浪人に失敗したらどうする?志望校に落ちた後の主な進路や成功させるコツを解説

浪人を失敗するとその後の末路はどうなるのか詳しく知りたい方へ。今記事では、浪人を失敗しやすい人の特徴から、浪人を失敗した後の主な進路について詳しくご紹介します。志望校に受からないとどうなるのか不安という方は、ぜひ参考にしてみてください!

万が一、浪人に失敗してもいくらでも挽回できる

浪人を失敗したらその後どうする?

今度こそは!と必死に勉強したにも関わらず、志望校に合格できなかった場合、「浪人に失敗=人生終了」と思い込んで、その後の進路に大きな不安を抱えて思い詰めてしまう人も多いですよね。

しかし、浪人に失敗したからといって、その後の人生が真っ暗闇なわけではありません

まだまだ、若いからこそいくらでも立て直しはきくもの。浪人に失敗したからと、あまり不安視はしすぎないようにしましょう。


浪人を失敗しやすい人に共通する特徴とは?

浪人で失敗しやすい人には、男女問わずいくつかの共通する特徴があります。

  • 現役で不合格だった原因の分析や、苦手科目の克服をしていない。
  • 誘惑に流されやすく、必要な勉強を疎かにしやすい。
  • 周囲に気軽に相談できる相手がおらず精神的に不安定になりがち。
  • 自身の実力を過大評価しがちでレベルの合っていない大学を受験しがち。
  • 自身の勉強量を過信しすぎて勉強時間を減らしてしまう。

これらの特徴に心当たりがある場合は、早めに適切な対策をとるようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


仮に浪人を失敗した時の対処法とは?主な進路や今後の予定を解説

浪人に失敗した場合、その後の人生には、一体どんな事が待ち受けているのでしょうか?

志望校に合格できなくて、お先真っ暗なように見えても、実は様々な可能性が隠れているのが人生。

ここからは、仮に浪人に失敗した時の対処法、主な進路や予定について、一つずつチェックしていきましょう。


浪人を失敗した時の対処法1. 合格した大学へ進学する

第二志望や第三志望など、第一志望とは違う大学に進学して浪人生活とおさらばする人も意外に多いもの。

いくつか受験して、志望校は不合格でも他の大学に合格していた場合、思い切って合格した大学に進学するのも一つの方法です。

「ホントは、もっと別の大学に行きたかったのに。」

などと、最初のうちは、燻る気持ちも出てきますが、入学した大学で新生活をスタートさせ新しい出会いが増えるにつれて、「この大学に入って結果良かったな。」と気持ちが変わる事もありますよ。


志望校があるなら仮面浪人するのもあり

どうしても入りたかった志望校が不合格だったけど、滑り止めで受けた大学は合格だった場合、合格した大学に通いながら志望校への再チャレンジに備える仮面浪人になるのも一つの方法です。

一見、「大学生」でありながら、実は「浪人」としての一面も持つ、仮面浪人生活は、金銭的にも精神的にもそれなりに大きな負担が伴います。

入学した大学での新生活や様々な誘惑に惑わされる事なく、大学生と浪人生という二足の草鞋を履き続ける事ができるのであれば、ぜひ、仮面浪人にトライしてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


浪人を失敗した時の対処法2. もう一年浪人生活を送る

志望校への入学を諦めたら、絶対後悔しそうな場合や、志望校を経て就職したい企業などがはっきりと決まっている場合などは、さらにもう1年浪人生活を送ってみるのも良いでしょう。

予備校に通ってセンター試験に備えるも良し、自宅や図書館に籠って自分一人で念入りに勉強を重ねていくも良し。

志望校からの合格通知を手にするまで、とことんチャレンジしてみましょう。


浪人を失敗した時の対処法3. 専門学校へ進む

大学だけが、学校ではありません。

自分が少しでも、興味があるジャンルや、将来、就職してみたい専門分野がある場合は、専門学校への進路を考えてみるのも一つの方法です。

専門学校の多くは、大学よりも短い期間で専門性の高い内容を集中的に学ぶ事ができるのが特徴。

また、専門学校の中には、実際にそのジャンルの第一線で活躍している人々から直接指導を受けられる場合もあるので、より高いスキルを勉強できる可能性もありますよ。


浪人を失敗した時の対処法4. 就職活動を行う

志望校以外の大学に行く気がない、専門学校にも特に興味がないという場合は、就職先を見つけて一足早く社会に出てしまうのも良いでしょう。

正規での就職先がなかなか見つからなくても、まずは、派遣や契約という形からスタートし、正社員を目指す事も可能です。

昨今は、働き方のスタイルには様々なバリエーションがあるので、自分にあった働き方を見つけていきましょう。


浪人を失敗した時は、自分が何をしたいのか再度人生を考えてみて。

浪人中や、志望校からの不合格通知を受け取ってしまった時などは、その後の人生の末路が心配で怖い気持ちが溢れ出てしまいますよね。

しかし、浪人に失敗したからといって、人生が終わるわけではありません。

大学は、その後の長い人生の始まり部分にしかすぎませんよ。

自分の人生を成功させるかどうかは、自分自身次第です。

再度、浪人するも良し、仮面浪人になるも良し、志望校以外の大学に入学して志望校への編入を狙うも良し、就職するも良し。

浪人に失敗しても、その先の道にはたくさんの選択肢が待っていますよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事