マザコン女性は男ウケ最悪!?男性から敬遠されやすい理由や克服するコツを大公開

マザコンな女性の特徴について詳しく知りたい女性へ。今記事では、マザコンな女性の特徴から、男性に敬遠されやすい理由や克服するコツまで詳しくご紹介します。母親と仲がいいのはダメなのか不安に思ってしまう女性は、ぜひ参考にしてみてください!

前提として、母親を大事にする事は決して悪いことではない

マザコン女性はダメなの?

親御さんを大事にすることや、お母さんと仲が良いこと自体はとても素敵なことです。

しかし、何をするにもお母さんがいないと決められなかったり、なんでもお母さんに委ねてしまっている依存状態では、周囲からは自立できていない人と見られてしまうでしょう。

お母さんを大事にして仲良くすることと、依存することの区別をつけることが大切です。


マザコンな女性の特徴とは|どんな女性がマザコン女と言われやすいの?

母親と仲が良いだけなのに、もしかしたら周りからはマザコンと思われているのでは、と不安になることもあるでしょう。

そこで今回は、マザコンな女性に共通する特徴について詳しくご紹介します。

いくつ当てはまるか、チェックしてみてくださいね。


マザコンな女性の特徴1. いつも一緒にいる

お母さんに対する強い依存心があり、離れている状態では不安すら感じてしまいます。

1人でいたり、他の人と一緒にいることよりも、仲が良い母親といたい気持ちが強く、休日などでも母親と一緒にいることを選びがちです。

そのため、自分のプライベートタイムの中でも母親といることが多い女性はマザコンといわれてしまうでしょう。


マザコンな女性の特徴2. 母親の話ばかりする

お母さんと一緒にいる時間が長く、自分の記憶の中の大部分もお母さんのことで占められています。

日常生活の中で、誰とどんな話をしたとか、どこに出かけたという体験や出来事について人に話す時、マザコンの人はどうしても母親の話になることが多いでしょう。

母親の存在感が強く、パッと思いつく話題がついつい母親の話になりがちです。


マザコンな女性の特徴3. 頻繁に連絡をしている

マザコンな女性にとって一番の相談相手はお母さんで、お母さんからの共感をいつも求めています。

「今日、仕事で失敗した」などの出来事も、まずは母親に報告。気になる男性ができた時にも、「ママ、どうすればいい?」と、母親に相談。

スマホは離れた相手ともすぐにやり取りができるので、マザコンの人は、母親との連絡の回数が多くなります。


マザコンな女性の特徴4. 社会人になってもずっと実家暮らしをしている

お母さんが家にいれば、生活の面倒も見てもらえますよね。

食事の準備や洗濯、掃除といった家事も自分でやらずに、全部お母さんにやってもらえます。仕事で疲れて帰ってきても、自分で料理の準備をしたり、お風呂を沸かしたりする必要がなく、楽な生活を送れるので、なかなか実家を離れることができません

自力で家事をこなしていく生活力がないこともマザコン女性の特徴といえますよ。


マザコンな女性の特徴5. 何をやるにも母親の許可が必要

自立していないので、マザコン女性は自分で何かを決めることができません。

ちょっと高額な買い物をする時に、自分のお金なら自分のお財布事情を考えて決めるところでも、母親に許可を求めます。

自分の中でこうしたいと答えが決まっていても、母親の許可がないと安心できないので、いつも許可を求めてしまうクセがあります。


マザコンな女性の特徴6. すぐ母親に相談する

自分のことを母親に分かって欲しい、知っておいて欲しい気持ちがとても強くあります。

会社でのちょっとした失敗など、同じ職場の上司や先輩、同僚に相談したほうがよさそうなことでも、「ママ、今日こんなことがあって…」と相談してしまいます。

友達や職場での人間関係よりも、母親との繋がりが強いので、相談する相手も母親になりがちです。


マザコンな女性の特徴7. 母親にお金を借りている

困った時にはお母さんに助けてもらうことが、クセになっています。

社会人になれば、欲しいものがあってもお金が足りなければ、買うのを我慢したり、頑張って貯金をしますが、マザコン女性はお母さんにお金を借りたり、お母さん頼りです。

母親への依存度が高いので、お金で困った時にも、すぐにお母さんに頼ってしまいます。


マザコンな女性の特徴8. 母親に頼み事をよくする

常に助けてくれるお母さんの存在があるので、自分で何かを解決する必要がありません。

買い物や日々の家事など、自立した大人であれば忙しい毎日の中でも、いろいろな工夫をしてこなしていくところ、「ママ、お願い」で済ませてしまうことが多いでしょう。

自分でできることでも、お母さんに頼ってしまっているのであれば、マザコンの可能性があります。


マザコンな女性が男性から敬遠されやすい理由とは?

マザコンな自分が周りからどう思われているのか、自分では分かりづらい部分も多いですよね。

男性がマザコンだとモテないのと同じように、マザコン女性も男性からモテない傾向にあります。

ここからはマザコンな女性が男性から敬遠されやすい理由について詳しくご紹介します。


マザコン女性が敬遠されやすい理由1. 母親の言いなりになりそうだから

マザコン女性は、なんでも母親に相談し、母親の意見に従うことが多いでしょう。

大好きな恋人であるあなたの行きたい場所にデートに行きたいのであって、彼氏は「お母さんが良いと思っている場所」に行きたいのではありません。

デートプランで彼女の母親に従いたくない男性は、マザコン女性をデートに誘うのはやめておこうと考えてしまいます。


マザコン女性が敬遠されやすい理由2. 何をするにも許可が必要な気がするから

母親からの許可を必要としているマザコン女性は、自分で決めることができず、母親以外の人からの許可では行動できません。

結婚をすれば、式をどこでやるか、どこで一緒に住むかなど、夫婦で決めていくことも多くあります。そんな時でも、マザコン女性は、母親からの許可を求めてしまいます。

自分よりも母親の意見を優先して、自分を信頼してくれない女性との付き合いは男性も避けがちです。


マザコン女性が敬遠されやすい理由3. 自分にも依存してきそうだから

マザコン女性は母親に、強い依存心を持っています。

依存していれば、その人に何でも相談して、頼って生きていけばいいのである意味で楽です。そういう生き方をしている女性に対して、男性は自分にも依存してくるのではないかという不安を持ちます。

恋人というよりは依存対象として、なんでも自分に頼ってこられるのは、男性も煩わしく感じてしまうでしょう。


マザコン女性が敬遠されやすい理由4. すぐに母親に紹介されそうだから

マザコン女性はなんでも母親に相談し、母親とも頻繁に連絡をとっています。

付き合いだしたら、すぐに彼氏として母親にも紹介されるのでは、と感じてしまいます。男性にとっては、ある程度関係が進んでからでないと、相手の親に会うのは気が重いもの。

男性は、自分のペースで関係を深めて行けそうにない雰囲気を、マザコン女性から感じ取っているのです。


マザコン女性が敬遠されやすい理由5. 自立できなそうだから

生活していくには、料理や掃除などの家事をする能力が必要ですが、マザコン女性はそうした家事をお母さんに頼っています。

同棲生活や結婚生活を考えた時に、マザコン女性は家事ができず、男性は自分の負担が増えるのではという不安を感じることに。

助け合って生活していくイメージを持てないので、男性から積極的にアプローチされることはないでしょう。


マザコンを改善する方法とは|自立した女性を目指すコツを紹介

マザコンのままでは男性にも敬遠されてしまいます。

どうにかマザコンを改善してくための方法を知りたいですよね。

ここからは、マザコンを改善する方法について詳しくご紹介します。

マザコンを改善して、自立した女性を目指していきましょう。


マザコンを改善する方法1. 一人暮らしをする

1人暮らしをすることは、生活していくうえで必要な決断や行動を自力でしていくことになります。

時間がなかったり疲れていても、自分で対策を考え工夫して、毎日の食事の準備、洗濯や掃除に取り組んでみましょう。

大変なことも多い一人暮らしですが、自分自身の生活力はグッと上がって、自立に大きな一歩を踏み出せますよ。


マザコンを改善する方法2. 何事も自分で決める

お母さんに相談をして、意見を求めることは間違いではありません。ただ、その意見はあくまでお母さんの意見です。

お母さんの言いなりにならないように、何かを決める時は、自分自身の意志で決めてみるのがおすすめです。

判断材料の1つとして参考にしながらも、どうするかを自分で決めることができれば、マザコンから脱却していけます。


マザコンを改善する方法3. 友人などの交友関係も大切にする

親しい関係がお母さんだけになってしまうと、どうしてもお母さんに頼るしかありません。

お母さん以外に相談したり頼ったりできる人を見つけるためにも、友達や職場の仲間など、お母さん以外の人との会話や付き合いも大切にしてみましょう。

自分の頼れる人が増えれば、何でもかんでもお母さんを頼るしかない状況から脱出することができます。


マザコンを改善する方法4. 彼氏をつくる

信頼できる彼氏がいれば、お母さん以上に頼れる存在になるかもしれません。自分のことを大好きでいてくれて、辛い時に励ましてくれる人の存在は、マザコン脱却を目指すあなたにとって心強いものとなるでしょう。

自分にとっての大きな心の支えになるよう、彼氏を作ってみるのが、おすすめ。

彼氏という存在が、お母さんに頼ってばかりのマザコン生活から変わっていくきっかけになります。


マザコンを改善する方法5. いちいち連絡しない

ついつい不要な連絡までお母さんにしていては、いつまでたっても自立できません。

何かあったらとりあえず、お母さんに連絡するというのをやめてみましょう。大事な用件のみにしたり、連絡する頻度を決めてみたりが有効です。

いきなり連絡をしなくするのは無理でも、少しずつ慣れていけば、徐々に連絡の頻度を減らしていけるでしょう。


過度なマザコン体質がある女性は、少しずつ自立できるよう努力してみて。

マザコン女性にもいろいろな特徴がありますが、基本的に男性からは敬遠されがちです。

しかし、大切な家族であるお母さんと離れたり、連絡を減らしたりするのは今までお母さんに頼ってきた分なかなか抵抗があったりしますよね。

そんな時は、今記事で紹介した改善方法を参考に、マザコンから脱却して、自立した女性を目指していきましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事