30代でやりたいことが見つからない時はどうする?生きる目標を見つけるコツを紹介

やりたいことが見つからないと悩んでいる30代の方へ。今記事では、やりたいことを見つけるコツについて詳しくご紹介します。30代からでも人生を充実させるためのチャレンジは可能なので、何がしたいか分からないとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください!

30代でもやりたいとが見つからないと悩む人は多い

やりたい事が見つからないときはどうする?

20代のころの人生プランとして、「20代でやりたいことをある程度、定めておいて、30代は目標達成のために努力していく」と計画していた人も多いでしょう。

しかし、実際のところ、30代になっても、本気でやりたいことが見つからず、「何がしたいか分からない」と悩む人は少なくなりません。

今回の記事では、やりたいことの見つからない、30代の人におすすめしたい、やりたいことを見つけるコツを紹介したいと思います。


やりたいことがあると何が良いの?主なメリットを大公開

やりたいことが見つからないのに、強引に目標や計画を作る必要はありません。

しかし、30代以降の人生を生きる上で、やりたいことがあるのはメリットになるでしょう。

ここでは人生にやりたいことがあると、得られるメリットをいくつか紹介していきます。


やりたいことがあるメリット1. 向上心を高く持てる

好きな事や興味のあること、目標などがハッキリと認識できていると、人生は豊かになります。

仕事などでも、「スキルアップするために資格をとる」「同期の中で一番早く昇進する」など、自分のやりたいことが明確だと、それに向かって能動的に行動できるもの。

やりたいことがあると、将来の目標達成のために計画的かつ、高い向上心を持って、行動できるのです。


やりたいことがあるメリット2. 充実した日々を過ごせる

やりたいことがあると、毎日に目的意識が持てて、活動的にすごせるもの。

仕事などでも、やりたいことがある人がエネルギッシュに充実した日々を送れる一方で、職場で自分が何をすべきか悩み、明確なプランを見つけられない人は、鬱屈した日々をすごしてしまいがち。

やりたいことがある人は、目標に向かって、充実した日々をすごせるのです。


やりたいことがあるメリット3. 後悔をしない

すぎた時間は戻すことができないので、不本意な時間をすごしてしまうと、将来的に後悔するのは珍しくありません。

やりたいことが見つからないと、迷う気持ちがありつつも、「仕事が落ち着いたら、考えよう」と後回しにしてしまうと、気が付いたら30代が終わってしまうケースもありがちです。

やりたいことを見つけていれば、「あれをすれば良かった」「30代を無駄にしてしまった」など、大きな後悔をする原因をなくすことができますよ。


30代でやりたいことを見つけるコツは?効果的な対処法を大公開

30代でやりたいことが見つからなく不安や悩む気持ちを持っている人もいるはず。

やりたいことを見つけるコツとしては

・興味のあることを紙に書き出して、気持ちを明確にする

・興味を持ったら、とにかく行動してみる

・いろいろな人と付き合い、視野を広げてみる

がおすすめ。これらの行動は「やりたいことが見つからない」から脱却するきっかけになります。

下記の記事ではやりたいことを見つける方法を詳しく記載されているので、ぜひ、目を通してみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


生きがいになるようなやりたいことを見つけて、毎日を楽しんで。

30代になっても、「やりたいことが見つからない」と、将来のプランが立っていない人も珍しくありません。

この記事をご覧の方のなかにも、「30代になっても、やりたいことが見つからない」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

やりたいことがあると、向上心が高くなる、毎日が充実する、後になって後悔しないなど、人生が充実する理由になるメリットが多くあります。

今回紹介した、やりたいことを見つける方法などを試してみて、やりたいことのある充実した30代をすごしてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事