本当の友達がいない人の特徴とは?信頼できる友人がいない人の共通点を解説

本当の友達がいない人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、本当の友達がいない人に共通する特徴を詳しくご紹介します。本心を言い合える友人が居ない人の共通点を解説するので、気になる方は、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも「本当の友達」とは?

本当の友達がいない人の特徴とは

人生において必要だと言われることが多い「本当の友達」。しかし、その定義はあいまいなため、そもそも「本当の友達」とはどのような人のことを指すのかよく分からない人も多いでしょう。

「本当の友達」には色々な特徴があるものの、基本的には損得関係なくあなたと付き合ってくれる人のことを指します。

例えば、集団から孤立してしまっても見方でいてくれたり、落ち込んだ時に支えてくれたりする人は真の友達だと言えるでしょう。

また、あなた自身が自然体でいられたり本音を言い合えたりする関係である人も、「本当の友達」だと言えますよ。


本当の友達がいない人の特徴とは|共通するポイントを大公開

生活の中で自分の力になってくれたり、本音をさらけ出せたりする本当の友達。

地元の友達などの中に親友がいるという人は多いと思いますが、中には「もしかすると自分は本当の友達がいないタイプなのでは...?」と悩む人もいるのではないでしょうか。

そこでここからは、本当の友達がいない人に共通するポイントを詳しく紹介していきます。


本当の友達がいない人の特徴1. 自己開示をしない

親しいと思える友人がいない人は、基本的に自分の殻に閉じこもってしまう傾向が強いです。

本当の自分を見せることを極端に恐れていたり、自分の話をするのが苦手な性格だったりする人が多く、周囲の人とそこまで親密になることがありません

自分をさらけ出せず本音や自分の考えなどを隠しがちなため、本当の友達を作れないのでしょう。


本当の友達がいない人の特徴2. 他者への興味や関心がない

本当の友人関係は、お互いの性格や考え方などを深く理解してこそ成り立つもの。

したがって、周囲の人を知ろうとしなかったり、相手の価値観や行動などに興味がなかったりすると、親しい関係にはならず知り合い程度の間柄で終わってしまうでしょう。

他人を気にもかけないタイプの人も、親友や本当の友達と呼べる人がいない傾向が強いですよ。


本当の友達がいない人の特徴3. プライドが高すぎる

自尊心があまりにも高いと、周囲の人と良好な人間関係を作ることができません。

職場などで同期の人をつい見下してしまったり、自分の本音や弱さなどを表面に出せなかったりするため、いつの間にか孤立してしまうことが多くなるのです。

高慢でプライドが高い性格であることも、友達がいない人あるあるの1つと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


本当の友達がいない人の特徴4. 一人で行動するのが好き

マイペースに過ごすのが好きな人は、そもそも友人や知人を必要としていない場合も多いです。

一人でいても特に「孤独だ」とか「寂しい」などと思うことがないため、あえて親しい友人を作ろうとすることなどしないのでしょう。

30代や40代で誰にも縛られず単独行動を好むというタイプの人も、本当の友達がいない人である可能性が高いですよ。

【参考記事】はこちら▽


本当の友達がいない人の特徴5. 恋愛への優先順位が高い

親友と呼べる相手がいない人は、基本的に友達より恋愛に重きを置いてしまいます。

特に20代半ばぐらいまでの人によく見られる特徴であり、恋人との予定を優先したり休日も恋人とばかり過ごしたりするため、いつの間にか周囲の人と距離ができてしまうのです。

決して悪いことではないものの、あまりにも恋愛の優先順位が高いと本当の友達は作りにくくなってしまうでしょう。


本当の友達がいない人の特徴6. 損得勘定で行動する

真の友人とはお互いに助け合える関係性の相手を指すため、打算的な性格の人はなかなか本当の友達を作れません。

誰かが困っていても「自分の利益にならないから」と見過ごしたり、相手の悩みを聞くのを「時間の無駄」などと思ってしまったりするため、当たり障りのない付き合いしかできないのでしょう。

計算高く自分の利益に目が行きがちな人も、親友がいない孤独な人である場合が多いですよ。


本当の友達がいない人の特徴7. 自意識過剰

親しい友人を作れない人は、後ろ向きで被害妄想をしがちな傾向があります。

周囲の人はあなたのことなど気にもしていないのに、「悪口を言われている気がする」とか「嫌われているに違いない」などと思ってしまうため、自分から距離を作っていってしまうのです。

周りの目が気になり自然に振る舞うことができないため、本当の友達がいない孤独な人になってしまうのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


本当の友達がいない人の特徴8. コミュニケーションスキルが低い

学生時代から人と話すのが苦手という人は、社会人になってもなかなか人の輪に溶け込めないもの。

面と向かって話そうとしても何を話せばいいのか分からなかったり、上手な切り返しができなかったりすると、周囲の人と親密になることは難しくなってしまいます。

口下手でコミュニケーションが苦手なことも、本当の友達がいない寂しい人の特徴ですよ。


もし本当の友達がいなくて寂しく感じたら、自分を見つめ直してみて。

本音で話し合えたり助け合ったりすることができる本当の友達は、多くの人にとってとても大切な存在です。

学生時代からの友人などが「本当の友達だ」という人は多いと思いますが、中には「自分は親友がいない寂しい人間なのでは...」と悩んでいる人もいるでしょう。

しかし、本当の友達がいない人の特徴を知ることで、自分がどういうタイプの人間なのかを客観的に判断することができますよ。

もし自分が真の友達がいない人に当てはまるのであれば、自分を見つめ直しこれからどうするべきかをじっくりと考えていきましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事