イライラしない方法7選|怒りをコントロールしてストレスを解消しよう!

イライラしない方法について詳しく知りたい方へ。今記事では、イライラしない方法を詳しくご紹介します。些細な事でストレスを抱えたり、イライラしたりしやすいとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください!

イライラしない方法とは|ストレスを上手く解消するコツを徹底ガイド

イライラしない方法とは

子育てのストレスで家族にイライラしたり、仕事の人間関係でむしゃくしゃするのは誰にだってあることです。

しかし、怒りのまま友達や恋人に当たってしまうのはNG。ストレスは、自分で上手く解消していかなくてはなりません。

ここからは、イライラしないための簡単なコツを詳しくご紹介します。


イライラしない方法1. 他人に期待しすぎない

期待を勝手にしすぎると、自分が望む行動を相手がやってくれなかった場合、結果に対してイラつきを覚えてしまいます。

例えば、「今日は残業が無さそう。」と夫が言った場合、「仕事から早く帰ってきて子どもの面倒を見てくれるかも。」と期待するのはやめて、「きっと飲みに行くか、帰ってきても何もしないはず。」と思っておきましょう。

期待しなければ、裏切られてイライラすることもありませんよ。

【参考記事】はこちら▽


イライラしない方法2. 自分に合うリセット方法を身につける

イライラは、自分で鎮めるのが一番手っ取り早いです。

イライラしたら水を飲む、トイレへ行く、家族の写真を見返す、恋人と会話するなど、自分の気持ちをリセットできる方法を見つけましょう。

買い物やタバコといった金銭的・健康的にダメージがあるものよりも、深呼吸や好きな歌を聞くなど、気軽にできるものがおすすめです。

自分で自分をリセットできれば、イライラした気持ちをコントロールできるようになります。


イライラしない方法3. 怒りではなく悩みに変換する

怒りだと認識するからイライラすることもあります。

「電車が遅れてイライラしている」状況を「電車が遅れて悩んでいる」状況に置き換えてみましょう。前者は、単にイライラするだけですが、後者は「電車が遅れてるならどうしよう。そうだ、タクシーに乗れば解決する。」など、悩みを解決する形になります。

怒りではなく悩みに置き換えて捉えれば、イライラの原因を解決することができますよ。


イライラしない方法4. ストレスはこまめに解消する

イライラを溜め込んでもいつか爆発するため、引っ掛かりはその場で解消するなど、溜め込まない習慣をつけるのもコツです。

「ちょっとイライラしてるかも。」と思ったら、友達や恋人に愚痴を聞いてもらったり、カラオケに行ったりするなど、その都度発散しましょう。

ストレスを溜めずにこまめに解消すれば、大きなイライラには繋がりにくくなります。

【参考記事】はこちら▽


イライラしない方法5. その場から一旦離れる

冷静になるには、イライラするシチュエーション自体を遠ざけるのが一番。

例えば、「会社で接客態度について上司から叱られ、イライラしている」という状況なら、仕事の怒りを上司にぶつけるのではなく、一旦トイレに行くなどして、その場から離れてみましょう。

離れて落ち着いたら、「怒りで周りが見えてなかったけど、よく考えたら私の接客態度が悪かったな。」など、冷静に自分を見つめ直すことができますよ。


イライラしない方法6. 趣味で解消する

好きなことをしている間は何も考えずに済みますよね。

イライラしたら、ゲームやスポーツ、音楽や漫画など、好きなことにぶつけましょう。「今はイライラしてるけど、その分、次の趣味に没頭する時に解消しよう。」と思ってみてください。

イライラ→楽しみという構図が出来上がり、好きなことに熱中すればストレスが軽減されるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


イライラしない方法7. 周囲との違いを受けいれる

イライラするのは、他人の行動が自分の価値観とズレているのが許せないから。

例えば、「私は勉強してるのにあの人だけしないからずるい。」といった状況でイライラしているなら、「あの人と私は違う。勉強しないのもするのもあの人の自由。イライラしない。」と割り切ってしまいましょう。

人は人、自分と周囲との違いを受け入れられたら、イライラする機会は減りますよ。


イライラすることが増えたら、事前に対策できることを試してみて。

人は誰だってイライラするもの。でも、家族や上司、恋人に対して毎日のようにイライラするのはしんどいですよね。

イライラしないようにするには、まずは他人に期待しすぎないことです。それから趣味で解消する、周囲との違いを受け入れるなど、できることをおこなってみましょう。

自分に合う方法を試してみてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事