縁を切った方がいい友達の特徴|関係を断ち切るべき人の共通点とは?

縁を切った方がいい友達の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、縁を切った方がいい友達の特徴を詳しくご紹介します。関係を続けてもお互いにメリットがない友人の共通点を解説するので、気になる方は、ぜひ参考にしてみてください!

縁を切った方が良い友達の特徴とは|共通するポイントを大公開

縁を切った方がいい友達の特徴とは

仲良くなって最初は良い人と思ったのに、どこか苦手な部分が出てくることってありませんか?

そんな時、「もう関わりたくないな…。」と思って、友達を避けたくなってしまいますよね。

ただ、実はいい面もあったりして、本当に縁を切るべきか悩むこともあるでしょう。

そこで今回は、縁を切った方が良い友達の特徴を説明します。

「あの人ともう関わり合いたくないけど……縁を切る選択はアリ?」と悩んだら、以下のポイントを見てみましょう。


縁を切った方が良い友達の特徴1. ネガティブな言動ばかりする

前向きな話ができない人とは、一緒にいてもいいことはありません。

「〇〇さんは凄いね」と褒めたとしても、「ううん、私なんて全然……」と言われたり、「私は頑張ってるのに評価されない」と愚痴を言ったりする人とは、会話をするだけで疲れてしまいます。

ネガティブな人とは一緒にいるだけで、あなたの気持ちもネガティブなものにされてしまいます。前向きに生きるためにもスッキリ縁を切るべきです。


縁を切った方が良い友達の特徴2. 人を自分の思い通りにしたがる

こちらの行動や意見を自分の思う通りにさせようとしてくる友人と一緒にいると、自分の思うように行動できないため、ストレスが溜まるだけ

レストランでも「これにしなよ!」と人の注文を勝手に決めたり、悩みを相談したりしても「絶対〜したほうが良いよ」と人に意見を押し付けてくるので、自由に決定ができません。

プライベートな決定にまで口出ししてきてイライラしてしまうため、早めに距離を置くようにしましょう。


縁を切った方が良い友達の特徴3. マウントをとりたがる

何を話しても「私の方が凄い」と自分の話に持っていってマウントを取る人と話すと、どんな話題であっても否定されて不愉快な気持ちになってしまいます。

「駅前のレストラン、美味しいよね」という話題を振っただけでも、「え?私は美味しいと思わなかったけど。もっといいものばっかり食べてるから舌が肥えちゃったのかも!」と返されてしまい、相手の自慢話にされてしまいます。

気軽な世間話すら疲れてしまうので、縁を切りましょう。


縁を切った方が良い友達の特徴4. 利益目的で人に近づく

他人を利用する目的で近づいてくる人と一緒にいるのは無駄。

「車を貸してほしい」というだけなら、お互いの合意があればいいでしょう。しかし、「友達なんだからタダでいいでしょ?」と言ってきたり、一方的に向こうの都合を押し付けてくるようでは友達とは言えません。

あなたの大切な時間や技術がタダで盗まれているのと同じ。そんな人とは付き合いを絶ったほうが良いでしょう。


縁を切った方が良い友達の特徴5. 約束を平気で破る

ランチやお出かけなどの約束を守らない人と友達でいると、振り回されるだけで得るものがありません。

前々から話し合っていた約束でも、当日すっかり忘れていたり、来たと思ったら数時間遅れだったりとなると、せっかくのお出かけも台無しです。

相手はあなたのことを何とも思っていないから約束を破れるのでしょう。友達だと思うことをやめ、縁を切るべきです。


縁を切った方が良い友達の特徴6. 嫉妬心が強い

他の友人にいちいち嫉妬してくる友人は、あなたの大切な友人関係を壊して自分以外の友達を減らそうとしてきます。

とにかく自分とだけ一緒にいさせようとすることが目的。「地元の友人とは縁を切った方が良い」「あの人と喋ったらダメだよ」などと人の交友関係に口を出してくるでしょう。

言う通りにしていると、どんどん交友関係が狭まってしまい、他の友人を失うことも。早めに関係を断ち切るようにしましょう。


縁を切った方が良い友達の特徴7. 周囲の足を引っ張ろうとする

他人のやることにいちいちケチをつけてきたり、成功の邪魔をしようとする人と一緒にいるとイライラするもの。

職場で仕事に非協力的だったり、皆で旅行する際に「私はこうしたいから」と旅行プランを無視した行動をされると、本当だったらできたはずのこともできなくなってしまいます。

一緒にいると、自分の思う通りに物事が進まず嫌な気持ちになるばかりです。付き合いをやめるべきでしょう。


縁を切った方が良い友達の特徴8. 人を見下している

対等な関係でない友人と長く付き合っていると、自分の性格まで歪んでしまうことも。

「ダイエットしてるんだ」と前向きな気持ちを持っていても、「あなたにはできっこないよ」「無理だよ」と否定され続けると、段々と「そうなのかも…」と思ってしまうでしょう。

見下された言動を受け入れていると、自分もやがて卑屈な人間になってしまいます。自信を保つためにも縁を切った方が良いでしょう。


縁を切るべき友達を見極めて、本当に良い人と付き合うようにしましょう。

職場や学校に「自分と合わないかも」という人がいても、なかなか縁を切るのは勇気がいるもの。

しかし、ズルズルと嫌な友人関係を続けていては、あなたも友人を失ってしまったり、性格が歪んだりしてしまうかもしれません。

お互い楽しく付き合いができるのが、本当の友人です。

縁を切るべき人を見極めて、面倒な人間関係を断舎離しましょう。


【参考記事】嫌な友達と縁を切る方法とは?▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事