浪人で失敗しやすい人の特徴とは?志望校に合格する“特別な秘訣”を伝授

浪人して失敗したらどうしようと悩むことって多いですよね。そこで今回は、浪人で失敗しやすい人の特徴や理由から、成功させる秘訣、万が一浪人して失敗した時の対処法まで詳しくご紹介します。浪人生の方はぜひ参考にして、しっかり第一志望の大学を目指しましょう!

浪人に失敗する人の原因と特徴を大公開!

浪人を成功させる方法

志望校に合格できなかった場合、就職して働くだけではなく浪人して試験に再チャレンジする選択肢があります。

実際に浪人することになった時には「浪人して失敗したらどうしよう」と考えてしまいますよね。では、どうすれば成功に導くことができるのでしょうか。

本記事では、浪人に失敗しやすい人の特徴や成功させる方法、浪人して失敗してしまった時の対処法などを徹底解説していきます。浪人したことを後悔しないためにも、ぜひ参考にしてくださいね。


該当したら要注意!浪人で失敗しやすい人に見受けられる特徴

ここでは浪人で失敗しやすい人の特徴を紹介していきます。浪人したら「次は失敗したくない!」と思いますよね。

失敗しやすい人の特徴の中に、自分が該当する特徴があれば要注意。早めに対策をして原因を改善していきましょう。


失敗する人の特徴1. 現役で落ちた時の理由や苦手科目の克服をしていない

志望校に合格できなかった場合、まずはなぜ落ちたのか原因を分析することが重要です。

「勉強時間が足りなかった」「苦手科目を克服できていない」など、人それぞれ理由はあるでしょうが、原因をしっかりと分析しなければ改善策も考えられません。

現役で落ちた時の理由や苦手科目を分析していない人は、また同じミスを繰り返す傾向があります。


失敗する人の特徴2. 意思が弱く、勉強をサボりやすい傾向にある

浪人になると学生時代よりも時間的な拘束が無くなる分、計画的に勉強を進めるためには自己管理能力が必要になります。

自己管理能力が低いと、テレビやネット、友達との時間などの誘惑に負けて、ついダラダラとした生活になりがちです。

周囲に流されやすい人や、すぐ楽をしようとするタイプの人は、意思が弱く、勉強をサボりやすい傾向がみられます。


失敗する人の特徴3. 同じ境遇の友達など、相談相手が居ない

一人で勉強をする時間が多くなりがちな浪人生は孤独になりがち。

孤独な環境は気持ちが折れそうになるため、予備校仲間や浪人している友達など、自分と同じ境遇の友達がいると気持ち的に楽になります。

気兼ね無く話せる友達や相談相手が居ないと、精神的にも不安定になりがちで、メンタルをコントロールできず、受験に失敗してしまう人が多いようです。


失敗する人の特徴4. 見栄を張って、学力の高い大学しか受けようとしない

プライドが高く、自分の学力レベルを分析できていないのが原因で受験に失敗する人も多いです。

自分の実力を過大評価しがちなので、実力が足りないにも関わらず、見栄を張って、実力よりも学力の高い大学ばかり受けようとします。

プライドだけでは合格点は取れないため、頑張っても合格点が取れず受験に失敗してしまう傾向が多いです。


失敗する人の特徴5. 少し勉強すれば受かると過信しやすい

浪人する人は、現役から勉強している分、勉強に費やしてきた時間が長いです。

だからこそ「何度も繰り返し勉強したから大丈夫」「これだけ勉強してきたから覚えているだろう」などと油断してしまい、勉強量を減らしてしまう人がいます。

現役から積み重ねているから、少し勉強すれば受かるという思い込みが原因で浪人を失敗してしまう人が多いです。


原因は何?浪人で失敗した人の主な理由とは

浪人を選ぶなら「次こそは逆転合格したい」と思うもの。しかし、現実は失敗する人も少なくありません。ここでは浪人で失敗した人の理由を5つピックアップして紹介します。

浪人して失敗しないためにも、どのような理由で失敗しているのか覚えておきましょう。


失敗する理由1. バイトや遊びの日々に追われ、勉強を疎かにしたから

浪人になると高校生の頃より自由な時間が多くなるため、受験勉強だけに時間を使えるようになります。

浪人して失敗する人は、受験までに時間的な余裕があると過信してしまい、勉強すべき時間をアルバイトや遊びに費やしてしまうことが理由であることも少なくありません。

勉強を疎かにしているうちに、たっぷりあったはずの時間が無くなってしまい、十分に勉強できないまま受験に挑むことで、受験に失敗してしまうのです。


失敗する理由2. 現役時代と同じ勉強法を繰り返してしまったから

浪人は既に一通りの受験勉強を終えている状態です。特に現役時代、真面目に勉強に取り組んできた人ほど伸びしろが少なくなってしまうため、現役時代と同じ勉強法を繰り返していては成績が伸びなくなります。

自分の学力に合わせて勉強法を工夫し、現役時代では克服できなかった部分をカバーしていかないと、浪人に失敗してしまうことになります。


失敗する理由3. スタートダッシュが切れず、学力を試験日までに上げきれなかったから

浪人が決まる3月頃は、高校卒業と重なり友達と遊ぶ時間も多くなるため、ついスタートダッシュが切れず、勉強が出遅れがちになってしまうことも。

浪人生は春から夏にかけてが学力を伸ばしやすい期間とされているため、スタートダッシュが上手くできないと、試験日までに合格点を取れるほどの学力をつけられず、浪人を失敗してしまう結果になってしまいます。


失敗する理由4. 判定が悪いのに受験レベルを落とさないから

浪人になると、現役よりも「後がない」と考えてしまうからこそ、なんとしても第一志望の学校に合格したい気持ちが強くなります。

だからこそ、浪人すると「次こそは志望校に合格するぞ」と意気込んでしまいがちになることも少なくありません。

志望校合格にこだわるがあまりに、予備校での模試の判定が悪いのにも関わらず、受験レベルを落とせずに浪人を失敗してしまう場合もあるのです。


失敗する理由5. なぜ志望校に行きたいのか、理由が明確になっていないから

志望校に合格するためには「なんとしても合格したい!」「絶対に合格するんだ」など、合格への思いが強ければ強いほどモチベーションを保て、勉強を頑張れるものです。

その反面、「なぜ志望校に行きたいのか」と受験する理由が明確ではない場合、モチベーションが上がらないので、勉強が中途半端になってしまい、浪人に失敗する原因になってしまいます。


浪人生活を成功させて志望校へ合格する秘訣とは

せっかく浪人するのであれば、どうにかして浪人生活を成功させて志望校合格を目指したいと思いますよね。続いては、浪人生活を成功させて志望校へ合格する秘訣を5つピックアップして紹介します。

浪人生活を絶対に成功させたい人はぜひ参考にしてくださいね。


合格の秘訣1. 浪人を決めた時点で、猛勉強を開始する

私立大学入試が終わった2月下旬頃からは進路が決まる人も多く、浪人が決まるのも早ければこの時期になります。

実は、進路が決まった後の3月から4月上旬の期間をいかに上手く活用するのかが、浪人生活を成功させるためのカギです。

現役生は部活動が終わる秋以降に学力を上げてくるため、浪人を決めた時点で猛勉強を始め、スタートダッシュを切って夏前に学力を上げるのが、浪人を成功させる秘訣になります。


合格の秘訣2. 現役時代に苦手な科目を分析して、克服する

浪人生活を成功させるためには、苦手科目を克服することが重要です。苦手科目を克服できなければ、同じミスを繰り返して浪人を失敗する原因になります。

現役時代に苦手だった科目をしっかりと分析し、克服できるように勉強方法を工夫しましょう。例えば、1ヶ月だけでも徹底して苦手科目に取り組むなど計画的に勉強して、苦手科目を克服していきましょう。


合格の秘訣3. 基礎からみっちりと勉強し直す

浪人になると現役生よりも長く受験勉強を続けていることから基礎よりも「応用問題を解かなくては」という考えてしまう人もいるでしょう。

とはいえ、応用問題を正確に解くためには基礎が大切です。浪人になってもまずは基礎からしっかりと勉強し直し、現役時代に取りこぼしていた範囲をしっかりと定着させることが大切です。


合格の秘訣4. 苦楽を共にする浪人友達を作る

浪人になると毎日朝から夜寝るまで勉強に追われる日々が続きます。長時間勉強するのは辛く感じることもあるため、一人で頑張り続けるのは難しいものです。

例えば、同じ予備校に通う友達など、自分と同じ状況で苦楽を共にできる相手がいれば、悩み相談や情報共有など、浪人生活を成功させるためにも心強く感じるでしょう。


合格の秘訣5. 目標から逆算してしっかりと勉強計画をたてる

浪人だからといって、やみくもに勉強するだけでは非効率的。しっかり段取りを組んで勉強することが浪人成功の秘訣です。

効率的に勉強を進めるためには、目標から逆算して勉強計画を立てることがポイント。そうすることで、いつまでに何をやるのか期限が明確になります。

期限が明確だと締め切り効果が働くため、モチベーションを維持するためにも効果的ですよ。


もしも浪人を失敗した時はどうする?一般的なその後の対処法は

一生懸命勉強して試験に挑んだつもりでも、浪人を失敗してしまうこともあるでしょう。もしも浪人に失敗した時はどうしたら良いか考えてしまいますよね。

最後に、浪人に失敗してしまった時の一般的なその後の対処法を3つご紹介します。


失敗後の対処法1. 就活をして就職する

浪人に失敗すると就職して働くか、二浪して進学するか、はたまた留学するのかなど、改めて将来を考えるきっかけになります。

親に負担をかけてしまうなど、様々な理由から浪人を続けられない場合には、就職して働くことも一つの選択肢になるでしょう。

浪人に失敗したという事実にいつまでも捕らわれていると、ダラダラとニートになってしまうことも。

働くと決めた時点で就活を始め、親に負担をかけないためにも、就職に向け前向きに将来へ進んで行くことも大切です。


失敗後の対処法2. 本気で行きたい大学があるなら、二浪を検討してみる

浪人に失敗しても、将来のためにどうしても進学を諦めきれない場合には、二浪を検討するのも一つの方法です。

ただし、浪人は経済的にも負担がかかってしまうもの。親に金銭的な負担をかけてしまうことになるため、しっかりと相談した上で検討していくことが大切。

妥協せず、本気で志望校に行きたいと思う人に最適な対処法です。


失敗後の対処法3. 専門学校へ進学してみる

浪人に失敗した時には、大学進学にこだわらず、専門学校へシフトするのも賢明な判断といえるでしょう。

専門学校は大学よりも内容を絞り、実務的な内容の勉強をできる特徴があります。在籍年数も大学より短く済むため、大学よりも早く就職して働くことができるメリットも。

特になりたい職業がある人や、二浪は出来ないけれど進学したい人は、専門学校への進学もその後の対処法の一つになります。


浪人に失敗しないよう、地道に努力していきましょう。

今回は浪人に失敗しやすい人の特徴や、志望校に合格するための方法などを紹介してきました。ベストを尽くして試験に臨んだつもりでも、万が一浪人に失敗した時には留学や就職して働くなどの進路も選択肢の一つです。

でも、受験を成功させるために、失敗しやすい人の特徴を参考に対策を練っておくようにしましょう。浪人生の人はこの記事を参考に、まずは第一志望へ逆転合格を目指していきましょうね!


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事