旦那と喧嘩した時に仲直りする5つの解決法とは?夫婦喧嘩を減らすコツも解説!

旦那と喧嘩が多いとお悩みの方の女性へ。今記事では、旦那さんと喧嘩した時の対処法から、夫婦円満のコツまで詳しくご紹介します。喧嘩をしてから仲直りするまでの期間や切り出すコツも解説するので、夫婦喧嘩に悩んでいる女性は、ぜひ参考にしてみてください!

旦那との夫婦喧嘩で悩む女性は多い。

旦那と喧嘩したときの解決法は?

毎日生活を共にしている夫婦ですから、些細なことや価値観のズレなどをきっかけに夫婦喧嘩は起こってしまうもの。

しかし、中には「夫婦喧嘩の回数を減らしたい」「夫婦喧嘩をした時、どのように仲直りすべきか分からない」など、悩みを抱える女性も多くいます。

そこで今回は、旦那さんとの夫婦喧嘩に悩む女性向けに、夫婦喧嘩の対処法から夫婦喧嘩を減らすコツまでをお届けします。


旦那さんと喧嘩になる主な原因とは|夫婦喧嘩の定番の理由を解説

つい旦那と喧嘩に発展してしまう原因には、以下のようなものがあります。

  1. 言葉遣いや言い方
  2. お金の使い方
  3. 家事や子育てへの考え方
  4. 休日の過ごし方

夫婦喧嘩が起こる原因のほとんどは、旦那さんとのコミュニケーション不足や価値観の相違が理由です。

旦那さんとの喧嘩が絶えないとお悩みの女性は、まず旦那さんとの対話の時間を取ることを心がけてみてください。

【参考記事】はこちら▽


夫婦喧嘩をした時の対処法5つ|旦那と早急に仲直りするコツを解説

旦那さんと夫婦喧嘩をした時は、夫婦関係の悪化を防ぐためにもできるだけ早めに仲直りをすべきです。

旦那さんと良好な関係を築くためにどのような仲直りが良いのか、ここでは夫婦喧嘩の対処法を解説します。

夫婦喧嘩をした後に心がけたい言動や夫婦以外の手助けを借りるなど、詳しい対処方法をご紹介します。

【参考記事】はこちら▽


夫婦喧嘩をした時の対処法1. 自分が悪い時は素直に謝る

夫婦喧嘩が長引いたり同じ喧嘩を繰り返したりする理由は、喧嘩になった原因が解決されていないからです。

夫婦喧嘩の原因が自分にある場合は、旦那さんに意地を張らずにきちんと謝罪をしましょう。旦那さんに謝る時は、ごめんなさいの言葉を旦那さんに伝えてください。

自分が悪いと素直に認めることで旦那さんのモヤモヤも解消され、スムーズに仲直りできるはずです。


夫婦喧嘩をした時の対処法2. 時間をおいて話し合う

夫婦喧嘩をした直後は感情が高ぶっているため、仲直りをするベストなタイミングとは言えません。

仲直りをするなら、喧嘩から少し時間をおいてから話し合うのがおすすめです。喧嘩直後は相手の言い方や態度が許せないと思うかもしれませんが、時間をおくことで段々と気持ちが落ち着き物事を冷静に考えられるようになります。

時間をおいて冷静になってから話し合うことで、お互い感情的にならずにきちんと仲直りできるはずでしょう。


夫婦喧嘩をした時の対処法3. 少し贅沢なご飯を用意する

夫婦喧嘩をした後は、謝罪の言葉を伝えるのがもどかしく感じる時もありますよね。

そんな時は、言葉ではなく行動で謝罪の気持ちを示してみましょう。旦那さんの好きな料理を多めに作り、少し贅沢なご飯でおもてなしするのもおすすめです。

仲直りしたい気持ちが旦那さんに伝わり、仲直りしやすい雰囲気に持っていけますよ。


夫婦喧嘩をした時の対処法4. 翌日に普段どおり接してみる

仕事で疲れたり育児のストレスでモヤモヤしたりした時は、つい身近な存在に怒りを発散してしまうことがあります。

ほんの些細なきっかけの喧嘩であれば怒りが静まり、段々と相手に対して申し訳ない気持ちが芽生えてくるはずです。

お互いに申し訳ない気持ちがなんとなく伝わっているなら、翌日も普段通り接していればOK。

普段通りの姿を見れば、旦那さんもホッと安心していつも通りの関係が築けます。


夫婦喧嘩をした時の対処法5. 子供に協力してもらう

夫婦といえども他人ですから、お互いに譲れない部分があっても子供の前で喧嘩をした姿を見せるのは気が引けてしまうもの。

旦那と喧嘩が長引きそうな場合は子供に協力してもらい、2人の間を取り持ってもらうのも良いでしょう。

夫婦2人きりになるのを防ぐことで再び喧嘩になる可能性が低くなる他、子供と一緒に過ごすうちに2人の気持ちも徐々に冷静になってくるはずです。


旦那さんと喧嘩をした時に避けたいNGな行動とは?

旦那さんと夫婦喧嘩をした時は、旦那さんの気持ちを逆なでする言葉や行動は慎むべきです。

夫婦喧嘩が長引くのを避けるためにも、ここでは喧嘩の後に旦那さんの前でやってはいけないNG行動についてご紹介します。


夫婦喧嘩後のNGな行動1. 口をきかない

夫婦喧嘩の後はお互いに話しづらい雰囲気になりますが、話し合わなければいつまで経っても夫婦喧嘩は解決しません。

口をきかないのは相手を避けている行動も受け取られますし、旦那さんが謝りたくて奥さんに話しかけたとしても仲直りをするきっかけを逃すことになります。

夫婦喧嘩の後で感情的になってしまっても、喧嘩の後に話さないという行動はやめましょう。


夫婦喧嘩後のNGな行動2. 自分が悪くても謝らない

自分に非があるのに謝らないままでいると、いつまで経っても謝らない相手の態度にイライラし、夫婦仲が険悪になる恐れがあります。

夫婦どちらかの言葉や行動がきっかけの夫婦喧嘩であれば、喧嘩の原因となった一方がきちんと謝ることで、喧嘩が長引くことはないはずです。

夫婦喧嘩の原因が自分にあると分かっているのなら、意地を張らずにきちんと謝るべきです。


夫婦喧嘩後のNGな行動3. 自宅に帰らない

喧嘩の後はお互いに冷静になるため適度な距離を取ることも大切ですが、物理的に相手と距離を取ってしまうのは逆効果です。

喧嘩の後に自宅に帰らない行動は、旦那さんから逃げていることと同じと言えます。

リビングから寝室で移動するなど自宅の中で距離を取るならOKですが、旦那さんとの会話ができない状況を作るのは避けましょう。


夫婦喧嘩後のNGな行動4. 子供に八つ当たりする

夫婦喧嘩のきっかけが育児や子供の問題であっても、夫婦喧嘩は夫婦の間で解決すべきです。子供に八つ当たりをする行動は、子供に不安や恐怖など大きな心の傷を与える原因になりかねません。

夫婦喧嘩を目の前で見たり八つ当たりされたストレスは、子供の純真な心にどれだけ辛い記憶を残すかをきちんと心に留めておきましょう。


夫婦喧嘩を減らすコツとは|二人で決めておくべきルールを解説

夫婦喧嘩を頻繁にしてしまうという夫婦でも、皆が皆喧嘩をしたくてしているわけではありません。しかし、どうしても夫婦喧嘩が起きてしまうというなら、喧嘩になるのを避けるために夫婦間でルールを決めておくのがおすすめです。

ここでは、夫婦喧嘩を減らすためにどんなルールを決めるべきかについて解説します。


夫婦喧嘩予防のルール1. 仲直りの方法を決めておく

些細なきっかけで起きた夫婦喧嘩を長引かせないためにも、夫婦喧嘩をした時の仲直り方法を決めておくと安心でしょう。

喧嘩をした翌日は必ずハグをしたり、お互いに「ごめんなさい」と謝ったりと、仲直りの方法を決めておくと喧嘩が長引かずに解決できます

仲直りの方法はお互いに分かりやすいものにし、誤解を与えるようなものは避けましょう。


夫婦喧嘩予防のルール2. お互いに怒るポイントを把握する

夫婦であってもお互い異なる人間ですので、価値観や考え方が違うのは当然です。夫婦喧嘩を減らすためにも、お互いがどんなことをされたり言われたりすると嫌なのかを把握しておきましょう。

喧嘩になるきっかけを事前に伝えておくことで、夫婦喧嘩に発展する可能性を回避できるはずです。嫌なことだけでなく、お互いの気持ちを理解することは夫婦円満のコツでもあります。


夫婦喧嘩予防のルール3. 相手との違いをお互い受け入れる

夫婦喧嘩が起こるのは、旦那さんや自分の考えを相手に押し付けることが原因の一つです。考えや価値観が全く同じ人はこの世にいないことをきちんと頭の中に入れておきましょう。

旦那さんの違う部分を「うざい、面倒」とは感じず、時には「こういう人もいる」と受け入れる努力が必要です。お互いの違いを受け入れられるようになれば、次第に夫婦喧嘩も減っていくはずです。


夫婦喧嘩を減らして旦那さんと円満な関係を築くコツとは

旦那と喧嘩をせずに夫婦円満に過ごすためには、以下で紹介するコツを意識してください。

  1. 夫婦の距離を適度に保つ
  2. スキンシップをとる
  3. お互いの趣味や好きなものを尊重する
  4. 感謝や好意はきちんと言葉で伝える

夫婦は共依存の関係性ではなく、自立した関係性を築くよう心がけるのがおすすめです。

旦那さんを尊重しながら言葉や態度で愛情を伝え、つかず離れずな夫婦の距離感を保つよう努力しましょう。

【参考記事】はこちら▽


最悪の辞退を避けるためにも、夫婦喧嘩はできるだけ早く解決しよう!

旦那と夫婦喧嘩が多い悩みにただ耐えないで、問題を解決する糸口を見つけましょう。

まずは夫婦喧嘩をしてしまう原因を突き止め、次に喧嘩をした後の対処法を考え、最後に喧嘩を減らす努力や夫婦円満のコツを夫婦で相談しましょう。

夫婦喧嘩を減らすカギは、当事者である夫婦の関係性にあります。

夫婦関係を見直すことでお互いの気持ちを理解できるようになり、夫婦の絆も深まるはずですよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事