一人が寂しいと感じる原因とは?孤独が辛いと思った時の対処法を大公開

一人が寂しいと感じている方へ。今記事では、一人が寂しいと感じてしまう原因から、寂しい時の対処法まで詳しくご紹介します。普段の夜や休日など、一人で過ごすのに孤独で寂しいとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください!

一人が孤独で寂しいと感じる瞬間は誰にでもある。

一人が寂しいと感じる原因とは

予定のない夜や休日を一人で過ごしていると、ふと寂しさや孤独感を意識してしまう人は多くいます。寂しさを抱えたまま一人でいるのは辛く、気が滅入ってしまう人もいるでしょう。

一人行動は気楽でいいとふだん思っている人でもふとした瞬間に寂しく思うことがあるもの。

この記事では、一人が寂しいと感じる原因や対処法について詳しくご紹介します。


一人が寂しいと感じてしまう原因とは|主な理由を徹底ガイド

寂しさを感じるタイミングは人によって違いますが、原因があって孤独を感じるケースが多いです。一人で平気な時もあれば寂しく感じる時もあるのは、なぜなのでしょうか。

ここでは、一人が寂しいと感じてしまう主な原因を7つご紹介します。


一人が寂しく感じる原因1. 失恋をしたから

恋愛が成就しないと分かった時は誰でも傷つきます。

失恋をしたら、「あなたは私にとって必要ではない」と告げられたようで、悲しさや寂しさを抱かずにはいられません。恋人にフラれて、今まで時間を共有していた人と別れることになれば、自分の生活の中に穴が空くような孤独感を感じることもあるでしょう。

自分を必要とされなかった疎外感を抱えているので、自分が一人だと感じやすいのです。


一人が寂しく感じる原因2. 落ち込んでいるから

気が滅入っていると、人は弱気になってしまいがちです。

落ち込んだときは、誰かに優しくしてもらいたい、甘えたい、という気持ちが強くなります。ありのままの自分を受け入れてもらうことで、自信を取り戻したり前向きになれたりするからです。

けれど一人だと励ましたりなぐさめたりしてくれる人が居ないので、寂しく感じるのです。


一人が寂しく感じる原因3. 楽しい出来事から帰宅して我に返ったから

楽しいイベントと一人の時間は賑やかさが正反対です。

気の置けない友人たちとワイワイ過ごした後は、普通の日常でも急に孤独を意識してしまいます。特に一人暮らしの人はこの傾向が強く、土産話をする相手もいないと楽しさの余韻にも浸れません。

イベントが楽しかった分だけ普通の生活が物足りなさを感じて、一人が平気な人でも寂しいと感じるのです。


一人が寂しく感じる原因4. 恋人がほしいと思っているから

恋人が一番のよき理解者であり、生きていくのに必要な存在だと考える人も多いでしょう。

外で弱音を吐きにくい男性は、恋人に癒しや安らぎを求める傾向にあります。そっと寄り添い、優しく支えてくれる恋人がいるからこそ、仕事も頑張れるという男性も多いでしょう。

物足りなさを抱えたままの生活になるので、恋人がほしいのにできない人はより寂しいと感じるのです。


一人が寂しく感じる原因5. 休日にやることがないから

休みの日に暇をもてあましていると、ついとりとめのない考え事をしてしまうもの。

漠然とした物思いはネガティブ思考を引き起こしやすく、一人でいる状況も悲観的に捉えがちです。一人が寂しいと感じる人は「誰にも相手にしてもらえない」という思い込みがベースになっていることもよくあるのです。

たまたま予定がないことも必要以上に悪く考えがちなので、ただの暇な休日も孤独に思えてしまうのです。


一人が寂しく感じる原因6. 恋人や友達に会えていないから

ありのままの自分を受け入れてもらえる場がないと、人は疎外感や孤独を感じます。

恋人や友達の前でだけ自然体でいられる人は、会えない期間が続けば、素の自分を認められる場がありません。たとえ職場で大勢の人と会話をする機会があっても、本心を出せる相手がいないとどこか物足りない気持ちになるでしょう。

自然体の自分をさらけ出せる機会がないので、親しい人と会えずにいると寂しくなるのです。


一人が寂しく感じる原因7. 共有できる相手がいないから

周囲からの理解が得られないと、孤独を感じやすくなります。

特に女性は理解されたい気持ちが強い人が多く、理解者の有無が寂しさに影響する傾向に。一人でいる辛さを誰にも分かってもらえない状況では、一人ぼっちになったと錯覚してしまう女性は多いでしょう。

寂しさを誰とも分かち合えなければ味方がいないように感じるので、寂しいと思いやすいのです。


一人が寂しい時の対処法|孤独に打ち勝つ方法を大公開

寂しさを抱えたまま一人の時間を過ごすというのは、辛いですよね。社会人になると友達や恋人といつでも会えるわけではなくなり、孤独に打ち勝つには人と会う以外の対処法が必要です。

ここでは、一人が寂しいと感じたときの対処法を5つご紹介します。


一人が寂しい時の対処法1. 没頭できる趣味を見つける

なにかに打ち込んでいると充実感が得られ、寂しさが紛れるもの。とりとめのない物思いにふける暇もなくなり、くよくよ考え込まなくなります。

まずは一人でできる趣味を見つけてみましょう。誰にも気を遣わず取り組めるので、難しく考えず気楽に始めてみてください。

没頭できる趣味が見つかると自然と趣味に時間を割くようになり、忙しさで孤独を忘れられます。

【参考記事】はこちら▽


習い事を始めてみるのもおすすめ

疎外感や孤独がつのると自信が失われ、消極的になる人も多いです。その結果、ますます一人で家に閉じこもる悪循環に陥ることも。

そんな時は習い事で自分磨きを始めましょう。先生とのマンツーマンではなく、なるべく多くの人とコミュニケーションが取れる習い事だと、寂しさの解消により効果的です。

定期的に通う習い事は他人との継続的な関わりが持てるので、「私、友達いないから…」という人でも孤独から抜け出せます。

【参考記事】はこちら▽


一人が寂しい時の対処法2. ペットを飼う

もともと寂しがり屋な性格だと、一人暮らしでは寂しさから抜け出すのは難しいです。

そんな時はペットと暮らすのが効果的な対処法です。会話は出来なくてもいるだけで癒しをくれ、いつでもあなたの生活に寄り添ってくれるでしょう。

ペット相手なら気兼ねなく一緒に寝たり触れ合ったりできるので、人には弱みを見せにくい男性でも取り入れやすい対処法です。


一人が寂しい時の対処法3. 友達や恋人と電話をする

孤独感に打ち勝つには、誰かの助けを借りるのも一つの方法です。

気の置けない友達や恋人とは離れていても意思疎通がしやすく、他愛のないおしゃべりが続けられるでしょう。特に一人での食事が寂しいと感じる女性は多いので、そんな時はビデオ通話で友達や恋人とつなぐと、一緒に食事をしている気分になれるのでおすすめ。

親しい人と連絡を取り合うと、人との繋がりをダイレクトに感じられるでしょう。


一人が寂しい時の対処法4. テレビや音楽を流す

静かな部屋に一人でいると、よけいな考え事をして孤独感をつのらせることがあります。

一人の時間でも寂しさを軽減するには、BGMを取り入れるのがおすすめです。テレビ番組や音楽をかけておくと、自然と意識がそちらに向くので、考え事を続けてしまうこともありません。

にぎやかなBGMがあれば自然と明るい雰囲気になるので、心も晴れやかになりますよ。


一人が寂しい時の対処法5. 休日は細かくスケジュールをたててみる

何もやることがないと、その分寂しいと感じやすくなります。

休日にはあらかじめ細かく予定を入れておくと、孤独の解消に効果的です。料理や読書など家でできることも立派な予定なので、欠かさずスケジュールに組み込みましょう。連休を控えているなら、大掛かりな模様替えをするのもおすすめ。

やるべきことが明確になっていると充実感が得られるので、寂しさを感じることも少なくなります。


一人が寂しいと感じたら、自分が夢中になれるものを探してみて。

一人が寂しいと感じてしまう原因や対処法を解説してきました。孤独感に悩む人は、一人で過ごすことを必要以上に悲観的に捉えている傾向があります。

そのまま悲観的に捉えてしまうのではなく、一人の時間の過ごし方を考え直してみましょう。

寂しさに打ち勝つことができれば、一人の時もあなたらしく楽しく過ごせるようになりますよ。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事