優しい先輩の特徴とは?後輩・部下が憧れる“尊敬できる上司像”を紹介

周囲から慕われる優しい先輩の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、後輩や部下に愛される優しい先輩の特徴について詳しくご紹介します。新しい部下が配属されたり、後輩ができたりして、いい先輩を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください!

前提として「優しい先輩」と「甘い先輩」は異なる

優しい先輩の特徴とは

職場や学校のサークルなどで後輩ができると、「優しい先輩になりたい」と思う人は多いでしょう。

しかし、ただ後輩を肯定して、何をしても許してあげてしまうのは、好かれたいだけの甘い先輩です。優しい先輩は必要がある時は、後輩の間違いを叱ってくれるもの。

優しい先輩は愛情を持って後輩と向かい合うからこそ、厳しい面を見せることがあるのです。

両者は似ているようで実は全く違う性格といえるでしょう。


優しい先輩になるメリットとは|主な魅力を詳しく解説

優しい先輩になることは、集団内にも後輩にもメリットがありますが、自分自身にもメリットが多くあります。

ここからは優しい先輩になると得られるメリットについて詳しく紹介

後輩との向き合いかたを模索している人は参考にしてみてくださいね。


優しい先輩になるメリット1. 後輩から慕われる

気にかけてくれる面倒見のいい優しい先輩は、後輩にとって信頼や憧れの対象になります。

後輩に慕われると、自分が何かプロジェクトに取り組むときや、困っている時などに、「あの先輩の力になれるなら」と後輩が力を貸してくれるでしょう。

社会生活を送る上で、自分のことを信頼して協力をしてくれる相手がいるというのは心強いものですよ。


優しい先輩になるメリット2. チーム全体の雰囲気が良くなる

チーム内では横の繋がりも、縦の繋がりも、風通しのいい関係が築けているほうがムードがよくなります。

日頃は優しく明るいムードを保ちながら、必要とあれば厳しい対応ができる先輩の存在が、チームを明るくもありながら節度を保った状態にしてくれるもの。

尊敬できる優しい先輩がいることでチームの雰囲気がよくなるメリットがあるのです。


優しい先輩になるメリット3. 自分の居場所ができる

優しくて、信用できる人は会社など集団の中で必要とされ、好かれるもの。

集団の中で、面倒見のいい優しい先輩というのは、後輩や部下に囲まれて楽しそうにしている一方、「自分がよければいい」という態度の先輩は孤立しがちですよね。

優しい先輩になることで、会社やサークル内などに居心地のいい自分の居場所ができるのです。


優しい先輩の特徴とは|周囲に慕われる人の共通点を解説

優しい先輩になりたいと思った時に、特徴を知ることは大切です。

ここからは、優しい先輩に共通して見られる特徴について詳しく解説します。

優しい先輩になって、部下や新人に慕われたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


優しい先輩の特徴1. 相談に親身に乗ってくれる

後輩に悩みや困っていることがあれば、一緒に解決策を考えてあげたいと考えるのが、優しい先輩の性格。

バイト、職場、学校のサークル内など、相談をすれば自分のことのように真剣に話を聞いてくれることから、人望がある先輩が一人はいますよね。

悩んでいる後輩を放っておけずに親身なってくれるので、後輩から優しいと評価されるのです。


優しい先輩の特徴2. 心配してくれる

優しい先輩は、周囲に気遣いができる細やかな性格を持っているものです。

自分には難しい仕事を任されたときや、処理しきれない仕事量を抱えたときに、心配してサポートしてくれるような、先輩に出会った経験がある人もいるはず。

部下や後輩が困っていないかと、目を配って、気がついたら、助けてあげられる人なのです。


優しい先輩の特徴3. ポジティブ思考

基本的に考え方が前向きで、周囲にも明るい空気をもたらすのが優しい先輩の特徴。

職場やバイト先などの先輩で、いつも前向きに仕事に取り組み、周囲にもポジティブな影響を与えて、チーム内の雰囲気をよくしてくれる先輩がいますよね。

後輩にネガティブな発言をして、相手のテンションを下げるようなことはしないのです。

【参考記事】はこちら▽


優しい先輩の特徴4. いつも笑顔でいる

集団内の雰囲気を悪くしないための配慮ができるのは、優しい先輩ならではといえるでしょう。

バイト先、サークル内などで、いつもムッツリして周囲を緊張させる先輩もいれば、逆にニコニコしていてみんなを和ませる先輩がいますよね。

表情一つで周囲の雰囲気が変わってしまうことが分かっているので、笑顔を欠かすことがありません。


優しい先輩の特徴5. オンとオフの切り替えが上手い

優しい先輩は、メリハリがあって、節度がある態度が取れる人。

仕事の時には、妥協をせず、後輩にも厳しい面を見せることもある一方で、仕事が終われば気さくで後輩とも気軽に付き合ってくれる、切り替え上手な先輩がいるもの。

仕事は真剣に、プライベートは楽しくと、その場に応じた節度ある態度がとれる人といえるでしょう。


優しい先輩の特徴6. 気配りができる

相手の小さな変化に気づけるのも、それに対処してあげられるのも、優しい性格が根底にあるからだといえるでしょう。

落ち込んでいる時や、悩んでいる時に、誰も気づいてくれない中、一人だけ気づいてくれる先輩に助けられた気持ちになった経験がある人もいるはず。

周囲に気配りができる細やかさは、優しい性格ならではといえるのです。


優しい先輩の特徴7. 些細なことでも手伝ってくれる

優しい先輩は、後輩や周囲の人たちに対して、自分がしてあげられることがないのか、考えて行動できる人です。

仕事などで、ちょっとした雑用などをこなしていると、「手が開いてるから手伝おうか」と声をかけている先輩がいますよね。

些細なことでも気がついて手伝ってくれるので、優しい先輩だと周囲に思われるのです。


優しい先輩の特徴8. 先輩面をしない

先輩だからといって、人間として上であるという意識もないし、「先輩を敬え」なんて気持ちもなく、後輩には緊張せずに向かい合ってほしいと考えているのが優しい先輩の特徴。

仕事などでは厳しい面がありつつも、休憩時間や、就業後にはフランクで、先輩面しない付き合いやすい人っていますよね。

入社が先だとか、年齢が上だとかで、相手に偉そうにするのをヨシとしないのが、優しい先輩です。


優しい先輩の特徴9. 叱り方が上手い

「後輩に成長してほしい」という優しさゆえの気持ちを持っているのが優しい先輩の性格的な特徴。

職務上のミスや、仕事に向き合う姿勢を注意される時に、感情的にならずに、どうすればいいのかを一緒に考えてくれるような叱り方が上手な人がいますよね。

自分の怒り感情を晴らすためではなく、相手のためを思って怒るのが優しい先輩といえるでしょう。


優しい先輩の特徴10. 後輩にも相談や意見を求める

優しい先輩は、立場や年齢などにこだわらず、相手の協力を求められる柔軟性があります。

チームでプロジェクトに取り組んでいる時など、後輩や部下に広く相談したり、意見を求めたりして、一人よがりにならないように配慮できる人がいるもの。

相談や意見を求めるのは、自分の成長はもちろん、後輩のモチベーションも高める優しい気遣いでもあるのです。


優しい先輩と周りから思われる素敵な人を目指してみて。

今回は優しい先輩になって得られるメリットや、優しい先輩の特徴を深堀りしてみました。

新しく後輩ができて、「優しい先輩になるにはどうしたらいいんだろう」と悩んでいる人もいるでしょう。

大切なのは後輩に気配りしながら、その場に応じた適切な態度で向き合うこと。後輩から慕われて良好な関係を築いてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事