言い方がムカつく人の特徴|上司や友達にイライラした時の大人な対応も解説

言い方がムカつく人の特徴や対処法について詳しく知りたい方へ。今記事では、言い方がいちいちムカつく人の特徴から、最適な対処法まで詳しくご紹介します。職場などで嫌味っぽい指摘をしてくる人への対応の仕方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

言い方がムカつく人には大人な対応を

言い方がむかつく人の特徴

会社などで話している時に、人の気持ちを逆なでするような上司とかっていますよね。

そんな時は、イラッとしても相手にせずに、あくまでも大人な対応をするのがベスト。いちいち反応していては、自分のほうが精神的に追い込まれてしまいます。

イライラしているせいで自分の仕事も手につかなくなってしまっては、さらに気持ちが落ち着かない悪循環になりかねません。

ムカつくような言い方をされたときは、出来るだけ落ち着いて冷静に対応しましょう。

【参考記事】はこちら▽


言い方がムカつく人の特徴とは|共通するポイントを大公開

同僚や友達をイライラさせる人。そういった人にはどのような特徴があるのでしょうか。

ここからは、言い方がムカつく人に共通したポイントを解説していきます。

職場でムカつく人がいるという方は、ぜひご自身の状況に当てはめて確認してみてください。


言い方がムカつく人の特徴1. 命令口調

会社の上司に多いのが、とにかく自分の思う通りに他人を動かしたいタイプ。こういったタイプは相手に不快感を与えます。

何かお願いする時にも、「してもらえるかな?」、「お願いできる?」というお願い口調ではなく、「しろ。」、「やれ。」といった命令口調。そのため、お願いされた側は、敬意を払われていないような印象を受けるでしょう。

このように言い方がムカつく人は、命令口調で他人を不快にさせるという特徴を持っていることが多いです。


言い方がムカつく人の特徴2. 自分のことしか考えていない

周りに気を配れない人間は、他人に迷惑をかけてもおかまいなしなことが多く、ムカつく原因になります。

他人のことは二の次で、まず自分のことを考えているタイプの人間。チームで仕事をしている時も、自分の利益を優先するあまりに、周りの人への配慮が欠けた口調になることもよくあるでしょう。

そのため、話しかけられた側からすると、自分のことをないがしろにされているように感じて「ムカッ」としてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


言い方がムカつく人の特徴3. 見下している

自分に対してリスペクトを持って接してくれない人には、ムカついてしまうものです。

飲み会の席で仕事の話をしている時に、「自分の仕事はすごい」と相手を上から目線で話してくるような人は、友達からも悪印象ですよね。社会人になると、ボーナスの話や子どもの話で見下してくるような人もたくさんいます。

こんな風に、自分のほうが上だという前提で話してくるような人は、たとえ上司出会ってもムカついてしまいますよね。


言い方がムカつく人の特徴4. 粗探しをする

大抵の人は自分の弱点を指摘されると不快に感じてしまいます。

人の粗探しをするような人は、自分のことは棚に上げて他人の弱点やマイナスな面ばかりを批判したりしてくるでしょう。仕事上の小さなミスや出来ていないことを指摘して、「自分は小さなミスにも気づいているんだ!」と主張したいのです。これらの指摘が積もっていくと、「またかよ。」とイライラしてしまいますよね。

こういった人は、他人の失敗ばかりに注目しているので、相手からすると何を言われてもムカついてしまうのです。


言い方がムカつく人の特徴5. 嫌味っぽい

嫌な言い方をされたり。皮肉を込めて話されると、自分がバカにされているような気がして、つい「ムカッ」としてしまうものです。

ムカつく人の中には、嫌味っぽい言い方をして相手がムカついてるのを見て楽しんでいるようなタイプもいます。相手が嫌がるのがわかっていながら、会社のライバルや後輩に嫌な言い方をすることも。こういう場合は、相手が反応すればするほど嫌味っぽい言い方はエスカレートしていく場合も少なくありません。

自分のアクションに対して相手が反応してくれることに味をしめて、より嫌味っぽくなり、周りの人もウンザリしてくるのです。


言い方がムカつく人の特徴6. 高圧的な態度をとる

人をムカつかせる人は、とにかく相手を圧倒するのが大好きです。

高圧的な態度をとることで、相手よりもマウントを取りにきます。そうすることで、優越感に浸っているのです。後輩に対して延々と繰り返すような先輩の説教は、「自分のほうが強いんだぞ」という力の誇示と言えるでしょう。

しかし、言われている側からすると、圧迫を感じますしムカつくこと間違いなしです。

【参考記事】はこちら▽


言い方がムカつく人の特徴7. 素っ気ない

相手の気持ちを全く考えずに発言するのがムカつく人。

他人のことはどうでもいいので、素っ気ない態度をとる人もよくいます。何かお願いする時も「やっといて。」「要らない。」などとぶっきらぼうな態度に。相手に対する感謝の気持ちが薄いので、「忙しいところありがとう」などのフォローの声かけもほとんどありません。

言われた側からすれば、自分の行為を評価してもらえていないように感じてムカつくというわけです。


言い方がムカつく人への対処法|大人な対応の仕方を徹底ガイド

命令口調だったり高圧的な態度をとってくる「言い方がムカつく人」。

同じ職場になってしまってストレスを抱えているという人も多いでしょう。

そこで、ここからは言い方がムカつく人への対処法を解説していきます。


言い方がムカつく人への対処法1. 深呼吸して落ち着く

イライラして感情的に対応してしまうと、相手を逆上させてしまいかねません。最悪の場合、相手がさらに嫌味を言ってきて、泥沼化してしまうこともあります。

そんな時は、大きく息を吸って、気持ちを落ち着かせましょう

こちらが落ち着いて対応すれば、相手も我に返ります。そのうち恥ずかしくなって嫌味っぽい言い方も止めるでしょう。


言い方がムカつく人への対処法2. 程良い距離感で接する

ムカつく人との距離が近いと、どうしても話しかけられる機会が増えてしまいます。あなたのことを知れば知るほど、プライベートなことまで首を突っ込んで話しかけてくることも。

そんな人とは、少し距離を保って接するのが良いでしょう。プライベートのことは話さないようにしたり、業務連絡のみにしておくのです。

話す回数を少なくすれば、自然とムカつく口調を聞く機会も減ります。イライラしてストレスを抱える時間も大幅に減らせますよ。


言い方がムカつく人への対処法3. 逆に仲良くなるように努める

仲が悪い人には、素っ気ない態度をとったり、相手の気持ちをないがしろにしてしまう人も少なくありません。その結果、相手をムカつかせてしまうこともあるでしょう。

そんな時は、仲良くなるように努めてみるのもアリです。

あなたのことを理解すれば、気持ちを尊重してくれてキツい言葉使いもしなくなるでしょう。きっとお互いに気持ちよくコミュニケーションが取れるようになりますよ。


言い方がムカつく人への対処法4. 自分の意見もちゃんと伝える

ムカつく人が高圧的に話してきたり、自己中心的なことを言ってくる場合は、話を聞いているだけでは解決しないことがあります。黙って話を聞いているだけでは、相手の思うツボです。

しばらく相手の話を聞いた後は、自分の意見しっかりと伝えることが大切。

そうすることで、あなたも意見を持っているということを認識してくれ、ムカつく言い方もすこしは抑えられるでしょう。


言い方がムカつく人への対処法5. 話半分で聞き流す

ムカつく言い方の人の話を全て真剣に聞いていては、ストレスが溜まっていく一方です。メンタル的に参ってしまうことも少なくありません。

心のバランスを崩さないためにも、ムカつく言い方の人の話は半分聞き流してしまうといいでしょう。

気楽に接することができて、いちいち反応することもなくなるでしょう。いつも顔を合わせるような場合でも、イライラせずに済みますよ。


ムカつく人に左右されない楽しい毎日を

言い方がムカつく人は、職場の同僚や学校の友達の中によくいます。多くの場合は、みんな同じような特徴を持っているものです。

対応に困ってしまい、感情的になったりストレスを抱えてしまうこともあるでしょう。

しかし、今回の記事を参考に対処すれば、毎回イライラせずに対応できるはずです。

ムカつく人に左右されずに、明るい毎日を過ごしてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事