喧嘩した時はどうやって仲直りする?恋人・夫婦の関係を修復するコツを大公開

恋人やパートナーと喧嘩をした時に仲直りする方法を詳しく知りたい方へ。今記事では、おすすめな仲直りの仕方について詳しくご紹介します。喧嘩や揉め事があっても、すぐに元通りの関係に修復できる方法を解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

喧嘩をしても上手に仲直りすれば関係はより深まる

喧嘩後の仲直りの仕方

仲が良いカップルや夫婦でも、ささいなことで喧嘩をしてしまうのは避けられません。しかし、喧嘩そのものは決して悪いものではなく、仲直りの仕方によっては次への教訓として活かせるのです。

上手に仲直りができれば、二人の関係は以前にも増して良くなりますよ。

「喧嘩別れになってしまった…」とならないためにも、仲直りのコツをおさえておきましょう!


好きな人と喧嘩をした時の仲直り方法|円満に関係修復するコツとは?

好きな人と喧嘩をしたまま過ごすのは気分のいいものではなく、落ち着かないですよね。しかし「仲直りの仕方がよく分からない」「タイミングがつかめない」と、一歩踏み出せずにいる人も多いのではないでしょうか。

ここからは、恋人やパートナーと喧嘩をした際の仲直りの仕方を詳しくご紹介します。

ずっと仲良くしたい恋人やパートナーがいるなら、仲直りの秘訣は要チェックです!


おすすめな仲直りの仕方1. 自分から謝罪をする

喧嘩の原因はどちらか一方だけにあるとは限らず、両者にあることが多いもの。「私だけが悪いわけではないのに…」と不満をあらわにしていると、いつまでも険悪なムードが続いてしまうでしょう。

まずはあなたから恋人やパートナーに歩み寄ることが、仲直りへの近道です。

あなたが謝ることで相手も冷静になり、「自分にも悪いところがあった」と考えられるようになります。お互いが自分の非を認めやすくなるので、関係の修復に繋げられるでしょう。


おすすめな仲直りの仕方2. 気持ちが落ち着くまで距離を置く

喧嘩中や喧嘩の直後は、お互い感情的になっています。話し合いをしようとしても、言わなくてもいいことまで言ってしまったり、本心とは異なる冷たい態度をとったりしてしまうことも。最悪の場合、さらに喧嘩が発展する可能性も考えられます。

上手に仲直りをするには、まずは距離を置いて、一度頭を冷やす期間を設けるのがコツです。

気持ちが落ち着けば、冷静に話し合いができるようになるため、お互い前向きに歩み寄れますよ。


おすすめな仲直りの仕方3. 美味しい物を食べる

美味しいものを食べると、おなかも心も満たされて幸せな気分になれるもの。好物を口にしたとたんにイライラが落ち着いた、という経験がある人も多いのではないでしょうか。

仲直りをしやすいムードを作るためには、一緒に美味しいものを食べるのはとても効果的です。

何かを食べている間は、会話しやすい和やかな雰囲気が生まれます。「美味しいね」の一言がきっかけになり、あっという間に二人の間のわだかまりが溶けるでしょう。


おすすめな仲直りの仕方4. お笑いを一緒に見る

怒りと笑いは、同時に感じることはできない感情です。笑いで怒りの感情を追い出すことができれば、お互いのイライラした気持ちも吹き飛ばせます。

ともに暮らす夫婦であれば、リビングのテレビでお笑い番組を流しておくのがおすすめ。

旦那さんや奥さんがお笑いに夢中になり始めたら、すかさず隣に座って一緒に見始めましょう。二人で笑っているうちに明るいムードになってくるので、番組が終わる頃には元通りの関係になっていますよ。


おすすめな仲直りの仕方5. 第三者を交える

仲直りがしたくても方法が分からず、ぎくしゃくした関係が続いてしまうこともあるでしょう。「きっかけさえあれば、仲直りできそうなのに...」ともどかしさを感じた経験がある人も多いはず。

そんな時は、共通の友人など、第三者を交えて過ごす機会を作ってみましょう。

第三者がいればお互いにいつも通りに振舞おうという意識が働くため、自然と関係も元通りになるのです。仲直りのきっかけを作るのに、おすすめの方法ですよ。


おすすめな仲直りの仕方6. 次の日に何事もなく接する

仲直りの一番のチャンスは、翌日に初めて会うタイミングです。ここで「まだ気まずい...」と避けてしまうと、仲直りが遠のくだけでなく、関係がさらに悪化する可能性も。

喧嘩の次の日は、何事もなかったかのように振舞ってみましょう。「おはよう!」と笑顔で挨拶をしたり、ハグなどのスキンシップをしたり、いつも通りに接するのです。

日を改めれば相手の気分もリフレッシュされていることが多いので、普段通りのリアクションがもらえ、自然に仲直りができるのです。


おすすめな仲直りの仕方7. 相手の機嫌をとる

「そろそろ謝って仲直りしたいな」と思っても、彼氏や彼女の怒りがまだ収まっていないこともあるでしょう。自然と怒りが収まるのを待っても良いですが、早く仲直りをしたい時もありますよね。

そんな時は、相手の機嫌がよくなるように働き掛けてみましょう。

彼氏の好きな手料理を作ってあげたり、彼女に温かい飲み物を入れてあげたり。相手の気分が良くなればイライラも落ち着くため、「仲直りしたいな」と前向きな気持ちになってもらえますよ。


おすすめな仲直りの仕方8. 仲直りしたいと素直に伝える

自然な流れで仲直りをする方法もありますが、喧嘩の原因がうやむやになりやすいのがデメリット。表面上だけの仲直りになり、どちらかがモヤモヤを抱えたままになっているかもしれません。

わだかまりを残したくない時は、ストレートに「仲直りがしたい」と伝えるのがおすすめ。

勇気がいるかもしれませんが、恋人やパートナーなら素直に受け入れてくれるはず。前向きな話し合いに繋げやすいため、喧嘩の原因を冷静に見つめ合うことができ、再発防止になるでしょう。


おすすめな仲直りの仕方9. プレゼントを贈る

喧嘩の原因によっては、すぐには彼氏や彼女が許してくれないこともあるでしょう。謝っても「口先だけなのでは」と思われ、かえって相手のイライラを長引かせてしまう可能性も。

言葉だけでは仲直りが難しいと感じたら、プレゼントを添えて謝るのも一つの方法です。

高価なプレゼントである必要はなく、彼氏や彼女が喜ぶものを選ぶのがコツ。事前にプレゼントを選び、購入する手間をかけたことが分かれば、反省の意思や仲直りしたい気持ちがしっかり伝わるでしょう。


おすすめな仲直りの仕方10. 手紙を書いて謝る

誤解が生まれないように気持ちを伝えるのは、とても難しいものです。謝っているのに、彼氏や彼女に「言い訳をしている」と誤解されては、かえって仲直りが遠のくことにもなりかねません。

気持ちを上手く伝えられる自信がない人は、文章で仲直りの意思を伝えてみましょう。

文章なら納得がいくまで書き直せる上、相手も何度でも読み返せます。そのため、口頭で謝るよりも正確に思いが伝わることが多く、仲直りに繋げやすいのです。


喧嘩した後は放置せず、早めに問題を解決して関係を修復しよう。

恋人やパートナーと喧嘩をした時に、仲直りする方法をご紹介しました。これからも仲良くしていきたい気持ちがあるなら、すぐに関係を修復することが大切です。

「喧嘩した後は気まずい...」と気が重くなりがちですが、仲直りに向けて、勇気を出して一歩踏み出してみましょう。

上手に仲直りができれば、恋人やパートナーと今まで以上に仲良くなれますよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事