スピード婚の期間はどのくらい?結婚のきっかけや幸せになる秘訣を解説

スピード婚の定義や成功させるコツを知りたい方へ。今記事では、スピード婚の定義から、離婚率が高い理由や成功させるコツまで詳しくご紹介します。スピード婚ならではの悩みや魅力を解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

スピード婚の定義とは|どのくらいの期間を指すの?

スピード婚の定義とは?

「周囲から結婚はまだ早いと言われるが、交際何カ月以内の結婚がスピード婚なのだろうか…?」そんな疑問を抱えている人もいるかもしれませんね。

人によって定義は様々ですが、基本は交際して3ヶ月〜半年の期間で結婚へ踏み切るカップルをスピード婚というケースが多いです。

今記事では、スピード婚=交際半年以内の結婚という体でお話ししていきます。


スピード婚の決め手(きっかけ)は?結婚に踏み切る理由を解説

世間からも注目を浴びやすいスピード婚。「できれば、出会ってすぐに結婚したい!」と憧れを抱く人も多いのではないでしょうか?しかし、そんなにトントン拍子にいくものなのか、不安もありますよね。

ここからは、スピード婚をする人の主なきっかけを詳しくご紹介

スピード婚のコツや秘訣を知って、成功させたい人は必読です。


スピード婚のきっかけ1. お互いに結婚願望が高いから

お互いに結婚が常に頭の中にあるため、最初から将来を見据えたコミュニケーションが違和感なくできます。「将来は、子供は三人くらいほしいな」「結婚したら、できるだけ緑の多い場所に家を建てたい」など、自然と結婚した後の二人をイメージした会話に。

結婚のチャンスを待ちわびている2人が出会えば、願望に押されるような形でゴールまで駆け抜けることも多いです。


スピード婚のきっかけ2. 同居することになったから

一緒に住むという話が持ち上がると、親や周囲の目などもあり、結婚を意識しやすくなります。真剣な気持ちであることを示すためのけじめとして、結婚に踏み切るカップルも少なくありません。

「一緒に暮らすんだったら、親にも紹介したいし結婚しようか」そんな流れで、籍だけ取り合えず入れるパターンも。同居することで責任感が増し、結婚が突如として現実的になったというスピード婚カップルは多いです。


スピード婚のきっかけ3. 友達期間が長かったから

異性の友達として過ごした期間が長い場合は、既に信頼関係ができていることが多いです。

恋愛関係に発展した場合、お互いをある程度知り尽くしているため、「この人とだったら、安心」という気持ちがあります。

絶対に上手くいくという自信が大きいため、すぐに結婚へ踏み切るカップルも多く、幸せなスピード婚として周囲からも祝福されやすいです。


スピード婚のきっかけ4. 年齢が若くないため

婚期を逃している男女は、子供を持つことを考えると結婚への焦りも出やすいです。

特に女性は「30代後半だし、子供を産みたいので早く結婚したい」そう願う人も少なくありません。男性も「独身を謳歌していたが、気づけば40代…!早く家族を持ちたい」そんな気持ちになりやすいです。

お互いの年齢が若くないことが、スピード婚の決めてとなるカップルも多いと言えるでしょう。


スピード婚のきっかけ5. 遠距離になってしまうから

好きな人となかなか会えない距離にいる場合は、会えないもどかしさから不安を感じるカップルも多いです。

付き合ってすぐに転勤が決まったり、旅先で出会ったりした場合は、毎回飛行機や新幹線を使って会うケースも。

遠距離になってしまうので、結婚して一緒に住んだほうが上手くいくと考え、スピード婚を決めるケースもあります。


スピード婚のきっかけ6. フィーリングがお互い合うと思ったから

価値観がぴったりとあった場合は、出会ったばかりでも長い期間一緒にいるような気持ちになれるもの。

金銭感覚や食の好み、趣味などが一致していると、「この人となら、結婚しても絶対に上手くいくに違いない」そんな幸せなフィーリングをお互いに感じ取れるはずです。

一緒にいても楽なので、結婚を意識するのが早く、スピード婚をするカップルも多い傾向にあります。


スピード婚のきっかけ7. 付き合ってすぐ妊娠が発覚したから

二人の愛の結晶とも言える新たな命を授かったことにより、未来が大きく変わることもあります。

結婚の予定はなかったものの、「子供を一緒に育てていこう」という意思が固まるカップルも少なくありません。

子供ができて結婚へ踏み切るケースを一般的に出来ちゃった婚と言いますが、付き合ってすぐの妊娠もスピード婚の決めての一つになります。

【参考記事】はこちら▽


スピード婚ならではのメリットとは|すぐに結婚する魅力を解説

夢やロマンがあるスピード婚。「運命的な出会いは素敵だけど、長く続くか心配」そんな不安を抱く人も多いのでは?一方でどのようなメリットがあるのかも知りたいですよね。

ここでは、スピード婚をする上でのメリットを詳しくご紹介します。結婚を成功させたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


スピード婚のメリット1. 身内を安心させられる

結婚について、周囲からのプレッシャーを感じている人も少なくありません。

親御さんや祖父母、親戚から「いい年だし、誰かいい人はいないの?」そんなふうに度々聞かれたり、お見合いの話を持ってこられたりすることも。

たとえ彼氏がいてもいつまでも結婚しないでいると、「結局いつ結婚するの?」「彼氏・彼女がいつか別れるんじゃないか…。」と親御さんや祖父母、親戚から心配されるケースが多いです。

独身でいると心配されやすいので、結婚して身内を安心させられるのも、スピード婚へ踏み切る大きなメリットです。


スピード婚のメリット2. フレッシュな状態で新婚生活を過ごせる

交際期間が長くなると、新婚生活も新鮮味を覚えにくくなります。一方で、スピード婚はフレッシュな気持ちを保ったまま新婚生活をスタートできることがポイント。

二人で一緒にいる嬉しさやトキメキ、新しい発見など、日々楽しくてたまらないはず。

夫婦で毎週のようにデートをして甘い生活を送れるのも、スピード婚ならではのメリットです。


スピード婚のメリット3. ダラダラとした時間がなくなる

結婚に至るまでに長い時間をかけすぎると、マンネリ状態になったり気持ちの変化も起きやすくなったります。

その点スピード婚は、直観を信じて結婚へと突き進むため、付き合うか結婚するかと悩む期間が短く、時間の使い方も効率的です。

惰性の時間がなくなるのも、スピーディーな結婚のメリットの一つと言えるでしょう。


スピード婚は危ない?離婚率が高いと言われやすい理由とは

勢いがあるスピード婚ですが、落とし穴が潜んでいる可能性も。「ロマンチックな馴れ初めで、運命かも!」と感じたものの、結婚後に後悔をする人も一定数いるのが現実です。

ここからは、素早く結婚を踏み切るカップルの離婚率が高い理由を詳しくご紹介。スピード婚を決める前に、熟読してみてくださいね。


スピード婚の離婚率が高い理由1. お互いを理解する時間が少ない

短期間では、相手のいいところしか見えていないケースもあります。

最初はお互いにラブラブなため、相手を美化しすぎてしまい、嫌なところがあまり気になりません。ところが、結婚後に、相手の意外な価値観に気づいたり、金銭感覚のズレが生じたりすることもよくある話。

お互いを理解する十分な時間がないのも、スピード婚の離婚率が高いと言われる理由です。


スピード婚の離婚率が高い理由2. 義両親と反りが合わない

義両親との家族付き合いは、時に大きな精神的ストレスとなってしまう場合も。

特に遠距離のスピード婚では、結婚後に義両親と会うケースも珍しくないため、実際に会ってみて反りが合わないなんてこともあるでしょう。

また、何度か会ううちに嫌味ばかり言われるというパターンもよく聞く話です。義両親との人間関係がうまくいかず、そこから関係に溝が生まれ、離婚に至る可能性もあります。


スピード婚の離婚率が高い理由3. 後悔しやすいから

勢いやスピード感で結婚した場合、独身生活とのギャップに息苦しさを感じる人もいます。

「シングルライフのほうが自由気ままで良かった」「結婚がどのくらい大変なものか、全く分かっていなかった…」そんなふうに、現実を受け止めきれない人も少なくありません。

結婚を後悔する人も多いことも、スピード婚の離婚率が高い理由と言えるでしょう。


スピード婚をしても円満な夫婦生活を送る秘訣とは?

結婚後に大変さを実感する人も多いスピード婚ですが、幸せになるためにはコツがあります。もっとも大切なのは、まだお互いを理解しきれていないため、オープンなコミュニケーションを取ることです。

例えば、結婚後に知る相手の意外な一面も、受け入れる努力をする必要があるでしょう。相手を知るために歩み寄る姿勢を保つことが、スピード婚カップルが仲の良い夫婦になれる秘訣と言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


スピード婚でも仲の良い夫婦になれるよう、お互いの理解を深めてみて。

スピード婚のきっかけやメリット、離婚率が高いと言われやすい理由などを解説してきました。

「スピード婚になりそうだけど、このまま結婚を決めて大丈夫かな…?」という人も、慎重に判断しようという気持ちになれたのではないでしょうか。

本記事で紹介した、夫婦円満のコツも参考にして、ぜひスピード婚を成功させましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事