結婚のメリットがわからない人必見!好きな人と結婚するメリットを解説

結婚のメリットがわからないとお悩みの方へ。今記事では、結婚が嫌と感じる主な理由から、結婚のメリットまで詳しくご紹介します。結婚の魅力を見いだせず、結婚願望がわかないと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

最近は結婚するメリットがわからない人が増えている

結婚のメリットがわからないと思う方へ

20代後半や30代前半ぐらいの適齢期に差しかかると、自然とする人が多くなる結婚。

しかし、最近では一人でも快適に過ごす人が増えているため、「結婚する必要性がわからない」と悩む人は決して少なくありません。

そこで本記事では、結婚が億劫に感じる理由や、結婚するメリットなどを一つ一つ詳しく解説していきます。

【参考記事】はこちら▽


独身の男女が結婚を億劫に感じる原因とは|どうして結婚したくないと思うの?

近年増加傾向にある、結婚を不自由だと思ってしまう独身の人。しかし、なぜ結婚することを億劫に感じてしまうのか、その理由がよくわからないという人もいるでしょう。

そこでここからは、独身の人が結婚を億劫だと感じる主な原因を詳しく解説していきます。「結婚を面倒に思ってしまう理由がわからない...」という人はぜひ参考にしてください。


結婚が億劫になる原因1. お金や時間の自由が奪われそうだから

結婚するとパートナーとの共同生活が始まるため、自分のことばかりを考えて生活する訳にはいきません。

家賃や光熱費などは一緒にやりくりしていかないといけませんし、家事や料理も分担して行う必要があるため、当然自分の時間やお金は減ってしまうもの。

このように、今まで自分のために使えたお金や時間が無くなってしまいそうだと感じることは、結婚を面倒に思ってしまう理由の1つでしょう。


結婚が億劫になる原因2. 挑戦がしにくそうだから

結婚して特に子供ができると、守るものが増えてなかなか新しいことに取り組めなくなってしまうものです。

家計を考えると気軽に転職や起業をすることなどできませんし、子供の世話をしないといけないため、趣味なども始めにくいでしょう。

家族のことを考えると何事にも挑戦しづらくなることも、結婚にデメリットを感じる原因だと考えられます。


結婚が億劫になる原因3. 義両親との付き合いが大変そうだから

結婚は家と家でするもののため、どんなにパートナーの家族と相性が良くなくても、ある程度は付き合いを続けていかなければなりません。

結婚式の準備や子供の教育方針などで話し合う機会は意外と多く、反りが合わないとその都度疲弊してしまうでしょう。

義両親とコミュニケーションを取るのが大変そうなことも、結婚を面倒に感じる原因だと言えます。


結婚が億劫になる原因4. 莫大な費用がかかりそうだから

人生の一大イベントである結婚は、生活が大きく変わるもののため、当然それなりの資金が必要となる場合が多いです。

結婚式やハネムーンの費用は決して安くありませんし、新しく新居を探すのであれば、敷金・礼金や電化製品の費用なども考えておかなければなりません。

このように、出費がかさんでしまいそうなことも、結婚にデメリットを感じてしまう大きな理由でしょう。


結婚が億劫になる原因5. ずっと一緒にいるのがきつそうだから

どんなに相手の男性・女性を愛していても、四六時中一緒にいると嫌な部分も見えてくるもの。

いざ共同生活を始めるとライフスタイルが全く合わなかったり、許せないポイントなどが出てきたりして、気疲れしてしまうこともあるかもしれません。

「誰かとずっと一緒にいるのは辛そう...」と感じるのも、結婚に魅力を感じない原因だと考えられます。


結婚が億劫になる原因6. 他の異性と気軽に会えなくなりそうだから

結婚すると世間体やパートナーのことを気にする必要があるため、これまでのようには異性と関われない場合が多いです。

妻や夫以外の異性との食事は周りの目が気になりますし、異性がいる飲み会やイベントには行ってほしくない、というパートナーもいるでしょう。

独身時代のように気軽に異性と会えなくなることも、結婚のメリットがわからない理由だと考えられます。


結婚するメリットとは?家庭を作る魅力を解説

デメリットや不自由な面などもあるため、結婚に魅力を感じない人は一定数いるもの。しかし、家庭を持つということは決してマイナスなことばかりではありません。

そこでここからは、結婚して家族を作ることで生じるメリットを詳しく解説していきます。「結婚するメリットがどうしてもわからない...」という人はぜひ参考にしてください。


結婚するメリット1. 好きな人とずっと側で過ごせる

法的に家族となる結婚をすると、よっぽどのことがない限り恋人とずっと一緒に暮らせるでしょう。

例えば、カップルの間はどちらかの転勤や異動で離ればなれになる心配もありますが、家族になれば一緒に暮らせる可能性が高いです。

好きな相手と残りの人生をずっと一緒に過ごせることは、結婚の大きな魅力であると考えられます。


結婚するメリット2. 孤独感から解放される

自由なイメージが強い独身ですが、ふとした時に孤独な気持ちが押し寄せるという人は決して少なくありません。

「今は良くても老後に孤独死したらどうしよう...」とか「このままずっと1人だったら...」などと考えると、将来が心配になってしまいますよね。

このような孤独感から解放されパートナーを得ることができるのも、結婚するメリットの1つでしょう。


結婚するメリット3. 一定の社会的ステータスを得られる

日本では、まだまだ「結婚して一人前」という考え方が根付いているため、結婚していることが社会的信頼につながる場面は少なくありません。

会社で既婚者が優遇されることもありますし、賃貸借契約を結ぶシーンでも既婚者を好む大家さんはたくさんいるものです。

したがって、社会的ステータスを得て世間体が良くなることも、結婚の良さであると考えられます。


結婚するメリット4. 義両親など身内(仲間)が増える

面倒に感じてしまう人もいるパートナーの家族との付き合いですが、視点を変えれば自分の味方が増えることに繋がります。

トラブルが起こった時にサポートしてくれる人ができますし、家族が増えることで心強い気持ちになるものですよ。

義両親や義兄弟など、頼れる身内が増えることも結婚の良さであると言えるでしょう。


結婚するメリット5. 収入がアップする可能性がある

パートナーと共同生活を送ることになる結婚は、場合によっては世帯収入が上がる可能性があるものです。

共働きなら単純に稼ぎが増えますし、籍を入れる前には使えなかった控除などの制度も活用できるため、家庭によっては貯蓄もしやすくなるでしょう。

このように、収入が上がる可能性があることは結婚する上でのメリットであると考えられます。


結婚するメリット6. 家庭によっては子宝に恵まれる

結婚することで自分の遺伝子を受け継いだ子供を持てるというのは、男性・女性を問わず多くの人にとって嬉しいことです。

自分と似ている部分を持つ子供は無条件に可愛いものですし、家を受け継いでくれる存在もできるため、老後に困ることも減るはずですよ。

夫婦によっては子供を持てるというのも、結婚の魅力の1つでしょう。


結婚のメリットを知った上で、自分の人生を考えてみて。

男性・女性問わず、「メリットがわからない」と感じる人が増えてきている結婚。独身生活に不自由を感じていない人は多いものの、「本当にこのまま結婚しなくて良いのか...」と悩んでいる人もいるでしょう。

しかし、なぜ自分が結婚を億劫に感じるかを知った上で、家庭を持つメリットも併せて理解すれば、結婚に興味を持てるようになるかもしれません。

結婚の良い面にも一度目を向けてみて、自分にとって結婚が必要かどうかをじっくり考えてみましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事