キレ症な人の特徴とは|すぐキレる短気な人の共通点や対処法を大公開

キレ症な人の特徴や対処法について詳しく知りたい方へ。今記事では、キレ症な人の特徴から、最適な対処法まで詳しくご紹介します。家族や友達、職場などですぐにキレる人がいて困っているという方は、ぜひ参考にしてみてください!

キレ症な人の特徴とは|すぐキレる人に共通するポイントを大公開

キレ症な人の特徴とは

あなたの職場や友人などに、すぐキレる人はいませんか。

普段は優しい上司や気の良い友人のはずなのに、接し方次第で突然キレる怒りっぽい人は意外と多いです。

そんな怒りの原因が分からないあなたのために、ここからはキレ症な人の特徴について詳しく解説していきます。

あなたの職場や友人に当てはまっている人はいないか、一緒に確認していきましょう。


キレ症な人の特徴1. 自分の考えが正しいと思っている

基本的に高いプライドを持っているキレ症な人。職場の上司などによく見られ、自分の中で確固たる意見を持っています。

そのため、自分の意見は無理にでも押し通そうとしがち。もし意見が通らないとなると、すぐに気分を悪くしてしまいます。

自分の考えが正しいと思っているが故に、すぐ怒りっぽい態度をとってしまうのです。


キレ症な人の特徴2. 感情をコントロールできない

キレ症な人は、良くも悪くも素直な性格をしています。その素直な性格が相まって、普通の人なら笑って済ませるようなことでも耐えられません。

友人に対してあなたが言ったどうでもいい冗談にも、我慢できずにすぐキレることでしょう。

感情のコントロールが上手くできないために、ついつい怒りを露にしてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


キレ症な人の特徴3. 周囲からの目を気にしている

他人から良く見られたいという気持ちが強いキレ症な人。好印象をもらうために行動しているため、友達や上司から変なことを言われるのを嫌います。

「お前って〇〇だよな。」とバカにされると、自分の印象が損なわれかねません。周囲からの印象が途切れてしまうことを恐れるがあまり、すぐにキレてしまうのです。

このように周囲からの目を気にする特徴が持つ人は、短気な性格であることが多いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


キレ症な人の特徴4. 自己顕示欲が強い

キレ症の人は、周囲から注目を浴びるのが大好きです。自分の素敵な一面を見せたいがために、周囲から目立つような行動ばかりとります。

しかし、いじられたりなどの注目の浴び方を嫌うため、他人からバカにされるのにはひと際敏感な一面も。

このように自己顕示欲が強いからこそ、短気になってしまいがちなのです。

【参考記事】はこちら▽


キレ症な人の特徴5. 思い込みが激しい

キレ症な人の多くは、偏った考え方しかできない傾向があります。

友達や恋人が冗談のつもりでとった行動や態度。そんな悪気のないものであるにも関わらず、ついつい敏感に反応してしまいがち。その結果、勝手にネガティブな意味で捉えて怒ってしまうことに。

このように思い込みが激しい性格が相まって、友達や恋人にすぐキレてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


キレ症な人の特徴6. 自己肯定感が低い

自分に自信が無ければ、周りを疑いやすくなるものです。

例えば、普段は優しく接してくれている人たちでも、「実は自分のことを大事に思ってくれていないかもしれない。」そんなマイナス思考を持つことで、ちょっとした冗談も本気に捉えてしまいがちです。

自己肯定感が低いことで思考に余裕がなくなり、短気な性格になってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


キレ症な人の特徴7. 損得勘定で物事を判断しやすい

キレ症な人は、無駄なことをしないために物事を天秤にかける傾向があります。

例えば、会社の同僚から仕事の手伝いをお願いされたとします。しかし、自分にとってその手伝いは何のメリットもありません。断っても何度もお願いしてくる同僚に、しびれを切らしてとうとうキレてしまうことに。

このように損得勘定で物事を判断しがちなので、気に入らないことにはすぐキレてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


キレ症な人への対処法|怒りっぽい人への接し方を解説

人間である以上、人に怒られるのは嫌なもの。たとえキレ症な人であっても、できれば穏便に接したいですよね。

そんな悩みを解決するために、ここからはキレ症な人への適切な対処法について詳しく解説していきます。

キレ症な人と何事もなく接することができるように、ぜひ対処法をマスターしましょう。


キレ症な人への対処法1. なるべく距離を置くようにする

そもそもすぐキレる人と、仲良くなりたいと思えない方も多いですよね。接するたびに気を使わないといけないため、そう思うのも無理はありません。

そんな時には、なるべく距離を置いてみるのがおすすめです。彼氏彼女なら難しいですが、職場の同僚や友人なら簡単にできるはず。

少し距離を置いてみることで、キレ症な人とわざわざ無理して接する必要がなくなりますよ。


キレ症な人への対処法2. 落ち着くまで聞き流す

キレ症な人を相手にすると気を付けていても、つい怒らせてしまうこともあるでしょう。

そんな時は、相手が落ち着くまで聞き流してみるのがおすすめです。

どんな人でも、怒りの感情には波があります。ずっと怒り続ける人は珍しいため、少し経てば平常に戻ってくれますよ。


キレ症な人への対処法3. 2人きりにならないよう注意する

キレ症な人を怒らせてしまうのは、何をされるか分からないため怖いですよね。特にあなたが女性で相手が男性の場合、より怖さを感じてしまうもの。

そのため、2人きりにならないようにだけ注意するようにしましょう。

誰かと一緒にいれば、万が一相手を怒らせてしまってもなだめてくれるかもしれません。そうなれば安心して相手と自然に接することができますよ。


キレ症な人への対処法4. 相手が怒りそうな話題は避ける

キレ症な人を怒らせないためには、相手の機嫌を損なわせないように意識すれば良いだけです。

そのため、なるべく相手が怒りそうな話題を避けるようにしましょう。相手の好きな趣味の話や仕事の話などをすることで、キレ症な人でも気分良く会話してくれます。

慣れてくると会話のコツも掴めてくるため、相手と長期的な関係を築くことも可能ですよ。


キレ症な人への対処法5. 精神的に余裕が無いんだと冷静に対応する

すぐキレてしまう相手に対して、あなたも同じように熱くなってしまっては逆効果。いつまでたってもほとぼりが冷めません

そんな時には、精神的に余裕が無いんだと割り切って、冷静に対応するようにしましょう。

そうすることで、その後に余計なトラブルを招くリスクを減らせます。また、相手の沸点も徐々に下がってくるため、すぐに仲直りもできることでしょう。


キレ症な人の性格を理解して上手な接し方をしていきましょう。

キレ症な人と上手く付き合っていくのは、正直簡単なことではありません。付き合っていくうちに、思わぬところで相手をキレさせてしまうこともあるでしょう。

「こんな関係で大丈夫かな。」と不安になるかもしれませんが、キレ症な人の性格をしっかり理解していけばきっと上手く関係を築けるはず。

世の中にはこんな人もいるんだと、気楽な気持ちで付き合っていってくださいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事