしまうもの。過去に仕事や恋愛で大きな失敗をしている場合は、何をするにもネガティブにものを考えがち。

物事が上手くいくというイメージができないため、慎重に考えすぎて、本当はやりたいことでもぶつぶつ言ったり、挑戦しないと言ったりしてしまうのです。

過去の失敗体験により、素直になれないという男性や女性も少なくありません。


素直になれない原因6. 周囲に嫌われたくないから

八方美人な人は、自分の本音を相手によって変えることもあります。

人の意見に左右されることが多く、自分の意見は二の次で、心地良いポジションにいられるよう発言を選ぶのです。

「そうですよね、○○さんってちょっと付き合いにくいですよね」と言ったかと思えば、他の人には「○○さんって、個性的で素敵ですよね」など、その場で言うことがバラバラ。

周囲と上手くやっていくことを優先し、自分の素直な気持ちは言わない人も多いです。


自分の気持ちに素直になるコツとは?強がらない秘訣を大公開

素直になれない性格の人は周囲にも頼れないケースが多く、損をしやすいことも特徴です。損しないためにもここでは、人の前で素直になるコツを伝授します。

もっと自分の気持ちを人前で正直に表現できるようになりたい人は、ぜひ参考にしてみてください。


素直になるコツ1. 自己主張する習慣を身につける

自分の意見を心のうちにしまっていては、いつまで経っても素直にはなれません。

日頃からきちんと自分の考えを周囲に伝えられるよう習慣づけてみてください。

例えば恋愛では、いつも相手に合わせていたデートコースも、自分が本当に行ってみたい場所をリクエストしてみましょう。また、嫌なことははっきりと意思表示することも大切です。

自分の主張がスムーズにできるようなれば、素直な気持ちが自然と言えるようになり、ストレスも減りますよ。


素直になるコツ2. 周囲に感謝の気持ちを伝える

ありがとうの気持ちを相手に伝えることは、感情を他人の前で表現するための第一ステップです。

「いつも支えてくれて本当に助かってるよ。感謝してます。」「この間の仕事のアドバイス、すごくためになっています。ありがとうございました!」など、周囲には、何かあるたびに感謝の気持ちを伝えるようにしてみて。

きっと、様々なシーンで素直な感情が言葉として出てくるようになり、人付き合いもしやすくなるはずですよ。


素直になるコツ3. 失敗は素直に受け止める

自分の失敗から学ぶことは多くあり、そこから成長できるかどうかは自分次第です。

仕事で失敗したとしても、言い訳をしたり他人のせいにしたりはせずに、まずは事実を受け入れることが大切。

自分に足りなかったことや気を付けるべき点などを、しっかりと考えてみましょう。自分の心と真正面から向き合うことで、素直な言動につながるはずですよ。


なかなか素直になれないと感じているなら、少しずつ自分を変えてみて。

「いつも思っていることと反対の言葉が出てしまう」「人前で本音を言うのが苦手な性格」そんな悩みがある人に向けて、素直になれない原因についてご紹介してきました。

自分に当てはまると思えるケースもあったのではないでしょうか。

本記事でご紹介した素直になるコツも参考に、もっと自分の気持ちを自然体で表現できるように努力して、恋愛や仕事にも活かしていきましょう!

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事