不倫の恋にハマる理由とは?既婚者と恋愛するリスク/関係の断ち切り方を解説

不倫の恋にハマりそうになっている方へ。今記事では、不倫の恋にハマりやすい主な理由から、不倫のリスクや関係を終わらせる方法まで詳しくご紹介します。既婚者との恋愛は燃えやすい反面、代償も大きいため、きちんと関係を断ち切るようにしましょう!

不倫の恋は本気になる前に終わらせる

不倫の恋にハマる理由とは

人の心は理屈で制御できないこともあり、既婚者を好きになってしまうケースもあります。

時には不倫関係に落ちてしまう人もいるでしょう。

しかし、既婚者と恋愛することは、既婚者の家族を傷つけますし、当事者にもリスクの高い行為

どんなに好きになっても、相手からアプローチされても、グッと気持ちをこらえて、関係を終わらせるようにしましょう。


不倫の恋がハマりやすい3つの理由とは|既婚者との恋に陥る原因を解説

不倫の恋を正しいことだと思っている人は少ないはず。頭では分かっていても、不倫の恋にハマってしまう人が、あとを絶ちません。

人はなぜ、不倫の恋に落ちてしまうのでしょうか。

ここでは、ダメと分かっていながら、不倫の恋にハマる人が多い理由を詳しく紹介したいと思います。


不倫の恋にハマる理由1. 手に入らないからこそ燃えるから

既婚者には家庭があり、既にパートナーがいる状態です。本来では絶対に自分のものにすることはできない存在。

しかし、魅力的で相性もバッチリな職場の同僚が、既に既婚者であると、「手を出したらダメ」というハードルがあるだけに、「でも付き合いたい」と好きな気持ちが燃え上がってしまうケースがあります。

諦めるのが正解なのでしょうが、「絶対無理」というシチュエーションは余計に「手に入れたい」気持ちを高めてしまうのです。


不倫の恋にハマる理由2. 割り切った関係を築けるから

不倫の恋は家族を持っている人との恋愛。始まる時は、双方に家庭を壊すほどの本気な関係を持つ気がないケースも多いです。

既婚者側は、家庭内での不満やひとときの火遊びをしたい気持ちを解消するため、もう一方は、魅力を感じられる相手と関係を持ちたいという、双方の利害が一致する関係を築けます

お互いが求めている要素を満たして、深入りしない。そのような割り切った関係の居心地のよさから、抜け出せなくなってしまうのです。


不倫の恋にハマる理由3. スリルを感じられるから

いけないことをしている時に感じるスリルは、ドキドキ感やヒヤヒヤ感があって、背徳的な快感をもたらします。

職場内での不倫の恋は、同僚や家族にバレないように行動するスリルが、快感となって、より興奮させてくれるでしょう。

不倫のスリルをしんどいと感じる人がいる一方で、「バレるかバレないかのドキドキがたまらない」と不倫をやめることができない人もいるのです。


不倫の恋はリスクが大きい|バレた時の主な代償とは

不倫の恋はハマリやすいものですが、家族を傷つける行為ですし、肉体関係があれば不貞行為として、法律に反する行為にもなります

バレたときは代償を払うことになり、辛い思いをすることも。

考えられる代償としては

  • 離婚になり、慰謝料を請求される
  • 子どもに会いにくくなる
  • 家族を傷つける
  • 職場や近所に知られれば、社会的信用を失う

などがあります。

通常の恋愛とは違い、幸せになれることはほとんどないので、ハマらないほうが良いといえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


もしも不倫関係になってしまった場合、速やかに終わらせる方法とは

ダメだと分かっていても、人の感情は理屈で整理できないこともあり、不倫関係になることもあるでしょう。

しかし、リスクが多く幸せになれる関係ではないので、速やかに終わらせることをおすすめします。

不倫を終わらせるおすすめの方法は、

  • 不倫相手とは明るい未来がないと認識する
  • 恋愛以外の楽しみを見つける
  • 本気になれば、自分も相手も苦しいことを理解する

など。

これらの行動を試してみれば、不倫にはいいことがないと理解できて、やめることができますよ。

【参考記事】はこちら▽


不倫の恋にハマってしまった時は、早めに関係の精算をしよう。

不倫の恋は、手に入れられないもどかしさや、割り切った関係の居心地のよさ、バレないようにするスリルなど、恋愛を燃えさせるスパイスがあり、ハマる人も多いです。

現在、「不倫の恋にハマって抜け出せない」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

不倫の恋で生じるリスクをしっかりと認識して、関係を終わらせることをおすすめします。不倫の恋をやめて、新しい独身同士の恋を楽しむほうが幸せになれますよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事