彼氏が割り勘をする理由とは?彼女へ気持ちがあるか見分ける方法も解説

デートの支払いでいつも割り勘をする彼氏の理由について詳しく知りたい女性へ。今記事では、彼氏がデートで割り勘をする理由から、彼女に対して愛があるか見分けるポイントまで詳しくご紹介します。お金にシビアとケチは異なるため、ぜひ参考にしてみてください!

彼氏が“細かく割り勘をする”のが嫌だと思う女性は多い

彼氏が割り勘をする理由とは

女性としては彼氏に細かく割り勘にされるのは抵抗がありますよね。

奢られたいというわけではなくても、細かすぎるケチな彼氏には違和感を感じてしまうもの。そうなると「本当に私のこと好きなのかな」と不安になってしまいます。

せっかくのデートで恋人の男性が割り勘ばかり要求してくると、軽く扱われているようで嫌だという女性は多いのです。


彼氏がデートの費用などを割り勘する理由とは?

いつも割り勘にされると女性としては気分は良くありませんが、まずはなぜそうするのか理由を知ることが大切。

ここでは彼氏がデート代などを割り勘にする7つ理由を詳しく解説していきます。

幻滅してカップルの仲が悪くなる前に、彼氏の気持ちもきちんと理解しておきましょう。


彼氏が割り勘をする理由1. 節約をしてるから

しっかり者の男性ほど将来への備えをしている場合が多いもの。

無駄遣いをせずに生活費や食費を抑えたいだけでなく、恋人との交際費も節約したいというのが本音。彼女とデートに出掛けたり、食事をしたりすると交際費は高くなりますが、それを可能な限り少なく抑えたいのです。

節約家の彼氏はなるべくデート代を割り勘にして少しでも貯金を増やしたいという考えを持っており、特に結婚を意識している社会人の男性にはこういったケースはよく見られます。


彼氏が割り勘をする理由2. 本当にお金がないから

お金が無くて貯金もほとんどないような男性からすると、デートではお金が使えないのが本音。

例えば生活のために借金をしていたり、学生の頃の奨学金の支払いや車のローンが残っていると自由に使えるお金があまりない可能性も。

本当にお金がない彼氏の場合はデート代は細かく割り勘にして安く済ませたいという、どこまでもせこい考えがあるのです。


彼氏が割り勘をする理由3. 稼ぎが少ないから

男性でも十分な稼ぎがないという人は多くいます。学生であれば男性でも女性でも収入はあまり変わらないですが、社会人になっても彼女より稼いでいない男性も業種によっては少なくないのです。

彼氏の仕事の給料が低いとカップルで出掛けた際のデート代やご飯代などの支払いに使えるお金も当然少なくなってしまいます。

本心では「彼女に悪いな」と思いつつも自分の収入の低さから割り勘をお願いするという状況もあるでしょう。


彼氏が割り勘をする理由4. 奢るのが当たり前だと思ってほしくないから

男性の中には自分が奢るばかりの関係には「しんどいから嫌だ」と考える人もいます。

彼氏ばかりがデート代を出していると、まるで「自分は彼女にとって財布のような存在なのでは」と不安になってしまうことも。そうならないために割り勘にしているというケースもあるのです。

付き合っていく上で彼女にとって都合のいい男にはなりたくないと考えている人は少なくありませんよ。


彼氏が割り勘をする理由5. 彼女が年上だから

男性の中には恋人の年齢によって付き合い方を変えるというケースもあります。

彼女が年上だと「自分より収入があるだろう」「面倒を見てくれるはず」と考える男性も一定数いるのは事実。年下や同い年なら自分も出すが、年上の彼女には割り勘にしても問題ないと思っているのはよくあることです。

このような彼氏は年上の彼女に甘えてデートの会計も割り勘にしていると考えられます。


彼氏が割り勘をする理由6. 男女平等だと思っているから

相手が学生であれば別ですが、社会人の彼女にはお互いに働いているのだから、男だけがお金を出すのは違うと感じる人もいます。

彼氏としてはカップルであっても平等でいたいというのが本音。「男も女も同じようにデート代を出すべき」と思っており、彼女にも費用を負担してもらいたいのです。

男女平等の社会なのだから割り勘は当然という考えを持っている彼氏はケチというより対等を好む価値観の持ち主と言えるでしょう。


彼氏が割り勘をする理由7. 人にお金を使いたくないから

他人にはお金は使わない主義のケチな男性にとっては恋人の女性も例外ではありません。

たとえ好きな彼女との食事の支払いであっても「他人の分まで支払うなんてとんでもない」ときっちり割り勘を要求。彼女を喜ばせるためであっても出費はしたくないと考えています。

こういった男性はお金に対する執着が強く自分にしか使いたくないのです。


彼氏に愛があるか見分ける方法|さすがにご馳走してほしい場面とは

いつも割り勘にしてばかりの彼氏との恋愛。「この人は私のこと好きなの?」と不安になってしまいますよね。

彼氏の自分への愛を見分けたいという人も多いのではないでしょうか。

ここでは普段は割り勘をする彼氏でもご馳走してもらいたい場面についてご紹介します。果たしてそこに愛はあるのか、彼氏の気持ちを確認したい人はぜひ参考にしてみてください。


彼氏にご馳走してほしい場面1. 安いお会計だった時

お会計の金額が安い場合は、普段はお金にケチな彼氏であっても奢ってもらいたいものです。

コンビニで飲み物やアイスを買った時、チェーン店のカフェでコーヒーを飲んだ時などは会計も数百円ほど。小銭でも支払えるくらいの金額であれば細かく割り勘にされたくはないですよね。

彼氏が金額が安いのに細かい割り勘を要求してきた場合は、薄っぺらい愛情でしか彼女に接していないのかもしれません。


彼氏にご馳走してほしい場面2. 彼女の誕生日やクリスマスデート

いくらお金に細かい彼氏でも、記念日などは大切にしてもらいたいものです。

彼女の誕生日やバレンタイン、クリスマスや1年記念日などはカップルにとって特別な日。そんな日には食事だけでも割り勘にせず奢ってもらいたいと思うのは女性としては当然ですよね。

二人にとって大切な日にはきちんとご馳走してくれる男性は彼女のことを大事な存在と思っているはずです。


彼氏にご馳走してほしい場面3. 彼氏が行きたいからと連れて行かれた時

彼女からしたらあまり興味がないような場所に連れていかれて、そこでのデート代が割り勘だとさすがに気分が悪いですよね。

例えば、特に好きでもないスポーツ観戦やパチンコなどに連れていかれたら、そこでのお金は出したくないはず。自分のわがままで行き先を決めているので、「付き合ってもらったからここは出すよ」とそこでの会計は男性が持つべきです。

もし彼氏に連れていかれた先で割り勘にされたら、恋人というより都合のいい女と思われている可能性があります。


彼氏の細かい割り勘癖に悩んだら、男性の本音を理解してみて。

彼氏がいつも割り勘を要求してくるというカップルは珍しくありません。ただ、なぜ割り勘にするのか理解できないと、自分への愛に対しても疑いの目を向けてしまいますよね。

ケチな男性もいますが、中には事情があって割り勘にせざるを得ないケースも。

きちんと理由を把握し、愛を確認できるポイントも知っておけばその後の付き合いにもプラスに作用するはずですよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事