つまらない人の特徴とは?一緒にいて楽しい“魅力的な人になる方法”を大公開

つまらない人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、つまらない人の特徴から、つまらないと思われないよう改善するコツまで詳しくご紹介します。周囲を笑顔にする明るく楽しい人になりたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

面白い人に比べて自分はつまらないかもと悩む人は多い

つまらない人の特徴とは

性格が真面目過ぎたり咄嗟に面白いことが思いつかないと、「自分はつまらない人間なのかも…」と悩んでしまいますよね。

自然に人を笑わせられる面白い人もいますが、反対に会話がぎこちなくなったり上手く盛り上げられない人がいることも確かです。

悩んでいる人はあなた一人ではありません。自分の性格や人付き合いに悩んでいる人は意外と多いのです。

【参考記事】はこちら▽


周囲からつまらないと言われやすい人の特徴・共通点とは?

つまらないと言われやすい人には、男女関係なく共通するある特徴が存在します。

もしあなたにも当てはまるものがあれば、自覚がなくてもそれが原因で周囲に悪い印象を与えているかもしれません。

ここからは、つまらない人に多い特徴について詳しくご紹介します。

【参考記事】はこちら▽


つまらない人の特徴1. 自分の話ばかりしたがる

つまらない人は「自分のことを知って欲しい」という気持ちが強く、どんな話題でも自分がしたい話にすり替える傾向があります。

話をさえぎったり無理やり自分の話題に持っていくなど、じっくりと相手の話を聞こうとしません。

自分のことで頭がいっぱいで自覚がないので、いつの間にか「一緒にいてもつまらない人」というレッテルを貼られてしまうでしょう。

【参考記事】はこちら▽


つまらない人の特徴2. すぐに否定的な発言をする

物事の良い面を見つけることが下手で、肯定的な発言や褒める言葉が少ないのもつまらない人の特徴の1つ。

誰かの意見に対してすぐに「でも」や「だって」などの言葉を使い、批判的なリアクションをとってしまいがちです。

否定的な発言ばかりだと話が膨らまないので、「つまらない」と思われてしまうのも無理はないでしょう。


つまらない人の特徴3. 自己主張をしない

つまらない人は「周りから嫌われたくない」という気持ちが強いので、職場などで自分の意見を言うことを恐れる傾向があります。

「なんでもいい」「全部良いと思う」などの当たり障りのない言葉を選びがちで、選択や決断を他人任せにするでしょう。

あまり意志がない人に見えるので、周りの人からすると面白味のない人になってしまいます。


つまらない人の特徴4. 極度のネガティブ思考

何でも悲観的に捉えたり、被害妄想が激しいことなどもつまらない人によく見られる特徴の1つ。

普通の人であれば軽く受け流せるような出来事でも、過剰に反応してしまいネガティブに捉えることが多いです。

なんでも暗く考えてしまうと自然と会話も盛り上がらなくなってしまうため、周りから敬遠されてしまうでしょう。

【参考記事】はこちら▽


つまらない人の特徴5. 身内ネタを話しがち

つまらないと思われてしまう人は基本的に話題の選択が下手なため、全員が理解できない話題を選びがち。

地元の友人の話や母校の面白い先生の話など、限られた友人にだけ伝わる笑い話をしてしまうのです。

わかる人はにとっては面白いですが、その他の人達は置いてけぼりに。「自分が面白ければいい」という考え方だと、会話をしていても飽きられてしまいます。


つまらない人の特徴6. 冗談が通じない

友人同士での冗談は基本的にコミュニケーションの1つですが、つまらない人はすぐに言われたことを真に受けてしまう癖があります。

見た目や言動をいじられただけで本気で気にして落ち込んだり、攻撃されたと勘違いして怒ってしまいがち。

冗談が通じない人とは気軽にコミュニケーションがとれないので、「絡みにくい人だ」と思われてしまうでしょう。

【参考記事】はこちら▽


つまらない人の特徴7. 会話中もずっと無表情

一緒に居てつまらない人は感情を表に出すことをめんどくさがるので、会話中に表情の変化が少なく不愛想に見えることが多いです。

相手が嬉しそうに話している時に真顔で返事をしたり、とにかく喜怒哀楽を表現しようとしません。

何を考えているのかがよくわからないので、周囲からは「コミュニケーションが取りづらい人」と思われてしまうでしょう。


つまらない人の特徴8. マウントをとりたがる

つまらない人は、会話の盛り上がりやその場の雰囲気よりも自分のプライドを優先してしまいがち。

お金や仕事、恋愛などに関して、自覚していないですが「自分が上だ」というニュアンスで自慢話をするでしょう。

相手からすると『求められていない自慢話』をされるのは退屈そのもの。相手に「また始まったな」と呆れられているかもしれません。


つまらない人の特徴9. 会話を振るのが苦手

会話の中で話を振らずにいつも受け身の姿勢でいることも、相手につまらない印象を与える人の特徴です。

質問をされてもその返答をするだけで、相手に聞き返したり新たな話題を出すことも少ないでしょう。

デートなどの二人きりの場面では相手が会話を振り続けることになるので、「この人と居ると疲れる」と思われてしまいます。


つまらない人の特徴10. 不満や悪口ばかり話す

話していてつまらない人は、会話の内容が会社や職場への不満や誰かに対する悪口で溢れています。

「最近職場で…」「最近恋人が…」というように、口を開けば日頃の愚痴ばかり出てきてしまうでしょう。

愚痴で会話を楽しく盛り上げることはできないので、相手からは「ただの性格の悪い人」と呆れられてしまうことに。


つまらない人を脱却する方法とは|改善するコツを徹底ガイド

つまらないと言われる原因がわかっても、「具体的にどうすればいいかわからない」という人も多いでしょう。

会話の際は基本的に『ポジティブで明るいイメージ』を持ってもらえるように意識しましょう。

ここからはつまらない人を脱却するコツを5つご紹介していきます。


つまらない人を脱却する方法1. 会話の時は笑顔を心がける

相手と笑顔で話すことによって、「あなたと話していると楽しい」という気持ちを伝えることができます。

話の内容やテンポも重要ですが、表情はそれ以上に会話にとって大切な要素。暗い表情よりも笑顔でいることを心がけるようにしましょう。

あなたにつられて自然と相手も笑顔になるので、お互いに楽しい時間を過ごすことができますよ。


つまらない人を脱却する方法2. 相手が話している時は相槌をうつ

相槌をうつことは「話をちゃんと聞いている」という証拠。それによって相手に誠意を伝えることができます。

相手が真剣に話している時は、たとえ話が長くても相槌などのリアクションをとることを忘れないようにしましょう。

あなたの真剣さは相手にしっかりと伝わるので、周りの人に比べて信頼できる存在になれるでしょう。


つまらない人を脱却する方法3. 明るい話題を心がける

会話の中で常に明るい話題を選ぶと、会話全体が楽しくて前向きな雰囲気になります。

暗いニュースや落ち込んでしまった話などはなるべく避けて、明るいニュースや笑い話を選ぶように心がけて見ましょう。

自然とお互い笑顔になることが多くなり、「話していると明るくなれる」というプラスの印象を持ってもらえるでしょう。


つまらない人を脱却する方法4. 会話のネタを増やす

会話のネタが多いと「次に何を話そうかな」と焦ることがなくなるので、スムーズに会話をすることができます。

自然に会話を盛り上げるためにも、相手の好きな趣味や話題を中心にネタを増やしておきましょう。

相手の好きな分野であれば喜んで話してくれますし、その話題を選んでくれたあなたに好感を持ってくれますよ。


つまらない人を脱却する方法5. テンションは相手に合わせる

話している人のテンションに合わせて態度や話し方を変えると、相手は親近感を持ってくれるようになります。

完全に一緒にする必要はありませんが、ある程度話すスピードや調子を相手に合わせてみることがおすすめ。

柔軟なコミュニケーションをとることによって、「空気が読めてノリが良い人」と感じてもらえるでしょう。


つまらない人と思われないように、話す時の習慣を変えてみて。

もしも『つまらない人』という印象を持たれていても、話し方を改善したりポジティブな考えを持つことで相手のイメージを変えることが可能。

今回ご紹介した方法を実際に試していくことで、『一緒にいると楽しい人』になることができるでしょう。

今まで以上に周囲の人との会話が楽しくなり、素晴らしい人間関係を作ることができますよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事