共依存恋愛の意味とは?危ない共依存カップルの特徴や克服する方法も紹介

共依存恋愛の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、共依存恋愛の意味や特徴から、デメリットや克服する方法まで詳しくご紹介します。共依存恋愛をしているカップルに最適な対処法も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

前提として「共依存恋愛」とは?

共依存恋愛の意味とは?

共依存恋愛とは、自分のことは顧みずに相手に尽くしたり世話したりする人と、そうした相手に依存している人の恋愛関係のことです。

尽くす方は、他人に頼られて関わりを持つことで自分の存在意義や満足感を得ることができ、尽くされる方もそれを当たり前だと受け止め、要求や束縛がエスカレートする傾向が。

お互いの存在がなければ生きていけないと思い込み、お互いが過剰に依存し合っている状態が共依存恋愛なのです。


共依存恋愛に陥っている人の特徴とは?主な共通点を解説

傍から見ればひどい仕打ちや言葉などを受けているのに、なぜか別れないカップルは共依存恋愛に陥っている可能性があります。お互いに依存しあう共依存恋愛の結末は、不幸せなエンディングを迎えることが多いため、早めの対策が必要です。

ここでは、共依存恋愛に陥っている人の特徴をピックアップするので、当てはまる項目がないかチェックしてください。


共依存恋愛に陥っている人の特徴1. パートナーを第一優先する

パートナーのことを後回しにすると「かわいそう」とか「自分がちゃんとしなければ」と感じてしまいがち。そのため、大事な仕事や友人との約束があっても、重要度や順番を無視してパートナーのことを最優先するのです。

自分のことを犠牲にしてパートナーの世話に執着することで、自分は必要な存在なのだと思い込み、彼氏や彼女が求めてくる無理難題にも応えようとします。


共依存恋愛に陥っている人の特徴2. ひどいことをされても我慢する

何かをしてもらうよりも、してあげることのほうに喜びを感じます。たとえ、浮気されたりきつい言葉を浴びせられたりしても、相手が悪いのではなく自分に非があるのだと思ってしまうのです。

「自分が我慢すればいい」「もっと頑張らないと」と、どんなことでも自分を責める傾向に。精神的なものだけでなく、女性が男性から肉体的なDVを受けたとしても、「相手の気が済むならそれでいい」と我慢してまで一緒に居ようとするのです。


共依存恋愛に陥っている人の特徴3. 恋人がいない事を考えられない

二人の世界に深く入り込み、お互いに一緒に居なければ生きていけないと思っています。傍から見ればいびつな関係であっても、まわりからの意見やアドバイスに耳を傾けることなく、自分しかパートナーのことを分かってあげられないと思うほどにハマるのです。

パートナーへの執着や妄想が激しく、見捨てられることを過剰に恐れるため、現状を維持しようとします。


共依存恋愛に陥っている人の特徴4. 尽くしすぎている

自分の気持ちには無頓着でも、パートナーの気持ちや要望には敏感です。ギャンブルや借金、アルコールなどに苦しむパートナーに何度もお金を工面し、喜ぶ姿を見て満足します。

相手を助けてあげたいという気持ちが強く、尽くすことで自分の存在意義や喜びを見出すのです。尽くしすぎることでパートナーは堕落していき、堕落したパートナーにまた尽くすという悪循環に陥ってしまいます。


共依存恋愛に陥っている人の特徴5. 自分が支えてあげないとと思っている

誰かに強く必要とされないと自分に自信が持てません。まわりから「別れたほうが良いよ」と言われても、「相手を理解できるのは自分だけ」といった偏った思考や、必要としてくれるパートナーにのめり込む特徴があります。

男性でも女性でも「自分がいないと相手がダメになる」と思い込んでいるため、「自分が支えてあげないと」という思考が強くなってしまうのです。


共依存恋愛をするデメリットは?ハマる危険性を解説

共依存恋愛に陥っているカップルは、日常生活において悪影響を及ぼす可能性が出てきます。パートナーを愛することは良いことですが、「パートナーさえいればそれでいい」と思うことは危険信号のサイン。

ここでは、共依存恋愛をするデメリットを紹介していきますので、今後の参考にしてください。

共依存恋愛のデメリット
  1. 一喜一憂しやすい
  2. 自己犠牲をしすぎてしまう
  3. 盲目になりやすい
タップすると移動します

共依存恋愛のデメリット1. 一喜一憂しやすい

共依存恋愛に陥っている人は、パートナーの何気ない一言や一挙手一投足に敏感に反応します。そのため、恋愛中心の生活になってしまい、仕事や日常生活において集中できなくなってしまうのです。

パートナーとの関係によって気分の浮き沈みが激しくなったり、情緒不安定になったり。いつでもパートナーとのことを考えてしまい、社会生活が円滑に進まないケースが多くなってしまいます。


共依存恋愛のデメリット2. 自己犠牲をしすぎてしまう

「パートナーにとって自分は必要不可欠な存在」であることを求めすぎることもデメリットの一つです。必要不可欠な存在であろうとするため、常に自分のことよりもパートナーのことを優先してしまいます。

過剰な自己犠牲をすることで自分の存在意義を確認し、パートナーの要望や要求に無理して応えようとするのです。そのことにより、精神をすり減らしたりストレスを溜め込んだりして、心や体が病んでしまう人も少なくありません。


共依存恋愛のデメリット3. 盲目になりやすい

「恋は盲目」と言われますが、共依存恋愛のカップルはその傾向がより一層強くなります。まわりから見ればいびつな関係性に見えても、当人たちは二人だけの世界を形成しているため、アドバイスや意見に聞く耳を持たないのです。

パートナーのために自己犠牲をしている自分に酔ってしまったり、パートナーが本当は優しい人なのだと思い込んでしまったり。二人だけが分かりあっているリアリティのない世界を妄想し、自分だけがパートナーのことを分かっていると周囲の反対を無視して、意地を張ってしまうのです。


共依存恋愛の抜け出す方法とは|克服するコツを大公開

共依存恋愛カップルの行く末は、ほとんどが悲しい結末を迎えてしまいます。過度な依存や自己犠牲は、どちらにとってもメリットがないからです。ここでは、共依存恋愛から抜け出す方法を詳しく紹介していきます。

共依存恋愛に悩んでいる人は、明るい未来を手にするために必ずチェックして参考にしてください。


共依存恋愛の抜け出す方法1. 共依存を抜け出そうと恋人と話す

二人で話し合うことで過剰な束縛を行っていたことに気づいたり、言葉にすることで心が軽くなったりすることも。まずは、二人で話し合いの場を設けてみましょう。

普段は口にしない心の内をさらけ出すことでお互いの本音を語り合い、「お互いに依存することはやめよう」と思い切って切り出すのが克服への第一歩です。

「このままでは二人とも幸せにはなれない」と伝えることで、パートナーもこれまでのいびつな関係を見かえし、話し合うことで解決の糸口や脱却方法が見つかる可能性が出てくるでしょう。


共依存恋愛の抜け出す方法2. 恋人との距離を少し置く

近くに居すぎると二人の関係を客観的に見ることができず、すぐにお互い依存してしまいます。パートナーと少し距離を置くことで、どれだけ依存し合っていたのか気づくきっかけになるでしょう。

パートナーのいない、自分だけの時間や友人との時間を過ごしていくうちに、お互い自立した新たな関係を築いていくことができます。


共依存恋愛の抜け出す方法3. 親しい友人に相談してみる

二人の関係や将来を客観的に見るには、二人の関係をよく知っている友人の意見やアドバイスに耳を傾けてみましょう。

男性でも女性でもあなたのことをよく知っている友人ならば、それぞれの目線で感じた素直な意見を言ってくれるはずです。

親しい友人に相談することで考え方や視野が広がり、自分一人で考えるだけでは見つからなかった解決策や克服方法が見つかるでしょう。


共依存恋愛を断ち切って、自立した恋愛を楽しもう!

共依存恋愛に陥っている人は、自分の世界に閉じこもり他人の意見を受け入れ難くなっています。しかし、パートナーの無理難題や過剰な束縛などは受け入れ、そのことで自分の存在意義を確認するのです。

愛する人の要望や要求に応えたい気持ちは悪いことではありませんが、お互い自立した関係でいるほうが幸せになる可能性はグンと高くなります。

共依存恋愛の結末は、悲しく寂しいものがほとんどです。あなたが今、共依存恋愛に悩んでいるのなら、勇気を出して動きましょう。その先に、明るい未来が待っているはずです。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事