既婚者同士の距離感の取り方|距離が近くならないように絶妙な関係を築くコツとは?

男女の既婚者同士はどんな距離感を置くのが理想か詳しく知りたい方へ。今記事では、既婚者同士の最適な距離感について詳しくご紹介します。性格や状況によって、とるべき距離感は異なるため、相手とのバランスを見ながら、最適な距離感を保つようにしましょう!

異性の既婚者とどんな距離感を保つべきか迷う人は多い

既婚者同士の距離感の取り方とは

職場でもプライベートな時間でも、既婚者同士の男女が関わる機会は意外と多いもの。

お互い既婚者なので距離の取り方には気をつける必要がありますが、無愛想に接するのは良くないですし、親しくしすぎても嫌な顔をされてしまいますよね。

距離感の保ち方や接し方がよく分からないため、迷ってしまう人はたくさんいるようです。


異性の既婚者と絶妙な関係を築くためのコツ|上手な付き合い方を大公開

男女の既婚者同士での関わり方は難しく、あまりにも距離が近いと警戒されてしまうもの。だからと言って冷たく接する訳にもいかず、理想的な関係性が分からない人は多いでしょう。

そこでここからは、異性の既婚者の友達や同僚と、絶妙な関係を築くためのコツを紹介していきます。既婚者同士の関係性に悩む人は、ぜひ参考にしてください。


既婚者同士の距離感の取り方1. 無理に親しくなろうとしない

「職場の上司や知人とある程度仲良くしなければいけない」と思う人は多いと思いますが、馴れ馴れしい態度を取る人や、極端に距離が近い人は逆に嫌がられてしまうもの。

そこで、無理に親しくなろうとせず、相手の様子をよく見て行動するようにしましょう。

相手が距離を置きたがっていると思ったら、無理に踏み込む必要はありません。相手を観察して程良い距離を置くことで、お互いに気持ちよく過ごすことができますよ。


既婚者同士の距離感の取り方2. 質問を投げかけて様子を伺う

既婚者同士での付き合い方に悩む場合、相手の考えや気持ちがよく分からないと、余計に良好な関係を築くことが難しいですよね。

そこで、相手の出方を見るためにも質問を投げかけて様子を観察してみましょう。

当たり障りのない質問をし、相手の返答が具体的なら話を深堀りしたり、微妙なら話題を変えたりすることで、上手に付き合えるようになると考えられます。


既婚者同士の距離感の取り方3. 自己開示をしてみる

お互いに社会的立場がある既婚者同士の場合、多かれ少なかれ相手を警戒してしまうもの。相手が十分に信頼できる人だと分からないと、距離を詰められないという人もいるでしょう。

従って、相手に心を開いてもらうためにも、まずは自分のことを積極的に話してみる姿勢が大切となります。

あなたがどんな人か、どんな考えをしているのかが分かれば、相手も警戒を解く可能性が高いですよ。


既婚者同士の距離感の取り方4. 大人数で会話する

男女の既婚者同士は、お互いに子供がいない場合共通の話題が少なく、仲良しの友達同士でもない限りは会話に困ることが多いです。

そこで、職場などでどうしても話さなければいけない場合は、できるだけ大人数で会話することをおすすめします。

2人きりだと絶妙な距離感が分からない場合でも、他の人を交えて話題を増やすことで上手く会話できるようになりますよ。


既婚者同士の距離感の取り方5. 早い段階で相手の性格を見分ける

顔見知り程度の既婚者同士の場合、相手の人柄がよく分からないと、どう接していいのか悩んでしまうもの。従って、まずは相手の性格をしっかり理解することが大切になります。

自分から会話を展開したい人なのか、それとも相手に会話の流れを作ってほしいタイプなのかなど、相手のコミュニケーションの取り方をじっくり観察してみましょう。

相手の性格に応じて付き合い方を変えると、既婚者の異性同士であっても絶妙な関係を築けると考えられます。


既婚者同士の距離感の取り方6. 相手の話に共感する

人は、自分の話に同調してくれる人には自然と安心感を感じるもの。

そこで、自分を警戒している既婚者の異性がいる場合は、相手の話に積極的に共感してみましょう。

自分が相手と同じ意見だということを態度で示すことで、相手は安心して饒舌になる場合が多いですよ。また、仲間意識のようなものが芽生え、警戒を解いてくれるとも考えられます。


既婚者同士の距離感の取り方7. テンションやトークスピードを合わせる

誰だって、自分と雰囲気が違う人や異なる話し方をする人は思わず避けてしまうもの。特に男女の既婚者同士の場合、打ち解けにくい相手は苦手に感じてしまうものです。

従って、既婚者の異性と話す場合は、できる限り相手のテンションやトークスピードに合わせて会話をしてみましょう。

自分と同じテンションや速さで会話ができる人には心地良さを感じやすいため、心を開いてもらえる可能性が高くなりますよ。


既婚者同士の距離感の取り方8. 既婚者として接する

既婚者が異性を警戒してしまうのは、距離が近いせいで恋愛関係に発展してしまったり、あらぬ噂を立てられてしまったりする事態を恐れているため。

そこで、一人の異性としてではなく、「結婚している人」として接するように心がけてみましょう。

「パートナーがいる人」と認識して関わることで、程良い距離感が保てると考えられますし、相手もあなたが節度を守って接してくれるため、安心感を感じやすいでしょう。


既婚者同士は近くなりすぎないように良い距離感を保とう。

社会的立場がある者同士のため、距離感の取り方を悩んでしまうことが多い既婚者の男女。パーソナルスペースに入りすぎると警戒されますし、だからといって無愛想にする訳にもいかず、その関係性に悩む人は多いでしょう。

しかし、相手の性格や状況をよく理解し絶妙な距離感を保つと、お互いに気持ちよく過ごせるものです。既婚者の異性との上手な距離の取り方を意識して、良好な関係を築いていきましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事