彼氏に元気がない時の対処法とは?落ち込んでる彼を励ます方法・NG行動を大公開

彼氏が元気が無い時の最適な対処法について詳しく知りたい女性へ。今記事では、彼氏が元気が無い時に彼女がとるべき対応から、避けたいNG行動まで詳しくご紹介します。少しでも早く立ち直って欲しいと思っている女性は、ぜひ参考にしてみてください!

彼氏に元気がないと不安に思う女性は多い

彼氏が元気がないときの対処法

彼氏に元気がない時、恋人であれば気になるのは当然です。何が原因なのか、励ますことはできないのか、恋人としていろいろと考える一方で、大きな問題を抱えているのではないかと不安になる女性も多いのではないでしょうか。特にいつも元気な彼氏であれば、より大きな不安となってしまうもので、女性としても対処法が分からず、一人で悩みを抱えてしまうこともあるようです。


彼氏に元気がない時の対処法|上手な励まし方はあるの?

彼氏に元気ない時には励ますと良いのですが、励まし方も様々です。そこで、元気ない彼氏に効果的な励まし方をいくつかご紹介。これらの方法の中から彼氏の性格や悩みの原因に応じて、適したものを実践してみてはいかがでしょうか。


彼氏に元気がない時の対処法1. 何も言わず寄り添う

元気がないからといって誰かに声をかけてもらいたいとは限りません。そのような場合には、何も言わずに寄り添ってあげると良いでしょう。あれこれ言われる訳ではなく、かといって存在を身近に感じられることで彼氏からの信頼感も高まります。また、自分自身のことをよく理解してくれているという安心感が、彼氏に元気をもたらすことになるでしょう。


彼氏に元気がない時の対処法2. 優しい言葉をかける

落ち込んでいる時には優しさが身に染みるものです。そこで、彼氏に元気ないと感じたら優しい言葉をかけてあげましょう。その時気付いたことも良いのですが、褒める部分が見当たらないなら日頃の感謝でも良いでしょう。彼氏としても、あれこれ言われるより優しい言葉をかけてもらうことで気持ちが安らいだり、悩みが吹き飛ぶこともあります。


彼氏に元気がない時の対処法3. 彼の好きな料理を作ってあげる

元気がない時は食欲が落ちて何も食べていないことも珍しくありません。そこで彼氏の好きな料理を作ってあげましょう。プレゼントとして作った料理を持っていく形でも良いですし、家まで足を運んで料理を作るのも良いでしょう。食欲を満たすことで元気がでてきたり、気持ちが落ち着いて不安や悩みの原因を話してくれるかもしれません。


彼氏に元気がない時の対処法4. 心配の電話・LINEをする

元気がない姿を誰にも見られたくないと考える男性もいます。その場合、直接会いに行くよりも電話やLINEで連絡を取りましょう。電話やLINEであれば直接顔を合わせることなくコミュニケーションが取れます。電話やLINEであっても自分の気持ちを相手に伝えることで、悩みや不安が解消され、元気を取り戻してくれるかもしれません。


彼氏に元気がない時の対処法5. 原因や愚痴を聞いてあげる

元気がなくとも、実は誰かに話を聞いてもらいたい時もあります。そのような時には原因や愚痴を聞いてあげると良いでしょう。誰かに話を聞いてもらうことで悩みが解消されたり、あるいは気分が晴れやかになり、元気を取り戻してくれるかもしれません。話好きな彼氏の場合、そっとしておくよりも効果が期待できますので、優しく彼の言葉に耳を傾けてあげましょう。


彼氏に元気がない時の対処法6. 彼に会いに行く

元気がない時は何事も面倒に感じてしまうものです。そこで、思い切って彼に会いに行くのも良いでしょう。彼に手間をかけさせることもありませんし、会いに行くという行為が彼氏の気持ちをポジディブなものに変えることも。もちろんアポを取るのは大前提ですし、彼氏の仕事が忙しい時には無理は禁物ですが、顔を合わせることで彼氏の気持ちに変化が生まれることもあります。


彼氏に元気がない時の対処法7. デートに連れ出す

元気がないと外に出ることそのものが億劫になり、閉塞感からさらに元気がなくなる悪循環に陥りがちなので、思い切ってデートに連れ出してみるのも良いでしょう。デートの解放感・非日常感が彼氏に元気を与えてくれるかもしれません。彼氏としても、心配をかけているからしっかりしなければとの気持ちが芽生え、ポジティブな気持ちが生まれるきっかけになるケースもあります。


彼氏に元気がない時に避けたいNG行動|恋人が嫌がるポイントを解説

元気ない彼氏を見たら、恋人として何かをと考えるのは当然です。しかし、良かれと思って取った行動で嫌がられてしまうものもあります。そこで、落ち込んでいる彼氏の前でNGな行動もいくつかご紹介しますので、これらはできる限り控えるようにしましょう。


元気がない彼氏へのNG行動1. 説教をする

落ち込んでいる、あるいは元気ない彼氏を見てイライラし、説教をしたくなるケースもあるかと思いますが、説教は逆効果です。落ち込んでいる時に説教を受けると、言葉よりも「落ち込んでいる自分に攻撃的」だと思われる可能性があります。信頼関係そのものを揺るがしかねませんので、説教は控えましょう。あくまでも肯定的に励ますというスタンスが大切です。


元気がない彼氏へのNG行動2. 正論をぶつける

落ち込んでる理由に対しての正論をぶつけるのも控えましょう。確かに正論は間違いではありません。理屈としては正しいかもしれませんが、落ち込んでる時に正論をぶつけても、反感になる可能性が高いです。心配する気持ちはよくわかるのですが、正論をぶつけるのではなく、元気ない彼氏にはどのような言葉・行動も肯定的にとらえてあげましょう。


元気がない彼氏へのNG行動3. 自分も落ち込む

彼氏と一緒に自分も落ち込んであげる行為は、ドラマ等で見かけることもありますが現実ではNGです。落ち込んでいる姿を見せるということは彼氏が落ち込んでいる、あるいは元気ないにも関わらず、自分を慰めてもらいたいとの思いから生じる自分本位な行動だと捉えられてしまう可能性があります。彼氏が落ち込んでいる時には、「彼氏が落ち込む番」であり、自分が落ち込む必要はありません。


元気がない彼氏へのNG行動4. しつこく原因を聞く

原因が分からないと原因を聞きたくなる気持ちは分かりますが、しつこく原因を聞くのは控えましょう。原因が分からないと自分自身も不安な気持ちになるのもよく分かりますが、あれこれ聞くのは、落ち込んでる彼氏にとってまるで詰問されているかのような気持ちが生じます。ほっとくくらいの距離感を求めている彼氏もいますので、自ら話してくれないのであれば聞くのも控えた方が無難です。


元気がない彼氏へのNG行動5. 返信を催促する

LINEやメールを出しても返事がこないことから、返信を催促してしまうこともあるでしょう。しかし、返事をしないことにも理由があります。会えないと不安が募るものですが、返事が来ない間は彼氏自身も気持ちを整理している可能性がありますので、返信を催促するのではなく、いつまでも待つというスタンスが良いでしょう。


元気がない彼氏には、状況に応じて正しい対応をしてあげて。

元気ない彼氏に何かしてあげたいと思うのはよく分かりますが、効果的な行動が大切です。むしろNG行動は今後の二人の関係を左右しかねません。あくまでも彼氏のためを思った行動が求められますので、自分本位だと捉えられてしまう行動は控えましょう。むしろ何もしないことこそ、最もありがたい行動に感じる彼氏もいますので、彼氏の性格を踏まえ、彼氏が喜ぶ行動を考えましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事