仲良かった友達と疎遠になる理由とは|仲が良い人との関係修復方法とは

友達と疎遠になって寂しいと感じている方へ。今記事では、友達と疎遠になる主な理由から、関係を修復する方法まで詳しくご紹介します。仲のよかった友人との関係が薄れているのを修復したいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

思い出になった友達、また会いたくないですか?

友達と疎遠になる理由とは

社会人になると就職や結婚、様々な理由で自由に使える時間は限られてくるもの。自然と頻繁に会える友人というのは減ってしまう傾向にあります。

地元の友達や高校の友達、大学の友人と一緒にバカした記憶、青春時代をともに過ごした記憶、時々思い出すと久しぶりに会いたいなって思いますよね。

そこで今回は、昔の仲間と疎遠になってしまうキッカケや再開するコツなども解説をしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


友達と疎遠になる理由とは|主なきっかけを解説

歳を重ねるごとに疎遠になった昔の友達。特に喧嘩をした訳でもないのに、何故か連絡が減ってしまう事がありますよね。

忙しいという事もあるせいなのか、社会人になってからはほとんど会っていないという方も多いのではないでしょうか。

そこでここからは、仲の良い友人とも疎遠になってしまうキッカケや理由について解説していきます。30代くらいから徐々に増えていく悩みなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


友達と疎遠になる理由1. 卒業などお互いの環境が変わったから

全員が自分と同じ将来や未来を見ている訳ではないので、自ずと会える時間などは減っていくものです。

各々目指すものによっても歩む道が変わっていくので、中には社会人になる友人もいれば、海外へ留学していく仲間もいるでしょう。

そんな状況が続いていってしまうことで、知らず知らずの間に疎遠になっていってしまうことがあります。


友達と疎遠になる理由2. 仕事が忙しいから

社会人になれば学生時代とは違い、会社のルールに合わせていくことになるため、自由な時間は限られてきます。

残業があったり、休日出勤が出てしまうなど、会社勤めをしていれば縛られてしまうことも多いですよね。

そうこうしている内に、仲の良かった友達とも会う機会が減っていき、疎遠になってしまうというのはよくある事です。


友達と疎遠になる理由3. 恋人ができたから

好きな人や恋人ができた場合、当然その人に対して尽くしてあげたいと考えるのが普通ですよね。

仕事が休みの日であれば、恋人とどこかに出掛けることもあるでしょうし、連休などは旅行に行くこともあるかもしれません。

基本的に空いた時間は全て恋人と過ごすことも多くなるので、徐々に友達とも疎遠になることがあります。


友達と疎遠になる理由4. 喧嘩したから

友達と何かしらの喧嘩で口も聞かない状態が続いてしまうと、仲直りをするキッカケを失ってしまったりもします。

「自分が悪かったかも」と思いながらも、きちんと口に出して謝罪をしなければ、真意というのは相手に伝わらないものです。

喧嘩をした後にきちんと仲直りをしないとウヤムヤな期間が続いてしまい、結果として友達と疎遠になってしまいます。


友達と疎遠になる理由5. 今が充実しているから

充実している毎日を過ごしていると、その環境を変えたいと思う人は少ないでしょう。

職場環境が良かったりすると、仕事の没頭してしまい忙しい時期もあるでしょうし、恋人とも上手くいっているような場合は、どうしてもそちらに気が向いがちなものです。

そんな時期が続いてしまうと、仲の良かった地元の友人とも疎遠になってしまうことがあります。


友達と疎遠になる理由6. 新しい友達と過ごしているから

大人になっていくにつれて、置かれている環境の変化とともに、付き合う友人関係というのも変わっていくものです。

学生時代に友人ができるのと同じで、社会人になれば自ずと職場の友人も出来ます。会う頻度の多い友人関係のほうが、密な関係になっていくのはごく自然なことです。

親しくなる存在が変わっていくことで、昔の友人とも会ってない期間が長くなり疎遠になっていってしまいます。


友達と疎遠になる理由7. 結婚して家庭を持ったから

独身時代とは違い、自分にも家庭ができてしまえば、家族と一緒にいる時間が増えるものです。

結婚したばかりだと夫婦の時間を大切にするでしょうし、子供が出来ればもちろん育児を優先することになるでしょう。

家庭を持つと自分の自由な時間をとること出来なくなっていくため、仲の良かった友達とも疎遠になっていくものです。


疎遠になった友達と再会する方法とは|関係を修復するコツを大公開

疎遠になってしまったとは言え、昔は仲良くしていた友人です。

現状では連絡をしずらい状態になっているものの、以前のような関係に戻せないかと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこでここからは、疎遠になった友達と昔のような関係に修復するコツを解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


疎遠になった友達と再会する方法1. SNSのコメントなどで絡んでみる

一旦疎遠になってしまうと声が掛けづらいこともありますが、SNSを利用すれば気軽に絡むことができます。

最近ではTwitterやInstagram、Facebookなど、様々なSNSがあるため、「久しぶりだね」と声をかけてみるのがおすすめです。

いきなり電話をするよりも簡単に絡むことが出来るので、仲良くなるための良いキッカケ作りになりますよ。


疎遠になった友達と再会する方法2. 同窓会を企画する

結婚もして子供もいると、昔の友人と遊ぶ時間というのも作りづらいものですが、同窓会のような特別な企画があれば会いやすいですよね。

仲の良かった友人以外にも、懐かしい同級生と再会するキッカケにもなるため、普段時間を作りづらいという方にもおすすめです。

久しぶりに会って話すことで、お互いの状況も詳しく知ることが出来るので、昔のように相談し合える仲に戻れることもありますよ。


疎遠になった友達と再会する方法3. メール(LINE)を送ってみる

昔仲の良かった地元の友達や親友から連絡が来たら、普通は嬉しいと感じるものです。

単純にキッカケがなくて疎遠になっていることが多いので「元気してた」と気軽にメッセージを送ってみるのがおすすめです。

LINEやメールなどでやり取りを続けていければ、すぐに会う時間が作れなくても、お互いの都合が合う時に再会することも出来ますよ。


疎遠になった友達と再会する方法4. 共通の友人に誘ってもらう

昔の友達と会いたいと思っていても、連絡先がわからないというケースもありますが、共通の友人などは知っている事もあります。

そんな時は、連絡先を教えてもらうなり、会食のようなものをセッティングしてもらうのもおすすめです。

久しぶりに再会することで話も弾みますし、また定期的に会える仲になれる可能性がありますよ。


疎遠になった友達と再会する方法5. あけおめメールや年賀状を送る

年明け早々のあけおめメールや年賀状のやり取りというのは、お互いの近況を把握するのにも良いですよね。

自分の近況も相手に伝えることが出来る上に、友達の状況なども知ることが出来るのでおすすめです。

1年に1回でも年賀状などを通してやり取りが続けられていれば、友人関係というのはずっと続けていけるもの。縁さえ切れなければ、40代や50代になってもお互いの時間や環境が落ち着いた時に再会することもできますよ。


本当に大切な人なら、あなたからアクションしてみて

若い時には親友だった関係性でも、歳を重ねるごとに疎遠になってしまうということがあります。

なかなか会うキッカケや理由もなくなってしまい、時だけが過ぎていってしまうこともあるでしょう。

とはいえキッカケさえあれば簡単に再会できることが多いので、昔の友人関係を構築できるようにアクションを起こしてみてくださいね!

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事