旅行が嫌いな人の理由とは?誘われた時の上手な断り方/旅行が少し好きになる工夫を紹介

旅行が嫌いかもと悩んでいる方へ。今記事では、旅行が嫌いな主な理由から、旅行に誘われた時に断り方や旅行図気になるコツまで詳しくご紹介します。遠出するのが苦手とお悩みの方に最適な対処法も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

「旅行が好きじゃない」と思っている人は珍しくない。

旅行嫌いな人の主な理由

家族や友人と楽しい一時を過ごせる旅行は、多くの人に愛されているという印象が強いですよね。しかし、理由やきっかけは人によって様々ですが、旅行が好きではないと思っている人も決して珍しくはありません。

そこでこの記事では旅行が嫌いだと感じる主な理由や、誘われた時の断り方、また、旅行を好きになるコツなどを詳しく紹介していきます。


旅行が嫌いな人の主な理由とは|苦手に感じる原因を解説

楽しいはずの旅行を、様々な理由から苦手に感じてしまう旅行嫌いの人。しかし、具体的に何が原因で旅行に苦手意識を持ってしまうのか、その理由がよく分からない人もいるでしょう。

そこでここからは、旅行が嫌いな人の主な理由や苦手に感じる原因を詳しく解説していきます。


旅行が嫌いな理由1. 家が好きだから

どんなに旅行が楽しいものであると分かっていても、お出かけ自体が億劫に感じる人は外にいかないもの。

外で活動的に行動するぐらいなら家でゴロゴロしたいと思うインドアな人や、身なりを整えて外出するより家で気楽に過ごしたいと思う人は、遠出に魅力を感じないでしょう。

基本的に外よりも家が好きなので、旅行が嫌いだと思ってしまうのだと考えられます。


旅行が嫌いな理由2. ずっと一緒にいるのが疲れるから

マイペースな人や一人行動が好きな人は、四六時中誰かと行動を共にすると気持ちが休まらないもの。

移動中はもちろん、食事や観光地の見学中もずっと誰かと過ごす必要があったり、寝る時までも他人がそばにいたりすると、ヘトヘトになってしまいます。

一日中常に誰かと一緒にいるとどうしても疲れてしまうため、旅行を好きになれないのでしょう。


旅行が嫌いな理由3. 人混みが苦手だから

自分の空間を大切にする人は、周囲に人がたくさんいると落ち着かないという特徴があります。

周りに人が多いと視線が気になったり集中できなくなったりしますし、圧迫感があって「疲れる」と感じる人もいるでしょう。

観光地のように人が多いところだと、パーソナルスペースを守れない可能性があるため、人混みが苦手な人は旅行が嫌いになってしまうと考えられます。


旅行が嫌いな理由4. 荷造りがめんどくさいから

仕事や学校などで日々忙しくしている場合、「自由時間ぐらいのんびりしたい」と思うもの。

旅行の準備のために買い物をしたり、必要なものを確認したりする作業は意外と時間がかかるため、億劫に感じてしまうでしょう。

このように、空き時間を犠牲にして荷造りすることがめんどくさいと思うことも、旅行が嫌いな人の特徴だと考えられます。


旅行が嫌いな理由5. 手配するのが大変だから

旅行は、場所やその形態によっては当日までにかなりの準備が必要になることも珍しくはありません。

交通機関や宿などの手配が必須なことはもちろん、団体旅行であれば、レストランの予約やアクティビティの確保も事前にしておく必要があると考えられます。

手配が複雑で時間と労力がかかることも、旅行が好きではない原因の一つでしょう。


旅行が嫌いな理由6. 出費がかかるから

貯金や節約がしたい人にとっては、費用がどうしても気になってしまうのが旅行。

海外旅行だと交通費が高額になるだけでなく、パスポートや旅行保険の準備も必要ですし、国内であっても普段より贅沢する場合が多く、出費は避けられません。 

このように、コストがかかることをよく思わない性格の人も、旅行を嫌いに感じてしまうと考えられます。


旅行が嫌いな理由7. タイムスケジュールがタイトだから

マイペースに過ごしたい性格の人は、急かされたりスケジュールを決められたりすると疲れてしまうもの。

観光地を足早に回ったり、ご飯の時間が決まっていたりして、自分のペースで過ごせないとストレスが溜まってしまうのが特徴です。

休日にわざわざ外出先でせかせかしたくないというのも、旅行が嫌いだと感じる理由の一つでしょう。


友達や家族に旅行に誘われた時の上手な断り方とは?

長期休暇などがあると、友達や家族から誘われる機会が多い旅行。しかし、性格的に「どうしても旅行に行きたくない...」という人もいるでしょう。

そこでここからは、友達や家族に旅行に誘われた時の上手な断り方を紹介します。「できるだけ旅行を避けたい」という人はぜひ参考にしてください。


旅行を断るコツ1. 仕事があると断る

友達や家族も、あなたに外せない予定があることが分かれば無理強いはできないもの。

そこで、社会人なら仕事、学生ならバイトやテストがあるなどと言って断ることをおすすめします。

仕事などのように、どうしても優先しなければいけないものを提示すると、誘った相手も納得しやすいですよ。さらに、「また次の機会に誘ってね」と付け加えると、穏便に断ることができるでしょう。


旅行を断るコツ2. 経済的にキツイと断る

旅行はどうしても多額の出費が必要となるため、金銭的な理由を出されると相手も納得せざるを得ません。

従って、「今ちょっとお金が足りなくて...」といったように、経済的にキツイことを言い訳にして断りましょう。

お金が理由だと相手も「仕方がない」と受け入れやすいため、今回の件がきっかけで気まずくなるようなことはないと考えられます。


旅行を好きになる秘訣は?旅の魅力を見つける方法を大公開

インドア派や個人行動が好きな人にとっては、苦手に感じやすい誰かとの旅行。無理に好きになる必要はありませんが、苦手だけど興味はあるという人もいるでしょう。

そこでここからは、旅行に少しでも興味がある人向けに、旅行を好きになる秘訣やコツを紹介していきます。


旅行を好きになるコツ1. 自分で行きたい場所をピックアップする

旅行が嫌いだと思っていても、一度は行ってみたい国や観光地はあるはず。

そこで、まずは自分が行きたいと思える場所をピックアップしてみることをおすすめします。

テレビで旅番組を見てみたり、YouTubeで検索したりすると簡単に様々な観光地の情報を得ることができるでしょう。

興味がある場所が見つかることで、旅行に対して前向きな気持ちを持つことができると考えられますよ。


旅行を好きになるコツ2. 気心の知れた友人と行く

四六時中誰かと一緒に過ごす旅行は、気をつかってしまう相手と一緒に行くとどうしても疲れてしまうもの。

そこで、同行者として選ぶ人は、気心の知れた友人や長年付き合っている恋人などにするといいでしょう。

ずっと一緒にいても疲れない人と行動を共にすることで、ストレスを溜めることなく旅行を楽しめるはずですよ。


旅行を好きになるコツ3. ノープランの旅に出てみる

旅行が嫌いな人の中には、決められたスケジュールに合わせて行動するのが苦手という人も多いでしょう。

そのような人は、一度ノープランの旅に出てみることをおすすめします。

行き先だけ決めてあとの行動は現地に着いてから考えるような流れにしておくと、急かされることもなくマイペースに旅を満喫することができますよ。


旅行嫌いを克服したいなら、自分なりに楽しめる旅行を探してみよう。

様々な理由から、苦手に感じてしまう人も多い旅行。誘ってくる相手や、誘われている旅行プランによっては、気乗りしない時もあるでしょう。

しかし、無理に誘いに応じたり、旅のスタイルを相手に合わしたりする必要はありません。

どうしても気乗りしない場合は相手が納得しやすい理由で断ったり、自分が少しでも楽しめるように旅のプランを工夫したりしながら、うまく旅行と付き合っていきましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事