どんな状況でも冷静になる方法とは?仕事も恋愛も上手くいく平常心を保つコツを大公開

どんな時でも冷静になる方法について詳しく知りたい方へ。今記事では、冷静さを失うデメリットから、冷静になる方法まで詳しくご紹介します。ストレスやプレッシャーで平常心を保つのが難しい時に最適な対処法を解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

冷静さを見失うことで起きるデメリットとは?

冷静になる方法とは

冷静さを失うと人間は周りが見えなくなってしまい、様々なトラブルの原因になります。

心配してくれた人に「うるさいな!」と怒鳴ってしまったり、カッカして大変なミスをしてしまったりと、交友関係から仕事まであらゆる場面で失敗しやすくなるのです。

ストレスやプレッシャーのせいで平常心を失ったままでは、トラブルの連続で日常生活もままなりません。これは自分の人生において大変なデメリットといえるでしょう。


冷静になる方法とは|平常心を常に保つためのコツを大公開

いついかなる時でも保っていたい平常心。ですが、どうしても心が乱れてしまう瞬間は誰にでもあるものです。

「せめていつでも素早く心を落ち着かせられる方法を知っていれば…」と思いますよね。

そこで今回はどんな状況でも平常心を常に保つためのコツをご紹介します。

ぜひ参考にして、大事な場面でも動揺しない生き方をめざしてみてください。


冷静になる方法1. 深呼吸をする

人間はパニックになると心拍数があがり、メンタルだけでなく肉体的にも不調になってしまいます。冷静になるにはまず体自身を「大丈夫だよ」と落ち着かせる必要があるでしょう。

そんな時に有効なのが深呼吸です。胸を張って鼻から3秒ほど息を思いっきり吸い、ゆっくり長く口から吐いてみてください。

深呼吸には心拍数を下げる効果があり、体の緊張をほぐすのにぴったり。ほんの数秒で平常心を取り戻せるおすすめの方法ですよ。


冷静になる方法2. その場から一度席を外す

会議やプレゼンなど、プレッシャーのかかる場所に長くいるとどうしてもうんざりしてしまいますよね。「会議室でもう3時間。密室だし息が詰まる…」など、閉塞感は人から冷静さを奪うものです。

環境のせいで落ち着かないなら、5分程度でいいので一度その場から離れましょう。

新鮮な空気を吸ってリフレッシュできれば、気持ちを切り替えるきっかけになります。環境の変化は心の変化につながるのです。


冷静になる方法3. 失敗したら挽回しようと開き直る

仕事やテストで難しい場面に出くわすと、つい「失敗できない!」と考えがちです。そういった心持ちはプレッシャーを生み出し、イライラや焦りの元になります。

心配のあまり緊張してしまうなら、いっそ失敗を恐れず開き直ってしまうのはいかがでしょう。本当に失敗したらその時に挽回の手段を考えればいいのです。

「失敗してもいい」と考えれば緊張感も緩み、逆に成功する確率が上がるでしょう。


冷静になる方法4. 大きな声を出してみる

緊張が極限に達すると声が震えて小さくなりますよね。そんな自分に気づくとさらに動揺し、ますます心を鎮めるのが難しくなる悪循環に陥ってしまいます。

そういう時こそ大声を出してみてください。お腹に力を入れて、自分にできる精いっぱいの力で叫ぶのです。

「大声を出す」と考えることで一瞬だけプレッシャーを忘れられます。大声を出してすっきりすればストレス解消も見込めるでしょう。


冷静になる方法5. 飲食をする

恋愛のトラブルや友人との喧嘩など、イライラの原因がとにかく多い現代社会。ストレスを発散しようにも趣味嗜好は人それぞれですので、なかなか「これ」といったものを見つけるのも難しいでしょう。

ですが、食事は大半の人が楽しみにしているはず。怒りでどうしても冷静さを取り戻せない時は、思い切ってドカ食いするのも手です。

三大欲求の一つである食欲を満たせばひとまず気持ちは落ち着くでしょう。イライラと向き合うのは、それからでも遅くないですよ。


冷静になる方法6. ヒーリング音楽を聴く

好きな音楽を楽しめば冷静さを取り戻せそうですよね。ですが、ロックなどの激しい曲調では気持ちが盛り上がりすぎて逆効果になる可能性も。

音楽で心を鎮めるミュージックといえばヒーリング音楽です。鳥のさえずりや波の音などを眠る時に流してみるのがおすすめ。

ヒーリング音楽に含まれるリズムは心を穏やかにする効果があると言われています。自然と気持ちがやすらぎ、冷静さを取り戻せるでしょう。


冷静になる方法7. 仮眠をとる

人間は睡眠中に脳を休め、記憶や情報を整理しています。この時にストレスも一緒に整理しているのですが、睡眠不足が続くとこの働きがうまくいかず、目覚めた時に「なんとなく落ち着かない…」となる場合が。

適度な仮眠は睡眠の質を上げ、イライラを鎮める効果が期待できます。仮眠の時間は15~30分程度で構いません。

ぐっすり眠って脳の情報整理を促し、寝ている間にストレスをやっつけてやりましょう。


冷静さを失った時は、一度立ち止まって自分流の心の落ち着け方を試してみて。

冷静になるにはちょっとした行動の改善から生活の見直しまで、様々な方法があります。

現代の日本では多くの方が日々ストレスやプレッシャーと向き合い、どうしても心のバランスを崩しがちです。

だからこそ「自分は平常心を保とう」と意識して生きようとする気持ちが大事なのではないでしょうか。

ぜひこの記事を参考にして冷静さを忘れない、かっこいい生き方を目指してみてください。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事