両親が結婚を反対する理由とは?親御さんが子供の結婚に難色を示す訳を解説

親御さんが結婚に反対する主な理由に詳しく知りたい方へ。今記事では、親御さんがお子さんの結婚に反対する理由について詳しくご紹介します。お子さんの将来が心配だからこそ、判定してしまうケースもあるため、ぜひ参考にしてみてください!

親は子供を大事に思うからこそ、反対する事もある

結婚を反対する主な理由とは?

大好きな人との結婚を親に認められないことは、とても辛く悲しいもの。理解してくれない親の気持ちが分からず、悩んでしまう人は多いでしょう。

しかし、親は理不尽に2人の結婚を反対している訳ではありません。幸せになるためにも相手をきちんと選んでほしいという強い思いから、場合によっては反対してしまうのでしょう。


親御さんが結婚に反対する主な理由とは|どうして結婚を許してくれないの?

自分の幸せを願ってくれていることを分かっていても、親に結婚を反対されるのは辛いもの。中には、親の気持ちがよく分からずモヤモヤしてしまう人もいるでしょう。

そこでここからは、親が結婚に反対する主な理由を解説していきます。自分の親に反対されているという人はもちろん、彼女や彼氏の親御さんが結婚に反対する理由を知りたい、という人もぜひ参考にしてください。


結婚を反対する理由1. まだ若いと思うから

生活が一変し様々な責任が伴う結婚は、精神的に大人でないとうまくいかないもの。

娘や息子が社会人経験が少ない20代前半だと心配に思ってしまったり、子供たちがお互いにまだ未熟だったりすると、「焦らなくてもいいのでは」と感じる親御さんもいるでしょう。

まだ家庭を持てるほど大人になっていないと感じているため、結婚を反対するのだと考えられます。


結婚を反対する理由2. 離婚歴がある

自分の子供が初婚の場合、「できるだけ初婚同士で結婚して欲しい」と思っている親は少なくありません。

相手がバツイチの男性の場合、離婚した元妻に養育費を払っていると経済力が心配になってしまいますし、女性で子連れの相手だと、息子が血の繋がりのない連れ子とうまくやれるのか不安に感じてしまうもの。

このような問題を考えると子供が幸せになれるかどうかを不安に感じるため、相手に離婚歴があると反対される原因となるのでしょう。


結婚を反対する理由3. 子離れできていないから

親は、子供が可愛すぎるあまり、時には強く執着してしまうもの。

我が子を小さな頃から溺愛していた父親や母親の中には、「まだ実家を出てほしくない」「よく知らない人に取られたくない」という思いを持つ人は少なくありません。

子供が大人になってもまだ子離れできていないため、結婚に賛成できないのだと考えられます。

【参考記事】はこちら▽


結婚を反対する理由4. 家柄の違いを感じるから

最近は自由恋愛の末に結婚する人が主流となっていますが、中には「親が認めた相手としか結婚できない」という家庭も少なくはありません。

代々特定の職業の人同士でしか結婚を認めていない場合や、家の「格」が同じぐらいの相手でないと賛成しないという場合もあるもの。

このように、家柄を重んじるあまり結婚を許せないのも、親が結婚を反対する理由の一つでしょう。


結婚を反対する理由5. 男性の将来性が不安だから

親は、自分の娘や息子にはできるだけ金銭面で苦労してほしくないと考えており、特に女性側の親はこの傾向が強くなっています。

相手の男性が手堅い職についていなかったり、夢を追いかけていたりすると、結婚後の生活が心配になる父親や母親は多いでしょう。

娘を幸せにできるだけの将来性が相手の男性にあるのかが分からないため、結婚に反対するのだと考えられます。


結婚を反対する理由6. 年の差があるから

「娘や息子には同年代と結婚してほしい」と思う親は少なくありません。

一回り以上年齢が離れていると子供を持てない可能性がありますし、ジェネレーションギャップを感じやすいため、本当に良好な関係を築けるのかが心配になってしまうもの。

できれば障害や問題が少ない相手と結婚してほしいと感じているため、年の差がある相手だと反対してしまうのでしょう。


結婚を反対する理由7. 学歴の差を感じるから

若い世代の人は別ですが、親の世代の中にはまだまだ学歴を重視してしまう人がいるもの。

代々学歴を重んじる家庭だったり、家族のほとんどが高学歴だったりする場合は、結婚相手にもそれ相応の学歴を求めてしまう傾向があります。

学歴の差がある相手とは結婚してほしくないと思ってしまうため、結婚に賛同できないのでしょう。


結婚を反対する理由8. 収入が低いから

結婚は新しい家庭を作り生活していくものなので、どうしてもそれ相応の資金が必要になります。

住む家や光熱費などの固定費はもちろん、この先子供ができるとなるとさらにお金がかかるため、2人の収入が低いと父親や母親は不安を感じてしまうでしょう。

お互いの経済力が乏しく結婚は難しいと判断しているため、反対してしまうのだと考えられます。


結婚を反対する理由9. 相手の地元が遠方だから

結婚して子供が家を出ても、できれば近くに住んでいてほしいと考える親は少なくありません。

月に何度かは一緒に食事をしたり、もし孫が産まれればすぐに会ったりしたいと思う親御さんは多いもの。しかし、子供が遠方に住む相手の地元に引っ越すとなると、そう簡単にはいかないでしょう。

子供が離れた場所に住んで頻繁には会えなくなってしまう可能性を不安視しているため、結婚を反対するのだと考えられます。


結婚を反対する理由10. 人柄に疑問を感じたから

どんな親でも、子供の幸せを考えると人間的にできた人と一緒になってほしいと考えるもの。

従って、娘や息子への態度が悪く大切にしてくれそうになかったり、あまりにも常識や礼儀を知らなかったりする相手だと、不安になってしまうと考えられます。

子供の生涯の伴侶として相応しい人柄だと確信できないため、結婚を反対してしまうのでしょう。


親から結婚を反対されたら、諦めずにアピールして理解してもらおう。

結婚する上で障害となってしまう親からの反対。自分の親や彼氏・彼女の親御さんから反対されていて、辛い思いをしているという人は多いでしょう。

しかし、親が結婚を反対することには必ず何かしらの理由があるため、まずは親の気持ちを理解することが大切となります。

原因をしっかりと理解し適切に対処していくことで、必ず結婚に賛同してもらえる日はくるでしょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事